ダブルセブン さん プロフィール

  •  
ダブルセブンさん: ダブルセブンどうでしょう
ハンドル名ダブルセブン さん
ブログタイトルダブルセブンどうでしょう
ブログURLhttp://wsevendoudesyou.blog.fc2.com/
サイト紹介文50代の中年夫婦です。エンジョイゴルフと月に1回の国内旅行(ゴルフもやります)を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2014/10/10 00:19

ダブルセブン さんのブログ記事

  • 鈴鹿の森ゴルフクラブ (2017年10月)
  • 今回の旅行はじゃらんで5000円クーポンをゲットできたのでクーポンの使える旅館にする事に。その中に軍団お気に入りの「海のしょうげつ」があったので、7月に行ったばかりですが・・・「10月後半の旅行は海のしょうげつとする」  (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチという事で愛知県のゴルフ場を捜してみましたが、知多半島のゴルフ場はお値段が高くて断念。他のゴルフ場も旅館から遠い割にこちらもお高いので、三重県の鈴鹿にしました。 [続きを読む]
  • プリンタが壊れたあ! テレビも壊れたあ! (2017年11月)
  • 昔の写真をスキャナでパソコンに取り込んでプリントしてみたら・・・なんじゃこりゃ!色々な色が混じってヘンテコな写真がプリントされてしまいました。まだ買って2年位しかたってないのに・・・  ゜(*`3´)ブゥ゜年賀状の時期というのにまったく「けしからんプリンタ」であります。文句を言っても仕方がないのでプリンタを買いに電気店に出動。  (*`◇´*)/ タノモー♪【EP−801AB】エプソンのプリンタで2015年モデルです [続きを読む]
  • 石葉 食事・感想編 (2017年10月)
  • 食事の時間は18時からで頼みましたが、隣と同じ時間なので少し遅れるとの事でした。15分位遅くなりましたが、一品出しなので料理のタイミングを考慮してるのかと勝手に思いました。食事は部屋に案内してくれた仲居さんではなく、若い女性が接客してくれました。18時前に部屋に準備に来てくれ、夕食のスタートは18時15分からであります。部屋食なので、気兼ねなく盛り上がれます。  「騒ぐ気だ」 (*ノω【お品書き】お [続きを読む]
  • 石葉 風呂編 (2017年10月)
  • 石葉は貸切風呂はなく、大浴場が2つで両方に露天風呂が有ります。普通は旅館では「なんとかの湯」とか大浴場に名前があるのですが石葉にはありません。男は「殿方湯」女は「御婦人湯」と直球勝負であります。24時間入浴可能で夜中の12時に男女の入れ替えが有ります。一番風呂を目指して、15時に大浴場に行きましたが、残念ながら先客がいました。幸運にも先客は出る所だったので、入浴中は自家源泉を一人占めで堪能しました [続きを読む]
  • 石葉 施設・部屋編 (2017年10月)
  • 本日の旅館は関東で屈指の料理旅館といわれる湯河原の「石葉」であります。すぐ近くの奥湯河原温泉「結唯 」と共にミシュランで二つ星を獲得しているそうです。その他にもANAのファーストクラスの朝食に、この旅館の和定食が選ばれています。難しいことは軍団には分かりませんが、とにかく料理はすごいという事であります。当然ですが名旅館なので、お値段もお高くなっております。  (´д`、) ダイジョウーブ?客室は離れの「観月 [続きを読む]
  • 無雙庵枇杷 食事編 (2017年10月)
  • チェックインの際に夕食の時間が18時がいっぱいということだったので、不本意でありますがこの日の夕食の時間は18時30分となってしまいました。枇杷は個室食事処にも部屋名が有って、軍団は「炭団」という真ん中付近の部屋でした。何といってもこの日のプランは食事時はフリードリンク、気合を込めての入場でしたが・・・フリードリンクプランは専用のメニューが有って、通常メニューにあるプレミア酒の「磯自慢」や「田酒」 [続きを読む]
  • 無雙庵枇杷 部屋編 (2017年10月)
  • 最後に残ったお部屋は平屋和み柱の家という名が付いた平屋タイプの「蕪」という部屋です。寝室の洋室8帖、リビング和室8帖の余裕の作りは平屋タイプはほぼ共通です。1階にある平屋タイプの部屋(筍・鶉・蕪)は前の木が邪魔で海があまり見えないのが難点でしたが、つい最近、旅館の敷地の木を切ったという事で海も大変良く見えました。ただ残念ながら、その前にある竹などの木は旅館の敷地でないので切れません。【蕪】蕪の文字 [続きを読む]
  • 無雙庵枇杷 施設編 (2017年10月)
  • 無雙庵枇杷は最初に泊まったデザイナーズ旅館なので、何となく思い入れがあります。この日はオールインクルーシブⅡとなんやらかっちょいいプラン(部屋指定やフリードリンクの他、部屋の冷蔵庫もタダという太っ腹プラン)が大幅割引だったので、1年ぶりの訪問です。プランに部屋指定が有りますが、被る場合があるので第3希望まで聞かれていました。数日前に旅館から確認の電話が有り、第一希望の「蕪」に泊まれると知らせてくれ [続きを読む]
  • 雲上の天城高原ゴルフコース (2017年10月)
  • 今回の旅行は伊豆半島のゴルフ場で90を切ってない最後に残ったコースのリベンジであります。前回ここをプレーしたのは2014年の7月で、その時はブンブン90、すずむし104とコテンパンでした。ブンブンは最近はぎっくり腰も再発せず、コンディションがいいのでリベンジの可能性大です。しかーし、すずむしは2日前に足をくじいてしまい、リベンジは期待薄であります。標高が1000mで富士山も見える景色のいいコースで [続きを読む]
  • 中央アルプス杜の隠れ宿 季澄香 施設編 (2017年9月)
  • 赤倉観光ホテルから自宅までは400km以上あるので、長野県にもう1泊であります。立山から自宅に帰るときに泊まるのは昼神温泉が多いのですが、今回はその手前の駒ヶ根です。赤倉観光ホテルを出発したのが13時過ぎだったので、この日の旅館へはどこにも寄らずに直行しました。中央自動車道の駒ケ根ICで降りて僅か5分の場所にある「中央アルプス杜の隠れ宿 季澄香」という今年の4月にリニューアルされた新しい旅館でありま [続きを読む]
  • 赤倉観光ホテル 食事・感想編 (2017年9月)
  • 夕食は「アクアグリルダイニング」のグリル料理、メインダイニングルーム「ソルビエ」のフレンチコース、そして旬菜ダイニング「白樺」での和食の3ヶ所から選べます。また別料金が発生しますが、カウンター6席だけの富すし「蔵」もあります。軍団は夕食は旬菜ダイニング「白樺」で和食、朝食は「プレミアム棟」に泊まっているので昨年オープンの「アクアグリルダイニング」での洋食をチョイスしました。予約の際もチェックインの際 [続きを読む]
  • 赤倉観光ホテル 部屋編 (2017年9月)
  • 本日宿泊する部屋は昨年の12月にオープンした「プレミアム棟」のP3という部屋であります。この棟はP4(3階)、P3(1階)、P2(2階)、シングルの4タイプからなっています。残念ながら1人用のシングルは妙高山側にあるので景色は望めません。軍団の選んだP3はデイベッドがあり、3名での滞在にも対応出来る部屋となっています。本来は15時チェックインですが、30分近く前に到着してもすぐに部屋に案内してくれました [続きを読む]
  • 赤倉観光ホテル 施設編 (2017年9月)
  • 47都道府県制覇(泊まるだけであります)で近場で宿泊してない新潟県に今回は泊まる事にしました。7月に北海道・青森・秋田と宿泊したので、東方面と日本海側はほとんど制覇であります。新潟県は縦に長いので、上の方だと時間が掛かってしまうので下の方の旅館を調べました。ネットで色々調べてみると世界が認めた絶景のホテルが有り、場所も妙高で軍団希望の下の方です。軍団はホテルはあまりなじみが有りませんが、かけ流しの [続きを読む]
  • 酒を買い過ぎてすずむしに怒られたあ! (2017年10月)
  • 新潟で宿泊した記事の予定でしたが、酒を買い過ぎてすずむしに怒られた記事に変更です。日本酒は基本的には地元の酒屋で調達していますが、時々ネットでも購入します。スコッチは古くても大丈夫なので、ネットオークションで安い物を見つけると入札しています。たまたま日本酒もスコッチもブンブンの好きな銘柄が出品されていたので入札しました。いい気になって、やたらと入札して置いたら、ほとんどの品物が落札出来てしまいまし [続きを読む]
  • ホテル立山 食事・感想編 (2017年9月)
  • 「ホテル立山」は夕食は洋食と和食のチョイス、朝食はビュッフェ方式となっています。和食と朝食は3階の和食堂「たてやま」で、洋食は5階の洋食堂「つるぎ」でいただきます。前回来たときは2泊したので、和食と洋食を両方いただきました。今回は1泊なので、団体客が来ないと思われる洋食の方をチョイスしました。和食も悪くないのですが、「たてやま」は団体のお客が多く、何となく騒がしく思えるので苦手であります。ホテル立 [続きを読む]
  • ホテル立山 施設編 (2017年9月)
  • 室堂に着いたら最初にホテルのフロントに行き、受付を先に済ませ荷物を預かってもらいます。登山やハイキングの際は要らない荷物が多いので、最初に預けておくと楽であります。取りあえずホテルから外に出てみましたが、登山どころか風が強くて傘をさしていられません。しかも視界は50m弱程度で、へたに歩いていくと遭難しそうです。雨なら登山はやめて日本一標高が高い温泉といわれる「みくりが池温泉」でゆっくり温泉に浸かる [続きを読む]
  • 大荒れの立山黒部アルペンルート (2017年9月)
  • 昨年は「ホテル立山」が満室で、立山黒部アルペンルート旅行は中止となってしまいました。代わりに山岳リゾートの代表らしい上高地と乗鞍に行きました。昨年は天気に恵まれず、上高地は小雨、乗鞍は霧で何も見えずでした。雨軍団のくせに雨の心配は全くせず「よおーし今年は浄土山にも登るぞぉ〜」「雄山と浄土山はきついからどっちかにしようよ〜」 とお気楽計画でいました。しかーし、前日の露天風呂に入っている時に降り始めた [続きを読む]
  • 長野県大町駅近くの居酒屋での夕食 (2017年9月)
  • 温泉にゆっくり入って18時半過ぎに夕食を食べにホテルを出発しました。一応ホテルから一番近い居酒屋もチェックしましたが、カラオケがあってやかましそうなのでパス。もう1件よさげな居酒屋は大町駅の近くで、行ってみましたが駐車場がよく分からず断念。またまた得意の右往左往するいつものパターンになってしまいました。駅の商店街らしきところを車で走っていると店の前に駐車場のある居酒屋を発見!本日はここ「たきょう」 [続きを読む]
  • くろよんロイヤルホテル (2017年9月)
  • すでに10月ですが今回からは9月恒例の立山旅行の記事であります。昨年は予定日の2か月前に「ホテル立山」に予約の電話を入れたら・・・「大変申し分かりませんが、その日は満室です」という事で、恒例の立山登山は断念!今年は昨年の失敗を教訓に5月に予約をして、万全の態勢で臨みました。  エッヘン立山登山の前日は扇沢駅に一番近い「くろよんロイヤルホテル」に泊まり、一番のトロリーバスに乗る予定です。「くろよんロイヤ [続きを読む]
  • 名門 「葛城ゴルフ倶楽部」に挑戦! (2017年9月)
  • 9月は休みの関係や天気のせいで、二人で仲良く池ポチャの後はラウンドはありませんでした。ブンブンは29日に葛城、10月1日に掛川グリーンヒルでコンペと続き、締めは3日にすずむしと伊豆で唯一まだ90を切っていないコース「天城高原ゴルフコース」のリベンジです。しかーし、すずむしは葛城もコンペも参加出来ないので、伊豆旅行までゴルフはなし!お家でお留守番でした。   (???)。 オリシバン葛城ゴルフ倶楽部はゴルフ [続きを読む]
  • ABBA RESORTS IZU 坐漁荘  食事編 (2017年8月)
  • 伊豆高原の宿泊施設は値段もお高いですが、料理の内容は満足できる所が多いと思います。昨年お世話になった「伊豆のうみ」や「花吹雪」も食事には満足しました。今回の坐漁荘は伊豆高原では過去最高値のお宿なので料理も期待大であります。夕食は和会席、フレンチ、鉄板焼きがありますが軍団はいつもの和会席を頼みました。この日の夕食は到着時間も遅めだったし、ゴルフ場で昼飯を食べたので珍しく19時からお願いしました。食事 [続きを読む]
  • ABBA RESORTS IZU 坐漁荘  部屋編 (2017年8月)
  • 坐漁荘は全30室で、そのうち11室はヴィラ客室というテレビでもよく紹介されるお高いお部屋です。しつこいようですがプールの付いたお部屋はじゅーまん円であります。当然ですが、軍団は残る19室の本館の客室です。本館には南館と東館、そして離れの部屋が2室の構成になっています。離れの客室がいい感じでしたが、そちらのお部屋も予算オーバーで・・・断念。  (_ _|||)軍団の泊まった部屋は、南館の1階にある露天風呂 [続きを読む]
  • ABBA RESORTS IZU 坐漁荘  風呂編 (2017年8月)
  • 坐漁荘は半分以上の部屋に露天風呂が付いていますが、大浴場や露天風呂も充実しています。お高いヴィラ客室にお泊りのお客さんは、お部屋にお籠りのようで何処も空いていました。おかげ様ですべてのお風呂を制覇、しかも何処のお風呂もほぼ貸切状態でした。☆(*^o^) (^-^*)☆ ヤッタネ!!坐漁荘の温泉は浮山温泉で以下の泉質と効能となっています。泉質:弱アルカリ単純泉効能:慢性関節リウマチ、慢性筋肉リウマチ、神経痛、骨や関節の [続きを読む]
  • ABBA RESORTS IZU 坐漁荘  施設編 (2017年8月)
  • この日のゴルフのスタートは9時54分でしたが、早い時間にスタートしたかったので伊古奈荘は8時に出発して、急いでゴルフ場に向かいました。ゴルフ場には8時40分頃到着、すぐにクラブハウスに行ってスタート時間の交渉をしました。「旅行で来ていて旅館に早く行きたいのでぇ・・・スタート時間をぉ・・・」 (o*。_。)oペコッ ペコッ 必死のペコペコ攻撃が効いたのか9時過ぎのスタートに変更してもらいました。おかげ様でなんと [続きを読む]