夏でも掛布団 さん プロフィール

  •  
夏でも掛布団さん: 阪神タイガース 裏監督の自論
ハンドル名夏でも掛布団 さん
ブログタイトル阪神タイガース 裏監督の自論
ブログURLhttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/kakefuton/
サイト紹介文裏監督に勝手に就任。試合に勝つため、負けても魅力のある試合をするための評論を公開。
自由文小学生になる前からの阪神タイガースファン。かれこれファン歴、半世紀弱。

良い選手がいるのに、不完全燃焼の試合が続くに見かねて、2014年6月28日、裏監督に勝手に就任。

試合に勝つため、負けても魅力のある試合をするための評論を公開。


賛否両論、コメントいただけるとうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/10/11 23:05

夏でも掛布団 さんのブログ記事

  • あれはないですよ!! 雨中のクライマックスシリーズ
  •  阪神が負けたから述べます。 負けたからって、それは、勝つためにやっているので勝ったチームは述べないでしょう。 天気予報の難しさ。永遠の課題ですね。 一説によると、西の方の空に明るい兆しがあったとの話も・・・ それで、雨がやまない中スタートしたクライマックスシリーズ第2戦。 初回からマウンドに土を入れるグラウンドコンディション。 それでも、これから天候が回復するなら我慢できるが、いっこうにその気配 [続きを読む]
  • カッコ良すぎるメッセと福留
  •  仕事で生中継を見られませんでしたが、虎テレで試合結果を一切知らずに観戦。ただいま勝利を見届けました。  メッセは骨折した時からこの日のために調整してきてこの結果、頼もしいですね。  そして福留も格好良すぎますね。 決勝本塁打の打席、投手井納がさんざん間をとったあと、次に福留が一呼吸審判に待ってくれを、いつものように左手を差し出しました。 井納はそれに気づくのが遅れ、タイミングが狂ったような感じで [続きを読む]
  • 続・クライマックスシリーズ必勝法!?
  •  短時間での執筆とさせていただきます。 直前の必勝法としての補足です。 シーズンではあまり活躍できなかった選手の意外な大活躍も期待です。 筆頭は高山。 入団1年目の勝負強さがでるかも・・・。 ケガに泣いた糸原。 意外と度胸のある糸原。 勝負強い打撃を魅せてくれるか!? 投手では、実は小野のリリーフにも期待ですね。 先発で運も悪くなかなか勝利がつきませんでしたが、金本監督も惚れ込んだ直球はリリーフで [続きを読む]
  • クライマックスシリーズ必勝法!?
  •  まずひとこと、勝てるかどうかは先発投手の出来、不出来次第かな!?ということ。  投手陣に関して、今年大活躍したリリーフ投手陣は全員全試合投げること。  基本的な順番は、桑原・岩崎・藤川・高橋・マテオ・ドリス。石崎は保険。 ということは、先発投手は、4回まで投げればよい。 打順にすると、一回りちょっと。 ふた回り目の主軸、DeNAなら筒香のあたりで、桑原や岩崎、ピンチなら高橋と、臨機応変に順番を変えれ [続きを読む]
  • 八木裕委員長処方箋『ダイタン』
  •  前回記事の『続・掛布2軍監督退任に思うこと』 の最後にチラッと書きました、八木裕医院長の処方箋について書きたいと思います。  クライマックスシリーズで広島に勝つためには、今と同じような戦い方では勝てないと。  まさにそう思います。  そして、大胆な作戦をとること、意表をつく作戦をとることだと処方してくれました。 其の薬名は『ダイタン』!!  八木委員長も思わずふいてしまうMBSラジオの企画ですが、 [続きを読む]
  • 続・掛布2軍監督退任に思うこと
  •  前回の投稿記事について、    ↓↓↓ 『掛布2軍監督退任に思うこと』  コメントもいただき、“あたかも金本監督が掛布を追い出した”というような報道があるらしいことを知りました。  その報道は本当なのか!?  ミスタータイガース掛布雅之をきっかけに阪神ファンとなり半世紀弱、長年、掛布を応援してきました。  金本監督著『覚悟のすすめ』も読みました。  確かに指導方針は違うかもしれません。  しかし、 [続きを読む]
  • 掛布2軍監督退任に思うこと
  •  突然の掛布2軍監督の退任報道でした。  もっともっと若手の育成に力を貸してほしいと思うところです。  しかし、後ろ向きに考えても仕方ありません。  掛布の貢献度は大、球団もそう思っていないはずはないと思います。  掛布さんはフロントで球団の仕事(スカウト的な!?)で、良い人材をみつけてくるというのも良いではないですか。  金本監督もいずれは退任するときがきます。  その後任として掛布監督になってくれ [続きを読む]
  • 背番号3が認めた!?大山選手
  •  背番号3、といってもミスター、長嶋さんではなく阪神の代打の切り札ともいわれた八木裕さんです。  MBSラジオの試合の解説、八木さんの解説はとても気に入っています。  ストレートなものの言い方、考え方がなるほどと思うのです。  現役時代もけっこう好きな選手でしたが、解説者となった八木裕さんは、もっとファンになっているという感じです。  本題に入りますが、大山のよいところ。  いつでも打ちにいける準備 [続きを読む]
  • キッカケ
  •  ひとはきっかけをつかむと、以前とは比べ物にならないくらい変わるって思いますね。  阪神タイガースの選手で考えてみます。  まず、秋山投手。 正直、イメージでは昨年までの秋山は良いのか悪いのか分かりませんでした。 素質はあろうかと思われましたが・・・ それが今年。何かきっかけをつかんだのでは!? 関係者はもともとコントロールが良かったと言われますが、注目選手でない選手のことはあまりよくわからない自分 [続きを読む]
  • タイムマシンで好きな選手でチームをつくってみた
  •  かなり突然ですが、もしタイムマシンがあったとして、歴代の好きな選手を集めてチームをつくったらどうなるか考えてみました。  記憶だけで選出するので忘れている選手もいるかもしれませんが、逆に本当に好きな選手は忘れるはずがないと思います。  これがいわゆる記憶に残る選手ということですね。  先発投手は、現役の能見を選びました。 地味な選手ですが、好みの左腕です。  投手は他に中継ぎ、ワンポイント、抑え [続きを読む]
  • ダブル糸の離脱はチャンスでもある!?
  •  何日か前の話になりますが、糸原のケガは痛いですね。  地味に見えながら貢献度の高くなりつつある糸原が怪我というのは痛いです。  一番の心配は、糸原の選手生命を考えて、活動量の多い内野手として、怪我の影響がでなければよいのですが。  数ヵ月、数年たてば本当に怪我のことを気にしなくて動けるようになるのでしょうか。  私個人の話になってしまいますが、膝の前十字靭帯を損傷しまして、スポーツ選手ではないので [続きを読む]
  • 西岡が戻った試合で勝てたのが良い
  •  西岡が戻りました。 西岡は阪神にきて怪我ばかりのイメージで本当に西岡らしさをみられたシーズンがないようなイメージです。 西岡がロッテ時代のようにバリバリ働いてくれたら、阪神は相当強くなると思います。 守備もそこそこ?(というのは個人的にあまり映像でみる機会がなかった)、打撃は小技も大きいのも打てる。 足も速いし、ガッツもユーモアもある。  よくよく考えたら、こんな万能な選手ですね。  それが不運に [続きを読む]
  • 西岡には驚異の!?前半戦しめくくり&オールスターの感想
  •  オールスター前の最後の3試合、驚異の!?出来事でした。  セカンド、ショートをポジションを争う3人、糸原・上本・大和がそれぞれ大爆発!!  今思うと、西岡がそろそろ1軍に復帰ということを意識したのでしょうか。 高レベルな競争なので、うれしいことではありますが。  ちなみに忘れてはならないのは、北條選手が昨シーズン、不調の鳥谷に代わってショートを守ったということ。 これで、ポジション争いの激しさが [続きを読む]
  • 調子の悪さと対戦相手
  •  逃げの発言をするわけではありませんが、今は運が悪いのかなということ。  セ・パ両リーグの首位チーム、楽天と広島で5連敗。  それに加えて打撃陣全般の不調。  不調はシーズンで波があり必ずやってくるものです。 金本監督もそのようなことを言っていました。  5連敗で不調が更に悪化してしまったことも考えられます。  それがたまたま中日戦での敗戦だったということだけのこと。  楽天と広島は、共に貯金20程度と [続きを読む]
  • 今こそ起用法の転換!?〜鉄人鳥谷の打順
  •  ワーストといってもまだ6連敗?  貯金もあるし、負けてはいるもののヒット数もそこそこ出ています。  だからこそ気持ちの切り替えを含めて起用の変更を・・・。  悪い流れが続いている今こそ、選手の現状に合わせた打順等の変更をしたいですね。  まず鳥谷。安定してそこそこの成績です。出塁率も高いですから、とにかくランナーを出したいということで上位がよいのでは!?  最近はやりの!?2番強打者ということもあり [続きを読む]
  • 原口選手、気にせずがんばれ!! 分業制のチーム
  •  連日のヒーロー原口選手が大事な場面でエラーをしてしまいました。 甘いといわれるかもしれませんが、ある意味仕方ないのかという考えもあります。  鳥谷でさえ、開幕当初サードの守備にぎこちなさ!?がありました。 さすがに伊達に連続試合出場を続けているわけでなはいので、すでにサードの守備に順応していて、安心感とういものもみえてきました。  今シーズンの阪神、真のレギュラーをつかみかけている選手がたくさんで [続きを読む]
  • チームで勝つ意識
  •  前カード負け越しの次の西武とのカード3連戦、1勝1敗で迎えた3戦目の試合、投手の頑張りとそれに答えた打撃陣の勝利でした。  全記事で述べたとおり、勝つか負けるかが強さの証ということでしたが、見事に粘り勝ちできました。  なんといっても先発メッセンジャーを含めセリーグナンバーワン!?のリリーフ陣が追加点を許さなかったのが勝因ですね。  しかし、今までの阪神でしたら、がんばったけど負けてしまったという [続きを読む]
  • 普通の負け、翌試合が大事
  •  西武3連戦の2試合目の昨日、2対4で負けました。 この試合は中盤しか観戦できませんでしたが、これは普通の負けですね。  普通の負けとは、内野ゴロと犠牲フライで2点を追い上げた後のイニング、1アウト2,3塁で点がとれませんでした。 比較的調子の良い鳥谷と、のっている俊介、梅野と続く打線。 何とか1、2点は取れるだろうと期待するも、鳥谷が内野フライ、俊介が内野ゴロと無得点でした。  これが、打率が3割 [続きを読む]
  • 高山選手よ攻守の要になれ!!
  • 記事書きはじめから約1週間たってしまいましたが・・・ライト 糸井センター 高山レフト 福留 意外とすんなり というかいいんじゃないという感想でした交流戦のオリックス初戦から 外野の守備位置をシャッフルしてきました 金本監督のコメント記事をみてさらに納得 糸井は膝の怪我もありパ・リーグ時代に慣れ親しんだ守備位置 高山も学生時代はセンターだったそうで・・・ 福留は・・・   レフトもセンスで・・・ 高山は [続きを読む]
  • 負けん気の強い!?岡崎捕手
  •  岡崎捕手も大きな仕事をしてくれました。 優勝チームにとって、選手ひとりひとりに1回は大きな仕事をしてもらいたいですね。 優勝に貢献したって思い出がひとつでもあるとないとでは大きな違いですから・・・ って、まだ優勝したわけではないですが、優勝に向けて選手ひとりひとりが必死で頑張っているようです。 金本監督には、奇跡が起こったかのような言い方をされていましたが、岡崎捕手の負けん気の強さを見抜いての金 [続きを読む]
  • 俊介と首脳陣の勝利
  •  俊介は毎年やってくれます。  数少ないスタメンの試合、結構毎年のように大活躍してくれるイメージです。  交流戦の初戦、ファームから昇格、即スタメン、3二塁打の大活躍でした。  俊介は、たまの出場でありながら、安心してみていられる選手ですね。  おそらく掛布2軍監督の推薦もあったでしょうし、金本監督も原口や中谷をスタメンではなく、俊介を起用したというのも大正解でした。  そしてこの試合、意外と効いたの [続きを読む]
  • いよいよ交流戦!!スタメンはこうだ!!
  •  いよいよ交流戦です。 交流戦では滅多に対戦しない投手との対決。  1、2番でたくさんの球を投げさす作戦でいきましょう。  3番は昨年までパリーグにいた糸井選手。  そして4番は勝負強い福留選手とつづく。  あとは若トラでいきましょう!! 1.鳥谷(三) 2.上本(二) 3.糸井(中) 4.福留(指) 5.原口(一) 6.高山(左) 7.中谷(右) 8.梅野(捕) 9.糸原(遊)  鳥谷が久しぶりのトップバ [続きを読む]
  • 噛めば噛むほど味が出てくる!?糸原選手
  •  こんな言葉がピッタリでしょうか!?  少し前の投稿では、新人の糸原が出場することは昨年ブレイクした北條やベテラン鳥谷への良い刺激にはなる、と書いた記憶です。  ところが、実践を積み重ねていくうち、他の選手への刺激というか、糸原の味がじわじわと出てくるような感じですね。  虎テレ解説の阪神OBの上田さんは、“玄人好みの選手”とおっしゃっていましたが、まったくそのとおりですね。  私はアマチュアの世 [続きを読む]
  • よかったよかった鳥谷糸井キャンベル
  •  昨日の試合は虎テレで少ししか見られませんでしたが、ほんとうによかったよかった!! 鳥谷が死球をうけた瞬間、これはまずい!!と。 立ち上がって自分で歩いてベンチに戻ったので一安心でしたが・・・。 ろっ骨や脊椎を負傷しても出場していた鳥谷だから、もしかしたら出場するのかなという思いもありながら、当った瞬間のドアップの顔の写真をみたら、どうかな?というのもありましたが。 しかし、明るい表情の鳥谷の姿を [続きを読む]