萌葱 さん プロフィール

  •  
萌葱さん: 萌葱の東大理3にトップ合格へ挑戦!
ハンドル名萌葱 さん
ブログタイトル萌葱の東大理3にトップ合格へ挑戦!
ブログURLhttp://mkandpseijin.hatenablog.com/
サイト紹介文とんでもなく無謀な医学部再受験のブログです。
自由文この度は、社会人となりながら再受験を決めて再び受験勉強を始めました。医学部の再受験ですが、受ける大学は東大の最難関である理科3類を予定しています(何と無茶な!)。しかも、トップで合格を狙っています!(気でも狂ったか?)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/10/09 22:13

萌葱 さんのブログ記事

  • 今後の私とブログの方向性について
  • 私の現状につきまして、相変わらず仕事と受験を両立しています。再受験についても継続する予定です。再受験にあたって、今後注意すべきことがあります。2020年度実施の大学入試改革についてです。現在、大学入試改革に関する情報は錯綜していることが多く見受けられます。入試形態の変更時には以前にもいろいろと情報が飛び交いましたが、事実に即したものからそうでないものと玉石混交の状態でした。大学入試に民間英語試験をどの [続きを読む]
  • 受験の話題はタイムリーなので
  • 最新の受験の話題は判明次第、ブログでもお知らせしていきたいと思います。やはり、今は色々と情報が錯綜していますので。(教育現場でも情報を集めようと大変なようです。)正しい情報を得ることが重要だと思います。私も投稿する際には、正しい情報を受け取り、正確に伝達する(コミュニケーションの基本!)ことを心がけたいと思います。語弊や誤解を招くような表現は避ける方針です。とはいえ、自分の文章作成能力はまだまだな [続きを読む]
  • ごめんなさい、更新が停滞してしまい。
  • ずいぶん久しぶりですが、諸事情によりブログの更新が停滞してしまい申し訳ございません。停滞中もブログの方向性については検討していましたが、今後については、医学部再受験のみならず、一般的な受験の話や数学などの問題の出題と解説、あとは「私自身の話」などもしていきたいと思います。また、ブログタイトルについて、今後の方向性の点から変更するつもりでございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 東大の過去問は40年分くらい持っています
  • 自分の受験する大学の入試問題の過去問はなるべく持っておいたほうが良いでしょう。私は東大の過去問は全教科40年分程度持っています。有名どころならば古いものはオークションや古本屋を探せば売っているのでできるだけ入手しましょう。ちなみに私はこれから過去問研究に取り組むつもりです。目的としては受験する全科目の昔からの傾向をつかむとともに、数回繰り返すことで入試問題を覚えるくらいやりこみたいです。東大に限 [続きを読む]
  • 学力コンテストが返却されました
  • 大学への数学の学力コンテストが返却されました。今回はAコース(一般理系向け)に応募して98点でした。1.の場合分けが不足していただけでした。他は完ぺきだっただけにやられたと思いました。(でも、もっと減点されるかと思いました)先月分は大失点しましたが今回はそれなりにできたと思います。12月号は完ぺきを目指していきたいと思います。 [続きを読む]
  • 時間があればの話ですが
  • 時間があれば、近年の東大の問題の解説もやってみたいと思います。まずは数学から初めて理科もできればやりたいと思います。傾向や難易度についても詳しく触れていきたいと思います。変わり種としては旧後期試験の問題についても触れていきたいと思います。なかなか昔の後期試験について扱っている方は少ないと思いますので。 [続きを読む]
  • ほぼ1題ですが
  • それなりに難しい問題ですが、考えがいのある問題ですので、典型問題の演習に飽きたとかむずかしめの問題に取り組んでみたい方はやってみるとよいかもしれません。 [続きを読む]
  • たまには「時々1題」を出してみます
  • 「1日1題」ならぬ「時々1題」というものを出していきたいと思います。言葉の通り時々不定期で出すので、出題頻度は現在のところ不明です。軌道に乗ってきたら頻度を固定したいと思いますが。よろしかったら解いてみてください。 [続きを読む]
  • 英語って何やっているのですか
  • 数学や理科ばかりで少しは英語や国語についても何をやっているとかお勧めは何かくらい書いてくれ。と思っている方も多いと思いますので、私が現在やっている英語について書いていきたいと思います。まず、英文解釈は「思考訓練の場としての英文解釈1」をやっています。恐らく英文解釈の参考書の中では最高レベルかつ中身が濃いです。注目すべきは入試問題ばかりではなく、新聞の記事の一部なども掲載されているので、面白いかと [続きを読む]
  • 大学の分野はやるべきか
  • もし、高校数学に飽きてしまった場合、大学の教科書や演習書をやるべきかということについてです。実は、最近とある予備校関係者の方とお話をしましたが、数学は大学によっては大学の範囲をやっておいたほうが有利に働く場合があるとおっしゃっていました。とはいっても、東大や京大、数学の難しい問題を出題する医学部入試くらいですが。ただ、気を付けるべきは、大学の数学へはまりすぎないことです。人によっては大学の数学 [続きを読む]
  • 東大入試の問題ごとの分類
  • 先ほどの記事について、入試問題を1…典型問題がそのまま姿を現したもの2…典型問題にひねりを加えて典型問題であることをカモフラージュしたもの3…分野横断型の出題4…計算量の多い問題5…今までに見たことのないような新傾向問題6…難問に分類しましたが、近年の東大理系入試の問題についてどの区分に入るかを当てはめていきます。区分が重複する場合はもっとも当てはまるものにします。今後も入試問題や私の出題する問題にもこ [続きを読む]
  • 実は暗記も思考も重要
  • 受験で最も議論のネタになるものの一つに「受験数学は暗記か」ということがあります。これについてはどっちが良くてどっちが悪いということはないのですが、実は両方必要です。受験数学の暗記の側面としては、定義や定理、公式などの暗記であることはもちろん、典型問題の解法の修得もあります。解法といっても問題に対する考え方を記憶することで、問題を丸暗記というわけではありません。この点が某受験指導者の提唱した「数学 [続きを読む]
  • まとめ問題のやり方
  • 先日投稿いたしましたまとめ問題について、やり方について説明します。まずは150分で時間を図ってやること。模試の感覚でやってみてください。ただ、時間内に終わらない問題があったらもう一度考えてみましょう。参考書などで調べても構いません。11月末に解答を投稿しますので、それまでにどのように解けばよいかという方針を立てておくことが重要です。問題を考えるにあたってもっとも重要なことは解答の方針や考え方を見つ [続きを読む]