峠 さん プロフィール

  •  
峠さん: とうりすぎた風
ハンドル名峠 さん
ブログタイトルとうりすぎた風
ブログURLhttp://higenabe.blogspot.com
サイト紹介文バイク人生50有余年、バイクと共に幾多の人生の峠を越えその折々のとうりすぎた風を詩にしました
自由文輝かしい自慢できる車歴はありませんが、街角をクロスカブでのんびり走っている老ライダーです。私の詩が一人でも心の片隅に残ってくれれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/10/05 21:49

峠 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • とうりすぎた風 詩 39 MotoGP
  •   Moto GP   TVでmotoGPを見ていていつも思うんだ    300?オーバーの世界ってどんなんだろうって    飛行機や新幹線は箱の中    自ら操り自ら風を受けることはない    僕なんて    今まで130?以上出した事はない    それもずっとではなく追越しの僅かな時間    自ら操り自ら風を受けて300?を超える    僕なんかにはとてもとても    考えただけでも鳥肌がたつ   [続きを読む]
  • とうりすぎた風 詩 38 心のシネマ
  •      心のシネマ     腕時計を外して投げ捨てる     星条旗にペイントされたタンクを跨ぎ     キックを踏み下す     そしてキャプテンアメリカの旅は始まる     あのシーンからいつか僕も     時計を持たない旅に出てみたい     そんな思いからすでに数10年     いまだにそんな旅には出ていない     人は旅にいったい何を求めるのだろう     人生という旅の果てに何があ [続きを読む]
  • とうりすぎた風 詩 37 移りゆく里山
  •       移りゆく里山      春霞にゆれる里山の道      まどろむような春風のなか      ヂィーゼル列車の通過を待つ八高線の踏切      線路わきの菜の花が私に手を振っているように      暖かな日差しのなかで      風に揺れていた      青い空に立上る大きな入道雲      暑さを避けに入った小さな神社      木立の下にバイクを止めスイッチを切ると      鎮守の [続きを読む]
  • とうりすぎた風 詩 36 ざまーみろ
  •        ざまーみろ       富士山よりも高く積み上がったストレスを       40年間耐え忍び       妻と娘の提案した退職記念のヨーロッパ旅行を蹴り       今 俺の前に挟み角45度のVツインが       それもシングルシート仕様だ       フィンまで磨かれたエンジンが       火の入るのを待っている       40年間耐え我慢して今日を迎えた       誰も後 [続きを読む]
  • とうりすぎた風 詩 35 こんな素晴らしい日
  •        こんな素晴らしい日       天気予報が今日の晴れを約束した       駄々っ子のシングルエンジンは       今朝はキック一発で目覚めてくれた       マフラーから吐き出される       一つ一つの排気音が僕の胸を躍らせる       お気に入りのジェトヘルメットのバンドを締め       今日はいつもの峠から稜線のルートを       走るつもりだ       朝から [続きを読む]
  • とうりすぎた風 詩34 夜風のなかを
  •        夜風のなかを       Wシートの後ろに       僅かな着替えと合羽を入れたバッグを縛り       飛び出して来たのは       午後7時のニュースが始まる時だった       あれからどの位走っただろうか       フラットツインの鼓動に身をゆだね       逃げるように追われるように       夜風のなかを       照明灯の間隔がまばらになり       闇の [続きを読む]
  • 過去の記事 …