スマート・ネット さん プロフィール

  •  
スマート・ネットさん: スマート農業 0円からの農業で企業経営
ハンドル名スマート・ネット さん
ブログタイトルスマート農業 0円からの農業で企業経営
ブログURLhttp://smart2net.blog.fc2.com/
サイト紹介文平日IT会社、土日農家で、無農薬米と鹿角霊芝を栽培。流通、6次産業農業の創業情報も掲載しています。
自由文お米はミルキスター、ニコマル、夢つくしを栽培し販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2014/10/09 11:07

スマート・ネット さんのブログ記事

  • マッシュルーム
  • 8/24 マッシュルーム栽培 マッシュルームは、馬たい肥を発酵させて菌床として栽培する方法が主流です。17世紀にフランスで確立した栽培方法でシャンピニオン・ドゥ・パリといいます。日本では当初「西洋マツタケ」よばれ欧風の高級料理で使われていました。菌床を発酵させる堆肥舎や栽培管理室が複数必要です。最近では、ある企業が欧州からマッシュルーム菌床製造プラントを輸入する計画が出ており、国内ではいままでなかった菌 [続きを読む]
  • 霊芝
  • 8/23 霊芝は、全国で栽培されています。最近は、少し価値の高い鹿角霊芝より、霊芝の方が安定生産と価格面で安いことで、利用が増えています。鹿角霊芝は、最近生産が安定していないようです。民間療法の効能としては、高低血圧の調整、血管の強化があることで、血圧の調整、カゼ予防、免疫り力の向上などがあります。中国では薬として、製品化されています。菌は国内にも存在し、栽培は、クヌギ、ナラなどの広葉樹に、種菌を打ち [続きを読む]
  • キノコ棚作り
  • 8/22遠方に出張です。台風の影響で相方が飛行機搭乗できず帰りも危ぶまれます本日は キノコ栽培の棚作り指導兼作業 ハシゴを作り そのあと組み立てます間取りから棚設計し 生産者さんと相談し 作業に入ります食用キノコなら5000菌床薬用キノコなら2倍栽培できる棚ですキノコは温度湿度管理が大事ですので エアコンと加湿器を設置しますキノコならなんでもできますが 利益率からは薬用キノコ 次にキクラゲ ですが、キクラゲ [続きを読む]
  • 蜂退治
  • 8/20 農作業をしていると、怖いのがすずめばちいろんなところに、偵察で飛び回ります。そこで、すすめばち用の駆除道具を使います。「ハチ激取れ」スズメバチの好きな香りの誘引剤を入れた仕掛けです。ホームセンターで、1000円くらいで買えます。露地野菜で活躍するミツバチも守れます。 [続きを読む]
  • 出穂
  • 8/19お盆上けに、田んぼの見回りに出穂(しゅっすい)しています。分茎もまあまあです。無農薬の田んぼですので、雑草がよく生えます。畦まわりに、稗(ひえ)が茂っていたので、さっそく除草作業このところ、夕方は涼しくなって、作業しやすくなりました。 お盆は無精していました。 [続きを読む]
  • 北海道サフォーク
  • 8/18北海道の若手農業者との話。北海道といったら海産物と、酪農、羊ですね。九州も、同じく海産物と和牛です。日本の野菜は、春夏北海道と秋冬九州で回っていますね。どちらも、農業地域、似てますね。農家の規模は違いますけど。もっとおいしさを知ってもらいたいですね。<北海道>ジンギスカン知ってますか?その中でも、特に有名なサフォーク、おいしいですよ。<九州>しりません。(北海道では超 [続きを読む]
  • 海外農業研修
  • 8/17農業に入りたい若者からの相談国際農業者交流協会で、海外農業研修を募集している。海外で農業を学んで、①国内で技術者になれれば・・・②または海外で農業普及の仕事に携わりたいとのこと////////////////////////////欧州系は、農業者、農業経験者であることが必要ですまた、英語は必須です。・農業経験者でなくても、行ける地域は「米国」と「豪州」のみ ただ、アメリカ、オーストラリアの大規模農業を経験しても、他の地 [続きを読む]
  • ドラゴンフルーツ
  • 8/16 ドラゴンフルーツの花が咲きました。知人のハウスです。我が家では、月下美人を育てていますが、どちらもサボテン科の植物自然では、蝙蝠が花粉を媒介することで、夜に満開になります。 こちらは、月下美人 [続きを読む]
  • 強力抗がん剤と漢方
  • 8/15 強力抗がん剤と漢方進化するがん参謀に対抗するため開発された薬があります。生体の免疫力を高める薬ですが、効きすぎると自分の細胞も攻撃するという副作用があります。・また、化学肥料を与えると植物は素早く吸収し、栄養成長が促進されます。一方、採りすぎることで、代謝できない残留成分が多くなります。これが残留硝酸態窒素として、苦味えぐみとなり、幼年者には、毒になり死に至ることもあります。・自分も植物生理 [続きを読む]
  • トマト撤収
  • 8/10 ハウストマトは、7月から8月にかけ、撤収し次年度の準備に入ります。養液栽培では、もう少し引っ張ることもできますが、次年度が遅れるため、真夏の暑い時期の収穫作業の過酷さ、パートさんの確保もきびしくなるので、この時期に撤収・準備作業に入ります。知り合いの土耕トマト、土にこだわった方です。有機物と微生物を散布し、トラクターで浅くすき込みます。おおくの作物では、3年程度経過すると、連作障害が出てくるた [続きを読む]
  • 営農発電
  • 8/9 営農発電 電線の連携費用が高額九州の山奥で 太陽光シアリング計画地域のために 立ち上がった方がおられますが、電力会社への送電が非常に高額となり 検討中です九州では 川内原発 玄海原発が稼働し 高圧は導入が厳しい状態です東電も一部の地域では制限されておりますやっと太陽光シェアリングの意識が芽生えたのに 入り口が狭くなっているのが残念です [続きを読む]
  • 農業者年齢
  • 8/8 農業者の平均年齢は66.8歳ですが、下記グラフのように、この年代の方(団塊の世代)が抜けたら、一挙に農業人口がへります。続く世代の人数では埋めきりません。ここを埋めるのには(1)農業生産法人で、集約農業(2)先日の副業解禁での、農業者の増加(3)高齢者も作業できる農業とのすみわけ(4)障碍者が作業できる農業の確立(5)農地の取得制度の改善   具体的には、権限が強い農業委員会の組織もしくは、権限 [続きを読む]
  • 副業で農業を
  • 8/7 昨年あたりから副業解禁の企業が増えて来たります。副業に関する政府ガイドランの変更もあり、会社も、個人のスキルアップなど無料で図れ、社内で保有する知識の蓄積などのメリットがあります。副業の選択枝として、農業もありだと思います。農業では、公務員の副業も小規模経営なら以前から認められていますが、高齢化が進み、農業従事者平均が66.8歳となり、この段階の世代の方が、リタイヤしたら、一挙に農業人口は減りま [続きを読む]
  • キヌガサダケ
  • 8/6 キヌガサダケの人工栽培清流日本コンソーシアム 循環型農林業ぎふモデル推進協議会事務局(合同会社 清流日本)キヌガサダケは、中華料理などで利用される高級キノコです日本唯一の有機JAS認証の菌床キノコメーカー、株式会社ハルカインターナショナルは、「キノコの女王」とも表現される、希少なキノコ、キヌガサタケの人工栽培に成功した。量産型の商用人工栽培では、国内初の成功事例という。来季から本格栽培を行い、高 [続きを読む]
  • 除草作業
  • 8/5 朝6時台から除草作業です。11時まで頑張りました。この時期、お米づくりは草との戦いです。今週は週末の当番で、猛暑の日に当たりました。草が伸びていたので、本日は芝刈り機型で、周りを刈ります。斜面も刈れるタイプですが、斜め走行で、コントロールに力が必要です。背負い式の除草機より疲れます。 地想式の除草機で走ったあと、背負い式除草機で、仕上げます。この日、4反の田んぼを除草しました。 [続きを読む]
  • 薬用植物
  • 8/4 千葉県の知人からいただいた新聞記事です朝日新聞7/29 千葉県版です背景は、中国からの輸入に頼っていた薬草が、中国での農薬汚染、ならびに需要増で高騰していることがあり、改善の見込みがないことで、必然的な動きです。薬草栽培では、ツムラなどが農家に契約栽培を依頼して栽培していますが、よい品質のものがすぐにはできず、高いに困っている割合も多いようです。千葉大学と富士通の実証研究です。栽培データをとり、 [続きを読む]
  • 農福連携
  • 8/3 厚生労働省のデータより障碍者数の推移です。障碍者は「身体障碍の方」「知的障害の方」「精神障害の方」に分類それぞれ、386万人、62万人、361万人となっています。約50年間の推移も、増加傾向です。一方、基幹的農業者(主に専業として従事している農業者)は、177万人です。こちらは50年前から比べると激減(1960年で1175万人)しています。農業では、障碍者さんが作業できるものもあり、厚生労働省・農林水産省が主催する [続きを読む]
  • 動物園トマト
  • 8/2 北九州の動物園 到津動物園知人が、子供連れで、訪れたら、動物園でトマトの収穫収穫したものを、キツネザルに手渡すことのできるイベントがありました。知人の一家です。キツネザルは、目が特徴的ですので、子供さん、怖がったようです。上の2人がやっと手渡しできました。お子さんが動物に触れあえるのがいいですね。 到津動物園のクロキツネザル 〃 クロシロエリマキキツネザル [続きを読む]
  • 緑のトマト
  • 8/1緑のトマトトマトは、いろんな種類のものがあります。赤、黄色はよく見ますが、白、黒、紫もあります。私のトマトの師匠は、緑のトマトを出荷しています。緑のトマトは、緑のまま完熟して甘いものがありますが、師匠ミニトマト千果を、完熟させレストランなど向けに出荷しています。師匠は、生粋の農家ですが、研究熱心で植物生理学の先生に師事し、栄養成長、生殖活動を適正に行わせる管理を苦労して分析し、養液システムにて [続きを読む]
  • 里山開発アウトドア
  • 7/30 本日の読売新聞に里山アウトドアパークが掲載されています。7月に現場で取材がありました。当方は、アウトドアやスポーツ関係は得意ではありませんが、当方と知人から始まったつながりで、北九州在住の各スポーツやイベントの専門家が集まり、活動しています。なかでも、特に頑張っているのが、オフロードの自転車競技のコースを作っておられるサイクルショップの有村さん、自然を活かした、福岡県最大のマウンテンバイク競 [続きを読む]
  • 熊蜂
  • 7/30クマバチクマバチは ミツバチの仲間です クマンバチともいいます。温厚な性質の蜂ですトマトなど野菜の受粉で使うマルハナバチに似ています朝からヘチマの花に群れています人間には興味がないのですが 時々まとわりついてきたりします追いはらったり叩いたりしたらさすこともありますが(メスだけ) 無視していたら飛び去ります食べ物は花粉です くまばちまるはなばち [続きを読む]
  • キュウリロックウール
  • 7/29 知人で全国でも珍しいキュウリのロックウール栽培をしている方がいます。キュウリは通常ハウス土耕栽培ですが、若手のかたはチャレンジ精神旺盛で、おそらく1名か2名程度しか導入していないと思います。栽培は簡単になったといっていますポットの苗をロックウールの穴に植えるだけ、20日程度で収穫がはじまります棚管理では一回棚を下げるだけであとは放任とのことロックウールはバラやトマトで水分や液肥を制御するのに向い [続きを読む]
  • 東京ハーヴェスト2018
  • 7/28東京ハーヴェスト20183日間限定の農産物テーマパークが今年も開催東京ハーヴェスト実行委員会は、農家・漁師・酪農家など食の作り手の素晴らしさを国内外に発信し、作り手への感謝と尊敬の気持ちを形にして伝える大収穫祭「東京ハーヴェスト」を、2018年10月11〜13日に虎ノ門ヒルズおよび新虎通りにて開催する。2013年にスタートした本イベントは今年で6回目。昨年も2日間で4万人今年は再開発が進む虎ノ門に会場を移し、秋の味 [続きを読む]
  • 農福連携マルシェ
  • 7/26農福連携マルシェ 厚生労働省 補助事業各都道府県で、農福連携マルシェの活動が盛んになっていています。障碍者さんが、一生懸命作った農作物を販売し、障碍者の訓練、農業の働き手の雇用など、地域活性化につながる活動です。農業分野での障害者の就労を支援し、障害者にとっての職域拡大や働くことでの収入拡大、農 業にとっての担い手不足解消につなげ、地方の創生及び経済の成長に寄与する。○ 障害者施設における農業の [続きを読む]