AK さん プロフィール

  •  
AKさん: AKブログ
ハンドル名AK さん
ブログタイトルAKブログ
ブログURLhttp://ak-blog.blog.jp/
サイト紹介文新潟在住クリエイターAKが、アートや趣味を語ります。ほぼ毎日21時更新予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 70日(平均4.8回/週) - 参加 2014/10/12 21:25

AK さんのブログ記事

  • 進撃の個人
  • どーも、AKです。このところシリアス記事を書いていて疲れました。それよりも幣ブログをきっかけに、何かしら小さくとも得るモノがあれば御の字。安心安全だったり、何かしら協働とか共創とかしたり、時には熱狂が生まれたり、ビジネスになったり…まぁ分かりませんが。書き続けるためにもかるくゴールの見直し的なことはしようかとは思います。今回は何が言いたいかと言えば、「社会問題に関心あるけど、あまり真剣になり過ぎない [続きを読む]
  • 新潟市教育委員会という新潟の闇
  • どーも、AKですタイトルにもある通り今回はシリアス系の話。これまで新潟市の職員の過失・怠慢により不利益を被っているので、まず説明の要求を続けているところです。下記で述べる教員の件は氷山の一角にすぎません。もちろん問題ありな職員は一部でしょう。ちなみに、教育委員会は学校教育のみならず市民と接触する機会の多い若者支援事業も担当であることも付け加えておきます。すでに提言・陳情済みなことは、以前も書きました [続きを読む]
  • 流行の少し先にお宝が眠ってる
  • どーも、AKですたくさん本を読んでると、別々の本で言ってる事から、共通した法則性が見えてくることがあります。今回いいたいのは、「流行の少し先にお宝が眠ってる」こと。●流行を先取りした例・角川春樹氏の、「犬神家の一族」――――――――――――――――――――――「今、横溝正史が売れ始めている。 作品が映画化されれば、もっと売れるだろう。 だから俺は『犬神家の一族』をやりたい。 東宝と組んで、『犬神家』 [続きを読む]
  • ダメージジーンズへの要望。
  • どーも、AKです今回はダメージジーンズについて。たまに履くようになって8年くらいでしょうか。以前、他人に履いてる理由を聞かれたので、こういったところに関心があるのでしょうか?述べておこうと思います。理由はデザインが好みだから。普通のジーンズの間延びしている様子に物足りなさがありました。程よくダメージ入ってる方が自分に合ってる気がします。心象風景みたいなものでしょうか?話は飛んで、今回言いたいのは、「 [続きを読む]
  • キミは問いを持っているか?
  • どーも、AKです。ブログの文章を書く研究として、有名なブロガー、イケダハヤト氏の、「武器としての書く技術」を読みました。イケダ氏の事は、刺激的なタイトルのブログや、Twitter発言などで聞き及んでいました。どちらかというと関わりたくないタイプだな、とか思ってました。しかし本を読むと極めてまっとうで有益な内容でした。(「反社会的」という描写は一種のジョーク又はコピーかと思いますが。)――――――――――― [続きを読む]
  • 巨人の肩に乗って見えた世界
  • どーも、AKです。今回のテーマは、美術を通しての学び。ここ数年は作品制作よりも、美術館巡りや、技法書、画集などを読んだり見たり、知識習得しています。昨年、図書館で借りた本がコチラ。ノーマン・ロックウェル画集。●感想微笑ましい、古き良きアメリカ!表情豊かでユーモアあふれる一枚。思わず、「自分もこういうモノが描きたい!」という気分に。ノーマンロックウェルは、10代からイラストレーターの頭角を現した、もはや [続きを読む]
  • AK、新潟市長に直接モノ申してみた。
  • どーも、AKです。「まちづくりトーク・市長と語る会」参加してきました。今回はそのレポートです。市長と直接質疑応答ができる、数か所で行われるレアなイベント。平成30年6月16日、万代市民会館にて、参加しました。質疑応答で、市長にモノ申す事が出来ました。感想、詳細、市長にモノ申した内容、反省・振り返りを述べます。●感想マイク持って市長に直接話しましたが、あまり緊張せずに話せました。自宅でイベントに気が付いた [続きを読む]
  • 人は安心できるタイプをそばに置きたがる
  • どーも、AKです。本を読んでいて、安心安全をテーマに思う所があり、述べます。シリーズ、【安心安全の獲得3部作】パート1、とします。今回読んだ本はコチラ「過剰な二人」林真理子さんの本は「野心のすすめ」を1冊読んだことがあります。コピーライターから小説家へ転身されたこと、見城さんと組んだこと、などを知りました。今回の本では、示唆に富む至言がありました。例えば、男性の女性への好みのパターンの話。――――― [続きを読む]
  • オクテ過ぎるオレはもう○○○○○○○○○だ
  • どーも、AKです。世間は休暇中、ということで趣向を変え、今回はゆるめのネタ、筆者自身の話。興味ない方はどうぞ飛ばしてください。(なお、この手の話はレアにつきいずれ消去の可能性アリです。)ヒマとカネは適度にあっても、コミュニケーションが足りない独身謳歌中の身。いわばひとりベーシックインカム状態にある中、絵の勉強をしたり、映像を編集してみたり、デザインをしたり、権力の監視とか、行政機関を使い倒してみたり [続きを読む]
  • 選挙後の砂を噛むような毎日をしのぐ、たった一つの冴えたやり方
  • どーも、AKです。選挙が終わり、新しい知事が花角氏に決まりました。率直な意見を述べます。新潟への違和感がある話です。読みたくない方はどうぞ読み飛ばしてください。前提として、筆者の立ち位置。正直、政治の話は難しいし、詳しくないです。考えはあるし、投票には行きますが。それでも関わってるうちに、知識不足などのリスクを省みずに述べたくなりました。では意見から。●意見今回の選挙の印象。とにかく違和感。消化不良 [続きを読む]
  • 反逆のワンマンアーミー
  • どーも、AKです。今回はシリアスなテーマです。新潟市での生きづらさの正体を明かし、個人個人がやりたいことをやれる、そういう社会になってほしいという話です。新潟市に対して、「社会性」とか「公益性」などに欠けて、社会としても間違ってるだろ!という思いがこみ上げてしまいました。●原因と事実先日、コミュニケーションを求め、そういう場を設けようと、ふらっと公共施設に入りました。それは万代市民会館です。以前は知 [続きを読む]
  • そんなことよりオレたちで一発当ててみないか?
  • どーも、AKです今回は過去の振り返りレポートです。2017年4月、新潟日報みらい大学第1回公開講座「デジタルアートは同じ空間の他者の存在をポジティブにする」デジタルアート制作展示を手掛ける「チームラボ」の猪子寿之代表の講演へ行ってきました。1人の作家だけでなく、何人かで作品を作る、「協働」プロジェクトに興味があり、参加するなり、立ち上げるなりする上での、何かしらヒントを探るのが目的。以下、感想、つかめたモ [続きを読む]
  • 多忙な人の正体
  • どーも、AKです自分は結構、悩むとか考えたりしてしまうほうです。絵を描くのも好きなようで飽きっぽい面もあります。時間が有効に使えず、軽く落ち込んだり、それが元でダラダラしてしまうことがあります。時間を有効につかいたいので考えたのが、「やりたいことで埋め尽くして忙しくする」こと。飽きたらすぐ別のやりたいことに取り掛かります。例えば、以下のように。――――――――――――――――――――――――・読書  [続きを読む]
  • 直感は大事だが、論理的であれ!
  • どーも、AKです。今回は創作に関する持論です。過去の自分の描いたマンガを読んでると、「面白いけど、今一つパンチが足りない!」「惜しい!」「もったいない!」と思うことありました。(アマチュア漫画家してました)また、時々ブログを読み返しても、自分で違和感を覚えたり、飛躍することが多いな、と思いました。創作をするもの、表現をするものとして、常々、この違和感の正体を突き止めて、回避したい、よりよい作品を生み [続きを読む]
  • 【お願い】おかしいことをおかしいと言う活動をしています
  • どーも、AKです。筆者の場合、社会に不満があれば、モノ申しています。(→新潟市、社会への不満をぶつける9つの方法)気を付けるべき点は、実名で行う事。なぜなら、「匿名でのジャーナリズムはあり得ない」から。ちなみに、今読んでる本、「読書という荒野」からの引用です。ただ、筆者の場合、ジャーナリストというより、アート活動の一環としています。ですが、モノ申す際は基本的に、実名で行ってます。時々、行政側にあまり [続きを読む]
  • 熟女好きという病 
  • どーも、AKです今日は世間は休日ということもあり、趣向を変えて、女性との縁について述べます。個人的願望や、仮説など。豊富な経験談などを期待している方はどうぞ飛ばしてください。以前、知人の目上女性にコクったことありました。手法ややりとりについては古典的というだけに留め、多くは語りませんが、玉砕。原因は、背景や事実関係から無理だから。ここで飛躍しますが結論。自分にマッチした戦略として、「友だちみたいな関 [続きを読む]
  • 新潟市、社会への不満をぶつける9つの方法
  • どーも、AKです世に出て新しい、ある本を読んでます。「読書という荒野」です。まだ序盤しか読んでませんが、すでにその熱気に感染したかもしれません。本の内容から飛躍しますが、今回言いたくなったのは、「社会の不満はちゃんとぶつけよう」ということ。社会と言っても、筆者の場合、新潟市内のことです。自分が不利益を被ったことは、怒っていいわけですから。ただし、感情的にならず、論理で訴えることが望ましい。社会性があ [続きを読む]
  • 表現に携わる人に薦めたい1冊
  • どーも、AKです。お笑いコンビ爆笑問題、太田さんの、「違和感」読みました。とてもいい本でした。かつて少なからず表現に携わっていた自分にとって、鈍ったり、忘れかけた感覚や情熱がよみがえってきました。表現する事への自信、勇気が湧きます。「はじめに」からすでに、チャップリン作品の考察が鋭く、引き込まれました。かつて小説好きで、太宰やサリンジャーなどの作品も読んだことある自分としては、そういった作品に触れて [続きを読む]
  • 新潟県知事選間近!レポートと意見。
  • どーも、AKです。6月10日は新潟県知事の選挙です。ということで候補者応援演説の様子をレポートしつつ、意見、主張を述べます。昨日ですが、池田氏の応援に立憲民主党の枝野氏来てました。とにかく筆者の願いは、どの知事でも、ちゃんと民意を反映する自治体、議会、教育、警察となってほしい、真に安全安心を実現してほしい、ということ。市と県で担当が別とはいえ、新潟市は新潟県の中にあり、首長も無関心ではいられないはず。 [続きを読む]
  • 自分を高めるのはライバル
  • どーも、AKです。ブログを書くにあたり、参考となる書籍から文章術を研究していました。今は、良い文章作成の理論も頭に入り、自分なりの型で書いていく実践を重ねています。(後はいかに読まれるか…という点ですが、それは機会があればいずれ。)そんな中、他のブロガーの文章を研究することで文章作成の理解が深まります。ここでひらめいたのが、自分を高めるのはライバル、ということ。実は筆者的には、誰かを手本に自分を高め [続きを読む]
  • 「損切り」で人生豊かに
  • どーも、AKです。自分は映画好きなので、レンタルして借りてきます。しかし先日、ある映画を序盤で見るのを止めました。率直につまらないと思ったので。(タイトルは伏せますが、映像美にこだわりある、中国武術の映画でした…)以上は前置きですが、「損切り」って、人生を豊かにするうえで大事ではないでしょうか?――――――――――――――――――――――――――――――――●損切り含み損が生じている投資商品を見切り [続きを読む]
  • 清濁併せのむ必要はない
  • どーも、AKですこのブログは2013年から書いてます。以前は、書くのがが難しかったです。Facebookも同様に、難しかった。理由は、社会経験(組織に勤める、という意味)が少ないので、自分のやってることは間違っているかもしれない…と、他人の目を気にしてたから、と思います。どこかで、やりたくないのに、やってた節があります。しかしそれでいいのでしょうか?今、ブログが書けてる自分の意見はコレ。「清濁併せのむ必要はない [続きを読む]
  • 作品にメッセージは要らない
  • どーも、AKです今回は創作に関する、私的な覚え書き、です。筆者に興味ある方以外の方は、どうぞ読み飛ばしてください(^^;では、以下より。あるお笑い芸人さんの本を読んでて、「作品にメッセージは要らない」とあり、思い当たりました。自分がストーリー作品作りをする際は、メッセージを込めないことにしています。たしかに、なぜか、「メッセージ性がある作品が優れている」という刷り込みがあります。まだマンガを完成させられ [続きを読む]
  • 正直、新潟で事件発生も想定内。
  • どーも、AKです。今回はシリアスな話です。―――――――――――――――――――――――――――――――――■ニュース「相談乗って」包丁男に切られ男性けが 今も逃走中 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128196.html―――――――――――――――――――――――――――――――――よく知る現場サンマルク。反社会的行動に至る原因は様々だろうが、未然に防ぐためにも オレ的な地域貢献はして [続きを読む]
  • ラジオごっこはじめました。
  • どーも、AKです。新たな個人メディアを作りました。ラジオのような、音声メディアです。名付けて、「AK VOICE」読みは、「エーケーボイス」。まずは気楽に本の感想などをアップしたいと思います。YouTubeを使うので、ついでにブログを知ってもらい、筆者AK個人のことを知ってもらえれば、という狙いもあります。方向性は以下の通り。(飛ばしてかまいません。)―――――――――――――――――――――――――――――――― [続きを読む]