花和尚水晋 解脱致しました 有り難う御座います さん プロフィール

  •  
花和尚水晋 解脱致しました 有り難う御座いますさん: 替天行道花和尚孫市水滸を目指して
ハンドル名花和尚水晋 解脱致しました 有り難う御座います さん
ブログタイトル替天行道花和尚孫市水滸を目指して
ブログURLhttps://ameblo.jp/akutotatakau2014/
サイト紹介文人生の頂点もどん底も経験した波瀾万丈の人生を送っている1人の男の体験記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/10/10 18:58

花和尚水晋 解脱致しました 有り難う御座います さんのブログ記事

  • コレデオシマイ最終章(闘神雑賀孫市和尚)
  • これが闘神雑賀孫市和尚最後の記事になります中井貴一さん主演の梟の城って映画がありましてねその中で自分は子供の頃から忍者の修行に明け暮れて色んな人間に化けてきたから本心が解らないみたいな台詞があるのです自分も同じでした親父殿は小学校3年生の時に家から出て行き中学校2年生の時に和歌山から出て行きました亡き母は派手に商売をしていたので家への来客は警察のお偉方かヤクザの親分衆ばかりの中で自分は育ちましたお [続きを読む]
  • コレデオシマイ6(雑賀孫市)
  • 今回負けたら後がないからこの世に自分は存在しなくなるだから心置きなく全てを書こうかなと思ったけどそれは止めておく自分が何も書かずに墓まで持って行ったら今と変わらず生活出来る人が沢山おるんやからねどうも何かと知りすぎてしまった人生だ飛ぶ鳥あとを濁さずって言葉があるけど自分もそうするよ勝とうが負けようが雑賀孫市はもう終わりだからね終わりだから誰かを道連れにとか考える奴はクズだと思うんだわ終わりだからこ [続きを読む]
  • コレデオシマイ5(雑賀孫市)
  • 今回のコレデオシマイシリーズは雑賀孫市として最後になります書くかどうかは悩みましたが雑賀孫市が心の拠り所としていたので書いてみますGREEの男塾での事です正直、色々と学ばせてもらいましたこの人も自分と同じく男塾を心の拠り所にしてるんだなとか色々ねコレデオシマイ4の石関もどきな女の子もいたしね勿論、顔なんか見れないから容姿は不明なんだけどね感じが似てたのですね逆らうし生意気だしねでも本当は良い子なのよ多 [続きを読む]
  • コレデオシマイ4(雑賀孫市)
  • 本当に色々あったけど面白い人生だったな幸せだったと言えば幸せだったかも知れないし不運な人生だといえば不運な人生だったかもね亡きお袋に言われたな仕事でも女でも最初が一番良くて段々とレベルが落ちてくるように感じるのが人生だとね確かにそうかな人生で一番最初に心から惚れた女は石関だったあんな女なんか絶対にいないよな色白でモデル体型で宝塚級の別嬪で頭も抜群に良かった最近思うのよ石関って本当に人間だったのかな [続きを読む]
  • コレデオシマイ3(雑賀孫市)
  • 東京の友も最高の友の1人だ今だから言えるんだよな本当によく我慢してくれたと思います彼の辛さや苦悩を理解してあげれなかった今ではただただ恥いるばかりです彼と初めて会った日はとてもとても暑い日だった確かお盆の前後だったかな場所は渋谷でしたあの時は大阪の彼も自分もスーツを着て行ったんだった今考えれば大阪の相棒と自分がスーツを着てウロウロしたのはあれきりちゃうかな?自分は六本木ヒルズでも普段着で行ってたか [続きを読む]
  • コレデオシマイ2(雑賀孫市)
  • その男こそ我が人生で最高の友2人のうちの1人だった真の友であり相棒であり義弟だったあんな凄い男にはもう二度とお目にかかれないと思います知力 体力 胆力 努力凡てに於いて自分は何も彼には歯が立たなかったな更に自分とは決定的に違う部分があった若さだ自分が35ぐらいの時に彼は大学生だった若さというものはなんともなんとも色んな意味で勢いがあるしかも彼は元暴走族の頭だったらしい和歌山みたいな田舎のショボい族とか [続きを読む]
  • コレデオシマイ1(雑賀孫市)
  • 随分と世間の人が騒いでくれた自分の人生でしたが微力ながら自分なりに精一杯困ってる人の力にもなってきたと信じています誰も褒めてくれる人はいないから自分で自分を褒める事にします本来なら心臓の手術をして彼女に全財産持っていかれた地点で自分の人生なんか終わってたんだと思いますでも母者に少しでも親孝行したかったし相棒だった明石と山村に義理を返したかったから全力で人生最期のもがきをしたけれど力及ばず申し訳なく [続きを読む]
  • ファンキー人生回想録1(孫市和尚)
  • 最近はノンビリ過ごせる日々なので記憶から消えかけている昔の事を思い出そうとする機会が多いですもう忘れてしまった事も多いのですが断片的に覚えている事を必死に思い返しています今までの人生を一言で言えばよく無事に生きてこれたなです若い頃からかなりムチャクチャな人生を歩んできたパンツ一丁でマジマジと体中を見てみるとどんだけ傷があるのってぐらい傷跡だらけだ自分ではムチャクチャな人生の割に傷跡は少ないと思い込 [続きを読む]
  • 新寅さんシリーズ(孫市和尚)
  • 冷静に考えれば今の自分は相談したり頼れる身内なんか誰一人居ない昔から遠くの親戚より近くの他人って言うね確かにそうだ全然、縁の無かった人や会った事もない人がボロボロだった自分を支え続けてくれてるものつくづく自分は果報者だと感謝する信用して頼りにしていた人間がことごとく離反して昨年は腹の立つ奴を全員殺して自分も死のうって真剣に思ってたもんなそんな気持ちを宥めてくれたのは全員他人様だ本当に有り難い事だ♪ [続きを読む]
  • 和尚の独り言(孫市和尚)
  • 随分と世の中が変わって便利になったが生きにくくなった自分が学生時代から就職する頃は大雑把だったが楽しい時代だった世の中自体が窮屈じゃなくて皆がパワフルに生きてたな今みたいに何事にも五月蠅くなく分かりやすい世の中だった強いものが強くて悪いものは容赦なく淘汰されたり闇に葬られてたね今なんか悪人が悪の弁護士と組んでやりたい放題しても法律に守られるんだからアホらしくて話にならん時代や世の中がどんどん窮屈に [続きを読む]
  • ご無沙汰でんな〜(ファンキー坊主)
  • ここ最近、特にこの1年余りは世の中の変なとこばかり見えて絶望の連続だったが何も自分だけが絶望してるんじゃないなと思ってなんとなしに生きてみればこれがなかなか楽しいのだ貧乏って言葉を通り越してる日々だが腐る事もなく寧ろ赤貧生活を楽しんでいる節があるから人生って面白いよ悟りではないが落ちるとこまで落ちたからか何かと本質が見えてきたこの人は何故成功しないこの人の愛は何故相手に伝わらないこの人は何故能力を [続きを読む]
  • 親孝行します(孫市和尚)
  • 親孝行はどれだけやっても満足出来ないんだろうね自分も、それなりに親孝行したつもりだったが全然だったなと思います考えれば当たり前よね自分は、一度も結婚せず子供も居ないオカンに孫の顔も見せれてないんだから親孝行してるはずがないよオカン、最晩年はよく言ってたな孫の顔が見たかったなと…今でこそオカンの言ってた事がそうかもって思えるようになりましたオカンは子供のある女の子と一緒になれとよく言ってたよその頃の [続きを読む]
  • 弱くなりました(孫市和尚)
  • もうすぐ、オカンが星になって1年だあまりにも急過ぎて落ち込んでる間も無かった昨年は、身近な人が5人も亡くなって自分は常に混乱してたさ悲しくて酒飲んで訳分からなくなってる内に次から次へと身近な人が亡くなって更に酒量が増えて毎日が虚しかったなお金は騙されて未払い喰らったりしたけど取り立てに行く気にもならなかった自分を抑える自信が無かったんだ日が経てば少しはマシになるのかなとか思ってたけどどんどん寂しく [続きを読む]
  • 仕事がしたい(孫市和尚)
  • 思い切り仕事がしたいわ和歌山に閉じ込められてからの自分は腑抜けになってしまった自分は、若い頃から常に闘ってきた仕事も闘いだし人生全てが闘いだ和歌山では鳴かず飛ばずの自分が和歌山を出た途端に一気に開花した和歌山では利用されるばかりだった自分が初めて自力勝負が出来て本当に毎日が幸せだった勿論、常勝だった訳じゃない自分の場合、前から跳んでくる弾より後ろから跳んでくる弾に当たって撤退を余儀なくされたりもし [続きを読む]
  • ある人へ(孫市和尚)
  • 電話、サイレントにしてなかった電話出来れば早いのだが仕方ないなまあ、俺は君の事をよく知らないが以前に付き合ってた女と似ている気がする随分と気の荒い女だった俺を再起不能になるまで追い込んだ女だったが情は深かった気性が荒く情が深すぎたから仕返しもキツかった今、そいつは自分の産んだ子が難病で辛い想いをしているらしい生きてその業の病気を治してやりたいと思ってたが最早、俺は生きる気力が無くなった最後に親父と [続きを読む]
  • 女将軍達に誓う(尾園晋造)
  • (女将軍達に誓う)今、女将軍達に誓う事にします必ず自分は生まれ変わって生きる事を本当に申し訳なく恥ずかしい限りです顔も合わした事もない女将軍達が真剣に自分の為を思って心配してくれているのにその気持ちを理解出来なかったとはたった1人の女に破壊され自分の人生は終わった…と思ってたでも 違ったよ 全然自分の弱さと愚かさで潰れたんだ仮に1人の女に破壊されてたとしても、その代わりに何人の女将軍達が自分を立ち直 [続きを読む]
  • 人に戻った(孫市和尚 尾園晋造)
  • もう、日記やブログは書かまいと思って前回に自分の気持ちを素直に吐露しましたあくまでも自ら命を断つとかは一切考えずに正直に書いたでも、最近は本当に体調が悪くて自分の意思とは関係なく死を意識するようになりました最早、時効だと思うので書きますが自分は約5年前に16年付き合ってた女に全財産を没収され家を追い出されてほぼ無一文にされたんだ一口に全財産といっても世間じゃ想像出来ない金額です自分には二度と儲ける事 [続きを読む]
  • 完全終結忠義参天(孫市和尚 尾園晋造)
  • 仁木の兄やん戸村先輩久し振りに声を聞けて懐かしく有り難く思います今日は、真の友のデジと会います最早、思い残す事はありません自分で命を断つ事は絶対にしないが生き延びる事は先ず無理だろうしかし、よく最期まで戦い抜いた儲けても儲けてもザルの人生だった騙されて騙されての人生だった親不孝な息子だった我が家は普通の家庭の環境ではなかったがオカンに大切に育ててもらって幸せだった石関友美宮本美佳関美玲しまちゃんリ [続きを読む]
  • 和歌山の赤木弁護士さん 先ずはあんたからや(尾園晋造)
  • 本当に自分って男は馬鹿だわ信じてはいけない奴を信じて案の定、騙されて金を騙し取られて挙げ句の果てにネットに事実無根の悪口まで書かれて仕事も出来なくされて金も返してもらえんとはなそれでも、今までは守るものがあったから周りの人間に代わりに助けてもらったり我慢に我慢を重ねて生きてきたけどもう我慢せんでもええよな弁護士であろうがボクサーであろうが詐欺師であろうが俺を騙したり不義理をかました奴等にはえげつな [続きを読む]
  • El Condor Pasa(尾園晋造)
  • 一昨日、お袋を納骨しましたタイトルの El Condor Pasa(エルコンドルパサー)は南米の代表的な曲ですコンドルは飛んでいくの方が馴染み深いかも知れませんね自分にとっては納骨してお袋は黄泉へ飛んでいったように思うのですあれだけ寝れなかったのが嘘のように毎日眠れるようになりましたもう、これで自分は1人息子としてすべき事はやり終えました後は、自分の中で決着がついていない事を片付けていくだけですじゃんじゃん横丁 [続きを読む]
  • 酔生夢死(孫市和尚)
  • 毎日毎日、色々ありすぎて我ながら凄い人生だなと感心致しますお袋の納骨が近づいてきたのでそれを機に自分の人生を見つめ直してみようと考えていますし今までに日記やブログに書けなかった事を出来得る限り書いて残しておきたいのです今更、偽善者面なんかはしたくないし思った事や今まで書けなかった本音の部分を赤裸々に余すところなく語りましょう自分は、臭い物には蓋みたいなのが嫌いだし当たり障りの無い内容のブログなんか [続きを読む]
  • 生きれるだけ生きる(尾園晋造)
  • えらい風だ流石に歩いて畑屋敷まで帰れないなしかし、自分の人生って今の天気みたいだわムチャクチャに荒れ狂った人生だあんたは1人岸和田の深命院徳子先生はいつも言ってたな〜最近、周りの人達によく言われるんだ今の自分と同じ環境になれば普通の人なら何回も自殺してるやろってね確かに悪い事に悪い事が重なり過ぎて自分でも訳わからんぐらいやもんねまあ、死のうかなって考えた事がないと言えば嘘になるんだけど昨日の日記や [続きを読む]
  • 負けは負けよ(尾園晋造)
  • 自分は人からの攻撃では先ず負けん特に和歌山人特有のネチネチした攻めにはビクともせんよ和歌山のクズ共が何人束になっても無駄じゃ自分が負ける時は味方が裏切るか自分を信じれなくなって戦意喪失した時だけよ正直、ここまで躰がガタガタになったら闘うどうこうじゃないけどね勝負する事だけしか頭に無いから他の事に関しては本当にどうでもいいんだけど今は1つだけ悩みが有るそれは、因縁深い実家の事だ今のままじゃ何の助けも [続きを読む]
  • ”和歌山最高!(孫市和尚)”
  • 自分は人からの攻撃では先ず負けん特に和歌山人特有のネチネチした攻めにはビクともせんよ和歌山のクズ共が何人束になっても無駄じゃ自分が負ける時は味方が裏切るか自分を信じれなくなって戦意喪失した時だけよ正直、ここまで躰がガタガタになったら闘うどうこうじゃないけどね勝負する事だけしか頭に無いから他の事に関しては本当にどうでもいいんだけど今は1つだけ悩みが有るそれは、因縁深い実家の事だ今のままじゃ何の助けも [続きを読む]
  • ”毛利智仁の居場所”
  • 自分は人からの攻撃では先ず負けん特に和歌山人特有のネチネチした攻めにはビクともせんよ和歌山のクズ共が何人束になっても無駄じゃ自分が負ける時は味方が裏切るか自分を信じれなくなって戦意喪失した時だけよ正直、ここまで躰がガタガタになったら闘うどうこうじゃないけどね勝負する事だけしか頭に無いから他の事に関しては本当にどうでもいいんだけど今は1つだけ悩みが有るそれは、因縁深い実家の事だ今のままじゃ何の助けも [続きを読む]