みゆ さん プロフィール

  •  
みゆさん: 自然派薬剤師のゆるノンケミライフ
ハンドル名みゆ さん
ブログタイトル自然派薬剤師のゆるノンケミライフ
ブログURLhttps://ameblo.jp/jasminoides8/
サイト紹介文ノンケミカルな薬剤師が、漢方、薬膳、東洋医学の知恵と、ムリのないオーガニックな生活を書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/10/11 22:24

みゆ さんのブログ記事

  • 卯月満月ー満月と生殖の関係
  • こちらは卯月満月にお送りしたメルマガからの引用です。−−−−−−−−−−−−−−?−?体がうづく卯月の満月。そわそわ落ち着かない気分になっていたりしませんか?世の中の情勢は落ち着きませんね。新月の月は、太陽と一緒に動きますので、朝のぼり、昼に南中し、夕方太陽とともに沈みます。夜は空に現れません。月の出は、1日ごと50分づつ遅れていきます。すると満月になると、太陽と真逆の動きをします。およそ太陽が沈 [続きを読む]
  • 小満ー低気圧による不調、水毒(水滞)
  • 以下、小満にお送りしたメルマガより引用しております。 ---------------------------------- 小満(しょうまん)  万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉茂る。(暦便覧より) 5月5日の立夏で夏になりました。 小満は、気温が上がり、草木は茂り、動物たちも生き生きと活動する時期です。 これから本格的な夏を迎えますが、そのまえに日本は梅雨が訪れます。 外の自然環境と、私たち人間の体の内部は同じと思ってください。 [続きを読む]
  • これからの季節にナツメペーストを
  • 棗(ナツメ)のペーストをつくりました。昨年冬、散歩中に偶然みつけたナツメの実↓と以前、甜蜜蜜さんで購入した「化学農薬不使用大粒乾燥ナツメ」を合わせまして、、こんなに大きさが違う!生姜を輪切りにして、一緒に水で煮詰めます。40分くらいかな。柔らかくなりました。味見をしたら、糖分をくわえていないのに甘い!しかし、ナツメの皮が気になります。だから、漉すことにしました。陰陽五行では、夏は赤に対応しています [続きを読む]
  • 卯月新月− 新月にした方がよいこと
  • こちらはお送りしたメルマガより引用しております。−−−−−−−−−−−−−−?−?5月15日 卯月満月(うづきまんげつ)卯月(うづき)は4番目の月です。卯月の由来は、初夏の季語であるうつぎ(卯の花)田植え時期(植え月)です。旧暦の4月ごろは、初夏の気配がただよい、心も体もうずうずうずいてきます。先月の弥生満月は、新月と満月の潮の満ち引きのお話をしました。https://ameblo.jp/jasminoides8/entry-1237224 [続きを読む]
  • 立夏−ひものの体にならないように潤いを
  • こちらは、立夏にお送りしたメルマガからの引用です。−−−−−−−−−−−−−−?−?立夏 夏が立つがゆえなり(こよみ便覧) 新緑が映え、心地よい五月晴れの季節ですね。今年は暑なるのが早いですが、立夏をむかえ、いよいよ夏です。紫外線は5〜7月が一番つよくなります。今年の夏は5/5立夏から、8/6の立秋の前日までです。暦の上での夏と紫外線の強さは、相関しているようです。紫外線を避けたい方は多いと思いますが、 [続きを読む]
  • 弥生満月-雑節八十八夜と88という数字
  • 今朝お送りしたメルマガからの引用です。 ---------------------------------- 今日は旧暦3月15日、立夏まえの春最後の満月です。 春は、イライラがつのりやすい時期であり、 さらに満月では興奮しやすくなるので、 葛藤が生じている方もいらっしゃるでしょうか? 葛藤の渦中にいるときは、なかなか自分自身を冷静にみることは難しいかもしれません。 しかし、夜空に浮かぶ満月をただただ眺め、 葛藤している自分は、今こ [続きを読む]
  • 穀雨-湿気の季節、からだの水はけをよくしましょう。
  • 穀雨にお送りしたメルマガからの引用です。 ---------------------------------- 穀雨 春雨降りて、百穀を生化すればなり(こよみ便覧より)穀物をうるおし育てる春雨の降る時期です。乾燥の季節から、湿度の季節へと移っていきます。人のカラダも、外部環境とリンクしますので、水分がたまりやすくなります。水分代謝が悪くなると、胃腸に負担がかかりやすくなります。また、4/17より土用入りしました。土用は、胃腸が負担にな [続きを読む]
  • 弥生新月-上弦と下弦の日はおだやかに過ごせる潮のはなし。
  • 新月にお送りしているメルマガからの引用です。 ---------------------------------- 4月16日 弥生新月(やよいしんげつ)3番目の月、弥生に入りました。弥生の由来は、いよいよ(弥)草木が生い茂る(生)という意味です。4月18日は旧暦の3月3日、上巳の節句(じょうしのせっく)です。桃の節句で、桃の花が咲く時期と重なることが多いです。が、今年は桃の開花は例年より早いようですね。今日は、月と関わりの深い「 [続きを読む]
  • 清明-気血水を補いたい
  • こちらは、清明にお送りしたメルマガからの引用です。----------------------------------清明 万物発して 清浄明潔なれば、この芽は何の草と知れるなり。(こよみ便覧より)清明という名のとおり、澄みわたった空に、爽やかな風、色とりどりの花々、生きとし生けるものがのびのびと活動する季節となりました。東洋医学では春は春らしく、という考えがあります。春らしく生きるとは、体も心ものびやかに、ゆったり構えながら、 [続きを読む]
  • 漢方生薬でみる季節の訪れーレンギョウ
  • 最近は長野県でも日中は20℃ごえの日が続いています。桜もかなり満開に近づいてきました。華やかな黄色い花が咲いています。レンギョウです。レンギョウの果実を乾燥させたものを、漢方生薬としてつかいます。効用は、解毒、消炎、排膿など。荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、かゆみ、炎症を伴う皮膚疾患につかいます。駆風解毒湯(くふうげどくとう)はのどの痛み、炎症に。上の3 [続きを読む]
  • 如月満月-今日の満月は旧暦にはないブルームーン
  • 本日お送りしたメルマガ暦にそって生きるススメ★東洋医学的養生歳時記です。−−−−−−−−−−−−−−?−?3月31日 如月満月(きさらぎまんげつ)今日は、3月(グレゴリオ暦=今の暦)に入ってから、2回目の満月、ブルームーンです。ひと月のなかで満月が2回めぐることをブルームーンと呼びます。旧暦(太陰太陽暦)の1ヶ月は、月が地球のまわりを1回転する期間、「新月で始まり→上弦→満月→下弦→新月の前の日」ですか [続きを読む]
  • 春分−怒りとのつきあい方
  • 春分の日にお送りしたメルマガ、暦にそって生きるススメ★東洋医学的養生歳時記です。−−−−−−−−−−−−−−?−?3月21日 春分 日天の中をめぐりて、昼夜当分の時なり(暦便覧より)春分の日は、昼と夜の長さがほぼ一緒、太陽は世界中どこでも真東から昇り真西に沈みます。(南極点以外。南極点は西から)一年の中で陰気と陽気のバランスが等しい中庸(ちゅうよう)の時です。中庸の時期、そして「春はうららか」と [続きを読む]
  • 如月朔日-時間は円
  • メルマガより引用。 二十四節気、新月ごとお送りしてます。 ---------------------------------- 3月17日 如月朔日(きさらぎさくじつ) 如月(きさらぎ)は、1年の中の2番目の月です。(2月) 「衣更着」まだまだ寒く、衣をさらに重ねて着る月、「生更ぎ」草木の再生する月、という由来があります。これまで、二十四節気ごとにメルマガを書いていましたが、二十四節気そのものについては直接触れていませんでしたので、 [続きを読む]
  • 啓蟄-春のふわふわ陽気には酸味と苦味と辛味で調節を
  • メルマガからの引用です。二十四節気、新月ごとお送りしてます。 ----------------------------------啓蟄 陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり(暦便覧より)大地が温かくなり、冬ごもりしていた虫たちが地中から目覚め出す時期です。目覚めの時です!目に見える虫たちだけではなく、目に見えない微生物も繁殖しやすくなる時です。花粉も多く飛ぶようになります。今の暦では、3/3の桃の節句が過ぎました。地域 [続きを読む]
  • 睦月満月-昼も夜も光に満ちて
  • 3月2日、睦月満月(むつきまんげつ)にお送りしたメルマガです。---------------------------------旧暦では、新月が朔日(ついたち)で、次の新月の前日までが1ヶ月となります。満月はちょうど折り返し地点、今日で睦月の半分が過ぎました。満月の月は、ちょうど太陽と逆の動きをとります。つまり、太陽が西の空に沈む時に、満月は東の空から登ってきます。(もちろんピッタリ一致はしませんが)だから、満月の日は昼も夜も光 [続きを読む]
  • 寒冷前線通過中
  • 寝起きももうだいぶ暖かくなってきたなぁとおもいながら、窓を開ければ雪景色が広がっていました。そして雷も鳴っている。「春雷」かなぁ。3月にはいり、寒冷前線が戦っていますねー天候も、体も心も荒れる時期になりましたかね。明日は満月ですし。ことしから、新月満月もメルマガ発行しています。メルマガ発行中。二十四節気ごと(約15日ごと)配信。季節に見合った体や食、心の持ち方などを知るだけでラクになる。季節の養 [続きを読む]
  • 2/22は七草粥の日
  • 本日本日222の日は、旧暦1月7日。夕飯は七草粥でした。大根、かぶ、春菊、菜花、小松菜、ねぎ、みつばで。年初始めの節句の日、1月7日に食べる七草がゆですが、この時期だと、おそらく全部の草は集められないはずです。日本のイベント事は旧暦に合わせた方がしっくりきます。しかし、スーパーなどでは七草セットは売られていない、、ですよね?たぶん。すずな(かぶ)、すずしろ(大根)は外さずに、好きな青菜を合計7種類選ん [続きを読む]
  • 雨水-目の使いすぎは血の流れに影響する
  • 2/19二十四節気にお送りしたメルマガです。----------------------------------雨水 陽気地上に発し、雪水とけて雨水となればなり(暦便覧より)立春が過ぎて、2週間たちました。今日は一粒万倍日でもあります。だんだんと寒気がやわらいできて、雪が雨に変わり、雪が解けて大地をうるおす時期だと言われています。ちなみに、富士山の雪解けは5月。夏(立夏)になってからです。草木が芽吹き始めますので、いよいよ春らしく [続きを読む]
  • 睦月朔日☆七草のススメ
  • 2月16日、睦月朔日(むつきさくじつ)にお送りしたメルマガです。−−−−−−−−−−−−−−?−?本日は、旧正月です。旧暦の2018年の幕開けとなります。今まで二十四節気のみの配信でしたが、これから、新月(旧暦の1日)にもメルマガをお送りしようと思います。(もしかしたら満月も)旧暦は(太陰太陽暦・たいいんたいようれき)と呼ばれております。太陰(月の満ち欠け)と太陽(地球と太陽の位置関係。季節)の二つ [続きを読む]
  • 立春-春に注意したいこと
  • 立春にお送りしたメルマガです。二十四節気ごと(約15日)にお送りしています。2018年の旧暦の元旦(2/16)からは、、新月(旧暦の朔日)もお届けします。----------------------------------立春 春の始まりです。春が立つと書いて『立春』立春は、春の始まりであるとともに、暦の上での起点です。八十八夜、二百十日などの雑節の数字はは立春から数えての数字になります。春とはいえ、まだまだ寒いので、防寒はしっかり [続きを読む]
  • 冬土用とうなぎと辛みについて
  • 久しぶりにうなぎが食べたくなりまして、 諏訪湖畔に行きました。 2月3日はギリギリ冬土用でしたし。(丑の日は2月2日だった。惜しい) 山椒がね、削りたて!?と思うほど香り高くていい気分になりました。 (諏訪湖は雪景色)東洋医学的にも、山椒はその味どおり『辛味』の食材です。 『辛味』が持つ作用は、 発散(はっさん) 体表を開き、汗や不要な物質を発散させる。 行気(こうき) 全身の気のめぐりをよくする。 活 [続きを読む]
  • 大寒-土用入り、胃腸の弱い方が大寒卵に注意したいこと
  • 大寒のメルマガです。季節と体のメルマガを二十四節気ごとにお送りしております。 ---------------------------------- 大寒ー1年で一番冷え込みが強い時期12月の冬至に太陽の光が一番減り、陰を極めました。寒さが極まるにはずれがあり、冬至から1ヶ月後の大寒です。大寒生まれの鶏の卵を食べると、1年健康で過ごせるといういわれがあります。寒い冬は、人間もそうですが栄養を体にため込もうとします。また、他の季節と比べ [続きを読む]
  • 小寒-トウガラシは体を温めるのか、冷やすのか?
  • 小寒に配信したメルマガです。二十四節気ごとにお送りしています。----------------------------------小寒 寒の入りです。明けましておめでとうございます。今年もまたよろしくお願いいたします。さて、季節は二十四節気の小寒を迎えました。今日から2/3の節分までが、「寒の内」で寒中見舞いを出す時期です。これから大寒、そして2/4の立春を迎えまで、寒さは厳しくなりそうです。また、1/7は人日の節句です。七草がゆを食べ [続きを読む]