トラヴィス さん プロフィール

  •  
トラヴィスさん: 錦糸町ヘアサロントラヴィス サロンと写真のブログ
ハンドル名トラヴィス さん
ブログタイトル錦糸町ヘアサロントラヴィス サロンと写真のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/masataka007/
サイト紹介文ヘアデザインやドライカット髪質改善が得意な錦糸町美容室ヘアサロントラヴィス。ヘナカラーはじめました!
自由文ヘアデザインを勉強するためにヘアスタイル撮影をしています。(モデル募集中)カットや接客などにも力を入れています。
一番人気メニューが髪質改善メニューです。
髪質改善トリートや髪質改善カラー。髪質改善縮毛矯正などがおすすめです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/10/08 13:28

トラヴィス さんのブログ記事

  • 確実な浸透力!育毛剤革命!
  • 頭皮にいい成分を肌の中に届ける。これが、難しかった!以前紹介したトラヴィスでも販売している「ダーマフィラー」を覚えてますか?自宅で簡単に出来るヒアルロン酸注射のご紹介です | <毎週更新>スタッフコラム | 美容室ならTravisトラヴィスhttp://travis.jp.net/quanisヒアルロン酸を針にしたシート。目元、法令線に有効なアイテムです。角質内に穴を開けて安全にヒアルロン酸を届けられるのは「コスメディ」の「ダーマフィ [続きを読む]
  • 髪の年齢ケア
  • トラヴィスでは、髪のエイジングケアをはじめました。ブローしてもまとまらなく、艶、ハリコシが無くなった髪の毛に対してある種の若返り施術をするのです。かなり過度な表現です。加齢によって、失われた物をプラスする。「毛髪補完計画」有名なアニメをパクってます。逃げちゃダメだって聞こえてきそうです。こんな髪質って、 なにもつけずにブローするとこんな感じじゃないですか?それを、カラーと一緒に施術してちなみに白髪 [続きを読む]
  • 第二日目のスタイリスト試験
  • ズンズズン圧をかける2人。。。。。と、まぁ、緊張するだろうけど初めてのお客様を担当して仕上がりの鏡を見せる時よりマシだと今後、気付いてくれるでしょう。墨田区錦糸町オリナスの近くの美容院ヘアサロントラヴィス質問や求人に関する事はこちらまで!ヘアサロントラヴィスのLINE@ 人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 白髪について、原因からカラーリングまで。
  • 白髪って何?白髪とは、色素を持たない髪の毛の事です。日本人のような黒い髪の人種にとって、見た目年齢を大きく左右します。実は、ブロンドのように髪が明るい人種でも、白髪染めは行われています。早い人で、20代前半。ほとんどの人は、30代後半から目立つようになります。それでは、白髪の仕組みを詳しく解説していきます。白髪について 原因から予防、カラーリングまでの白髪の全知識のまとめhttp://asubisou.com/asubi [続きを読む]
  • 髪年齢別ケアをはじめました。
  • 誇大表現ギリギリですが、あくまでも「テーマ」ですから笑この「髪質改善エイジングケア」のカットと 「ss補完ケアカット」という訳の分からないメニュー内容は、ほぼ同じです。使う保湿剤が違うだけです。髪は、年齢と共に変化します。加齢、エイジングすると、ウネリやクセ、チリつきが多くなる方がいらっしゃるのです。ハリ、コシ、艶、潤い、が無くなります。これをダメージという目線だけでは、治せない。根本から変えなきゃ [続きを読む]
  • プロのアシスタント??いろんな働き方を応援しますよ!
  • ヘアサロントラヴィスは、今、、、、スタイリスト試験中です。ちょっと変わってるのが、約1ヶ月間に渡りテストします。スタイリストに求められるのは、もろもろ当然な技術や接客と安定感。この1ヶ月テストをすると、尻上がりに成長してくれます。合格すると晴れてスタイリストです。名刺を持って、メインでお客様にかかわります。お医者さんで言えば、担当医ですね。ここで、1つ考えるのは「アシスタント」っていう存在。どの美容 [続きを読む]
  • ジョンマスター。。。。
  • ジョンマスター、商品を自主回収 「100%天然由来」でなく…成分表の表示が間違っていただけでなく、100%天然由来の成分じゃなかった。。。ジョンマスターを気に入っていたお客様もいたんだけど。。。残念!実は、、、トラヴィスで導入しようと思った事は、、、、一切、ない!微塵もない!ええ。不祥事が起きないと強気になれないダメな男です。実は、儲かるならと、、、、開店当初のどうしようもない時にふらふらと、、ジョン [続きを読む]
  • ペンは、ハサミより伝わる。
  • 遠い昔に、口下手な自分に「一生懸命やっていれば、あなたの思いや技術は、きっと伝わるから」と、とても美しい教えを受けました。感銘を受け、一生懸命、技術をやっていた思い出があります。ええ。これ、間違えでした。伝えることを、サボっていたわけです。苦手な事から逃げていただけですね。若いです。と、そんな想いから、自分の教育カリキュラムに「美容やファッションについての論文」を入れたところ非難の大嵐でした笑。面 [続きを読む]