急行野沢 さん プロフィール

  •  
急行野沢さん: 信州しみじみ山旅
ハンドル名急行野沢 さん
ブログタイトル信州しみじみ山旅
ブログURLhttp://rapid-service.seesaa.net/
サイト紹介文信州とその周辺を中心とした登山・温泉・スキーなどの記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/10/12 18:57

急行野沢 さんのブログ記事

  • 小川山〜大日岩(川上村/山梨県北杜市)
  • 廻り目平キャンプ場805−(かもしか登山道)−918唐沢の滝分岐−1044[2230圏ピーク]−1120小川山1155−1318八丁平(富士見平分岐)−1400大日岩1423−1447廻り目平分岐−1531林道−1620廻り目平キャンプ場何となく気乗りがせず後回しにしてきた山。深い樹林の中で展望なく、足元の悪い岩場が連続するイメージがあった。しかしシャクナゲが咲き始め、ところどころ岩頭から展望もあって、深い樹林帯も味わい深かった。岩場や木枝、 [続きを読む]
  • 蓼科山(立科町/茅野市)
  • 七合目登山口758−843天狗の露地−911将軍平(蓼科山荘)917−950蓼科山1057−1128将軍平(蓼科山荘)1135−1156天狗の露地−1232七合目登山口 (左)七合目登山口と駐車場。たまには知名度があり標高の高い山に登りたいと思い立って、蓼科山に登る。雪がどの程度残っているか、気にもなり楽しみにもなる。家族登山を含め過去数回登ったが、今日は歩いたことのない七合目登山口から。この季節、大河原峠までは車で入れない。白樺 [続きを読む]
  • 砂鉢山[尾倉沢古道より](長野市)
  • 一の川駐車場900−920沢の左岸(右)に渡る−947五つ岩−1008地蔵峠1013−1055砂鉢山1140−1154地蔵峠−1235一の沢駐車場信州百名山に名前を連ねる荒倉山。登ったつもりだったが、記録を調べてみると以前、紅葉の岩屋から霧見岳まで歩いただけだった。最高峰の砂鉢山に登らなければならない。尾倉沢古道と呼ばれる道が整備されたようなので、それをたどって登った。思った以上に歩きやすく、随所に案内標識も設けられていた。 ( [続きを読む]
  • 森林囃子(長野市)
  •  砂鉢山から下山後はちょうど帰り道でもあるので、森林囃子(もくもくばやし)に立ち寄って汗を流した。本ブログでもときどき記録にのせている長野市営の温泉施設。国道406号線の参宮橋バス停で北側(戸隠高原へ向けて)に曲がって下った川沿いにあり、鬼無里・戸隠方面からの帰路には都合がよい。日曜日の午後、時間がやや早めだったとはいえ、きょうもやはり空いていた。入浴していたのは私ひとり。温泉として湯に特徴は乏しい [続きを読む]
  • 糸瀬山(大桑村)
  • 登山口850−922松原よこて−945丸屋の鳥屋950−1028山居の鳥屋1033−1053[1630圏平坦地]−1135糸瀬山(三角点〜のろし岩)1152−1200青ナギ(中央アルプス展望地)1232−1303山居の鳥屋−1325丸屋の鳥屋−1344松原よこて1349−1411登山口南木曽岳・上松風越山とあわせて低山派は木曽三山というらしい。木曽の山は檜林が覆うイメージがあるけれど、登ってみると中間部までは新緑が美しく、上部ではダケカンバの美林も楽しめた。展 [続きを読む]
  • むれ水芭蕉園(飯綱町)
  •  今年は水芭蕉を見に出かけていないので、飯綱町のむれ水芭蕉園へ出かけた。飯綱リゾートスキー場の駐車場の脇のような場所にあって、戸隠植物園や奥裾花自然園などにくらべると手近なところで水芭蕉を見ることができる。ネットで確認すると「見頃」となっていたが、葉が大きくなりすぎたものもあり、やや見頃を過ぎている感じ。リュウキンカは以前よりも増えたような気がする。GWということもあってか、ちょうど大型バスがやっ [続きを読む]
  • 本高森山〜前高森山(高森町/松川町/飯田市)
  • 高森カントリークラブ奥・登山口835−952展望台957−1007前高森山分岐−1110本高森山1150−1227前高森山分岐−1342前高森山1347−1256前高森山分岐−1309展望台−1400登山口高森町の町名はこの山に由来するという。この山への尾根をさらにたどれば、大島山・念丈岳を経て奥念丈岳で中央アルプスの主稜線へと至る。私の脚力で日帰りでは本高森山までが限度か。全体に展望にすぐれないけれど、本高森山山頂では意外にも南アルプスの [続きを読む]
  • 信州たかもり温泉[御大の館](高森町)
  •  本高森山からの下山後は、やはり高森町内の温泉に入らなければならないだろうと考え、信州たかもり温泉[御大の館]で日帰り入浴。名前の由来は同町出身で明大野球部監督・島岡氏が「御大」と呼ばれていたことによる。湯に温泉としての魅力は残念ながら乏しいが、小奇麗な施設で使い勝手はいいと思う。浴室・露天風呂、そして広い休憩室からも南アルプスの展望が素晴らしい。(おとな入浴:500円) [続きを読む]
  • 夏焼山〜兀岳(南木曽町/飯田市/阿智村)
  • 木曽見茶屋900−950夏焼山1000−1020大平峠(木曽峠)1025−1055小黒川分岐−1125兀岳1210−1230小黒川分岐−1255大平峠1305−(車道)−1325木曽見茶屋大げさにいえば中央アルプス南端部が伊那谷と木曽谷を分かつ山域。両山頂からは思っていた以上の展望が得られた。夏焼山は登山道がすっかり整備されていたが、兀岳へは一部笹ヤブ漕ぎとなり、笹刈り後以外は一般登山には勧められない。南木曽岳を目前に望む木曽見茶屋脇の駐車場 [続きを読む]
  • あんずの里・森(千曲市)
  •  千曲観光局のホームページをチェックして、森のあんずが満開のようなので、例年のことではあるが家人と出かけてみた。昨年あたりにくらべると今年の満開の時期はずいぶん遅い。あんずの里観光会館の前を通り過ぎ、沢山川沿いの有料駐車場に車をとめる。ここから上平展望台までの緩やかな上り坂を歩いていく。ちょうど満開で見頃となっていた。今日は暖かく、土曜日でもあるので多くの人が訪れていた。道すがら、あんず加工品など [続きを読む]
  • 高鳥屋山・梨子野山(飯田市/阿智村)
  • 青木登山口928−1023梨子野峠1032−1054梨子野山分岐−1107松沢分岐−1137高鳥屋山1221−1247松沢分岐−1301梨子野山分岐−梨子野山(三角点探す)1320−(南東尾根下る)−1400青木登山口風越山や座光寺富士・笠松山とともに飯田の西方に連なる里山。飯田まで行く価値があるかと思っていたけれど、登ってみると里山の魅力に溢れていた。鳩打峠から梨子野峠へ縦走したいが、交通手段の確保が難しい。今日は青木からの往復登山とし [続きを読む]
  • 四阿屋山(筑北村)
  • 東山登山口1055−1125権現池−1203四阿屋山1230−1252権現池−1307石造分岐−1317御嶽石造神像−1322石造分岐−1333登山口冠着山・聖山とあわせて筑北三山というらしい。筑北の小盆地から南方角を眺めると、この四阿屋山が意外なボリュームでそびえている。北側の草湯方面から以前登ったが、はっきりした記憶がない。雨模様の天気だったが、あらためて西の東山集落側から登った。 (右)東山からの登山口。10台ほどの駐車スペース [続きを読む]
  • 大林山[室賀峠から](上田市/千曲市/筑北村)
  • 室賀峠908−929「916ピーク」−952風越峠−1026「1081ピーク」1035−1102反射板分岐−1144大林山1221−1249反射板分岐1254−1320「1081ピーク」−1335風越峠−1357「916ピーク」−1417室賀峠大林山には各方面から登っているが、室賀峠からの尾根を登るルートは未踏なのでそれをたどってみた。足元が滑りやすい急登が多く、特にこのルートを推すということにはならない感じ。踏み跡はわかりにくい箇所もあるが、適度に赤テープがあ [続きを読む]
  • 鹿教湯富士[富士山](上田市)
  • 高梨集落最上部(駐車)1003−1043市峠−1108鹿教湯富士1123−1142市峠−1208「1009ピーク」1223−1251梅の木峠1256−1330穴沢集落−1405高梨集落最上部鹿教湯温泉の後ろにそびえる変哲もない里山。山ガイドなどでは「富士山」の呼称が多いが、日本一の山と区別するためここでは「鹿教湯富士」としておきたい。里山としての魅力は期待以下でも以上でもなかった感じ。一帯は松茸山なので、その季節の入山は控えたい。道標はないもの [続きを読む]
  • 鹿教湯温泉[町・高梨共同浴場](上田市)
  •  鹿教湯富士からの下山後は、やはり鹿教湯の温泉に入ってから帰りたい。いろいろな温泉ブログなどで紹介されている「町・高梨共同浴場」へ。わかりにくい場所にある。丸子方面から国道を鹿教湯温泉街に右折し、右手に火の見櫓があるところを左手の路地に入る。駐車場はない。基本的には地元のための共同浴場でシンプルな造り。地元民以外は入浴料200円を料金箱に入れる。新鮮な湯がライオン型の湯口から掛け流し。源泉5本の混合 [続きを読む]
  • 岩殿山(筑北村)
  • 岩殿寺900−940林道終点−1000九頭龍社−1030岩殿山奥の院(三社権現)1042−1107別所分岐−1140岩殿山(三角点)1220−1247分岐−1300遥拝所1305-1330菖蒲沢分岐−1358別所登山口−1423岩殿寺「信州ふるさと120山」にも名を連ねる筑北の信仰の山。ガイドブックの記載からは修行の場らしい岩場が多いとの印象を持っていた。しかし、道はしっかりして岩場で進退に窮することはなかった。北アルプスの展望もところどころ。全体的に赤 [続きを読む]
  • 富士嶽山[平井寺トンネルから](上田市)
  • 平井寺トンネル上907−954稜線(平井寺峠東)1000−1035富士嶽山(三角点)1045−1105富士嶽神社奥社のピーク1147−1230富士嶽神社裏の登山口−(車道:奈良尾・平井寺集落経由)−1335平井寺トンネル上(車を回収)塩田平の南東に位置する里山。春めいてきて里山に登るにはよい季節。少々変化をつけて平井寺トンネルから平井寺峠付近を経由して、南西側の尾根から登ってみた。上田市街方面から南下し、平井寺トンネル料金所の直前 [続きを読む]
  • 三水城跡・摺鉢山・三ツ頭山・半過城山(坂城町/上田市)
  • 十六夜観月殿下841−920狐落城跡−939三水城跡−1037摺鉢山1045−1124林道−1143三ツ頭山1215−1244北尾根−1307半過城山1312−1350半過城山登山口(半過林道)−(車道:県道77号他経由)1503十六夜観月殿下以前、摺鉢山は室賀峠から、三ツ頭山は直下の林道から最短距離で登った。しかし坂城の網掛集落から三水城跡を経て登るルートは、急登ながら気持ちのよい尾根道ではないかと興味をそそられた。下山ルートは、これも以前登っ [続きを読む]
  • 岡谷高尾山(岡谷市)
  • 東雲閣(登山口)1003−1020高尾山(女高尾山)1034−1119展望公園(塩嶺王城パークライン)1130−1151三郡の辻−1157しだれ栗・展望台1232−1256男高尾山1304−1318鈴ヶ入−1333東雲閣高尾山といっても有名な東京西郊のそれではなく、岡谷市街地の西に位置する里山。調べていたら、数か月前の山岳雑誌の掲載に気づいた。地図上の高尾山は女高尾山とも呼ばれ、その西側隣に男高尾山もある。両方をつないで塩嶺王城パークラインの稜 [続きを読む]
  • 矢本温泉(下諏訪町)
  •  岡谷高尾山から下山後は、やはり諏訪周辺の温泉に入りたい。下諏訪の矢本温泉に向かう。国道20号沿いに看板が出ている。10台ほどの駐車場があるので訪れやすい。下諏訪町内の温泉銭湯的な施設のひとつ。タイル張りの浴室に、こうした施設としては広めの湯舟。カランは8箇所。周辺には激熱の湯も多いけれど、ここは適温。無色無臭の湯が掛け流されている。湯にはややぬめり感を感じた。入浴しているのは地元の顔見知りばかりとい [続きを読む]
  • 和合城跡・虚空蔵山(上田市/坂城町)
  • 座摩神社下の駐車場912−935下塩尻登山口940−1010稜線−1015和合城跡−1043菖蒲平−1128高津屋山(924m)−1145鳥小屋山(958m)−1223虚空蔵山1300−1405座摩神社−1420座摩神社下駐車場太郎山から虚空蔵山を経て西へと落ちていく稜線。その最西端の和合城跡から菖蒲平間を歩いていないことに気づき、さらに虚空蔵山までつないで歩いてみようと出かけた。南麓から見上げると、山腹にはほとんど雪はないように見える。 (左)下 [続きを読む]
  • 鳥屋城跡・丸子城跡(上田市)
  • 丸子公園駐車場910−920丸子駅バス停935=(千曲バス築地原行(土日のみ))945鳥屋口バス停−1034鳥屋峠1040−1113鳥屋城跡(851m)1123−小屋坂トンネル西側・林道1151−1205根羽城跡(695m)1230−1310丸子城跡(本郭・685m)1323−1332二ノ郭跡1342−1400丸子公園冬の晴れ間の里山歩き。丸子の街の南側、内村川と依田川に挟まれた尾根を南西の鳥屋城跡(851ピーク)から歩く。天候に恵まれ、この季節なら木の間越しの展望もあ [続きを読む]