Takafumi さん プロフィール

  •  
Takafumiさん: かなり簡略化し玄人向けではないけど深い歴史ブログ
ハンドル名Takafumi さん
ブログタイトルかなり簡略化し玄人向けではないけど深い歴史ブログ
ブログURLhttp://onlygirl.blog.jp/
サイト紹介文詳しい人からしたら単純過ぎるけれど、それでも薄っぺらくはない内容です。
自由文世界の伝説や神話、様々な歴史などを、分かりやすく玄人向けではなく、簡略化されているのに深く、表現していきたいと思います。


現代人が忘れている美徳、慈悲、信念は、現代を生きるうえで必ずしも重要とは言えないかもしれない。

けれど、忘れるべきものではないと、そんなふうに思うのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/10/15 08:23

Takafumi さんのブログ記事

  • ベル・スター(西部開拓史伝説の女賊)
  • 1848年2月5日、ベル・スター、本名はマイラ・ベル・シャーリーはミズーリ州カーセッジ近くの農園主の娘として生まれた(父親は判事だったという説もある)。 ベルの家は裕福だったようで、上流階級が通う女学校で、正規のカリキュラムの他、音楽や古典語を学び優秀な成績を収めたという。しかし、南北戦争が始まると、一家は戦乱を避けてテキサスへ移住し、そこでベルは兄バドから乗馬や射撃を習った。兄バドは南北戦争に従軍し、ジェ [続きを読む]
  • 西部開拓時代というアメリカン・ドリームの原点
  • 新大陸アメリカに、法や秩序よりも先に無限のチャンスを求めた多くの人々が移動した西部開拓時代は、人間の欲と本能がムキだしとなる厳しい生存競争が繰り広げられました。一方で、現代からおよそ200年前という人間世界に近代的文明が芽生え始めた頃で、人類史的には比較的最近でもあるのです。つまり、もしも、世界が突如、原始時代に逆戻りしたら?そんな世界観に可能な限り近づいた特殊な環境ともいえるのが西部開拓時代でした [続きを読む]
  • 劇団Camelot 新撰組collection 3
  • 知的なモチーフ、レトロなタッチ、ポップなデザイン、隙のないオシャレが際立つ「劇団Camelot」のモノクローム・デザインが秋仕様のラグラン長袖Tシャツに触ると痛い荊になぞらえて「バラガキ」と呼ばれた少年は剣豪ぞろいの新撰組で鬼の副長と恐れられた土方歳三(モノクローム) 「劇団Camelot 新撰組collection」ラグラン長袖Tシャツ [2色(ブラック・レッド)/メンズ・レディース4サイズ]9,600円(税込)サムライを着る。武士道を継 [続きを読む]
  • 劇団Camelot 円卓collection新世代 3
  • 知的なモチーフ、レトロなタッチ、ポップなデザイン、隙のないオシャレが際立つ「劇団Camelot」のモノクローム・デザインが秋仕様のラグラン長袖Tシャツにわがよき刃は人の兜を割りわが硬き槍はまっすぐに貫きわが強さは10人の力にひとしいそれはわが心が純粋だからガラハッド(モノクローム) 「劇団Camelot 円卓collection新世代」ラグラン長袖Tシャツ [2色(ブラック・レッド)/メンズ・レディース4サイズ]9,600円(税込)勇者を着 [続きを読む]
  • 劇団Camelot 円卓collection 3
  • 知的なモチーフ、レトロなタッチ、ポップなデザイン、隙のないオシャレが際立つ「劇団Camelot」のモノクローム・デザインが秋仕様のラグラン長袖Tシャツに「騎士のなかの騎士」と称されアーサー王を支えた「円卓の騎士」で最も武勇を重ねた反面、最も罪深き騎士でもあったランスロット(モノクローム) 「劇団Camelot 円卓collection」ラグラン長袖Tシャツ [2色(ブラック・レッド)/メンズ・レディース4サイズ]9,600円(税込)勇者を着 [続きを読む]
  • 劇団Camelot King's collection 3
  • 知的なモチーフ、レトロなタッチ、ポップなデザイン、隙のないオシャレが際立つ「劇団Camelot」のモノクローム・デザインが秋仕様のラグラン長袖Tシャツにキャメロット城を拠点に「円卓の騎士」を従えて繁栄を極めた伝説のブリテン王アーサー王(モノクローム) 「劇団Camelot King's collection」ラグラン長袖Tシャツ [2色(ブラック・レッド)/メンズ・レディース4サイズ]9,600円(税込)クラシカルで新しいギリシアの小国マケドニアか [続きを読む]
  • 劇団Camelot 新撰組collection 2
  • 知的なモチーフ、レトロなタッチ、ポップなデザイン、隙のないオシャレが際立つ「劇団Camelot」のモノクローム・デザインが秋仕様のファインフィットロングスリーブTシャツに触ると痛い荊になぞらえて「バラガキ」と呼ばれた少年は剣豪ぞろいの新撰組で鬼の副長と恐れられた土方歳三(モノクローム) 「劇団Camelot 新撰組collection」ファインフィットロングスリーブTシャツ(メランジグレー) [サイズ/WM,WL]11,250円(税抜)サムライ [続きを読む]
  • 劇団Camelot 円卓collection新世代 2
  • 知的なモチーフ、レトロなタッチ、ポップなデザイン、隙のないオシャレが際立つ「劇団Camelot」のモノクローム・デザインが秋仕様のファインフィットロングスリーブTシャツに母親のもとで俗世間と離れて育つもランスロットとの運命的な出会いをキッカケに「谷を駆け抜ける者」と愛称され「円卓の騎士」となったパーシヴァル(モノクローム) 「劇団Camelot 円卓collection新世代」ファインフィットロングスリーブTシャツ(ホワイト) [ [続きを読む]
  • 劇団Camelot 円卓collection 2
  • 知的なモチーフ、レトロなタッチ、ポップなデザイン、隙のないオシャレが際立つ「劇団Camelot」のモノクローム・デザインが秋仕様のファインフィットロングスリーブTシャツに「騎士のなかの騎士」と称されアーサー王を支えた「円卓の騎士」で最も武勇を重ねた反面、最も罪深き騎士でもあったランスロット(モノクローム) 「劇団Camelot 円卓collection」ファインフィットロングスリーブTシャツ(ホワイト) [サイズ/WM,WL]11,250円(税 [続きを読む]
  • 劇団Camelot King's collection 2
  • 知的なモチーフ、レトロなタッチ、ポップなデザイン、隙のないオシャレが際立つ「劇団Camelot」のモノクローム・デザインが秋仕様のファインフィットロングスリーブTシャツにキャメロット城を拠点に「円卓の騎士」を従えて繁栄を極めた伝説のブリテン王アーサー王(モノクローム) 「劇団Camelot King's collection」ファインフィットロングスリーブTシャツ(メランジグレー) [サイズ/WM,WL]11,250円(税抜)クラシカルで新しいギリシア [続きを読む]
  • 劇団Camelot 新撰組collection
  • 劇団Camelotが送るクラシカルさが新しいTシャツをレギュラーバージョンよりもさらにオシャレにしたCollectionシリーズに、ついに新撰組が登場しました。触ると痛い荊になぞらえて「バラガキ」と呼ばれた少年は剣豪ぞろいの新撰組で鬼の副長と恐れられた土方歳三(モノクローム) 「劇団Camelot 新撰組collection」MENS 5.0oz / WOMENS 5.6oz / KIDS 5.6oz Tシャツ [36色/15サイズ]8,800円(税別)歴史を着る。サムライを継ぐ。天使の [続きを読む]
  • 劇団Camelot 円卓collection新世代
  • 「King's collection」「円卓collection」好評につき劇団Camelotが送るクラシカルさが新しいTシャツをレギュラーバージョンよりもさらにオシャレにし、アーサー王を支えた「円卓の騎士」から聖杯探求に成功した2人を含む新世代騎士3人をリリースいたします。生まれる以前に冒した罪は全てを壊すことを望んだ父と自分自身さえも壊さんと「カムランの戦い」を迎えるモルドレッド(モノクローム) 「劇団Camelot 円卓collection新世 [続きを読む]
  • 劇団Camelot 円卓collection
  • 劇団Camelotが送るクラシカルさが新しいTシャツをレギュラーバージョンよりもさらにオシャレにし、アーサー王を支えた「円卓の騎士」から「騎士のなかの騎士」と名高いランスロットを筆頭に3人をリリースいたします。「騎士のなかの騎士」と称されアーサー王を支えた「円卓の騎士」で最も武勇を重ねた反面、最も罪深き騎士でもあったランスロット(モノクローム) 「劇団Camelot 円卓collection」MENS 5.0oz / WOMENS 5.6oz / KID [続きを読む]
  • 尚寧王 (沖縄)
  • 琉球王朝は、尚氏が15世紀頃に初めて琉球全土を統一して7代続いた第一尚氏と、クーデタで第一尚氏王統を倒した尚円王が1470年に樹立する第二尚氏とに分かれる。  尚円王 その琉球王国第二尚氏王統の第6代国王・尚永王には跡を継ぐ男子がなかったため、尚永王の妹・首里大君加那志の子で小禄御殿4世の尚寧王が、尚永王の長女・阿応理屋恵按司を妃にして王統を継いだ。 この頃の琉球国は、日本よりも明(1368年〜1644年に存在した中 [続きを読む]
  • 西郷 隆盛 (鹿児島)
  • 1828年1月23日、薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場で、御勘定方小頭の西郷九郎隆盛の第1子として生まれる。西郷家の家格は御小姓与で下から2番目の身分である下級藩士であった。 11歳の頃、喧嘩の仲裁に入った際に、刀で右腕内側の神経を斬られてしまい、3日間高熱に浮かされた末に一命は取り留めるものの、刀を握れなくなったので武術を諦めて学問で身を立てることを志す。 1854年、隆盛が藩主・島津斉彬に意見書を出すと、その [続きを読む]
  • 伊東 義祐 (宮崎)
  • 1533年、日向伊東氏9代当主であった兄・伊東祐充(いとうすけみつ)が病死すると、反乱を起こした叔父・伊東祐武が、義祐の母方の祖父で家中を牛耳っていた福永祐炳を自害に追い込み、都於郡城(宮崎県西都市)を占拠した。 後ろ盾であった福永祐炳を失った義祐と弟・伊東祐吉(いとうすけよし)が、日向国(宮崎県)を退去して京都へと向かおうとすると、叔父・伊東祐武を支持しない者達の制止を受けて伊東祐武と対峙する。 この家中を二 [続きを読む]
  • 大友 宗麟 (大分)
  • 1530年、大友氏20代当主・大友義鑑の嫡男として豊後国(大分県の大部分)に生まれる。 宗麟の育成に携わる傅役(もりやく)は重臣・入田親誠が務めた。 父・大友義鑑は宗麟の異母弟である塩市丸に家督を譲ろうと画策し、入田親誠と共に宗麟の家督相続権を失わせることを企み、1550年に宗麟を強制的に湯治に行かせ、その間に宗麟派の粛清を計画するが、それを察知した宗麟派の重臣が謀反を起こし、塩市丸とその母を殺害し大友義鑑も負 [続きを読む]
  • 加藤 清正 (熊本)
  • 1562年、刀鍛冶・加藤清忠の子として尾張国愛知郡中村(現在の名古屋市中村区)で生まれる。 1573年、清正の母・伊都が羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の母・大政所と親戚であったことから、11歳の清正は長浜城(滋賀県長浜市公園町)主となったばかりの秀吉の小姓として仕えた。 1582年、秀吉が水攻めで有名な「備中高松城の戦い」の前哨戦で冠山城(岡山県岡山市)を攻めたとき、清正は城に一番乗りを果たして竹井将監という豪の者を討ち取る [続きを読む]