徒然なるままに修羅の旅路 さん プロフィール

  •  
徒然なるままに修羅の旅路さん: 徒然なるままに修羅の旅路
ハンドル名徒然なるままに修羅の旅路 さん
ブログタイトル徒然なるままに修羅の旅路
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/boverkr2
サイト紹介文ワンワンぱらだいす
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/10/05 20:30

徒然なるままに修羅の旅路 さんのブログ記事

  • 【おまえは、犬の餌だ】ヒィィィィ!
  •  In the flames of the Purgatoryを1から5まで加筆修正しました。あと、アルカードが船を拾う港町に向かう途中が一部完全新規になってます。 あと、アルカードとグリーンウッド大尉にボコられるのがアスタロトではなくアモンになりました。最期は犬の餌。 ちなみにこの時点で過去編の落ちはネタばれしてしまっているのですが、アモンさん実は過去編も含めて三回ボコられる予定です。一回目は受肉、二回目は筐体、三回目も一応受 [続きを読む]
  • 【さて、次どうしよう】学園編突入なわけですが。
  •  とりあえず、今章として完結してるIn the flames of the Purgatoryを加筆修正していこうと思ってるんですが、ちょっと構成変えてみようと思って試行錯誤してます。そのせいで、ちょっと次回の更新は時間がかかりそうです。【業務連絡】2017/11/11 14:30 日本経済新聞 とうとうTPPがアメリカ抜きで合意したみたいですね。当初は危ぶんでたTPPですが、今となっては日本にとってはむしろ有利になりつつあります。 1.巨大なマーケ [続きを読む]
  • 【飽きた】ってか疲れた。
  •  BAYONETTA、進めれば進めるほどつまらなくなっていくゲームの典型ですね。面白いのは最初のOPと二、三面だけ。 節制のあたりからは、もう進めるのが苦痛になってきました。 何の価値も無い無駄なQTEと場所移動。初見殺しの即死QTEばかりで、ボスが次から次へと馬鹿の一つ覚えみたいに巨大化していって、結果視点がおかしくなってやりづらい。足場が崩れたりそれを復元したりで冗長です。 救い様が無いのがラスボス戦に即死攻 [続きを読む]
  • 【完了】というわけで、The Evil Castle終わり。
  •  The Evil Castle 39から42までの加筆修正が終わりました。また二ページに分割したため、結構分量増えましたね。 アルカードって技巧派っぽいけど時々肉体言語で解決しようとするよね。 なお砲撃形態《アーティラリー・モード》の憤怒の火星はこんな感じでイメージしてます。アプトムキャノンは最高にイカしてると思います。 外周の突起が斬撃触手に変形して、発振器官の外周にいくつか目玉に似た形状の照準器官が形成されます [続きを読む]
  • 【これはいいかもしれない】家族の中で恩恵に浴してるのが俺しかいないけど。
  •  諸事情あって、俺は実家暮らしです。親が体壊し気味で離れられないので。 で、うちのパソコンは俺の廃スペックPC(型落ち)と東芝の古い型、T451とかあるのですが、T451のノートPCは両親が無線LANで使ってたのですが、最近eo光を100Mbpsプランから1Gbpsプランに変更しました。うちの両親がそろってauのスマホを購入したので、その関係で。 いやー、いいっすわこれ。 俺のPCで間にWi-Fi用のルーターをブリッジモードではさんだ [続きを読む]
  • 【なぜスマホには全角の空白がないのか】使いにくいよ。
  • The Evil Castle 24から26までを加筆修正しました。廊下でのバトルとエルウッド視点および過去パートの鎧戦。ずいぶんボリュームに欠ける感じがしなくもないですが気にしない気にしない。てか、時間経過そのものはさほど変わりませんしね。説明文が長すぎるだけで。でもこの無駄に理屈っぽいのが俺の持ち味ですからね。すかたなかんべ。【業務連絡】JR西、部品交換の費用請求へ 米GMなども調査で海外にも波紋広がる神戸製綱の [続きを読む]
  • 【犬を飼いたい】そして抱いて寝たい。
  •  The Evil Castle 20から23までの加筆修正が終わりました。 21から23までが、今回もっとも大きな加筆修正箇所です。 なんせ分量が三倍になってしまったので。エルウッドの視点とリンクしてるから、彼の視点もそれに合わせてすり合わせながら加筆修正しないといけませんね。 生体熱線砲《バイオブラスター》というキメラの能力は知っての通り強殖装甲ガイバーの丸パクリオマージュなんですが、キメラの生体レーザーは体内に備え [続きを読む]
  • 【必要なことは、それじゃない】なにを言おうが、異常は異常。
  •  The Evil Castle 15から19までを加筆修正しました。ビアンコアンジェロ鎧撃破。 白百合《リ・ブラン》と赤薔薇《ローズ・ルーシュ》という新武器が登場しました。というか、既存の短剣に名前つけただけなのですが。 いずれも受肉した霊体の硬質部位から加工されて作られたもので、製作者はのちに登場するセイルディア・グリーンウッドの親戚筋にあたるセアラ・グリーンウッドです。イメージ上のデザインモチーフはこれ。『悪魔 [続きを読む]
  • 【よし終わった】作中屈指のエログロが終わった。
  •  Dance with Midians 26から29までの加筆修正が終わりました。本編はここのところバトルシーンを交えつつラブコメみたな流れでもあったので、ガチのエログロは久しぶりでしたね。原点回帰とはこういうことか。 あと、久しぶりの真性ホラーな感じでもありました。 初見の方以外はだいたいおわかりだと思いますが、フィオレンティーナがはじめてアルカードのベッドに連れ込まれた夜に(嘘は言ってない)見た夢の内容を途中に交え [続きを読む]
  • 【あらためて読み直して自分でドン引き】これは通報されても文句も言えん。
  •  Dance with Midians 21から23までを加筆修正。といっても、あまり触るところも無かったですけど。 分量が通常の三倍くらいなので、三つに分割しました。 とりあえずチンピラーズには吸血鬼になってもらいました。 犠牲者の女の子ふたりに関しては『上位個体しか肉声で命令出来ない』こと、吸血鬼化すると多少の拘束は容易に破壊して脱出出来ることから、拘束して長期にわたって輪姦し続けるには人間のままのほうがいいという [続きを読む]
  • 【さぁ、問題は次だ】カクヨムで消されそうな気がする、アレ。
  •  Dance with Midians 20を加筆修正しました。次は例のアレ、ボウリング場での自分でもドン引きするきっついシーンです。 無論だからこそそいつらが粉々になるシーンが際立つのですが。 ヴェドゴニヤ二体を含む噛まれ者五人を撃破。ヴィルトールさん半端ない戦闘能力です。この時点ですでに超吸血鬼級の戦闘能力ですね。なにしろ素人が変化したとはいえ、吸血鬼五体を相手にして勝負になるんですから。 んで、次はヤコブとロー [続きを読む]
  • 【結局七割がた書き下ろし】すっげえ長かった。
  •  特に円匙《シャベル》とかの単語をルーマニア語に置き換えるのが。まあ出縁《フランジ》もそうなんですけどね。 Dance with Midians 17から19まで更新しました。屋敷の廊下で噛まれ者になった屋敷の使用人との交戦です。 屋敷の厩番や園丁が相手なので、彼らの得物は乗馬用の鞭や園芸用具です。移植鏝とかシャベルとか小型ナイフとか。 ルーマニア語ではシャベルのことをlopatăと言います。 ロパタ、正確にはロパトァーとか [続きを読む]