Mariko さん プロフィール

  •  
Marikoさん: Darkside Berlin
ハンドル名Mariko さん
ブログタイトルDarkside Berlin
ブログURLhttps://darksideberlin.wordpress.com/
サイト紹介文このブログは宝塚歌劇について筆者が考えていることを つらつら書いているものです。
自由文決してベルリンの裏社会についてのブログではありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/10/14 00:46

Mariko さんのブログ記事

  • 花組公演『Beautiful Garden』感想2:各出演者の感想
  • 覚えている限りBeautiful Gardenでの各ジェンヌさんの素敵だったところを* あきら(瀬戸かずや)の男度が高過ぎて、ローマのシーンのカレー(柚香光)の女役もなんとかなってる。* でも、そのあとカレーがみりお(明日海りお)と組んだ瞬間、「あ、やっぱ女装なんだ。」と思い知る* みりおが女っぽいわけじゃ無いんだけど、カレーは大人体型、みりおは少年体型なので男女で組むとすごいことになる。* 「スター度」の高さとは、別に [続きを読む]
  • 観劇前に何食べる?宝塚大劇場周辺でごはんを調達するには
  • 初めて母を宝塚に連れて行った日、母が言った。「ねえ、S席の人たち、みんな美味しそうなお弁当食べてるよ…」。宝塚を好きになった頃、ヅカオタの友人以外誰にもタカラヅカを好きなことを言えず、ソロ観劇が基本。だから昼食はコンビニでパンでも買って行ってもそもそ食べてばかりだった。そうか、誰かと一緒に観劇する時は昼食も楽しく食べる必要がある。私は今でも劇場の周りのグルメにはとても疎い方だと思う。疎いなりに友人 [続きを読む]
  • 逆本役で振り返る - 水夏希時代-
  • ちょっと古いけど水さんトップ時代の雪組について。今から振り返ると、現雪組2番手の咲ちゃん(彩風咲奈)がスターとしての道を歩き始めた時代ですね。もともとなぜ「逆本役(それぞれのトップスター時代にどんな若手が新人公演主演、新人公演ヒロインをやったか)」を調べたかったかというと「水さん(私の初恋のジェンヌさん)の新人公演やった子ってみんなトップにならずにやめちゃったなあ」と思ったからだった。本当にそうか検証し [続きを読む]
  • 歌劇8月号:創刊100周年記念特集につられて
  • 普段歌劇あまり買わないのだが、創刊100周年記念特集に釣られてつい買ってしまった。(そして本屋で近くにあったREVUE誌の、ヅカ系雑誌に珍しい高級感あるマット仕上げ表紙が気になったのだが、こちらは買わなかった。)会社からの帰り道歌劇を電車の中でぼーっと読んでいて、気になった情景。? 理事(轟悠)がドクトル・ジバゴのお衣装合わせをしている横で、BADDYの宇宙服をお衣装合わせをしているたまきち(珠城りょう)? 公 [続きを読む]
  • 雪組公演『凱旋門』感想:初演の亡霊
  • 私は『凱旋門』を見に行くのをすごく楽しみにしていた。というのが、昔NHKで放送されていた2000年の雪組版をVHSで録画して、ビデオが擦り切れるまで観るくらい大好きな作品だったからだ。初演当時はファンではなかったので生で見たことはなく、今回「あの凱旋門が生で観られるなんて!」と超感激して観に行った。正直、がっかり感が強かった。理由は、半分以上歌の曲が変更になっていたからだ。(歌詞は初演と変わらず、メロディが [続きを読む]
  • 逆本役一覧 愛希れいか時代
  • ちゃぴちゃん(愛希れいか)がついに退団する。私は初めて見たのが宙組のベルサイユのばら2001だった。はなちゃん(花總まり:12年間トップ娘役に在位)と比べる長い任期といってもそんな大したことないと思っちゃうけど、やっぱり長く、一時代を築いた娘役さんだなと思う。ということで、ちゃぴちゃん時代に新人公演ヒロインを務めた人をまとめて見た。奇しくも月組次期トップ娘役が美園さくらちゃんに決まった。「娘役人事は水物」を [続きを読む]
  • 雪組公演『Gato Bonito!!』感想:それぞれの女装
  • Gato Bonito!!は、まあまあのレビューだなという印象だった。(ひどい感想)だが、中詰の1シーンだけは度肝を抜かれた。銀橋を右から左に、次から次へとタカラジェンヌさんが練り歩いていく。おそらく全員いたんじゃなかろうか。一度しか見ていないのでよくわからなかたけど、よくありがちな、若手スター、番手付きスター、トップスター、みたいな規則性すらなかったんじゃないかと思う。(あったのかも?)しかも、牛乳パックだ [続きを読む]
  • 雪組公演『凱旋門/ Gato Bonito!!』初心者オススメ度
  • 先日『凱旋門/ Gato Bonito!!』を観劇して来た。私の超個人的な初心者オススメポイントをまとめてみる。雪組公演『凱旋門/Gato Bonito!!』の初心者オススメ度は★★☆☆☆公演の評価という意味ではなくて、初心者おすすめ度という意味では非常に低いと思う。公演としても、少し残念なところが多かったけどそれはまた別で書く。なぜあまり初心者にオススメできない?①だいもんが主役じゃないから、だいもんと真彩ちゃんのコンビの [続きを読む]
  • 月組 『カンパニー 努力・情熱・そして仲間たち』覚書き
  • Baddyは衣装が印象的だった。石田先生衣装かわいいイメージないけど、今回はすごくよかった。? うみちゃん(海乃美月)は普段よりもジャージ着てる方がスタイルの良さがわかって可愛いと思った。ずっとジャージだから最後のパーティのドレスが可愛かった? ちゃぴちゃん(愛希れいか)の衣装も全部可愛かった。特に最初のコートと、ピンクのバレエのお稽古着と、最後の黄色いドレス!最後の黄色いドレス肩に黒いリボンついててほ [続きを読む]
  • 雪組『ひかりふる路/ SUPER VOYAGER!』その他感想
  • ? SUPER VOYAGERもあーさ(朝美絢)!とにかくあーさ!!!(2回目)? ショーも引き続きあーさを舐めるように眺めておわった? 1階の少し下手側で見ていたのだが、階段おり下手通路の先頭はあーさで、「どうしよう!あーさ!くる!?あーさ!くる!?うわあああああああ!!!!」と(心の中で)隣の席に居た友人と大騒ぎ&ハクハクして居たのだが、私たちの席のちょっと前であーさは立ち止まってしまった・・・・(いや、でもエ [続きを読む]
  • 雪組『SUPER VOYAGER』感想:野口幸作レビューの魅力
  • 今更だがお正月に放送されたSUPER VOYAGERのNHK放送を見ながら SUPER VOYAGERの感想を書く。間違いなく私にとって2017年最高のショーだった。野口先生のことばかり語っているが、私がなんで野口先生が好きなのか書いて見る。①スターをフィーチャーすることに逃げない、迫力ある団体シーン今回のショーで一番好きなのは咲ちゃんが中心となる「OCEAN」のシーンと大階段の前で大規模なマスゲームをするシーンだ。何が好きなんだろう [続きを読む]
  • 宙組 『天は赤い河のほとり』勝手に配役予想
  • 2018年が明けた。『天は赤い河のほとり』の原作が大好きだ。宙組の公演も楽しみなので、本当の配役が出てくる前に、私が勝手に予測してみたいと思う。小柳先生がどこまで話に出してくるのかわからないので、Wikipedia先生に出てくるものを参考にピックアップ。書く登場人物の説明もWikipediaを引用、編集している部分が多いです。この3人は発表済みカイル・ムルシリ / ムルシリ2世 : 真風涼帆ユーリ(夕梨) : 星風まどかウセル・ [続きを読む]
  • 逆本役で振り返る -柚希礼音時代-
  • ねねちゃんをやったのでこんどはれおんくん(柚希礼音)時代で* 2009年『太王四神記 Ver.II -新たなる王の旅立ち-』タムドク 真風涼帆 (92期 研4)* 2010年『ハプスブルクの宝剣 −魂に宿る光−/BOLERO −ある愛−』エリヤーフー・ロートシルト/エドゥアルト・フォン・オーソヴィル(2役)美弥るりか (89期 研7 初主演)* 2010年『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-/愛と青春の旅だち』ザッカリー・メイヨー 芹香斗亜 (93期 研4 初主演) [続きを読む]
  • 雪組『ひかりふる路』感想覚書
  • 会社の可愛い女子を3人連れて雪組を見に行った。一人は本当に初心者、ほか2人はお久しぶり組だ。なるべくはしゃがないようにと自重していたのだが、女子のノリが良くてポンポンまで買って楽しんでしまった。という事で覚えいているうちにまずはお芝居がの覚書をかく。? あーさ(朝美絢)、とにかくあーさ!!? あーさって歌ウマだったんだ!!? 美形なら雪組にも翔くん(彩凪翔)とかキラキラトワキセア(永遠輝)とかいるからな [続きを読む]
  • 逆本役一覧 夢咲ねね時代
  • 常々思うのだが、「スターさんが若い頃に新人公演で「誰の」役をやって成長したか」を知る機会は多い。一方で、「スターさんのトップ時代にどんな若手のが育ったのか」をまとめて知る資料は少ない。Wikipediaなどで調べても、新人公演時代に誰が本役だったかはまとめられているが、トップになってから誰が新人公演をやったのかはまとめられていない。ということで、勝手にまとめて見た。娘役好き & ある程度長いということでねねち [続きを読む]
  • FNS歌謡祭に出ていた宝塚の人達 (宙組)
  • これは・・・・初心者さんに宝塚を楽しんでもらいたいというのなら今こそやらなければいけないのでは・・・と無駄な使命感にかられ、既にネット上に素敵なまとめが色々とありますが、私の超個人的な説明を描きたいまずはうちのテレビに映っている様子を撮影、慣れないためぶれる・・。はっ!!!(パシャ)。撮影できた。まずはお名前を全員分プロット。そして真ん中から説明●真風涼帆 (公式写真はこちらから)? 92期? 愛称: [続きを読む]
  • レヴューあるある-初心者が宝塚をもっと楽しむための方法2-
  • 宝塚の演目は大体2本立てである、ということはあまり知られていない。1幕目はミュージカルを、2幕目はレヴューを見る、というのは初心者友を連れて行くときに説明に困ることの一つだ。私はレヴュー大好きなのだが、その楽しさを伝えるのは難しい。一つ明らかに言えるのは、ある程度「型」が定まったものなので、「あるある」がたくさんあるということだ。列挙してみる。? 歌の中でショーのタイトル(今の雪組公演であれば「SUP [続きを読む]