あかり さん プロフィール

  •  
あかりさん: 雨ふり本棚
ハンドル名あかり さん
ブログタイトル雨ふり本棚
ブログURLhttp://fanblogs.jp/amehon/
サイト紹介文読み聞かせボランティアの経験や日々のエピソードとともに絵本、児童書等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2014/10/05 13:08

あかり さんのブログ記事

  • 見上げてごらん
  • 茨城の牛久大仏を見てきました。(^^)その大きさと荘厳さには圧倒されます。私の故郷である東北にも「仙台大観音」という大きな仏像がありますが、そちらも懐かしくなりました。夏休み行ってこようかなあ。アリからみると小さなアリから見た大きな世界。特殊なレンズを使ってアリの視点で見ると、小さな原っぱも大ジャングル。怪獣みたいな昆虫たちと出逢って…アリからみると (かがくのとも絵本) [ 桑原隆一 ]価格:972円(2018/6/ [続きを読む]
  • 肉球を合わせて
  • 動物たちの神妙な表情が可愛くて、ついつい回してしまったガシャポン。どれが出てもいいなと思っていたのですが、やっぱり好きなネコが出たのは嬉しいです。(*^_^*)【コンプリート】合掌 GASSHO ★全5種セット価格:900円(2018/6/23 06:20時点)とら猫とおしょうさん貧しい寺に、和尚さんと一匹のトラ猫が住んでいた。トラ猫は夜中になるといつもいなくなってしまうので、和尚さんはとら猫が何処へ行くのか確かめてやろうとこっそ [続きを読む]
  • 黄色 オレンジ 赤
  • 特売日のスーパーの店頭はとてもカラフル。様々な野菜や果物が色鮮やかに並んでいます。中でも目を引いたのは、プチトマトの量り売りコーナー。黄色とオレンジと赤のプチトマトがこれでもかと盛られていました。(^^)食卓もお弁当も「彩り」は大事。様々な色が揃っているとそれだけでおいしそうに見えてしまうから不思議です。もっと知りたい トマトトマトはナス目ナス科ナス属の植物です。ゴマ粒ほどの小さな種が目をだし、やがて [続きを読む]
  • こぼすな
  • 新しい服や白いシャツを着ている時に限って、カレーうどんやミートソーススパゲティを食べたくなって、お約束のようにシミを作ってしまうのは何故なんでしょう…。(^_^;)よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし朝ごはんに牛乳とチョコレートパンを食べていたよしおくん。うっかり牛乳のびんを倒して、牛乳をこぼしてしまいました。牛乳はみるみる溢れ出し、あっという間に部屋の床いっぱいになって、チョコレートパン [続きを読む]
  • タマシイが宿るもの
  • 八百万の神々がおわす日本には、どんなものにも魂が宿るといいます。そうしたものたちにまつわる不思議な物語は、ちょっと怖い部分もあるせいか、子どもたちにも人気がありますね。(^^)ごんげさまごんげ様とは、神楽舞に使う木でできた頭のこと。獅子舞に似ているが少し違う。ごんげ様には霊験があり、祭られているものもある。…ごんげさま (えほん遠野物語) [ 柳田国男 ]価格:1,620円(2018/6/20 04:53時点)「えほん遠野物語」 [続きを読む]
  • オッオッ オオーッ
  • 先日ツイッターで見た話。チンパンジー学者のジェーン・グドール博士が来日し、京都大学で講演した時「今日は沢山のチンパンジーピーポーがいらっしゃるのでまずチンパンジー語で挨拶を」と言って「オッオッ、オオーッ」と挨拶されたのに対して、日本の霊長類学者たちも「オッオッ、オオーッ」と返されたのだとか。その光景を想像すると吹き出してしまいそうですが、同時に霊長類学者の先生方の、チンパンジーへの深い思いのような [続きを読む]
  • パンの薫り
  • 大学生の我が子、パン屋さんでアルバイトを始めることになったそう。面接の帰りに「お土産に」と戴いたクロワッサンはとても良い薫りがして、食べるのがもったいなかったとか。(^_^;)いよいよ自分の力で道を切り開き始めたのだなと思いました。心強いような、やっぱり寂しいような。ぼくのぱん わたしのぱんパン屋さんにはおいしそうなパンがたくさん並んでる。ぼくたちもパンを作ろうよ。小麦粉から焼き上がりまで、パンを作る手 [続きを読む]
  • 怖い怖い話
  • 楽しみにしてる作家さんの新刊が出て、貪るように読んでいます。失礼ながら前の2冊ほどは何だか期待と違っていて、正直「微妙だな…」と思っていたところ。しばらくぶりでこの作家さん特有の「禍々しい」「厭な」、それでいてとてもリアルな怪談を読むことができて大満足です。さらに恐ろしいことが待ち受けるであろう次巻がとても楽しみなのですが、ご自身を削るように物語を紡がれる作家さんの健康が心配でもあります。(-_-;)ゆ [続きを読む]
  • たからもの
  • 我が子からの手紙やアミューズメントの入場券等を取っておいたファイルの中から、小さかった我が子が描いていたアニメのキャラクターの絵が出てきました。幼稚園年長から小学校の低学年あたりに描いたらしいもので、キャラクターの表情がその性格をちゃんと掴んでいて面白かったです。(^^)懐かしかったので我が子のSNSに送ると「ぎゃーーーー!」という返事が返ってきました。(^_^;)ひみつのひきだしあけた?押し入れの隅っこか [続きを読む]
  • 田んぼの風景
  • GWに植えられた田んぼの苗もすっかり大きく太くなって、張られた水もほとんど見えないようになりました。苗の間を泳いで藻を食べていた合鴨たちの姿も見えません。その代り足の長い白いサギらしき鳥が、ゆっくり田んぼの真ん中を歩いているのを見かけます。季節が静かに移っていくのを感じます。つぶむこ昔、子どものいない夫婦が「子どもが授かるように」と観音様のお堂に21日間願をかけた。満願の日白いひげのじいさまが現れ、 [続きを読む]
  • あなたの街を濡らす雨
  • スマホの天気アプリには、自分が住んでいる街、実家のある街、そして我が子が住む街が登録されています。折に触れ気温や予報を見ては「あっちは晴れてるな、洗濯物干したかな」「暑くなるな、朝ごはん食べたかな」と考えています。まだまだ子離れできていないなあと思うのですが、こうして心配することも、まだ私の一日の一部なのでしょうね。(^^)やまださんちのてんきよほう山田家はおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さ [続きを読む]
  • 背中に
  • 自転車で出かける時のリュックが欲しいなあ、と常々思っているのですが、これは、というものになかなか出会えません。肩に当たるベルトがいい感じでそこそこ荷物が入って、オバちゃんが持ってもおかしくない、おしゃれなリュックないかしら…(^_^;)ぞうくんのさんぽ今日はいい天気。ぞうくんはご機嫌で散歩に出かけます。途中で友達のかばくんに会い、今度はかばくんを背中に乗せて歩き出しました。…ぞうくんのさんぽ (こどもの [続きを読む]
  • 満員はつらいよ
  • 大学生の我が子、寮から電車で通学しています。都会の満員電車にもまれて倒れかけてから、少し早起きして混みあう急行電車を避け、普通電車に乗っているそう。混み具合が全く違うのだそうで「あのぎゅうぎゅう具合を毎朝体験するくらいなら、早起きする方がいい」とのこと。早起きは三文の得、とはよく言ったものです。(^^)でんしゃにのってうららちゃんはひとりで電車にのって、おばあちゃんのところに出かけます。降りる駅は「こ [続きを読む]
  • はさむもの
  • お休みの日の朝はパンを食べることが多いです。安かったので多めに購入した塩サバのフィレーでサバサンドにしてみることに。軽く炙ったバゲットにたっぷりのレタスとスライスオニオンと一緒にはさみ、レモンを絞って戴きました。塩サバはいつも焼いて定食風にしていますが、和食でないサバもなかなかいいですね。(*^_^*)ジャイアント・ジャム・サンドある日村に400万匹のハチの大群が飛んできた!パン屋のおじさんの指揮のも [続きを読む]
  • ここはダメ
  • 暖かく、というよりはもうすっかり暑くなり、小さな生き物たちの活動も活発になってきました。我が家の玄関の外灯にはいつもいつもクモが巣を作りにやって来ます。おいしいご飯が集まりやすいんでしょうけど、残念ながらここに住んでもらう訳にはいきません。「ごめんね」と言いながらホウキで払っています。(^_^;)クモのいとクモはこんな風に糸を使って、巣を作る。エサを捕える。あちこちで見かけるクモの巣も、実はこんなに美し [続きを読む]
  • うちの神さま
  • 秩父は三峰神社の白い「気」のお守りが、頒布中止になったというニュースが入ってきたのは先月のことでした。あまりの人気に25キロもの渋滞が発生し、近隣住民の生活に影響が出たためだそう。残念ですがあの細い山道が25キロも渋滞してしまっては仕方のないことだと思います。それに白いお守りでなくても充分ご利益ありますよね。(^^)気持ちが揺れるようなことがあっても、三峰神社で授かったお守りを握ると、不思議と気持ちが落ち [続きを読む]
  • 本当は独り占めしたい
  • こんな年齢になると「誕生日」といわれてもあまり嬉しくなかったりするのですが、バースデーケーキにはついついときめいてしまいます。(^_^;)今年は例の大好きなプリンのお店が直径18センチもある「プリンのトルテ」なるものを販売していたので、迷わず飛びつきました。期間限定らしいですがおいしかったなあ(*^_^*)王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいのおはなしアリは王さまライオンの食事会に招かれる。 [続きを読む]
  • キツネはキツネでも
  • 昔ちょっと読んだことのあるこの本、今になって気になり探しているのですが、古書でも29000円とか…。とてもじゃないけど買えません。(T_T)ドゴン族の神話を扱ったある意味マニアックな本で、図書館にもなかったし。どうしようかなあ…青い狐―ドゴンの宇宙哲学中古価格¥29,500から(2018/6/7 04:54時点)きつねのホイティスリランカの小さな村に、三人のおかみさんが住んでいた。ある日、お腹をすかせたキツネのホイティが洗濯もの [続きを読む]
  • 聞いてきて
  • 分からないこと知りたいことがあっても、手元のスマホやパソコンでちょちょっと調べられる便利な世の中になりましたが、私自身が子どもの頃は辞書だの百科事典だのをひっくり返し、または色んな人に聞いてみる…というのが疑問を解消する手段であったと思います。さらに昔となると、とにかく知っていそうな誰かに聞いてみるしかなかったのでしょうか。解答してくれる人が身近にいなければ、ずっとモヤモヤしたままだったんでしょう [続きを読む]
  • 終わりよければ
  • 夜ひと息いれて「今日はあまり芳しくなかったかも」と思った日には、お気に入りの本や動画を眺めて気持ちを揚げてから寝るようにしています。気温も湿度も上がって来て疲れやすくなってきましたが、疲れると気持ちも沈んでさらに疲れて…という悪循環に陥りがち。一日の終わりは笑って仕舞いたいものですね。(*^_^*)みんなにゴリラページをめくるとママがゴリラに!パパもゴリラに!皆ゴリラに変身して「ウホウホ」言っちゃいま [続きを読む]
  • 尖らず 暖かい
  • アルミ製のバターナイフを戴きました。手の熱が伝わって、バターが切れやすくなるのだとか。10分程握っていたら確かに温まってきましたが、効果のほどはどうなのか…(^_^;)でも持ちやすくてデザインがシンプルなのが気に入っています。ふしぎなナイフリアルなタッチで描かれた、よく見かける食事用のナイフ。そのナイフが曲がったり、ねじれたり、折れたり…ふしぎなナイフ (こどものとも絵本) [ 中村牧江 ]価格:972円(2018/6/4 [続きを読む]
  • 便利な時代
  • 使い捨ての掃除用具を買いに100円ショップへ。最近はデザインの可愛いものや100円とは思えないようなものがぐっと増えて、買い物に行く度予定になかったものをカゴに入れてしまっている気がします。今回は可愛い紙皿を見つけてしまい、ついカゴへ。(^_^;)打ち合わせでお菓子を配るときに使おうかな。この物語に登場するおじさんも、100円ショップで紙皿を買えればよかったのにねと思っています。おさらをあらわなかったおじさん町 [続きを読む]
  • 新陳代謝
  • 週に数回、リビングにフローリングワイパーをかけていますが、我が子が家を出てからというもの落ちている髪の毛の量が激減していることに気が付きました。若いとどんどん抜けてもどんどん生えるからな〜と感心していましたが、同時に寮の部屋の掃除も気にかかります。ちゃんと掃除できてるかなあ…(^_^;)ぼくのいえにけがはえてじゃらららじゃららん…不思議な音でぼくが目を覚ますと、何と僕の家の屋根に、髪の毛みたいな毛が生え [続きを読む]
  • ひとまずオッケイ
  • 春先から練習していた素がたり、やっとスムーズに語れるようになったので、朝の読み聞かせの反省会の後で読み聞かせボランティアの先輩方の前で披露させて戴きました。語れるようになったとはいえ、やはり錚々たる先輩方の前で初披露というのはものすごい緊張感を伴います。語り終えた時にはヒザが笑っていましたが「しっかり声が出ていてよかった」「この人物のセリフはもう少し抑えた方がいいかも」等々、有り難い言葉をたくさん [続きを読む]