Mink さん プロフィール

  •  
Minkさん: 東方神起の海
ハンドル名Mink さん
ブログタイトル東方神起の海
ブログURLhttp://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/
サイト紹介文ユノとチャンミンの東方神起は生きる力!大好きな2人の恋愛話が中心です♪かるたは終了しました!
自由文東方神起のユノとチャンミンを愛してやまない腐女子Minkです♪
2011年からのトン堕ちチャミペン❤
ユノも大好き❤
2人の魅力は一言では言い表せない!!!
そしてこんな魅力あふれるアーティストを
他に知りません!!!
2人の幸せが私の幸せです❤
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/10/13 08:58

Mink さんのブログ記事

  • HOTEL T の秘め事 27階
  • ”チャンミン・・・どうした?”「あの やっぱり僕・・・あの人の担当は無理です本当に 色々な意味で 無理そうですシウォンさん お願いだから 替えてください!」”それは・・・無理だ”「どうしてですか?」”約束してしまった・・・”「当の本人が嫌だと言っているんですよ?お願いです!」フロント裏の事務所の隅 僕は 精一杯の訴えを起こしたシウォンさんなら 僕が嫌がることはしないよね?ってそう思ってた・・・僕の [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 26階
  • シウォンさんは 今までに会ったことのないとても頼りになる いい先輩だ今回のことで なんだか 距離が凄く縮まったというか・・・もっと 気まずくなるのかな?って思ったけどそんなことはなくていつも 僕を守ってくれているような感じがした僕は シウォンさんがチーフに掛け合ってくれたにもかかわらず結局 担当を変えてもらうことができずに仕方なく チョン様担当を続けることになりシウォンさんと 話をした後 早速チョ [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 25階
  • 早番で 先にキュヒョンが上がってもシウォンさんは なかなか帰ってこなかった・・・こんなに長い時間をチョン様と過ごすなんて一体 どんな話をしているのか?気になって気になって 僕は仕事が身に入らないついさっき チェックインしたお客様の名前が偶然にも チョン様だったので余計に思い出すシウォンさん! 早く帰ってきて!30分くらいは 経っただろうか・・・こんな長いルームサービスは 通常ならあり得ないけれどシウ [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 24階
  • 「シウォンさん!」もうすぐエレベーターのドアが閉まるというギリギリのところでやっと シウォンさんに追いついた「ホントに 行くんですか?」”うん 行くよ”「対決って・・・」”大丈夫だよ 大人だからねお話するだけだから・・・”「でも・・・あの・・・」”チャンミン 心配するなこれでも 一端のホテルマンだぜ?仕事中だということは わきまえてるよ”「・・・」僕はそれでも 心配で心配で 堪らなかっただって チ [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 23階
  • 翌日 少し弱めの二日酔いで 頭がじんじんしただからと言って 仕事に穴を開けるわけにはいかない痛む頭をぐっと堪え 僕は出勤した遅番で良かった偶然にもシウォンさんも遅番キュヒョンは 早番だった昨日の晩 DROP で たまたま会ってしまったチョン様とのひんやりした 視線の絡み合いに今 思い出しても 胸の奥がズキンとなるチョン様は あの部屋に あの女の人を連れ込んだのだろうか・・・?いや 待てよ いい部屋とか [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 22階
  • 氷のように 冷たくてつららのように 尖った形のない槍が 僕の心臓に 真っ直ぐに突き刺さった捩れたのは 心臓だけではない僕の気持ちも・・・「シウォンさんの言ったとおりだったね・・・あの人 バイだね・・・で 本当に節操無し! しかも こんなに人のいるところでいい部屋予約したんだ・・・とか バッカじゃないの?」”こらっ!チャンミン! 相手は お客様だぞ?何処で誰が聞いているかわからないんだ軽々しく口にし [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 20階
  • キュヒョンと駅前で待ち合わせをして 飲みに行くために ロッカールームで そそくさと着替えていたら”どこ行くの? 急いじゃって”シウォンさん・・・うっかり キュヒョンの名前を出してしまったら”俺も今日は上がり! ついて行っていい?”何故か シウォンさんも一緒に飲みたいと言い出して・・・チョン様やシウォンさんの例のこと自分で話すというので OKしてしまったこういうことは キュヒョンにも知らせておいたほう [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 19階
  • 『悪いけど これ チャンミンに渡しもらえるかな?直接は 受け取ってくれそうもないから・・・』”かしこまりました・・・必ずチャンミンに渡しますね壊れ物ではないですよね?”『ああ 布だから大丈夫』そんなやり取りも無視していたバックヤードで 今日の宿泊者のチェックをしていたら”チャンミン! 何かしら・・・忘れ物?チョン様からよ・・・ほらっ・・・渡したからね!”仕方なく ホテルの封筒に入ったものを受け取る [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 21階
  • ”ふ〜ん なるほどね・・・”何が なるほどなのかわからないけどキュヒョンは わかったような顔をして 僕をニヤニヤと見つめるもう 本当に勘弁して!「キュヒョン 誤解しないで・・・僕は もう チョン様と会わなくて済むようにしたいんだから・・・だから 担当をはずしてくださいってお願いしたんだよ」”チャンミンが 本当に嫌で嫌でたまらないんだったら何が何でもチョン様の部屋には行かないよね?でもさ 行くってこ [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 18階
  • あの人は 魔性の男だあの部屋に 足を踏み入れたら最後僕は 何もしないで出てこられる気が全くしない・・・女性としかつき合ったことのない僕がどうして あの人に 惹かれるのか?その理由が全くと言っていいほどわからない本当に危なかったこのまま あの人とそんな仲になったらもう 抜け出せなくなりそうで別に あの人には 僕だけってわけでもないのに日替わりで 選び放題の情事の相手はいくらでもいる僕がいなくたって  [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 17階
  • しゃがんで 僕の顔の高さに自分の顔を合わせて話すチョン様大人の男の色気を プンプン漂わせ僕の汚れた顔を 見つめる僕とチョン様は ただのお客様と従業員の関係だただ 少しの秘密を 共有している云わば 同士みたいなもののはずなのにチョン様の言い分では 僕はすっかりあなたのものになってるの?そんな勝手なことを・・・いくら チョン様でも・・・僕の プライベートまで とやかく言うことは 許されないはずだ僕は  [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 14階
  • あ・・・ダメだってば・・・あ・・・そんな・・・ベッドの上で チョン様にくみし抱かれ首に感じる 熱い息とほんの少しの痛み「やっ 止めて・・・もう  お止めください!チョン様・・・あっ・・・」僕の弱々しい 感じながらの言葉の抵抗などチョン様の耳には全く届いてはおらず僕の両腕をシーツにがっしりと押さえつけその器用な唇は 首から顎鎖骨へと 滑らかに滑っていった「はぁ・・・は・・・あん・・・そんな・・・いや [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 13階
  • 「んあっ・・・」『んん・・・』僕たちは しばらく お互いの唇を貪り合った始めこそ チョン様の強引なキスに 驚いてついて行くのが必死だったけれどそのうち 蕩けるような熱いキスに 僕も どんどんのめりこんで行ったドアのすぐ近く チョン様も僕も その場で 熱いキスを続けた両手で チョン様の頬を包み器用に口の中を動き回るチョン様の舌を 必死に追いかけた「はぁ・・・はぁ・・・」胸が上下するのが はっきりわか [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 12階
  • どんどん上がっていく心拍数・・・もう既に 何度もチョン様に呼ばれている僕のことを他の社員たちは チョン様専任の従業員として扱うようになったフロントチームのシウォンさんやウニョクさん始めみんなが 同じ認識だったつまり 僕は 何の仕事よりもチョン様の用が優先されるべき!という摩訶不思議な仕事の担当となったのだチョン様は HOTEL T で 一 二を争う上顧客一度 大クレームを起こしているだけに扱いも慎重だ”チ [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 11階
  • チョン様は 一体何者なのだろう?僕は チョン様の部屋に 足を踏み入れた途端何か 不思議な力に捉えられたように動けなくなる・・・チョン様の思うツボだ都合のいい時だけ 僕を呼び出してはからかう・・・そうだ 僕は からかわれているんだだって 僕は男だしチョン様には オンナが何人もいるってウワサだし首筋に キスをされた翌日キュヒョンと同じシフトになった噂好きのキュヒョンだけあって 僕が チョン様によく [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 10階
  • 「あん・・・」『チャンミン・・・』思わず ゾクリと身体を震わせた僕にチョン様は たいそう満足げな微笑みホテルの制服は身体をすっぽりと隠すかっちりとしたスタイル真夏でも ジャケット着用だから 素肌なんて 一年中全く見えないましてや 制服と言う名のバリアで覆われた僕の素肌をお客様に素肌を お客様に見せるなんて あり得ないのに・・・チョン様は テクニシャンだ僕が目を閉じてしまい 感じて ガクッと不安定な [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 9階
  • それにしても チョン様は不思議だいつの間にかチェックインしていていきなり呼び出されるから 困るまぁ フロントで顔を合わせるのも 気まずいと言うか恥ずかしいんだけど・・・先輩の女子社員たちは ”チョン様の担当はチャンミンね!”ってすっかり 僕がチョン様の担当になってしまったそして 不思議なことに チョン様から呼び出しの電話がかかるのは決まって キュヒョンの休みの日だったシウォン先輩は 出社はしていて [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 8階
  • 「あ・・・んふ・・・」『はぁ・・・ん・・・』まるで 夢の中にいるみたいでうっとりと チョン様のキスに酔いしれた身体を チョン様の逞しい腕に支えられ頬を抑えられて重なる唇・・・時折 漏れる吐息唇を動かされるたびに 「あ・・・」僕も 思わず声が出てしまう痺れる・・・身体が 言うことを 利かない唇だけを合わせる 決して深くはない口づけなのに僕はどうしようこのまま 抜け出せない身体中が 熱く 固く もう  [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 7階
  • 『ほらね キレイだろ?』「わぁっ! 本当だ!」チョン様が 見せてくれたのは東京にしては濃い目の青空のど真ん中を 長〜く伸びる 一本のひこうき雲『だろ?』「あっ! すみません・・・僕 従業員なのにこんな お部屋の奥にまで来てしまって・・・」『いいんだよ 私が誘ったんじゃないか・・・というよりも 私が無理矢理チャンミンを窓辺に連れて来たって言った方が正しいかな?本当に綺麗だと思ってくれたみたいで 嬉し [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 6階
  • チョン様を意識してしまってからは極力 仕事に集中できるように努めて 他のお客様に親切に接するよう心がけたチョン様は 一週間滞在すると言われたけれど急用ができたとかで パーティーのあった翌日 僕の出勤前には既に チェックアウトしていたからその後 会ってはいないあれから 一週間元の何てことない日々が帰ってきたようで 落ち着いて仕事ができていたしかし 本来 静かな時間を好む僕にまた 心の奥がザワザワと落 [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 5階
  • キュヒョンの 思いがけない言葉に 動揺を隠せなかった”チャンミン 何ドギマギしてるの?なんか 可愛いねこんなに背が高くてハンサムなのにお目目くりくりで 赤くなるとちょっと初々しいっていうか・・・”「キュヒョン・・・からかわないでよ」”ごめんごめん!他意はないから 気にしないでこれでも俺 チャンミンとは親友のつもり就職してからの付き合いだから まだ短いけどさ俺たち 合うと思わない?”「うん 僕もそう [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 4階
  • 「あ・・・」僕が感じていたチョン様のイメージと今 目の前で僕の手を握るチョン様が あまりにも違って・・・この方は こんな風に笑うんだ・・・って正直 驚きで まともに返事もできなかった『そんなに緊張しないで?』「こ・・・こちらこそ よろしくお願いいたします快適にお過ごしいただけるようにお手伝いいたします」そんなことを あわあわと口にする僕の目をチョン様は ずーっと見ていたなんだろう・・・?この目には [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 3階
  • VIPのチョン様は 前回宿泊したときに預けておいたクリーニング上りのシャツを持ってきて欲しいとフロントに電話をしてきた新しい人とも話したいしと キュヒョンをご指名だった何故 キュヒョンを指名してきたのかはわからないけれどさっきの 自分を見る冷たい視線を思い出し僕は きっと 気に入らないタイプなんだろうな・・・と思ったチョン様も 人間誰にでも 相性や好き嫌いはあるましてや 顧客ともなれば自分の居心地は [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 2階
  • 緊張の解けないまだまだ新人の僕たち2人チョン・ユンホと名乗ったVIPは穏やかな笑顔でキュヒョンと一言二言言葉を交わしていた”チョン様 いらっしゃいませお待ちいたしておりましたいつものお部屋をご用意しております”スルリと後ろから現れたシウォン先輩『そうか いつも悪いな我儘言って・・・あの部屋が気に入っているからこれからもよろしく頼むよ』”お任せくださいあ この2人を紹介させてください新入社員の中でも優秀 [続きを読む]
  • HOTEL T の秘め事 1階
  • ”Thank you!”「Have a nice day!」得意の語学を活かしたフロント業務僕は やりがいを感じていた以前から 興味のあったホテルでの仕事は僕にとっては 願ったり叶ったりの理想の職場だったHOTEL Tおしゃれで 人気のあるシティホテルは都心に位置する 外資系の高級ホテルだ数年前 丁度 僕が大学を卒業する前の年に日本に進出してきた ビジネスで かなり成功した人や海外セレブと言われる人達も多く宿泊するホテルは団体 [続きを読む]