みゅー さん プロフィール

  •  
みゅーさん: ミュージアムに行きました。
ハンドル名みゅー さん
ブログタイトルミュージアムに行きました。
ブログURLhttp://museummania.blog.fc2.com/
サイト紹介文オッサンがゆるーく綴る、博物館・美術館・資料館などの訪問記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/10/09 17:01

みゅー さんのブログ記事

  • 華鴒大塚美術館
  • 岡山県井原市の華鴒大塚美術館をご紹介します。はなとりおおつかと読みます。徳島の大塚国際美術館とは無関係です。美術館のサイトでは豪雨被害について触れられていませんが、井原市も被害エリアのようなので大丈夫でしょうか?ここは日本画家の作品を展示する美術館で、電子機器関連メーカーのタカヤが運営しています。1階と2階に展示スペースがありますが、館内はそれほど広くありません。展示作品は撮影できないので、庭の様子 [続きを読む]
  • なかた美術館
  • ネタは溜まってるんですが、大阪北部地震で少しめげて、その後の異常な暑さに何もやる気がせず、ダラダラと日々を過ごしております。西日本豪雨で被害を受けられた皆様に、お見舞い申し上げます。以前訪問した、やかげ郷土美術館や高梁市成羽美術館は無事でしょうか?獺祭で知られる、旭酒造はかなりのダメージを受けたようです。本日紹介する、なかた美術館も、断水のため現在閉館中とのことです。場所は広島県の尾道駅を少し北に [続きを読む]
  • ひろしま美術館
  • 館名からもわかるように、広島市にある、ひろしま美術館に行ってみました。ここは広島銀行が母体の美術館です。円形の美術館内はテーマごとに部屋が4つに別れており、一部撮影が可能です。別棟では「ねこがいっぱい ねこアート展」が開催中でした。最近やたらと、猫をテーマとした展覧会が多いような気がします。アートと猫は相性が良いのかしらん?うちのにゃんこが、いっぱいです。猫といえばワタクシ、このメロディーが頭の中を [続きを読む]
  • 新見美術館
  • 岡山県新見市の新見美術館が、本日の訪問先です。おっと、いきなりの階段です。こんなの登るの嫌だなあと考えていたら、上にも駐車場があることがわかりました。やれやれ。こちらが入り口です。今は、「マイメロディ・キキ&ララ(リトルツインスターズ)展」の開催中です。オッサンには不似合いな展覧会ですが、せっかく来たので覗いて行くことにしましょう。館内は、マイメロディや、キキとララの絵でいっぱいでした。グッズなんか [続きを読む]
  • 林原美術館
  • 以前、岡山城周辺のミュージアムを廻った際、折悪しく閉館中でパスせざるを得なかったのが、ここ、林原美術館です。本日はスケジュールをしっかり確認して、やって来ました。立派な長屋門ですなー。萱野三平記念館を思い出したりして…展覧会は、「サムライの纏うもの」甲冑などが見られそうです。こちらが美術館です。門とぜんぜん雰囲気が違いますね。内部は武家屋敷跡みたいな想像をしていたのに、ちょっと意外でした。林原美術 [続きを読む]
  • 高梁市成羽美術館
  • 成羽川近くに建つ、高梁市成羽美術館は岡山県にあります。ところで、高梁市は何と読むかわかりますか?これで、たかはししと読みます。こんなん、ちょっとわからんでー。コンクリート打ちっぱなしに水とくれば、誰のデザインかすぐにわかりますね。周囲の景観から、思いっきり浮きまくってます。地元出身の画家、児島虎次郎の特別展が開催中でした。?児島虎次郎?はて、どこかで聞いたような名前だこと。と、思案投げ首、師走のカ [続きを読む]
  • やかげ郷土美術館
  • 岡山県南部の、小田郡矢掛町にある、やかげ郷土美術館をご紹介します。規模の小さなローカル・ミュージアムで、水見やぐらが併設されています。会期はすでに終わってしまいましたが、訪問時には「本池秀夫 革の世界展」が行われていました。実物大に再現した動物が、すべて革製とは思えないような出来栄えです。特に象の頭部など、剥製のようなすごい迫力です。そうかと思えば、小さな人形たちで人生の一コマを再現したような作品 [続きを読む]
  • 井原市立田中美術館
  • 東京のミュージアムを廻った際、平櫛田中彫刻美術館を訪れました。展示作品はそれほど多くなかったのですが、田中の彫刻作品を目にし、もっと多くのものを見たいと感じました。今回その願いが叶い、田中の生まれ故郷である、岡山県井原市の井原市立田中美術館の訪問となった次第です。館内撮影できないのが残念ですが、大きいものから小さいものまで、多くの彫刻作品が展示されています。館内には東京上野桜木町のアトリエも再現さ [続きを読む]
  • ウッドワン美術館
  • 広島県廿日市市の、ウッドワン美術館を訪れてみました。ここは、建材メーカーのウッドワンが母体の美術館です。以前、京都文化博物館でウッドワン美術館のコレクション展を観ました。なかなか見応えがあったので、ぜひ一度、本場で観てみたいと思い、やって来たのです。思いっきり山の中ですが、中国自動車の吉和インターからはすぐのところです。現在、「吉村芳生と吉村大星 365日エンピツ画」展が行われています。鉛筆画家の親 [続きを読む]
  • 獺祭
  • 山口県のミュージアム巡りのついでに、どうしても寄りたかったところがあります。日本酒好きのワタクシとしては、獺祭ブランドで知られる、旭酒造の本社をぜひ見てみたかったのです。田舎道をどんどん車で走っていくと、ようやくたどり着きます。ハイテク感いっぱいの、旭酒造の本社ビルです。周辺が、超ド田舎とは思えない外観です。いきなり行っても内部は見学させてもらえません。こんなことなら、見学予約しとくんでした。外人 [続きを読む]
  • 毛利博物館
  • 公爵毛利家の本邸を一般公開した、毛利博物館に行ってみました。場所は、山口県防府市です。広々とした邸内を見て回ると、一番奥に博物館があります。内部は撮影禁止でしたが、武家の調度品や武具が展示されていました。美容のためのイスです。歯医者じゃないですよ。ちっこい風呂庭は必見です。絵葉書に使えそうな景色今は青々としていますが、秋には紅葉がさぞ美しいことでしょう。毛利博物館美術館・ギャラリー ブログランキン [続きを読む]
  • 周南市美術博物館
  • 山口県周南市の、周南市美術博物館が本日の訪問先です。中に入ると、人が集まって何やらやってます。聞けば、今日が特別展の初日で、朝イチでやって来たワタクシは、その開場セレモニーにぶつかってしまったというわけです。偉いさんのスピーチとかどうでもええから、はよ入れてーな。お目当ては「ひつじのショーン展」です。何を隠そうワタクシ、ひつじのショーンの大ファンです。ご存じない方は、下の動画をご覧ください。岡山や [続きを読む]
  • 山口県立美術館
  • 以前、中国地方を廻ったときは、島根、鳥取、岡山が中心でした。広島も少しだけは行きましたが、中心部がまるっきり抜けてしまいました。今回の中国行きでは、山口、広島、岡山と廻りました。まずは山口県立美術館から、ご紹介します。山口県立美術館は、山口市の亀山公園内にあります。すぐ近くには、県立図書館や山口県立山口博物館もあり、文化の中心地のようなところです。訪問時には「浦沢直樹展」が開催中でした。「YAWARA! [続きを読む]
  • 江戸東京博物館
  • 東京都墨田区の江戸東京博物館は、館内いっぱいに江戸の風情が溢れています。深川江戸資料館を、思いっきり盛りだくさんにした感じです。入ってすぐが、これです。江戸時代にタイムスリップしたみたいです。見学者が一杯で、外人客もかなりいました。ワタクシなぜか、外人のオバサンに話しかけられて、ちょっと焦りました。江戸時代以外にも明治から昭和の展示もあります。これでも画像をだいぶ整理しました。あっちこっち撮りまく [続きを読む]
  • 国立歴史民俗博物館
  • 千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館は、日本の歴史や民俗を、6つの展示スペースで見せてくれます。国立だけあって、とにかく規模がでかいです。ゆっくり見てると、1日がかりです。写真を撮りまくったので、何がなんだかわけがわからなくなってしまいました。とりあえず、こんな感じだと思って見てください。←思いっきり手抜きモード国立歴史民俗博物館美術館・ギャラリー ブログランキングへ [続きを読む]
  • つくばエキスポセンター
  • 文系ネタが続いたので、今回は理系ネタでいきましょう。ご紹介するのは、茨城県つくば市のつくばエキスポセンターです。かつてこの地では科学万博が開かれ、その後、現在のつくばエキスポセンターへと引き継がれています。館内には科学技術に関する展示が複数あり、大人も子供も楽しめます。科学万博の当時を偲ばせる展示もありました。科学館につきもののプラネタリウムもあります。それ以外にも、3Dシアターなんかもあります。訪 [続きを読む]
  • かすみがうら市歴史博物館
  • 本日は、茨城県かすみがうら市のかすみがうら市歴史博物館のご紹介です。門構えといい、奥に見える天守といい、力入ってますな。霞ヶ浦の漁で用いられた帆引き船が、実物大でデーンと展示されています。その他にも、ごちゃごちゃと展示品があります。天守最上階からの眺めかすみがうら市歴史博物館美術館・ギャラリー ブログランキングへ [続きを読む]
  • 中川船番所資料館
  • 深川江戸資料館と同じく江東区に、中川船番所資料館があります。小名木川を管轄する船番所を館内に再現し、当時の雰囲気を感じさせてくれます。ただ、作り込みは深川江戸資料館の方が上です。まじめにお勉強する人向けのコーナー昭和のお茶の間の様子川には遊覧船?中川船番所資料館美術館・ギャラリー ブログランキングへ [続きを読む]
  • 深川江戸資料館
  • 江戸末期の深川の町並みを実物大で再現した、深川江戸資料館にやって来ました。江東区白河にあります。左の建物は船宿です。こちらは肥料問屋長屋の裏には洗濯物が干してあります。建物内部もしっかり作り込んであります。長屋木挽職人の家屋台も再現されています。奥に見える火の見櫓手前の屋根には猫もいます。ワタクシ、大阪くらしの今昔館を思い出しました。深川江戸資料館美術館・ギャラリー ブログランキングへ [続きを読む]
  • ファミリーロッジ旅籠屋
  • 今回の関東旅行で宿泊に利用したのが、ファミリーロッジ旅籠屋です。画像の通り、ホテルというよりアパートのような外観です。ワタクシのように、車を使った一人旅の場合、朝・夕食付きの旅館やホテルはどうしても割高になります。また、二人以上でないと、そもそも宿泊すら受け付けてくれない場合が少なくありません。ということで、ビジネスホテルを利用する場合が多いのですが、部屋が狭い上にさほど価格も安いわけでもなく、不 [続きを読む]
  • 科学技術館
  • 北の丸公園内の科学技術館を紹介します。東京国立近代美術館、東京国立近代美術館工芸館、国立公文書館などは、目と鼻の距離です。館内は、科学技術に関する展示やゲームなど、盛り沢山な内容です。でも、一つ一つやってたら、時間がいくらあっても足りません。平日はこのようにガラガラですが、週末だとよけい時間がかかることでしょう。ワタクシも撮影だけで、ざっと流して見るだけにしときました。子供連れだと、1日楽しめると [続きを読む]
  • 千葉県立中央博物館
  • 千葉市中央区の青葉の森公園内にある、千葉県立中央博物館をご紹介します。県立博物館にありがちですが、平日昼間はほとんど来館者がいません。たまに小学校の校外学習の子どもたちがいるくらいです。館内は、千葉県を自然、文化といったコーナーで、紹介しています。自然コーナーは撮影可だったので、撮りまくりました。まあ、適当に見てってください。生きたマムシも飼育されています。文化コーナーは撮影不可だったので、興味の [続きを読む]
  • 平櫛田中彫刻美術館
  • 東京都小平市の平櫛田中彫刻美術館を訪ねてみました。どっちも名字のような名前ですが、ひらくしでんちゅうと読みます。旧姓の田中をひっつけて、音読みしたものです。97歳で移り住んだ住居が、現在は美術館として公開されています。昔の建物なので、あっちこっち段差だらけで、バリアフリーとは程遠い造りです。107歳で亡くなるまで、ここで暮らしたとか。コケたりとかしなかったんでしょうか?彫刻作品以外にも、書や道具などが [続きを読む]
  • たばこと塩の博物館
  • 本日は、東京・墨田区の、たばこと塩の博物館をご紹介します。運営は、JT(日本たばこ産業)です。たばこをやめて10年近くなるワタクシですが、ここを訪れてまた吸いたくなったら、ちょっとヤバイ。インディオみたいなのが、長いパイプを咥えてます。玄関前のモニュメント館内は、塩のコーナーとたばこのコーナーに分かれています。塩とたばこは、専売公社時代からの専売品です。岩塩なめたら、ちょっとしょっぱかったです。←ウソ [続きを読む]
  • 東京都庭園美術館
  • 旧朝香宮家の邸宅を、現在では東京都庭園美術館として一般公開しています。場所は、目黒駅から歩いて少しのところです。アール・デコ様式の邸内と、フランスの古い絵本の展覧会が同時に見学できます。香水塔照明の熱で香りを漂わせたとか。大客室お庭も見学できますよ。新館では、フランス文学者の鹿島茂のコレクションが公開されています。ところで鹿島茂って、「ヤバいよ、ヤバいよ」の人に似てませんか?テレビで見るたび、ワタ [続きを読む]