農家 民宿 レストラン・あんすろーじ さん プロフィール

  •  
農家 民宿 レストラン・あんすろーじさん: 農家 民宿 レストラン・あんすろーじ
ハンドル名農家 民宿 レストラン・あんすろーじ さん
ブログタイトル農家 民宿 レストラン・あんすろーじ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ansuro-ji
サイト紹介文安心な食べ物 スローライフ 自給自足 を目指す 日本一百性が似合わない二人の 生き生きしすぎてる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/10/10 23:52

農家 民宿 レストラン・あんすろーじ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 農家レストランあんすろーじ4周年記念当選者発表
  • 皆様おめでとうございます。開店四周年記念抽選会が終わりました。当選者は以下の方々です。今年からはランチ権ではなくランチの梅コースと金額が同じですが。何にでも使えるように金券にしました。他のコースも追加金額にてお召し上がれますし。友人たちとのシェアも可能になりました。どうぞ、有効にお使い頂けると嬉しいです。農家民宿レストランあんすろーじ開店4周年記念復興支援感謝大抽選会ランチ無料ご招待券当選者様佐 [続きを読む]
  • 無料ランチ券当選ハガキ探しております。
  • 開店3周年記念無料ランチ券当選者の皆様へまだご利用頂いておられないお客様3月10日迄ですよ〜。お手元のお葉書はお早めにご利用ください。お一人でご利用されても良し。友人の皆様とシェアされても良し。せっかくの特典ですので是非ご利用下さいね。もしハガキをなくされた方、こちらでも記録がございますので遠慮なくご連絡下さいませ。 [続きを読む]
  • スーパームーン
  • 今夜は雲がすごい勢いで流れていく、雲の切れ間から立派な月が顔を出します。おっきな〜カメラの開放とタイムを少し変えてパチリ。ちょっぴり拡大してみた。今日の影は、人の顔にも、うさぎさんにもみえないな〜。今夜はちょっぴり特した気分? [続きを読む]
  • 必見! 達古袋大運動ボランテァ募集中
  • おひさしぶりです。田舎暮らし、地域の人ってどんな感じ?地域の行事ってどんな感じ?チープでデープでホットな旅をしたい方必見です。ボランテァ募集規約規約●ボランティア内容:9月3日(土)各集落のスタッフとして運動会の準備。前夜祭に参加。9月4日(日)運動会選手、運営スタッフとして参加していただきます。各集落反省会参加。●集合場所:一関市厳美町厳美市民センター住所   一関市萩荘字沖野々116-6●集合時間:9 [続きを読む]
  • 合鴨放鳥式の中止
  • 真夜中におばんでございます。やっと我が地域にも梅雨の雨がやってきました.喜ばしい反面、大雨強風は合鴨雛たちにとっては、体を冷やしてしまい低体温症になり命を脅かしかねない状態です。写真は低体温症になって動かなくなった鴨を、温水で温めドライヤーで乾燥させたちびっ子鴨さんです。厳美幼稚園児の放鳥式も大雨のため中止になってしまいました。園児が楽しみにしていたのに残念です。予定が大幅に狂ってしまっています [続きを読む]
  • ダウンシフター
  • 今日もTVで話題になっていました。ダウンシフトな生き方。私が田舎暮らしを考え始めた頃はパーマカルチャーが流行っていました。パーマカルチャーとは、パーマネント(永続性)と農業(アグリカルチャー)、そして文化(カルチャー)を組み合わせた言葉で、永続可能な農業をもとに永続可能な文化、即ち、人と自然が共に豊かになるような関係を築いていくためのデザイン手法と言われています。農的な暮らしが中心と覚えていますが・ [続きを読む]
  • スーパーマーズ撮ったよ。
  • 31日は雨で諦めていた。ふと気がつくと雨は当のとっくにやんでいたらしい。窓を開けたら真正面に真っ赤なキラキラ星★ 火星だ!左どなりには、さそり座のアンタレスも見えてます。★少し白んできた空にキラキラと☆☆☆あ〜いつの間にか天の川がこんな位置に来てる。もう夏の星空なんだ〜。雷付きのプチ嵐が空をきれいにしてくれた。綺麗な綺麗な星空でした。んん〜幸せ [続きを読む]
  • 記春を告げるカルガモ
  • 毎年 天水の氷が消えると、やって来ます。カルガモの雄と雌です。唇がはっきり黄色なのと足がオレンジ色からカルガモとはわかりますが、さてどちらがオスなのでしょう?写真が不鮮明なので詳しくがわかりませんが先に入水しようとしてるのがメスっぽいですね。全体的に色が薄いので・・・詳しく分かる方、コメントくださーい。お待ちしております。 [続きを読む]
  • ご当選おめでとうございます。
  • 開店3周年記念大抽選会今年は震災復興5年目ですね。テレビの番組を見ながら涙涙で過ごしていました。放射能の風評により販路がなくなった農産物を六次化産業で使い切ってやる〜!!!とついつい勢いで建ててしまった「農家レストラン」です。おかげさまで、復興支援を頂いて開店したレストランも無事3周年を迎えることが出来ました。このような山の中まで、多くの方に足を運んでいただきました。ありがとうございます。今年 [続きを読む]
  • 大阪府よりお越しのMちゃん縁農体験記
  • ふら〜と民泊にやって来たMちゃん出身は大阪生まれ、現在は都内のH大学の一年生。農業の政策や農産物の流通、TPPなどに関心を持って一関にこられたそうです。学生さんですので、体験形態は「縁農」で!(無料体験です)「あんすろーじ」では、キャベツやレタスの種まきを手伝い近くの牛舎で、繁殖牛の餌やりのお手伝いです。やんちゃで甘えん坊の子牛君に好かれちゃいました。ベロ〜〜〜〜ンン。農業政策の「耕畜連携」について [続きを読む]
  • 田舎から出て行った18歳
  • 私は高校生までこの土地で育ちました。当時の若者の多くと同じ、窮屈な田舎を離れて都会に出ていきました。今思うと夜の街路灯に惹きつけられる蛾の様でした。大義名分はあったけど、看護師になるのにはココだってできますもん。その大義だって、田舎から出ていくテイのいい言い訳に過ぎなかった。18の私には、社会が小さくて何にも刺激的なことがない場所に感じられてた。稼業はそこそこのコメ農家、冬は原木しいたけに使う木切り [続きを読む]
  • 田舎暮らしと移住支援しちゃおうか?
  • 移住支援は国策?ここ数年の移住支援は国策がかかっています。一時期の田舎暮らしにロマンを求めていた時代ではなくなってきました。様々なサイトで、田舎暮らしの表と裏、はたまた闇と光、恐ろしいのは丸山健二著「田舎暮らしで殺されない法」等、田舎暮らし「こうあらねばならない時代」に成ってきたのでしょうか?。田舎暮らしや、移住についてのハウツウ本も沢山有ります。私達のようなものにまで本を書きませんかと依頼があっ [続きを読む]
  • 田舎暮らしと移住について
  • 「なんか疲れたな」「忙しい都会から離れて、田舎で暮らしたい」 「田舎に移住でもしてみるか」という方に移住支援でもしちゃおうか?と管理者は考えています。あなたは「田舎暮らし」にどんなイメージをお持ちですか?豊かな自然、ゆっくり流れる時間、穏やかな人間関係、押しつぶされそうな経済活動からの解放。広々とした住空間、あなたは、若い独身の方ですか?既婚者ですか?子育て世代ですか?年配の方ですか?田舎に来て何 [続きを読む]
  • 過去の記事 …