ダニーロメロ さん プロフィール

  •  
ダニーロメロさん: MLBファン
ハンドル名ダニーロメロ さん
ブログタイトルMLBファン
ブログURLhttps://ameblo.jp/danyromero/
サイト紹介文メジャーリーグが大好きです! そして、ヤンキースの大ファンです!
自由文読書、ボクシング、メジャーリーグ、音楽(主にパンク)、筋トレが趣味の満40歳一児の父親です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/10/12 19:44

ダニーロメロ さんのブログ記事

  • ヤンキース、悪夢の4連敗後に4連勝も・・
  • 前回の記事で、レッドソックスとの大事な4連戦の初戦を落した後、残りの3試合はなんとしても勝たなくてはならない。全て落したならば、せっかくのトレード補強が無意味になる旨をコメントしました。 そうしたら、悪夢の、驚きの、、まさかの4連敗を喫したわけです。 よもや、4連敗するとは思いもしませんでした。。悔しすぎて、この4連戦の映像は、一切見なかったほどです... この4連敗でレッドソックスとのゲーム差は、今 [続きを読む]
  • ヤンキース、ランス・リンまで獲得して補強完了
  • 積極的なトレード補強を敢行していたヤンキースですが、投手を3人も獲得して補強が完了しました。 最初にセットアッパーのブリトン(左腕)、続いてスターターのハップ(左腕)、最後にロングリリーフ兼スターターのランス・リン(右腕)とバランスがとれた投手補強です。 ちなみに、このトレードで放出された主力は、ドルーリー、オースティン、シュリーブ、ウォーレンですが、いずれも余剰戦力となるため、大きな問題はありま [続きを読む]
  • 絶対的エースへと成長したルイス・セベリーノ
  • 我がヤンキースの先発ローテーションからモンゴメリーと田中将大がいなくなってから一ヶ月近くたちます。 チームとしては大打撃であり、大きな連敗をしてもおかしくない状況ですが、依然、好調をキープしています。 その最大の要因は何なのか? 穴埋めで起用されているロアイシガーの頑張りや、ベテランのサバシアの奮闘もありますが、何と言っても絶対的エースへと成長し、支配的な投球を続けているルイス・セベリーノの存在が大 [続きを読む]
  • ロアイシガー再び好投!ヤンキースの連敗を3でストップ!!
  • 田中将大の穴を埋めるべく登用されたプロスペクトのロアイシガーが再び好投しました。 昨日のフィリーズ戦に登板し、5回1/3を被安打1、8奪三と見事なピッチングでした! 伸び上がる156キロのフォーシームと必殺の縦スラで三振をバッタバッタと奪いました! チームはこの試合前まで3連敗中でしたので(レイズにまさかのスイープ…)、この勝利の意味合いは大きいです。 4連敗となると、セベリーノ以外の先発投手の白星勘定 [続きを読む]
  • ヤンキースにニカラグアのニューカマー参上!
  • 田中将大が故障で離脱したため、ヤンキースの先発ローションは再び穴が空いてしまいました。 この急場を他球団からのトレードで埋めるのか、それとも、自前のプロスペクトで凌ぐのか、大いに注目していました(私は断然プロスペクト推進派です!)。 ヤンキースがとった措置は、プロスペクトで穴を埋めるというものでした! 登用されたのは、チーム内のプロスペクトランキング上位のアダムスでも、シェフィールドでも、アブレユで [続きを読む]
  • 超ハイレベルなア・リーグ東地区の首位争い
  • 我がヤンキースとレッドソックスがハイレベルな首位争いを展開しています。 ヤンキースは開幕ダッシュこそならなかったものの、その後は9連勝と8連勝を記録し、連勝がストップしても大きな連敗がなく、現在、再び4連勝中です。 一方、レッドソックスの方は開幕から10試合を9勝1敗と大きく勝ち越し、開幕ダッシュに成功しました。その後も白星を順調に積み重ね、60試合を戦い終えて41勝19敗の貯金22、勝率は683 [続きを読む]
  • 好調ヤンキース!快進撃は続くか!? 
  • 我がヤンキースが信じられないくらいの快進撃を続けています。。 18試合を終わった時点では、9勝9敗の勝率.500でした。しかし、そこから22試合を19勝3敗と超ハイペースで勝ち続けています。 19勝3敗というと、圧倒的な力の差を見せつけて勝つイメージがありますが、投手陣が完全に抑え込んでいる、或いは、打線が爆発しつ続けている、といったわけではありません。 にも関わらず、勝ち続けています。 勝ち続けてい [続きを読む]
  • ディディ・グレゴリウス、強打者の仲間入り?
  • 我がヤンキースのグレゴリウスが絶好調です! 現在、打撃成績は、なんと、三冠王です!!※昨日までの成績 しかも、両リーグを通じてのことです。 ここまで、25試合に出場し、打率368、ホームラン10本、打点は出場試合数を上回る30もあります。 思えば、グレゴリウスがヤンキースにきたのは、2014年のオフのことです。 当時、スーパースターだったジーターの後継者として、若干24歳でダイヤモンドバックスから移籍 [続きを読む]
  • マー君3勝目、ヤンキース貯金3
  • ツインズ戦に登板したマー君が3勝目を挙げました! 映像は見れていませんが、6回2/3を3安打2四球の1失点に抑えたということであり、好投と言える内容だったのではないでしょうか。 そして、チームは大量14点を奪って14−1で大勝し、今シーズン最多の貯金3(12勝9敗)となりました! 先の好調ブルージェイズとの4連戦を3勝1敗と勝ち越した通り、投打が噛み合ってきたように思います。 特に直近の3試合は、先発投 [続きを読む]
  • ヤンキース、開幕2連勝も波に乗れず・・・
  • 開幕2連勝と好スタートを切ったはずのヤンキースでしたが、、、その後は、連敗、連勝、連敗を繰り返し、10試合を消化した時点で5勝5敗と波に乗れない状況です。 また、新監督のブーンがどんな采配、どんな色を見せてくれるかにも注目していましたが、何ら去年と変わらず、まるでジラルディ采配をそのまま踏襲しているかのようです。 先発投手を早めに見切り、盤石のリリーフ陣を投入、継投していくという采配です。 そして、 [続きを読む]
  • プーホールスは700本越えを果たせるか?
  • 現役最多の通算本塁打614本を放っているエンゼルスのプーホールスですが、MLB史上たった3人しか到達していない700本越えを果たすことができるでしょうか? ちなみに、去年の今頃も似たような記事を書きました。。『引退時のプーホールスの通算本塁打は何本?』https://ameblo.jp/danyromero/entry-12257760149.html エンゼルスとの契約年数は、あと4年です。 700本の大台まで86本であり、毎年22本づつ打ってい [続きを読む]
  • ヤンキースは結局二塁手まで獲得。これで盤石か?
  • 我がヤンキースが最後の補強課題(課題というほどでもない?)となっていた二塁手を獲得しました。 獲得したのは、言わずもがなのニール・ウォーカーです。。 ウォーカーは、パイレーツ、メッツ、ブリュワーズでレギュラーを張ってきた選手であり、これまでの実績を踏まえれば、バッター有利のヤンキースタジアムであれば、打率270、ホームラン20本前後が計算できそうな選手です。 打順に関して、ウォーカーが何番に入るのか [続きを読む]
  • ドルーリーを獲得したヤンキースのスタメンオーダーは?
  • 前回、ヤンキースの補強はほぼ完了したと思っていたので、スタメンオーダーを予想しましが、その途端にドルーリー獲得の一報が入りました。。 ドルーリーとは一体誰なんだろう??  ドルーリーのことを全く知らなかったので、早速、メジャーリーグ選手名鑑で調べてみると、、、まず、各能力の5段階評価(5が最高)ですが、ミート4、パワー4、守備4、肩4、走塁2の高評価でした!? 二塁打を量産するタイプで、コンパクトな [続きを読む]
  • ヤンキースの2018年スタメンオーダーについて
  • ほぼ補強が完了したと思われる我がヤンキースの2018年スタメンオーダーを予想してみました。 1 LF ガードナー(フレイジャー)2 RF ジャッジ3 C  サンチェス4 1B バード5 DH スタントン6 SS グレゴリウス7 CF ヒックス8 3B アンドゥハー(トレイエス、ウェード)9 2B トーレス(トレイエス) 1番は走力があって出塁率も高く、かつ粘り強いガードナーになると思います。ただし [続きを読む]
  • ヤンキース、ダルビッシュ争奪戦から撤退
  • 先発ローテーションのさらなる強化を目論んでいた(?)我がヤンキースですが、どうやら、ダルビッシュ争奪戦から撤退したようです。 現状の先発ローテーションに十分満足している。ダルビッシュ獲得は我々にとって何も意味がないことだ。とキャッシュマンGMが話したということですが。。。 本当にそんなことを言ったのか定かではありませんが、撤退を決めた理由として考えられるのは、 高年棒のエルズベリーの放出は困難と判断 [続きを読む]
  • ゴードンを獲得したマリナーズ、大谷入りは近づいたか?
  • マリナーズが連日の若手有望株のトレード放出により、大谷獲得資金を30球団で最多の355万7500ドルとしました。 大谷獲得に本腰を入れているマリナーズですが、よもや、そのために、ゴードンまで獲得してしまうとは、思いもよりませんでした。 というのも、セカンドには、不動の3番打者で、かつ、高額契約が6年も残っているカノーがいるからです。 積極果敢なディポトGMの方針では、ゴードンをセンターにコンバートさせるよ [続きを読む]
  • ここ10年のヤンキースのベスト布陣について(訂正)
  • 昨日の記事において、私なら中堅はジョニー・デイモンを推奨すると、豪語しましたが、改めて、当時のデイモンの状況を確認してみたところ、なんと2008年に中堅を守ったのは、たったの34試合だったことが判明しました… ヤンキースに移籍当時は、中堅としてプレイしていた筈ですが、弱肩のため、次第に左翼、中堅、DHをローテーションするようになっていったようです。。大変、失礼しました。 となると、中堅のベストとして、デ [続きを読む]
  • ここ10年のヤンキースのベスト布陣について
  • 先日、米地元メディアがここ10年(2007−2016)のヤンキースベストメンバーを選出した記事を拝見しました。 その中で、以下のベストオーダーが組まれていましたので、ヤンキースファンとして、本当に望ましい打線か、検討してみました。 1番 ジーター(遊撃:2009年 334、18本、66打点)2番 カノ(二塁:2012年 313、33本、94打点)3番 ロドリゲス(三塁:2007年 314、54本、156打点)4番 テシェイラ(一塁 [続きを読む]