スマート・ネット さん プロフィール

  •  
スマート・ネットさん: スマート農業 0円からの農業で企業経営
ハンドル名スマート・ネット さん
ブログタイトルスマート農業 0円からの農業で企業経営
ブログURLhttp://smart2net.blog.fc2.com/
サイト紹介文平日IT会社、土日農家で、無農薬米と鹿角霊芝を栽培。流通、6次産業農業の創業情報も掲載しています。
自由文お米はミルキスター、ニコマル、夢つくしを栽培し販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/10/09 11:07

スマート・ネット さんのブログ記事

  • 冬虫夏草の栽培事業
  • 知り合いの冬虫夏草の菌床会社が、買取制度の契約栽培をご案内しています。全国地域でご案内できるとのことです。鹿角霊芝より、菌床が安く、売値も高いので、小スペースにてお1人で10,000菌床程度の栽培管理できます。左のリンクから、ホームページに入ってもらえば、もう少し詳しい説明があります。個別販売でも高い値がつきますが、ある程度の量を栽培すると、一括でおさめた方が効率と事業性があがります。□冬虫夏草が唯 [続きを読む]
  • 欧州型植物工場の是非
  • 10/18 オランダ型植物工場[オランダ型農業が日本にあっているのか?」栽培方法の類型化でみた「オランダ型農業」の位置づけ・施設園芸・・・養液栽培=植物工場・・・太陽光栄養型&太陽光&LED併用型がオランダ型農業と位置づけされています。しかし、オランダ型農業が日本に当てはまっているか?疑問です。植物工場の6割が赤字で、4割のうち半分はかろうじて黒字の現状です。[オランダの気候と日本の気候が根本的に違うので [続きを読む]
  • ホクト椎茸増産
  • 10/17 本年8月に、新聞報道がありましたが、来年からシイタケがキノコ大手会社ホクトにより、増産となります。生産するのは、ヒダのない新開発のシイタケヒダは、胞子を放出するところです。これが閉じているメリットは、栽培者のアレルギーや喘息がなくなる。さらに、栄養成分が閉じ込められていることなどが、上げられます。キノコ製造のホクトは2018年9月、シイタケの量産に乗り出す。これまで工場での量産が成功した例はなか [続きを読む]
  • 千葉県JA話題作り
  • 10/16 JA木更津が、話題づくり秋に田植え、新年に収穫、1キロ=30万円のお米マグロの初セリを狙っての話題づくりJAが一部高値で購入して、メディアにアピールするのでしょう。・JAが何かやっていますよとの宣伝か?・多くの稲作農家には、まったく関係ありません。・南九州の超早場米は、7月収穫ですが、秋の収穫でないため、どれだけ高品質でも「特A」にはなれません。 鹿児島の諸島では3期作も可能です。・お米は、低 [続きを読む]
  • 最高級トマト養液栽培
  • 10/15 養液栽培高級トマト昨日のトマトの状態です。8月30日定植、最高級トマト・プリマドロップを栽培。師匠の農園で、土耕栽培と養液栽培(ロックウール、樽システム、ココバッグ)を行っています。毎日、送り込んでいる研修生から、画像が送られてきます。現在結実し、あと2週間くらいで、収穫が始まります。高級トマトとしては、珍しいヘタのない状態で収穫するもので、作業が楽です。障碍者の方も、作業できるのがポイン [続きを読む]
  • クロマルハナバチ
  • 10/14 宮崎の土耕のトマトハウス10/12に、日本マルハナバチ=クロマルハナバチ(日本在来種)を、ハウスに放しました。ハウスは、日の当たる方を向けます。商品名は、ハニートーンです。トマトの受粉を助けます。おとなしい性格で、あまり刺すこともありません。日本在来種ですので、逃げ出しても、生態系に影響を与えることはありません。定植後、1ヶ月、あと2週間ぐらいで、収穫が始まります。日本のトマトの大きな流通は、北 [続きを読む]
  • 博多ファーマーズマーケット
  • 10/13 博多ファーマーズマーケット南九州からの出張から、本日帰福お友達の農園が参加している、博多ファーマーズによりました。月1回の割合で、販売イベントがあります。ぐるなび主催で、当方は出張と、稲刈りシーズンで、パス。JA九州博多駅前です。あいにくの雨でしたが、会場は天井があります。久留米の松きのこさん有機栽培野菜農園 [続きを読む]
  • 冬虫夏草
  • 10/12 冬虫夏草宮崎ゴールドファームさんへ訪問冬虫夏草を生産・出荷されています。菌床栽培で、1万個栽培キノコ類で一番栄養豊富な胞子部分をいただきました。漢方の香り、いただきやすいです。冬虫夏草にしかない成分(今のところ)がコルジセプス体の免疫力を高める効果に加え、悪い細胞(がんなど)の細胞をはがす効果があるとされています。この作用で、人体のがん細胞は細胞が入れ替わらないのですが、冬虫夏草のこの成分は [続きを読む]
  • 荒廃地就農発電
  • 10/11宮崎県小林市の農家に訪問荒廃地を活用し、上でソーラー発電、下で農業の計画の相談20代の息子さんが、サラリーマンをやめて、就農する予定です。田んぼとビニールハウスは、コメときゅうりしばらく使っていなかった畑で、大豆を栽培する計画です。営農発電で、収益アップを図ります。3反で、自前の建設で、ざっと350万円ぐらいでしょうか?今からなら、19円買取となりそうで、もう少し下がりそうです・・・ [続きを読む]
  • 大分茶畑発電計画
  • 10/10大分県の知り合いの兼業農家ご夫婦共働きご両親高齢で、茶畑の管理が重荷にそこで、維持費を得るためにソーラーシェアリングを計画発電−農業の引き算ですが、茶畑は導入しやすいようです。・適度な斜光で、収穫高が増える例の報告あり・年1〜2回の収穫と、あとは手入れ管理で良いこと・面積もそこそこあるので、収入アップにつながる・地域行政の認可も受けやすい道路下に広がる茶畑周りの除草作業も大変です。放置してい [続きを読む]
  • キクラゲ自家栽培
  • 10/9 キクラゲの菌床を分けてもらって、自家栽培しています。アラゲキクラゲ(最初、失敗して追加購入しました。)①最初、湿度が大事だと思い、クーラーボックスで、栽培 →失敗 キクラゲが呼吸できなかったと判明②段ボールで、下部の隙間を開け、ビニールシートで被う。 とりあえず成功。③コンテナボックスに変更 湿度がある程度保て、いい感じになりました。最初の発芽。密集しています。収穫直後のキクラゲ白は、シロキ [続きを読む]
  • 鹿角霊芝収穫
  • 10/8 何個かの鹿角霊芝の菌床を栽培しています。年2回、こんな感じのものがでてきます。素人栽培なので、立派なものより小さいですが、まあまあだと思います。このように、先端の傘が開かないうちに、収穫。この傘の中に、薬効成分が豊富な胞子が詰まっています。ここが一番価値があります。日に当てたり、放置するとこれが開いてしまいますので、注意です。収穫したあと、まだ温かいと3回目も出ます。かなりミニサイズ収穫した [続きを読む]
  • 石垣イチゴ
  • 9/7 石垣イチゴ静岡市の久能山地区では、昔から石垣で栽培するイチゴが有名です。久能山は、徳川家康が当初まつられた有名な場所です・石垣で育てるイチゴは、100年前から栽培されています。イチゴは現在、定植の最中です。石垣栽培とは、玉石(最近はコンクリート)を一定の角度に積み重ね、隙間に苺株を植える栽培方法。 石垣の積まれる傾斜角度は、太陽光線を直角に受けるために先人が考えたもので、地温が上がり苺の生育に [続きを読む]
  • JAはソーラー批判的
  • 10/6 ソーラーシェアリング雑誌「農業とエネルギー」9月号より(年4回発行)(その前に、ソーラーシェアリングと金融機関について)・ある程度の資金が必要ですが、銀行の多くが消極的のようです。太陽光は売電価格が下がるし、電力会社の権利の売買となっていたり、売電の出力制御があったりかなりネガティブにとらえています。また、関東・東海地区以外は、銀行さんはほとんど知識がないようです。・JAは、ほとんど批判的で [続きを読む]
  • オランダ式植物工場問題点
  • 10/5 中東にオランダ式植物工場・オランダ農業が得意なのは、「施設園芸」=ビニールハウス/ガラスハウスで、太陽光とLEDを併用した栽培方法です。土地が少なく、海面より低い土地が多く日照時間も少ないため、農業の技術開発を進め蓄積して、現在米国に次ぐ、農産物輸出国です。単位規模では最大となります。・日本政府も、オランダ式農業工場の導入に積極的です。国内の大型工場は、オランダ式が採用されています。●しかし [続きを読む]
  • 太陽光シェアリング
  • 9/4  太陽光シェアリングと銀行本日、手伝っている農園に出資予定の大手銀行さんの融資担当者と、事業計画について打ち合わせ。太陽光シェアリングを、事業計画で組んでみたいんですか・・・・>>えー、太陽光ですか?シェアリングなんですか?以下云々説明。取り扱ったことありません。かなり大手の銀行です。事業組めないですか?調べてみないと・・・急ぎ、都銀OBの知り合いの社長方に相談。・大手銀行も地方大手も太陽光シ [続きを読む]
  • 不妊症の月下美人に
  • 10/3 不妊症の月下美人、今年5回目の開花転勤のたびに、廃棄しようとしていた、月下美人。妻がダメとのことで、室内で管理。月下美人を2鉢育ています。野菜は自分の担当、花は妻の担当で、月下美人は薄暗いとこがいいとのことで、30年間室内で育てていました。ほぼ、緑の観賞用?1鉢は3年前に、肥料を適度に与え、日向に出し、花が咲くようになりました。しかし、同じようにしてももうひと鉢は、30年間一度もさきません。そ [続きを読む]
  • ITハナビラダケ
  • 10/2株式会社インタートレードは、RIZAP株式会社が今後展開するRIZAPの栄養学に基づき開発した新しい惣菜を提供する新業態「REzap」「zapDELI」の惣菜に植物工場で生産した「IT はなびらたけ」が採用されたはなびらたけチョレマイタケ目に属しています。(猪苓舞茸)チョレマイタケは、漢方の生薬に使われているキノコです。病院では、医師の約8割が漢方薬を処方しています。漢方薬に利用されるものを「生薬(しょうやく)」とい [続きを読む]
  • エネルギー兼業農家
  • 10/1 農地ソーラーシェアリングの現状営農型ソーラーシェアリングは、平成23年から始まり、平成27年時点で、775となっています。[少し前の日経新聞四国版より]農地に太陽光発電所を設けて、農業生産をしながら発電する「エネルギー兼業農家」というアイデアを、山形県の市民団体が広げようとしている。売電により新たな収入源を確保できるほか、個人へ農産物を直販する販路開拓にもつながる可能性もある。同団体は講演会を開 [続きを読む]
  • 太陽光シェアリング
  • 9/30 fasebookのお友達に、1年前の記事を探してもらいました。農家の収入アップに、太陽光シェアリングも有効かなと思います。光飽和点の低い作物なら、普通通り栽培できるようです。それの高い物は、コーン、トマトなどあります。なんと、お米の田んぼの上にのせても栽培できるそうです。お茶畑は、適度な影になり、いい環境になります。宅地では、旨みがなくなってきたので、農地が有望視されています。自分で乗せるか、業者に [続きを読む]
  • 植物ホルモン
  • 9/29 facebookのお友達から、いただきました。植物ホルモンは、高校で学んでいたのですね。●成長促進は、細胞分裂を活発にして必要な部位の細胞を増やし、必要な部位の活動を促進 主に栄養成長です。(葉・茎)●実をつけるためには、成熟・老化促進が必要背丈を伸ばし、葉を繁らせるだけでは、実はならないということですね。大人になるために、成長を止め、老化にスイッチを変えることで、実がなるようになる。植物の栄養が豊 [続きを読む]
  • 多品種植物工場
  • 9/28  毎日、地元の新聞と、日経新聞、日経産業新聞、流通新聞を見ています。農業では最初に、日経新聞地方版に記事がよく乗ります。その後、日経産業新聞のパターンが多いので、地方版まで見る必要があります。本日は、日経北陸版より多品種葉野菜の植物工場です。葉菜類は、栄養成長ですので、栽培は比較的簡単ですが、価格面で路地・ハウスものと比べ、割高になります。知り合いの大型植物工場の部長さんもいますが、かなり大 [続きを読む]
  • トマト結実
  • 9/27樽栽培のトマトが、結実してきました。8月30日に定植、樽養液栽培です。養液栽培=植物工場防除シートをしき、土の影響がでないように衛生管理をします。定植直後の画像です。ハウスに入る時は、除菌しはいります。養液栽培と土耕栽培は、栽培管理が全く異なります。養液では、水はけがよいのですが、湿度は高めになります。土耕では、乾き気味になります。したがって、雨が多い時期は、養液では水分を減らすよう微調整・養 [続きを読む]
  • 東電イチゴ工場
  • 9/26 東京電力フュエル&パワー株式会社イチゴの周年栽培の植物工場が、11月から稼働、夏秋の品薄時期にも供給できる工場です。世界の各地で、日本のような甘くおいしいイチゴをつくりたいと、模索していますが、温度管理が必要なこと、収益性の問題で、大型施設での栽培が検討されていました。知り合いの会社にも、東南アジア各国で栽培依頼がきていますが、コストがかかりすぎるのと、栽培技術がないため、導入できない状態です [続きを読む]