アン さん プロフィール

  •  
アンさん: 泣いても笑っても
ハンドル名アン さん
ブログタイトル泣いても笑っても
ブログURLhttp://marble-anne.seesaa.net/
サイト紹介文独身娘、ひとりで父の介護をして、早8年目。 自分の日常を綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供268回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2014/10/07 09:51

アン さんのブログ記事

  • ひとりの食事は…
  • 寂しい? 美味しくない? 介護をなさっていて、されている方と朝、昼、晩、三食、あるいは、一食でも一緒に食事をなさっていますでしょうか。もちろん、おひとりで食事が摂取出来ないのは別としてです。自分は、していません……って、やっぱり寂しいものがあるかな…とは思うんですが、父が食べるペースは、物凄くゆっくりで、30分から一時間程、かかることもあり、食べ終わるまで、傍で付きっ切りと言うわけにはいかず、その時 [続きを読む]
  • ただのタダっ子ちゃん
  • 父を見て来て思ったんですが、年を重ねるにつれて、「子供か!」とツッコミどころが多くなり、さらにこっちの言うことには、一切、耳は貸さないわ、全く無視、そして、言いたいことを言い、気に入らなかったら、勝手に怒ってだんまり。もうタダっ子そのものです。…なので、こっちも、そのつもりで付き合うことにしてます。だって、いちいちそんなことに怒ってたり、イライラしたって始まらないし、なんたって身が持ちませんから。 [続きを読む]
  • 口も聞きたくもない
  • …って、はい? なんで、そーなる? 父上? 今朝、食事を持っていったら、開口一番に父が、自分にその一言。何かした? なんで、そうも機嫌が悪いのか、とりあえず、下手に出て、問いただす自分。そしたら、いきなり「おまえは、俺が百歳まで生きるのが嫌なのか?」は? 何も言ってないでしょうに。「一度もそんなこと言った覚えはないよ」何がなんだか…。言った、言わないで押し問答。あっ、思い出した、もしかして…某証〇会社の人 [続きを読む]
  • おみくじ
  • 夢見が良くないので、出かけた際にいつも年末に参拝するお宮さんに寄ってきました。誰もいない、とっても静かで樹々だけがざわざわっと風になびく音が心地よかったです。あくまでも願い事は、自分のことではなく、父や、友人、その親御さんが息災でありますようにと…そして、恒例のおみくじ。…末吉「身を慎み、勉強しなさい。 そのうちに悪い運気が去って 幸運の時が来ます」うん、今の自分には、ぴったり。いえ、夢見が悪いの [続きを読む]
  • 落ち込むのも…
  • やめやめ…。ここ10日程、これと言って具体的な説明が出来ないのですが、なんとなく気落ち?といいますか、気持ちが沈んでました。考えることが、もうネガティプで、横になって、ぼけ〜っとしてると、あと、何年生きられるかなぁとか…サイレントキラーで、突然、お別れ…なんてこともあるかも…。だけど、今は、困ります、それ。だった、蘭丸、寧々、茶々を置いてけない〜(そっちか〜いっ)誰か忘れてないかって? いいのいいの。 [続きを読む]
  • 同時にいくつもの…
  • …事が出来なくなってきました。以前なら、洗濯中には掃除片付け、炊事など、テキパキと同時にいくつも片付けられたのに、今では、洗濯と片付けとか、たくさんの事が出来なくて、自分に「イラ」っと来てます。こんなこと、以前なら、ちゃっちゃとパパパっと終わらせれたのに…はぁ。思わずため息ついてしまいます。(老けるもと〜)これも老化現象?なのか、ただ「さぼり癖」が出てきただけなのか…だけど、ひとつだけ言えるのは、ど [続きを読む]
  • 脳を活性化…
  • …しようと何を思ったか、漢字検定にチャレンジの為、せっせと日夜、漢字を勉強中です。最初は、とりあえず、お気楽に「漢字検定WEB問題集」から始めたのですが、準2級程度の「読み」は出来るのですけれど、「書き取り」になるとあやふやで、だったら何級なら大丈夫なのかなぁと、試しにやってみたら、4級の中学生程度しか出来ないというか、…書けないったら。使わない漢字なんて、すっぽりと忘れてる〜〜。ひぃ〜〜、簡単な漢 [続きを読む]
  • 視線を感じる…
  • いつのころからか、時折、父がじっ〜と自分の顔を見ていることがあり、「何?」って聞くとなんでもないと、あっち向くし…、一体、何を思っているのか…。さっき、蘭丸のおちりを撫でまわしていた時、視線を感じて振り返ったら、やっぱり父がこっちを見てたので、「娘も老けたなって思ってるでしょ、 あと少しで半世紀だわよ」父は、返事なし…あっ、そっ。でも、なんとなく何を思っているのか、わかるんですよ。「俺がいなくなっ [続きを読む]
  • セカンドオピニオン
  • これは、必要で大事だなと思いました。以前、薬をもらう為だけに通院していて、大丈夫かなと思ってたんです。父も、先生がカルテ見て、「はい処方箋」っていうのには、「不信感」を抱いてました。父の転院に伴い、いろいろな検査をされ、首の動脈の血管が70パーセントも詰まっているとわかって、こちらの先生が、「脳梗塞と診断され、通院8年以上なさって 一度もどこも検査をしなかったのですか?」「はい、薬の処方だけでした [続きを読む]
  • えっ、もう? 早っ…。
  • 冬将軍のバトルが終わって、約3週間…桜が咲いた〜と思ってたら、既に葉桜…って。楽しめなかった、桜…でした。季節の変わり目が早い事…。今朝、快晴だぁとガレージのシャッターを明けたら、自分の横をヒュンって横切ったものが…。なっ、なに? え〜〜、つばめさん? あの、もしもし、早いよ、1ヵ月も早いって、どうなの? いつもなら、ゴールデンウィーク開けでしょうに?さらに言うと、田んぼに水も入ってないんだよ?もしか [続きを読む]
  • 思い残すことが…
  • あるとすれば、たったひとつだけ。…って、今から、そんな話? って、まぁまぁ、所詮は、夢で叶わない話ですから。言うだけなら「タダ〜」いつも言われることなんですけど、「むなしくない?」別に、よそ様に「狼とうそつき少年」みたいなことしてませんし、ただ「こうならいいなぁ」と話すことぐらい、いいじゃないですか…。もし宝くじが当たったら〜なんて、あれこれ妄想して、こんなことしてみたいとか…、実際に当たったら、怖 [続きを読む]
  • 増やしてどうする…
  • 値上げラッシュだというのに…、どうしても、見かねて引き取ってしまい、うちに、ちっちゃな家族が仲間入り…。何の話かといいますと…うっさではなく、ハムスターちゃん2匹です。今、自分の部屋にいます。蘭丸とは、この先、絶対に一緒の部屋では飼いません。同じ小動物とはいえ、お互い「ストレス」がかかっちゃいますから。ちょっといいですか…独り言です。「…んっんん… 最後まで飼えないから、飼うな〜〜っ!! 安いからっ [続きを読む]
  • 値上げ値上げ値上げ
  • 朝から家計簿とにらめっこです。四月から上がるものは、食料品だけではなく、電気料金、保険料、他にもろもろと…。もう、無理。頑張ってるけど、無理。やりくりしても、無理。いろんなこと我慢しても無理。それでもやっていかなきゃなんない、何も欲しいものがない自分でも、「国保」「国民年金」「税金」を支払うだけで、めいいっぱいの実情…。そーれーなーのーにー、まだ値上がり?う〜ん、一ヵ月の食費、諭吉さんプラス、一葉 [続きを読む]
  • な、懐かしい…
  • 明日から新しく始まる「某局」の朝連ドラの紹介を見てて、「うわ〜、当時読んでたよ、好きだった…」声を出してしまった…。今回のお話は、ヒロインが漫画家を目指して…と展開のようですが、そこに出てきた「少女漫画」に釘付けになってしまいました。それは、少女漫画雑誌マーガレットに掲載されていた先生の作品だったからです。それは、くらもちふさこ先生の作品でした。「お〜、いつもポケットにショパン、 うんうん、ヒロイ [続きを読む]
  • 一度、楽を覚えると…
  • 「もう戻れないの…」友人がどことなしか浮かない顔をして言うので、自分は「なんだ、そんなこと…「自分自身も大事にしなきゃ、リフレッシュするって、 すっごく大切なことだよ」何の話かといいますと…。自分と同様、親御さんの介護をなさっている友人と数年ぶりに会い、短い間ではありましたが、とても「濃い時間」を過ごしてきました。友人との話は、もっぱら「介護」の話になり、この友人の親御さんが、ディやショートに行か [続きを読む]
  • 再検査と転院決定
  • 先月、父がベッドから落ちて頭を強打して、別の脳神経外科へ行き、検査しましたが、この時は、異常も見られず、良かったのですが、頭を強打した時は、あとから、症状がじわじわと来るので、今日は、再検査でした。脳には、異常もなかったのですけれど、ところが、首の動脈検査をしたところ、血管の70%が詰まっているということで、治療することになり、これが決定打で転院となりました。なんですとー!! 父の動脈血管が、いつの [続きを読む]
  • 何もないことに…
  • 慣れてしまうと、それはそれは、ラクチンです。片付けしなくてもいいし、掃除は、パパパパっと終わるし、第一、引っ越しもラクですよ。今、もし自分が引っ越しすることになったら、カバン一個とダンボール一個程度で済むので、引っ越し代は要らないです。前もそうだったし…。ご実家の断捨離…親御さんがしてくれるといいのですが、でも、無理なんです。既にご高齢だったり、絶対に断捨離が出来ない、する気がない…そこにあるのが [続きを読む]
  • すっぴん
  • 「すっぴんとは、化粧をしていない状態 ノーメイクのこと。 素顔でも美人という意味もある」お肌がきれいになるとかの化粧水通販CMで、スッピンの状態で撮影しています…字幕が入ってますけど…ウツつけ、こらって感じ。だって、眉、アイラインもしっかり描いていて、ルージュバッチリなのに?どこが、スッピンなわけ? スッピンっていうなら、ノーメイクでやりなさいよ。だから、ウソくさいんだって。今度、テレビが8K放送になっ [続きを読む]
  • 噂は…
  • 尾びれ背びれがついて、当人の耳に入った時には、えっ、なんでそうなるの?って、ことが多々あったりします。ご近所の方が父に会いに来て下さいまして、「お父さん、元気そうで良かったよ、 もう重病だって聞いたから」・・・はい? 確かに、近所の方にお父さんの様子を聞かれて、先日、ベッドから落ちて、顔面強打して病院へ行った…とは話たけれど、なんで、そーなる? どうやら、いろいろと尾びれ背びれがついたらしく、父に叱ら [続きを読む]
  • 見切り
  • 1年ならいざ知らず、3年も使っていない、着ていない、そこには触れず、埃が溜り放題ってところは、即刻、見切りします。断捨離するのに、「いつか使うかも〜」は禁物…今の今まで使わなかったものに、使うかも…なんて、今更って感じですから。実家の物なんて、自分、全くと愛着なしでもうゴミの山にしか見えない。もちろん、何でもかんでも「断捨離」するってわけじゃありませんけど。ただ今、何が入っているのか、全くとわかん [続きを読む]
  • おつとめ品は…
  • 時に、買わなきゃよかったというものもあり、そんなときの気分は、「もったいない」の一言に尽きます。いえ…、スーパーのワゴンにて、お菓子のおつとめ品が半額になっていて、購入して食べたら、「まずかった」…こういう時、定番のおやつが二個買えたのに〜〜、さらに、50円をケチって、いちごの「おつとめ品」を買ったら、ほとんど「痛んで」いて、3個ぐらいしか口に入らず…、こんなことなら、ケチらずにまともないちごを買 [続きを読む]
  • 今後は…
  • 「この先、父は、もうご連絡が出来ません。 今まで、お付き合いをして下さり、 ありがとうございました。 お父さんによろしくお伝えください」…と、父と知り合いだった方の「息子」さんから、ご丁寧な挨拶がありました。考えてみれば、父の知り合いの方も他界なさっているか、病気で入院されたり、介護が必要だったりとする年齢ですものね…。避けられない現実が、この先、自分にも待っているのだと思わずにはいられません。こ [続きを読む]
  • 見知らぬ相手から
  • 差出しの名前もなし、切手も貼ってない封書が届き、不気味ったらないです。これだけで気分タダ下がりです。その手紙には、郵便局からの葉書が添付してあり、この葉書にて「料金不足の金額の切手」を貼って投函するか、それか受け取り拒否とサインしてこの葉書とともに手紙を開封せずに近くのポストへ投函してください…とのことで、ハガキの予備欄に「赤ペン」で、断固受け取り拒否!!と書いて、さっき投函してきました。名前と住所 [続きを読む]
  • 死神!?
  • 「うわぁぁぉーーーっ!!!!」早朝五時…父の部屋から、父の尋常じゃないうめき声が聞こえ、すっ飛んでいくと、ベッドの上で肩で息をしている父が…。どうしたの? 何かあった? 今の声、普通じゃなかったよ? 何に驚いたの? と聞くと、父は、一言…「死神がいた」は? はい? えっと…認知症の始まりか? いない人を見るとかの現象? 父がまた一言…「死んだ…」う〜ん、今の今まで寝てたよね? 寝ぼけたのか? 次に父が発した言葉 [続きを読む]
  • マイナス気温から
  • 解放されただけで、心がウキウキします。天気予報で、「今日の気温は7度までしか上がりません」…しか? 自分に言わせると7度もある!!ごっついトレーナーを脱いで、薄着になれて、身軽になって、ついでにあったかいとなったら、もう嬉しくって、それだけでいいです。雪もすっかり消えて、雑草があちこちに顔を出し始めたので、今度は、間違いなく「雑草」とのバトルです。畑の手入れもしなきゃなんないし…はぁ。今年の畑の作物 [続きを読む]