原付リヤカーマン さん プロフィール

  •  
原付リヤカーマンさん: 日本一周原付リヤカー時速25キロの旅
ハンドル名原付リヤカーマン さん
ブログタイトル日本一周原付リヤカー時速25キロの旅
ブログURLhttp://sukezaurusu.blog.fc2.com/
サイト紹介文1万円で買ったバイクと3000円で買ったリヤカーで日本一周時速25キロの旅
自由文今にも止まりそうな50ccの2ストバイクと、ボロいリヤカーを牽引して、ギリギリ低空飛行の一人旅。

じいさんに驚かれ、女子高生に笑われ、猫に凝視され、犬に吠えられる。

初日に連結部脱落。リヤカー暴走。
職務質問の連続。

警察先導で高速をリヤカーで走っちゃったり。

日本中たいへんお騒がせ致しております。






参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/10/09 19:30

原付リヤカーマン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 電車のジオラマ?的なやつの人がリアルすぎる件
  • にほんブログ村どうでもいいことなのだけれど。電車のジオラマ的な?Nゲージ?というのか20分500円とかいうやつが幕張イオンにあった。興味がある乗り物は基本的に飛行機と原付リヤカーくらいなもんで、電車には全く興味がないのだけれど駅の中の人間模様がリアルすぎてついつい見入ってしまった。エントリーナンバー1番『あっ電車が来たかな?的なノリの娘』これは実に微妙だ。娘と父にも見えるが、この距離感は絶妙すぎてカッ [続きを読む]
  • 再会シリーズ 開幕第1戦
  • にほんブログ村※この記事はわかる人にしかわからない記事である。近年、LCC(格安航空)の発達が著しく、成田から毎月のように飛び出しては海外やら国内やらを旅してる。原付リヤカーのおよそ35倍という飛行速度はもはや異次元。先月は函館に片道1980円で飛び、知内温泉の温泉兄弟と再会できた。温泉兄弟は知内温泉という開湯800年を誇る北海道最古の温泉だ。確かな歴史とお湯の成分が床面を蔓延った湯の花が物語る。2年前のあの [続きを読む]
  • ああ 最高
  • にほんブログ村夕暮れを通り過ぎた秘密基地へ戻ると、水上で何日もかけて成長した氷板に出会う。一日中晴れてて寒くなかったのに、ここはアラスカですかwいつもここ。成田の秘密基地は別世界。ワクワクしながら氷を引き上げて、小学29年生は魚でも獲ったかのごとく建物に持ち込む。氷のテーブルにして薪ストーブであたたまりながら、今日も来て、明日迎えに来るかもしれない透明な世界と、いつか融けてなくなるテーブルに乾杯。赤 [続きを読む]
  • お蕎麦やさんでoh,so bad (オーソーバーぁっ)だった話
  • にほんブログ村せっかく長野に来たのだから信州キノコ蕎麦でも食べて帰ろうと目論みお蕎麦屋さんへ。お昼時ということもあり、ほぼ満席の店内。着席して足早に注文した後、トイレを我慢していたので店内のトイレへ向かう。トイレは1つで、引き戸のタイプ。軽く急いで入ろうと引き戸をスライドさせると、カチャッという違和感のある感触。ガラガラガラー。おはよーゴザイマス。すると次の瞬間、目に飛び込んで来た映像は、便座から [続きを読む]
  • Jアラートと本マグロ
  • にほんブログ村3200キロ彼方の太平洋を、いつもと変わらぬように悠々と泳いでいた本マグロが、北朝鮮のミサイルにめでたくHITしてギャグみたいな死を遂げたのだとしたら。北朝鮮が発射した瞬間、おそらくミサイル落下地点に本マグロは居なくて、何十分後かに猛スピードで泳いでいた本マグロ君は飛び込むように落下地点に泳ぎこみ見事に命中したということになる。もしも、Jアラートが海中で鳴って本マグロがそこから逃げたとしても [続きを読む]
  • 搭乗ゲートでスーツケース捨てた
  • にほんブログ村新緑から初夏を過ぎる季節のスピードについていけぬまま、秘密基地を覆う草花粉にむせびながら過ごす原付リヤカーじゃないマン。今回は飛行機で春の北海道へ。あのてきらっちょと富良野の山奥に山菜の王様ギョウジャニンニクを取りに行く!といういかにもヒグマと接吻しそうなノリ。成田空港第3ターミナル。LCCも慣れた手つきでチェックイン。本日はジェットスターGK105便で新千歳まで飛ぶのだ。いつも手荷物は持た [続きを読む]
  • 手ぶらでプネへ
  • にほんブログ村前回までのあらすじ日本食を毛穴という毛穴から欲している友達にたくあんを届ける任務でインドへ。機内で悠々と晩酌していたらなんと、俺の手荷物はニューデリーまで届かなかった。と、同時にたくあんも届かず早くも路頭に迷う。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜インドに無事到着し、他国とのアライバルビザとは比較にならぬ亀みたいな発行スピードに『あぁそうだったこの国ではまずまず一筋縄ではいかないんだった』と、インド [続きを読む]
  • インドへたくあんを届けに出発
  • にほんブログ村今年度のファイナルデクラレーションを雑に済ませ、魅惑の国、インドへと旅立った。今回のミッションは数ヶ月間、インドに軟禁されている友人に日本の味【たくあん】を届けるのだ。というのもインドに2日くらい居ると魔法のように日本食が恋しくなるものだ。だから日本食を届けるのだ。乾燥した日本食ではなくウエッティな、ザ!日本食を!もう数ヶ月もいるのだから、日本食が恋しすぎるせいで鼻からマグロを食べれ [続きを読む]
  • なんでだよ。コンビニで朝市開催。
  • にほんブログ村夜が明けたばかりのコンビニの駐車場。次第に人々の足音や交差点を行き交う車の音に目をつむり、軽トラの運転席で胎児のように丸まりながら眠っていた。すると、突然窓ガラスを強くノックされる。『コンコンコン!コンコンコン!』げ。これはアレだな、あのー、『ここに長時間の駐車はお断りします!』的な、ちょっと太っちょのコンビニの店長に、35才にもなって朝から怒られるパターンだな…と直感的に思った。普通 [続きを読む]
  • 勢いってまぁまぁ大事かも。バンコクへ
  • にほんブログ村エアコンに干されるように妻と三ヶ月になったばかりの子供とコの字で雑魚寝していた朝7時。思い付きではないけれど、突然朝7時に決定したクレイジージャーニープラン。 『よし、今からバンコクへ飛ぼう』予約もしてないのに2時間30分後の朝10時 成田発バンコク行きの便に飛び乗るという前代未聞の駆け込み乗車。 四捨五入すると仕事みたいな用事のために。当然、出発2時間30分前にネットでチケットが取れるわけ [続きを読む]
  • どうしようもなくて110番。
  • にほんブログ村ゲリラ雷雨の応援団が千葉に近づいた夏空の下、俺は別居する小学3年になる息子と月に1度のデートの日を迎えていた。真っ黒な雷雲を避けるように東へ移動し海岸へ。熱を蓄えた九十九里の砂浜、雷雲に吸いあげられる海風、立ち昇る入道雲を遠くから眺め、新しい夏を肌で感じていた。白波立つ海辺で、無邪気にはしゃぐ息子。彼は生まれつきレベル6(max)度のアレルギー疾患を患っていて重度アレルギーを持っている。お [続きを読む]
  • 会ってもない遠くの人へ
  • にほんブログ村本当は、過去も未来も錯覚のような物で『今』という事しかないのだけれどもしも自分という何ページにも及ぶ本が、もしも、今日という真っ白で大切な1ページにコーヒーを溢したシミのような過去が乾かず、今日の白いはずのページに大きく滲むのならそのページの汚れを隠そうと、今日も大切なページを全て過去の色で塗りつぶしてしまっているのなら全てのページを破り棄てたくて、力いっぱい破り棄てたいのに、どうや [続きを読む]
  • 秘密基地で婆さん逮捕。
  • にほんブログ村梅雨のぼやけた太陽が作り出す蒸し暑さが増してきた午前。秘密基地に降り注ぐ太陽からの熱をしのぐように、木陰のソファーでまったりしていた時。秘密基地内のMt.OKA (標高推定3メートル)からガサゴソガサゴソと音がする。げ、誰か居る。盗難か!?不法投棄か!?ガサゴソガサゴソ。逃げられては困るのでMt.OKA (標高推定3メートル)の登山道は使わず、森の急斜面の木にくくりつけてあるロープをたどり斜面をよじ登 [続きを読む]
  • びっくりすることに、機種変しました。
  • にほんブログ村湿度に汗ばむ日々の陽気は、まるで常夏のタイにいるかのような時間を作ってくれている。この世に子供が産まれた今、迷いはない。自分は一体何をすべきか常に考えている。そして次世代、いや近未来の乗り物でありながら一人しか乗れない原付リヤカーは、もはや時代に乗り遅れている事に気がついた。これから、原付リヤカーで旅を再開するのかも?という期待を打ち砕かずにはいられない。そうこの度、僕は原付リヤカ [続きを読む]
  • 一年後にこうなるとは。
  • にほんブログ村一年後、誰も想像してなかっただろう。一年前6月2日のblogを見返すとこんな毎日。そして、てきらっちょと、あの旅で初めて会った日も6月2日だった。そして、一年後の2016年6月2日無事に原付リヤカーの遺伝子を反映した男の子が産まれた。一年前誰も想像してなかっただろう。リヤカーが乳母車になることを。この子が生まれた日の空じわりと照りつける太陽を見上げると生命を感じる。すべてが綺麗に見える。新た [続きを読む]
  • 仕事してたら幼虫を食う事になる。
  • にほんブログ村秘密基地のお隣さん香港人のシンさん。たまに仕事手伝ってもらったり、トラック借りたりなんだりと、とても良いビジネスパートナーとなっている。そんな軽トラの荷台を外す作業をしていたらきゃー!頭の上に蜂の巣!!!しかも、アシナガバチ!シンさんが、アシナガバチの巣をプーさんみたいに鷲掴み。げ。すげぇ。すると、きったねー軍手で何かをつまみ出しているではないか。『これ旨いアルヨ!油とオナジダヨ! [続きを読む]
  • 仕事をしていたら猫を飼うことになる。
  • にほんブログ村どこかで聞いたことのあるようなタイトルだが、またもやおかしな状態になった。やはり俺は丹後半島で出会った子猫のタンゴに呪われているようだ。※ブログタイトル【猫を飼うことになった】を参照のこと。日本一周から帰ってきてからは、連日まな板と包丁を振り回すように連日ガムシャラに働き役目を果たしたゴミにもう一度命を吹き込む作業をしている。そんな仕事を終えて、ノコノコと秘密基地に向け軽トラックを [続きを読む]
  • 過去の記事 …