お寺の奥さんの幸せさがし さん プロフィール

  •  
お寺の奥さんの幸せさがしさん: お寺の奥さんの幸せさがし
ハンドル名お寺の奥さんの幸せさがし さん
ブログタイトルお寺の奥さんの幸せさがし
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/banbi798
サイト紹介文自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介しま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/10/05 12:01

お寺の奥さんの幸せさがし さんのブログ記事

  • 自分をあたためる
  • 寒くなりましたね。がんばってる自分を癒したいときは温かい飲み物や食事を食べるといいですよ。ちょっと弱っているなと感じたら暖かい部屋で温かいものをとりましょう。寒い季節だけじゃなく自分をあたためてあげましょう。あたたかさは、人を癒してくれます。あたたかさに触れると、人は安心します。お風呂は、ちゃんと湯船につかって、あたたかいお布団で眠りましょう。お弁当を食べるときは、暖かい飲み物と一緒にとりましょう [続きを読む]
  • 必要なお金は入ってくる
  • お金が悲しむ使い方はぜいたく・浪費ギャンブル不必要に貯めこむことだそうですよ。あなたは、お金って汚いものだと思っていませんか?以前のSORAはそう思っていました。そしてもっと欲しいと思ってました。今は、お金に対して考えがちょっと変わってきてます。一番変わったのは、入ってくるお金は、預かり物だと思っていること。お金は生きてゆくためには必要なものだけど、そんなにたくさんはいらない。でも、入ってきたらあ [続きを読む]
  • 一日一回は空を見る
  • 朝晩寒くなりました。朝、ふとんから出るのが嫌な季節になりましたね。でも、日中の暖かな日差しの中にいると、お日様のありがたさが身にしみます。空をみあげると、今日もいい日だな、と思います。一日一度は空を見て、自然ってすごいなって感じてみてください。自分も自然の中の一部だとわかると、自分の悩みが小さくなりますよ。ちなみに上を向いただけで、やる気がおこるそうですよ。ぽちっとしてくれるとうれしいです 人気ブ [続きを読む]
  • 自分をほめるネタ作りをしときましょう
  • 自信をつけるには、自分をほめるといいですよ。他人からほめてもらってもいいですが、それでは満足度はあまりあがりません。自信のない人は、「自分はだめな人」という意識が強いで、他人の言葉を素直に信じる事ができにくいのです。自分がそう思わなければ自信がつきません。だから、自分で自分をほめることが大切です。毎日、何度もほめてあげましょう。自信をつけるには、ほめてあげる回数はたくさん必要です。なので、自分をほ [続きを読む]
  • 普通と絶対、言ったとたん世界は狭くなる
  • 「普通」と「絶対」は、使い方に注意です。これを使うと自分の世界が狭くなりますよ。「普通は○○しない。」「普通は○○よね。」その普通の基準はどこにあるのでしょう?「絶対○○はありえない。」「絶対○○しない。」絶対ということは、本当にあるのでしょうか?万が一にも奇跡は起こらないのでしょうか?絶対という言葉を使ったとたん、あなたの世界は固定さてれてしいます。普通も絶対も冷静に考えればおかしな考え方です。 [続きを読む]
  • 怒られても心が折れない考え方
  • 怒られるのが怖いですか?SORAも若いころは怒られるのが怖かったですが、今は平気。もちろん怒られるのは嫌ですが・・・怒っている人の気持ちがわかると心に余裕が生まれますよ。怒る人は、ズバリ、困っている人です。よく怒っている人は、いつも困っている人です。大きな声で怒っている人は、とっても困っている人です。自分の思い通りにならないことがあるから怒っているんです。自分で解決できないから、八つ当たりしてるん [続きを読む]
  • 友達はたくさんいらない
  • 友達はたくさんいた方がいいと思っていませんか?友達づくりにがんばっている人いませんか?友達は無理して作らなくてもいいですよ。友達は多ければいいというものではありません。友達が多くなると交際する時間がたくさん必要ですよ。あなたの大切な時間がなくなりますよ。人間関係のトラブルも多くなりますよ。友達や知人が多いほど忙しくなるし、心も体も疲れます。本当につきあいたい人とだけ、おつきあいしましょう。嫌われた [続きを読む]
  • 自信のつけ方、好き嫌い、欲しい欲しくない
  • 人に振り回されていませんか?自信がないと状況に流されやすいです。相手のご機嫌をとるために、好きでもないのにほめてみたりしているうちにいつの間にか人間関係がどんどんややこしくになってしまったりします。自分の気持ちにシンプルに考えた方が、自分に自信がつきますよ。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきりいいましょう。自分や他人にウソをつかない。自分が相手に合わすことはやめましょう。好きなものは好き、 [続きを読む]
  • 小さなことは即決断
  • 「時は金なり」です。小さなことで迷うのは時間のムダですよ。今買うか買わないか、テレビのチャンネルや外食のメニューも毎日の細々したことは、即決断です。一日は短いのですから、しっかり考えないといけない重要なこと意外は、すぐに決める癖をつけておきましょう。時間は、重要なことを考えることや自分を癒したり、自分がやりたいことに使いましょう。小さなことは即決断して、決断力を養いましょう。ぽちっとしてくれるとう [続きを読む]
  • 嫌われても平気、悪いことは起こらない
  • 嫌われたらダメだと思っていませんか?嫌われても全然大丈夫ですよ。嫌われたら、この会社にはいられなくなる。嫌われる自分は、ダメな人間だ。嫌われたら、自分はみじめな人生を送らなければならない。自分は誰からも相手にされず一生独身。嫌われたら人生終わり。そんなことはありませんよ。嫌われても心配するようなことは何も起こりませんよ。嫌われることを怖がるのはやめましょう。他人から嫌われるなんていうことは、結構よ [続きを読む]
  • 今の自分はこれでいい
  • 「がんばりすぎていませんか?」そう言うと、「私なんかまだまだです」という、困ったかんばりすぎやさんがいます。がんばりすぎる人の中には、「がんばるな」と言われると、「どうがんばらないようにするのか、わからない」人がいるみたい。そんな人は、今の自分はこれでいいそう思いましょう。今の自分にできないことは、今はできないことなんだから、今の自分のままでいいのです。あなたの足りない所を見つけても今のままで大丈 [続きを読む]
  • ネガティブな人は過去をポジティブな人は未来を考える
  • ネガティブな人とポジティブな人との違いは、何かうまくいかないことが起こったとき、ネガティブな人は、うまくいかない原因を探し、ポジティブな人は、どうしたらうまくいくのか、その方法を探そうとします。ネガティブな人は、過去をポジティブな人は、未来を考えるんですね。原因さがしは、○○だったら良かったのに・・・だから自分は不幸なんだとあきらめてしまいがち。過去を後悔している間は、行動はできませんね。原因探し [続きを読む]
  • 苦しいことも楽しめばいい
  • 人生は終わりがわからないゲームみたいなものだから、楽しまなければ損。いつかいい思い出になって笑える日がくることを信じて苦しいこともこんな経験滅多にないかもしれないとポジティブにゲーム感覚で楽しみましょう。信じる人は救われる。本当ですよ。自分を信じてる人はいつも幸せです。笑うかどには福来るっていうでしょう。笑っていれば苦しいことも本当に楽しくなってきます。下ばかり見ないで前を向いて進みましょう。自分 [続きを読む]
  • 生まれた理由は人の役に立つため
  • 自分が幸せだと、他の人も幸せにしたいと思うようになります。誰かの役に立つことをしたいと考えるようになります。この世界に生まれたのは、自分の果たすべき役割をきちんとこなすため。人の役に立つために生きている。そして自分は、それが出来ると信じましょう。実際、みんな役に立っているんです。赤ちゃんだって、あの笑顔で、みんなを幸せな気持ちにしてくれます。その人が生きているというだけで励みになる人はいるんです。 [続きを読む]
  • スラスラ書ける読書感想文の書き方
  • 読書の秋ですね。子どもの本嫌いの原因のひとつに読書感想文を書くのが嫌っていうのがあるみたいなので今日は読書感想文の書き方を教えますね。感想文が苦手な子どもさんがいたら教えてあげてくださいね。はじめに言っておきますが、上手な読書感想文の書き方じゃなくて、苦労せずに読書感想文を書くための書き方です。まず、原稿用紙最初の行に題名、次の行に、名前を書いたらいよいよ感想文です。基本は、3行ずつに分けて書くこ [続きを読む]
  • 親に感謝できない
  • もしあなたが親に感謝できないとしたら自分が生まれて生きていることに喜びがないから。今の自分が幸せと思えないから。全ての人は、親から大変な恩を受けています。特に母親の恩は絶大です。妊娠中にすっぱいものが食べたくなるのは、胎児の骨となるカルシウムを作るために母親の骨を溶かす酸が必要だからです。この話を聞いたとき、改めて母ってすごいと思いました。そんな親の苦労の末、生まれてきたんですから私たちは幸せにな [続きを読む]
  • お寺の奥さんSORAの服装
  • 「お寺の奥さんは、和服着て座ってるのかと思ってました。」先日、出会った人にそう言われて「そうだったらいいんだけどね」って返しました。お寺の奥さんもお寺によっていろいろです。でも、お寺に奥さんは見られることが多いのは確かです。しかも、SORAが暮らしているのは、小さな田舎町。行く先々で知った人に遭遇します。毎日、お掃除やお墓の草引きとかしないといけないので汚れてもかまわないカジュアルな服装が多いです [続きを読む]
  • 一日一回ひとりの時間を
  • ひとりになる時間は、自分を見つめなおす時間。自分をいたわる時間。ひとりになる時間は、絶対必要です。最低でも一日一回は、ひとりの時間を作りましょう。ひとりの時間を確保しましょう。ひとりの時間を楽しみましょう。ぽちっとしてくれるとうれしいです 人気ブログランキングへ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 好きなことだけして暮らす
  • 「好きなことだけして暮らしたい!」そう思いませんか?好きだからしたい嫌いだからやりたくない好きか嫌いで行動してもいいと思うんです。無理そうと思ってもやってみると案外やさしいことかもしれませんよ。好きなことは、うまくできます。嫌いなことは、なかなか上手にできません。もしかしたら、明日がSORAの命日になるかもしれない、そうでなくても怪我をして不自由な体になるかもしれない。そう思ったら、一日でも無駄に [続きを読む]
  • がまんしなくていいんです
  • 日本人はがまんしすぎですよね。がまんしすぎは、体に悪いです。がまんしすぎると、うつになったり、胃を悪くしたりなど、身体に良くないです。子どものため、親のため、パートナーのため、将来のために今は、がまんする。それがあたりまえで、それがいいことだと思っている人がとっても多いようです。和を重んじるのは日本人のいいところですが、がまんしすぎはやめましょう。特に言いたい事はがまんはしなくてもいいですよ。言わ [続きを読む]
  • 許せない気持ちの解消法
  • あなたにどうしても許せない人がいますか?SORAにもいます。許せない気持ちのようなネガティブな感情は、結構辛いですよね。どうしても許せないなら許さなくてもいいですよ。許さないといけないと思うからつらくなるんです。でも、許さない理由を考えると苦しみを思い出して、さらに許せない心を強くするのでやめたほうがいいですよ。では、その許せない人、許したくない人を感謝することはできますか?その人がいたから今の自 [続きを読む]
  • 時には女優
  • ときどきSORAは、自分を女優だと思い込むことがあります。たとえば夫とけんかして、気まずい空気が嫌で自分から謝ったりする時とか。本当は嫌だけど、大人になってやらなきゃいけないときとか・・・本気じゃないからこそ、できたりします。自分の事だけれど他人事のようにその折々に演じていると自分のしたことも冷静にみることができますよ。今回はうまくいかなかったから、次はこうしようとか・・・ね。意識しなくても私たち [続きを読む]
  • 苦手な人との接し方 
  • 義理の両親や息子の嫁や娘婿や親戚など苦手な人だけどつきあわないといけない、そんな人とつきあう裏技は、相手が自分のことを好きだと思い込みましょう。相手がどう思っているか心配ですか?相手がどう思っているか、それはあまり関係ありませんよ。苦手だけどつきあわないといけない人に対しては、好かれてると思い込みこむといいですよ。相手からどんなことを言われても、「本当は私の事、好きなくせに…」そう言って笑い流して [続きを読む]
  • 子どもを本嫌いにしない
  • 読書週間が近づいたので読書ネタです。SORAの子どもたちは、もう大人ですが、大の本好きと本嫌いの両極端の子どもたちになりました。本嫌いの子にしてしまったSORAは、本好きの親の子は、もれなく本好きになると信じてました。すごく後悔してます。だからもし孫ができたら、同じ過ちをしたくないと思ってますよ。先日読んだ「子どもを本嫌いにさせない本」赤木かん子著によると、妊婦さんが出産前にすべきことは、近くの図 [続きを読む]
  • 求める愛より与える愛
  • 求める愛と与える愛、愛に変わりがないように見えますが求める愛は、状況が変わると「憎しみ」に変わります。「こんなに愛しているのに、私に何もしてくれない。」「こんなに愛したのに、あの人は感謝もしれくれない。」そして、別れることになった時、「私はだまされた。許せない。」と、激しい憎悪に変わるのです。大切にされないから相手を憎んでしまう。求める愛は、自分を大切していないということの裏返しです。自分を愛する [続きを読む]