近江の国 鹿深の山猿写真日記 さん プロフィール

  •  
近江の国 鹿深の山猿写真日記さん: 近江の国 鹿深の山猿写真日記
ハンドル名近江の国 鹿深の山猿写真日記 さん
ブログタイトル近江の国 鹿深の山猿写真日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/photoayami
サイト紹介文田舎町で暮らす、白髪まじりの山猿です。写真撮影50数年。写真撮影地なら何処でも何時でも、すっ飛んでゆき
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/10/11 14:47

近江の国 鹿深の山猿写真日記 さんのブログ記事

  • 紅葉の旅
  • 旅行社のツアーで、冨士五湖周辺の紅葉の旅に出かけました。生憎の雨模様・・・写真に肝心の「光」は望めないし、行動は制限されるし、肝心の「富士山」は全く姿を見せないし、散々な撮影ツアーでした。 [続きを読む]
  • 紫式部で有名な石山寺を訪ねて
  • 本格的な紅葉には、少し早いですが、紫式部が源氏物語を書いたと云われている「式部の間」がある大津市の石山寺を訪ねました。瀬田川の畔の小高い山一帯に境内が広がる真言宗のお寺です。紅葉が美しいお寺で、夜間はライトアップされるようですが、今は観光客も少なく、お遍路さんの姿が目立つ由緒あるお寺です。今、源氏物語の資料などが展示されている、「式部展」が開催されています。 [続きを読む]
  • 近江鉄道こだわり旅 歴史資産編
  • こだわり旅歴史資産特集として、編集しました。鉄道ライター「辻 良樹さん」の解説資料に基づいて、明治29年設立、一度も社名変更のなく、現在も営業している日本最古の鉄道近江鉄道の明治からの資産を紹介します。日野、水口間の「清水山トンネル」明治時代から、今も現役のトンネル、ポータルレンガ積みで、イギリス式工法の貴重なトンネル鳥居本駅近畿の駅百選に選ばれたお洒落な洋風建築で、屋根はマンサード屋根と呼ぶそう [続きを読む]
  • 開業120周年 近江鉄道こだわり旅
  • 明治31年に開業した、歴史ある私鉄、「近江鉄道のこだわり旅」に参加してきました。古くから走っている地元の鉄道ですが、詳しい歴史や貴重な歴史資産が多い事などは全く関心がありませんでした。この旅に参加して、観光資源としても貴重な存在があることに気づきました。楽しい貴重な秋の一日でした。 [続きを読む]
  • JAこうか女性部 デジカメ写真教室 10/10日講座より
  • 秋も深まってまいりました。子供達の運動会や稲刈りなど秋らしい景観が多く見られ、写真題材としても撮りやすい季節です。受講者の皆さんも、ようやく写真制作に慣れてきたのか、ゆとりのある作品が多くなりました。紅葉の最盛期もまじかです、11月には撮影会を計画しています、期待が膨らむ好季節到来です。STさんの作品MNさんの作品YYさんの作品FGさんの作品TOさんの作品TMさんの作品MSさんの作品HTさんの作品KI [続きを読む]
  • お彼岸と云えば、彼岸花
  • 台風21号の凄まじい風と雨の後、毎日のように雨が続いていました、お彼岸と云えば彼岸花!撮影に出かけたくても・・・雨に打たれる彼岸花も、素敵な被写体ですが、人間の方が・・・彼岸中日の23日、予報では朝から晴天との事、4時起きで、目的地に向かいました、早朝の事で、渋滞も、信号待ちもなくスンナリト到着。先客のカメラマン、ウーマンで、駐車場も撮影ポイントも満杯。 もう少し早く起きればと、後悔しましたが致し方あ [続きを読む]
  • JAこうか女性部デジカメ写真教室 9/12講座
  • 異常気象、地震、台風と神様がお怒りになっておられるような現象が続いています。我が家も、台風の被害に見舞われましたが、幸い大損害とは言えない程度に済、ホットしております。大きな被害に会われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。さて、女性部の講座も、基礎編を終了して、いよいよ作品制作の過程に入りました、教室に提出された作品を拝見して、絞りやシャッタースピード等の数値を訪ねますと、全く記憶していない、忘 [続きを読む]
  • JAこうか女性部 デジカメ写真教室 8/8日講座より
  • 猛暑が続く中ですが女性部の受講者は、皆さん元気いっぱいです。焼き物のまち、信楽の撮影会でも、まるで「登り窯」の前にいるような熱気が感じられるような、熱心な撮影研修でした。今月も、受講者の作品を紹介します、短期間の講習ですが、上達ぶりが感じられる作品が出来ました。STさんの作品FGさんの作品TMさんの作品MSさんの作品KIさんの作品MKさんの作品MNさんの作品SMさんの作品FFさん作品 [続きを読む]
  • 灯篭流しと花火
  • お盆も終わりの16日、恒例の「杣川夏まつり」が行われました。可愛い稚児達のお練りの後、飯道山行者講の方達による護摩法要が行われ、世界の平和と家内安全が祈願されました。その後、恒例の灯篭流し、最後に花火が打ち上げられ、真夏の夜を楽しみました。 [続きを読む]
  • 恒例 琵琶湖大花火大会
  • 八月七日 午後7時30分から8時30分までの一時間・・・総数一万発の花火が浜大津港周辺で打ち上げられました。新聞紙上の情報では30万人の見物客が訪れたと報じていますが、私が撮影した地点は、対岸の浜辺の自然公園内からで、琵琶湖に映る花火の灯りが大変美しい所です。公園には、早くから、お弁当やお菓子のテーブルがセットされた、若い家族が沢山見物に訪れていました。カメラマンは約20人位で、広い公園内では自由に三脚がセ [続きを読む]
  • Digital photo Art
  • Digital Photo Art( デジタルフォトアート)正しいのか、造語なのか良く解りませんが、最近耳にします。写真の表現方法を変えて、今迄と違ったイメージの作品に挑戦するのも、遊びとしては許されると思います。極端にイメージ変化した作品も在りかとは思いますが、色々な作風があってもよいのでは。枯れ蓮の、寂しくても力強く逞しい生命力を表現してみました。 [続きを読む]
  • JAこうか女性部デジカメ写真教室 撮影会
  • この4月に開講した、ご婦人ばかりの写真講座の面々、体温を上回る猛暑の中、信楽陶芸散策路の写真撮影に出かけました。何しろ、カンカン照りの太陽と湿度に、日頃鍛えし体力も限界を極めて、自慢の感性も全く働かず、重いカメラに振り回される半日でしたが、流石、熱心な女性部隊、フットワークも軽くシャッター音が響きわたりました、次回の例会が楽しみです。散策路の様子を少し紹介します。 お出かけの参考にして下さい。 [続きを読む]
  • デジカメ写真教室
  • JA(農協)こうか女性部の教養講座で今年度から、「デジカメ写真教室」が開講となりました。約1000名の女性部会員様から、受講者17名で今年4月からの開講です。初めての試みでしたが、写真とは? 光とは? から始まり、カメラの仕組みや操作方法と、熱心な方達ばかりで楽しい教室の始まりです。毎回各自が撮影された、作品を1枚づつ添削しながら、喜んだりがっかりしたりの賑やかな雰囲気で、今年度い〜ぱい、イッパイ・・・続 [続きを読む]
  • 盛夏のイベント・・・花火大会
  • 毎日、猛暑が続きます。夏と云えば・・・夜空に咲く大輪の花火でしょう。今年も、琵琶湖大花火大会が開かれます。会場の浜大津周辺はもとより、琵琶湖を望む周辺の広い地域から観る事が出来ます。昨年の、花火ですが、湖面に映える美しい色彩は絶品です。 遠距離の対岸からの撮影で、音、は可成り遅れて少ししか聞こえません、ここが残念です。キャノンレンズ 70~200mmズームレンズで撮影しました。 合成、デジタル化はしてい [続きを読む]
  • デジタルアート 初挑戦!
  • 最近、デジタルアートと云う言語をよく聞きます。文字通り、デジタル化した絵画と云う事だろうと、老人の山猿は何となく理解しているのですが、イマイチよく解りません・・・何方か、教えて頂けるとありがたいです。 よく理解できないままに、自己流で挑戦してみました、ご覧ください。 [続きを読む]
  • 田圃アートの田植えイベント
  • 甲賀市牛飼地区の田んぼで、「牛飼たんぼアート」の田植えイベントが開催されました。田圃に、色々な色に育つお米の苗を植え付けて、「忍者の姿」を描くイベントです、300人近い子供を含む方達により、田植えが始まります。秋には、直ぐ側を走る「信楽高原鉄道」の車窓から、忍者姿のお米絵画が見られます。列車は、ここを走る時、最徐行で警笛を鳴らし、車内案内するそうです。田植え当日も、高らかな警笛に、田植えの手を休め [続きを読む]
  • 広島平和記念公園と資料館の見学
  • 旅の最後に広島市の原爆ドームと記念公園の様子、そして貴重な原爆資料が展示されている資料館を訪れました。修学旅行の生徒達が熱心に、資料館の担当者の説明を受けていました。世界中の若者が一度は訪れて、核兵器の恐ろしさを学んでほしいものです。原爆ドームと公園の様子資料館の展示市内の様子と名物広島焼の昼食 [続きを読む]