くらかね さん プロフィール

  •  
くらかねさん: くらしとお金の学校
ハンドル名くらかね さん
ブログタイトルくらしとお金の学校
ブログURLhttps://ameblo.jp/kurashi-to-okane/
サイト紹介文介護、高齢者の住まい、年金、保険、住宅、金融商品など、くらしとお金に役立つ情報を発信しています。
自由文NPO法人くらしとお金の学校は、子どものための金銭教育、投資やワークライフバランスのセミナー、介護の相談、高齢者施設 の訪問ツアー、コミュニティーづくりなど、個人や家庭の生活設計にかかわる情報提供やコンサルティングの活動をおこなっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/10/09 05:12

くらかね さんのブログ記事

  • 櫻井翔『先に生まれただけの僕』、奨学金以外のお金の話
  • 人気グループ・嵐の櫻井翔が主演する連続ドラマ『先に生まれただけの僕』第1話で、偏差値44の私立京命館高校に校長として就任したエリート商社マン・鳴海涼介(櫻井)が、父親が、くも膜下出血で倒れた特進クラスの成績優秀な生徒・加瀬に奨学金で大学に進学する上での心構えを説いていました。奨学金以外のお金のポイントについて考えてみましょう。 この続きを読むhttp://financial-field.com/living/2017/10/20/entry-5127 [続きを読む]
  • 奨学金批判のウソ! 奨学金に対する3つの誤解
  • 以前ほどではありませんが、未だに日本学生支援機構の奨学金への批判が後を絶ちません。正しい批判は大いにすべきだと思います。しかし、奨学金のしくみについての誤解(無知)に基づく誤った批判は見過ごすことができません。彼らの発言によって、奨学金の利用をあきらめて、進学を断念してしまうかもしれないからです、奨学金のしくみを正しく理解しましょう。 つづきを読むhttp://financial-field.com/living/2017/10/18/entry- [続きを読む]
  • 【無料教育費セミナー】at 仙台市(宮城県)
  • ●大学・専門学校進学を諦めない!進学に役立つ!「教育費支援策を賢く活用するセミナー」〈概要〉受験料や入学金・学費・制服等々、進学には思った以上にお金がかかります。子どもの望む進路に行かせてあげたいけれど、進学費用の準備ができない。そんな悩みを持つ主に中学・高校生の保護者の皆様を対象に、セミナーを開催します。教育費の負担を軽減するための様々な支援策を正しく知って、おおいに活用し、お子様の夢の実現に役 [続きを読む]
  • 90歳以上200万人時代のライフプラン
  • 「敬老の日」を前に総務省は9月17日に、65歳以上の高齢者の推計人口を公表しました。 これによると、高齢者人口は推計で、3514万人となり、総人口全体に占める割合は27.7%となっています。 また、90歳以上は206万人に上り、初めて200万人を超えました。長寿時代のライフプランは不可欠といえます。 続きを読むhttp://financial-field.com/living/2017/10/06/entry-4928 [続きを読む]
  • 年上妻の「振替加算」年金の支給漏れに注意!
  • 元公務員の妻を中心に「振替加算」の支給漏れが総額598億円見つかったと報道されていました。 会社員も他人ごとではありません。 厚生年金ということばを知っていても、「加給年金」や「振替加算」になると、知っている方は少ないと思います。 特に、年上妻は「振替加算」の支給漏れの可能性があります。対応策をお伝えします。 つづきを読むhttp://financial-field.com/pension/2017/10/04/entry-4629 [続きを読む]
  • 高度障害保険金の請求漏れに注意
  • ほとんどの方は、定期保険や終身保険などの生命保険(死亡保険)に加入していると思います。たとえば、夫が亡くなったとき、死亡保険金の請求漏れの可能性は低いと思います。しかし、夫がケガや病気で重い障害を負った場合、高度障害保険金の請求ができる可能性があるのに、死亡保障しかないと思い込んでいると、高度障害保険金の請求漏れの危険性があります。高度障害保険金は非課税のメリットがありますので、支払い条件に該当す [続きを読む]
  • メキシコで大地震。地震保険に加入していますか?
  • 日本時間9月20日メキシコでマグニチュード7.1の大地震がありました。 日本でも9月上旬に秋田で震度5強の地震がありました。大規模な地震が起きれば甚大な被害になります。 日本は地震大国です。 いつ大規模な地震が起きても不思議ではありません。 地震保険に加入していない方は地震保険への加入を検討しましょう。 地震保険、加入のポイント。 このつづきは、こちらをご覧ください。http://financial-field.com/insurance/2017/09 [続きを読む]