ダニーロメロ さん プロフィール

  •  
ダニーロメロさん: MLBファン
ハンドル名ダニーロメロ さん
ブログタイトルMLBファン
ブログURLhttps://ameblo.jp/danyromero/
サイト紹介文メジャーリーグが大好きです! そして、ヤンキースの大ファンです!
自由文読書、ボクシング、メジャーリーグ、音楽(主にパンク)、筋トレが趣味の満40歳一児の父親です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/10/12 19:44

ダニーロメロ さんのブログ記事

  • コービン獲得ならず、ヤンキースはどう打って出る?
  • 我がヤンキースと相思相愛(?)と言われ、獲得は間違いないと言われていた(思っていた)パトリック・コービンがナショナルズと契約しました。 ニュースを見た時、「え!?なんでだ?」と思いましたが、契約内容を見て納得しました。 ナショナルズはコービンに6年総額1億4000万ドルと破格の契約内容を提示しました。 これは、エース格に提示するような契約内容です。この他にも同一リーグ(ナ・リーグ)であることや、ダイ [続きを読む]
  • ヤンキース、パクストンを獲得!先発ローテ4番手の位置付けか?
  • 我がヤンキースがトレードでマリナーズのジェームズ・パクストンを獲得しました。 マリナーズが再建モードに舵をきったときから、パクストンの放出は既定路線になっており、先発ローテが2枠空いているヤンキースが獲得したのは、ほぼ想定通りでもありました。 正式に獲得が決まったと知ったときは、「おッ!ヤンキースやったな!」と思いました。が、、次の瞬間、一体ヤンキースは誰を放出したのだろう!?と心配?不安?が過ぎり [続きを読む]
  • ヤンキースがサバシアと契約、まずは先発5番手を確保?
  • FAにより先発ローテが3枠空いてしまったヤンキースですが、まずは、サバシアとの再契約にこぎつけました。 サバシアの獲得は、先発ローテ5番手としての獲得だと考えられます。 しかし、5番手といいながら、サバシアは2年続けて規定投球回に届いていません(2018年153回、2017年148回2/3)。 来年サバシアは39歳になります。 膝に持病を抱えており、来シーズンも規定投球回に達する見込みは低く、140回に [続きを読む]
  • ヤンキース、生え抜きのガードナーと契約合意
  • 我がヤンキースが生え抜きのガードナーと1年契約で合意しました。 球団オプションの1250万ドルこそ破棄したものの、新たに年棒750万ドルとバイアウト200万ドルの合計950万ドルで契約を結んだということです。 個人的に、契約が結ばれたことに驚きを隠せませんでした。 というのも、今シーズンの打撃成績は、打率236、12本、45打点、16盗塁、出塁率322と軒並み数字を落しており、来シーズンは36歳にな [続きを読む]
  • ヤンキースの来シーズンの先発ローテーションについて
  • ワールドシリーズ真っ只中にも関わらず、私の中では早くも来シーズンのヤンキースの先発ローテーションに頭が向いています。。 シーズン最終地点での先発ローテーションは以下の通りでした。 ①セベリーノ②田中③ハップ④サバシア⑤リン う〜ん、、悪くはないローテーションです。 ですが、ア・リーグ3強の先発ローテーション(以下参照)と比較すると、やはり劣っていると言わざるを得ません。 レッドソックス①セール②プライ [続きを読む]
  • ヤンキース終戦・・・
  • 我がヤンキースの2018年が終わりました・・・宿敵レッドソックスとの地区シリーズ、、、完敗でした・・思っていた以上に力の差を見せつけられました・・ このシリーズですが、勝敗の行方が決したのは、第3戦だったと思います。 第2戦に勝利したとき、これでヤンキースが地区シリーズを突破する可能性はかなり高まったと感じました。 なぜなら、第3戦はホームのヤンキースタジアムであり、先発はWCで好投を見せたエースで [続きを読む]
  • ヤンキースWC突破!ここから勝負だ!!
  • 我がヤンキースが強敵アスレチックスを打ち破り、WCを突破しました! まだ映像は見れていませんが、ほぼ危なげないゲーム内容だったようです。 打線について、先制、中押し、ダメ押しの7得点です!ジャッジとスタントンの大砲2人に一発が飛び出しました。 ピッチャーについて、セベリーノが見事に先発の役目を果たし、(5回途中降板ですが自責点0なので文句なしです!)ベタンセスがピンチを凌ぎ、ロバートソン、ブリトン、 [続きを読む]
  • ついに止まるか!レッドソックスの勢い!?
  • 先日のブログで、レッドソックスは負けなさすぎる!が、いくらなんでもこんなハイペースで最後まで行くとは思えぬ(多分)!長いペナントレース、必ずうまくいかない時期はあるもの!(期待を込めて!) とコメントしましたが、ついにその時が来たのかも知れません! 宿敵レッドソックスが久しぶりの今シーズン2回目?の3連敗です! そして、大エースのセールがDL入りしました。 ただ、この2試合の負けは、強いインディアンズ [続きを読む]
  • ヤンキース、悪夢の4連敗後に4連勝も・・
  • 前回の記事で、レッドソックスとの大事な4連戦の初戦を落した後、残りの3試合はなんとしても勝たなくてはならない。全て落したならば、せっかくのトレード補強が無意味になる旨をコメントしました。 そうしたら、悪夢の、驚きの、、まさかの4連敗を喫したわけです。 よもや、4連敗するとは思いもしませんでした。。悔しすぎて、この4連戦の映像は、一切見なかったほどです... この4連敗でレッドソックスとのゲーム差は、今シ [続きを読む]
  • ヤンキース、ランス・リンまで獲得して補強完了
  • 積極的なトレード補強を敢行していたヤンキースですが、投手を3人も獲得して補強が完了しました。 最初にセットアッパーのブリトン(左腕)、続いてスターターのハップ(左腕)、最後にロングリリーフ兼スターターのランス・リン(右腕)とバランスがとれた投手補強です。 ちなみに、このトレードで放出された主力は、ドルーリー、オースティン、シュリーブ、ウォーレンですが、いずれも余剰戦力となるため、大きな問題はありませ [続きを読む]
  • 絶対的エースへと成長したルイス・セベリーノ
  • 我がヤンキースの先発ローテーションからモンゴメリーと田中将大がいなくなってから一ヶ月近くたちます。 チームとしては大打撃であり、大きな連敗をしてもおかしくない状況ですが、依然、好調をキープしています。 その最大の要因は何なのか? 穴埋めで起用されているロアイシガーの頑張りや、ベテランのサバシアの奮闘もありますが、何と言っても絶対的エースへと成長し、支配的な投球を続けているルイス・セベリーノの存在が大 [続きを読む]
  • ロアイシガー再び好投!ヤンキースの連敗を3でストップ!!
  • 田中将大の穴を埋めるべく登用されたプロスペクトのロアイシガーが再び好投しました。 昨日のフィリーズ戦に登板し、5回1/3を被安打1、8奪三と見事なピッチングでした! 伸び上がる156キロのフォーシームと必殺の縦スラで三振をバッタバッタと奪いました! チームはこの試合前まで3連敗中でしたので(レイズにまさかのスイープ…)、この勝利の意味合いは大きいです。 4連敗となると、セベリーノ以外の先発投手の白星勘定 [続きを読む]
  • 超ハイレベルなア・リーグ東地区の首位争い
  • 我がヤンキースとレッドソックスがハイレベルな首位争いを繰り広げています。 開幕ダッシュこそならなかったヤンキースですが、その後は9連勝と8連勝を記録し、連勝がストップしても大きな連敗がなく、現在、再び4連勝中です。 一方、レッドソックスの方は開幕から10試合を9勝1敗と大きく勝ち越し、開幕ダッシュに成功しました。その後も白星を順調に積み重ね、60試合を戦い終えて41勝19敗の貯金22、勝率は683と [続きを読む]
  • 好調ヤンキース!快進撃は続くか!? 
  • 我がヤンキースが信じられないくらいの快進撃を続けています。。 18試合を終わった時点では、9勝9敗の勝率.500でした。しかし、そこから22試合を19勝3敗と超ハイペースで勝ち続けています。 19勝3敗というと、圧倒的な力の差を見せつけて勝つイメージがありますが、投手陣が完全に抑え込んでいる、或いは、打線が爆発しつ続けている、といったわけではありません。 にも関わらず、勝ち続けています。 勝ち続けてい [続きを読む]
  • ディディ・グレゴリウス、強打者の仲間入り?
  • 我がヤンキースのグレゴリウスが絶好調です! 現在、打撃成績は、なんと、三冠王です!!※昨日までの成績 しかも、両リーグを通じてのことです。 ここまで、25試合に出場し、打率368、ホームラン10本、打点は出場試合数を上回る30もあります。 思えば、グレゴリウスがヤンキースにきたのは、2014年のオフのことです。 当時、スーパースターだったジーターの後継者として、若干24歳でダイヤモンドバックスから移籍 [続きを読む]
  • マー君3勝目、ヤンキース貯金3
  • ツインズ戦に登板したマー君が3勝目を挙げました! 映像は見れていませんが、6回2/3を3安打2四球の1失点に抑えたということであり、好投と言える内容だったのではないでしょうか。 そして、チームは大量14点を奪って14−1で大勝し、今シーズン最多の貯金3(12勝9敗)となりました! 先の好調ブルージェイズとの4連戦を3勝1敗と勝ち越した通り、投打が噛み合ってきたように思います。 特に直近の3試合は、先発投 [続きを読む]
  • ヤンキース、開幕2連勝も波に乗れず・・・
  • 開幕2連勝と好スタートを切ったはずのヤンキースでしたが、、、その後は、連敗、連勝、連敗を繰り返し、10試合を消化した時点で5勝5敗と波に乗れない状況です。 また、新監督のブーンがどんな采配、どんな色を見せてくれるかにも注目していましたが、何ら去年と変わらず、まるでジラルディ采配をそのまま踏襲しているかのようです。 先発投手を早めに見切り、盤石のリリーフ陣を投入、継投していくという采配です。 そして、 [続きを読む]
  • プーホールスは700本越えを果たせるか?
  • 現役最多の通算本塁打614本を放っているエンゼルスのプーホールスですが、MLB史上たった3人しか到達していない700本越えを果たすことができるでしょうか? ちなみに、去年の今頃も似たような記事を書きました。。『引退時のプーホールスの通算本塁打は何本?』https://ameblo.jp/danyromero/entry-12257760149.html エンゼルスとの契約年数は、あと4年です。 700本の大台まで86本であり、毎年22本づつ打ってい [続きを読む]
  • ヤンキースは結局二塁手まで獲得。これで盤石か?
  • 我がヤンキースが最後の補強課題(課題というほどでもない?)となっていた二塁手を獲得しました。 獲得したのは、言わずもがなのニール・ウォーカーです。。 ウォーカーは、パイレーツ、メッツ、ブリュワーズでレギュラーを張ってきた選手であり、これまでの実績を踏まえれば、バッター有利のヤンキースタジアムであれば、打率270、ホームラン20本前後が計算できそうな選手です。 打順に関して、ウォーカーが何番に入るのか [続きを読む]