たべ さん プロフィール

  •  
たべさん: 博士学生の就活記録
ハンドル名たべ さん
ブログタイトル博士学生の就活記録
ブログURLhttp://yykyotouniversity.blog.fc2.com/
サイト紹介文生命科学分野の博士学生 大手製薬企業より複数の内々定を得たノウハウ・情報を発信中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/10/14 14:11

たべ さんのブログ記事

  • 製薬業界の「今」を学べる超オススメ本!
  • 先日の記事でも触れましたが、いよいよ製薬業界の博士採用が本格化しています!!選考に参加される方々、情報収集は順調でしょうか?医薬品業界は変化の激しい業界であるため、常に最新の情報を仕入れておく必要があります。そこでこの記事では、複数の大手企業から内々定を得た私の経験から、「業界の常識を知るための本」「最新の大手製薬企業の動向を学べる本」この2冊をご紹介します!内々定を得るためにも、ぜひ参考にして下 [続きを読む]
  • いよいよ、博士2020年採用選考が開始!!!
  • 2020年4月採用で創薬研究職を目指す方々!いよいよ各会社の選考が動き始めています!お気づきでしょうか?昨年は11月1日スタートの中外製薬が最も早い会社でしたが、今年はその流れを他の企業が意識したことで、更に選考時期が早まっているようです。そこで、本日AM11時現在の選考状況について速報を下記にまとめましたので、ぜひ見逃さないよう情報を集めて下さい。ちなみに、過去の博士選考内容や面接回数、選考stepについては下 [続きを読む]
  • グループディスカッションで「必ず」勝ち残る方法論
  • 就活の選考には様々なカリキュラムが組まれますが、その一つが「グループディスカッション(GD)」就活を経験した私の率直な印象ですが、博士学生のグループディスカッションは極めてレベルが低い…だからこそ、少しの準備でグッと通過率が上がるんです!!なぜ博士はGDが苦手なのか、どうすれば上手くなれるのか、GDを行う企業はどこか?ぜひ皆さんには正しい準備をしていただきたいと考え、GDが苦手な原因から解決策まで、一挙大 [続きを読む]
  • 博士の就活 開始時期はコレで一括管理できる!
  • 博士が企業に就職したいときにすごく困ること、それは「会社によって就活開始時期がバラバラ」であることです。コレについては、別記事(博士過程の就活時期はいつ?)別記事で詳しく紹介していますしかも困ったことに、マイナビなどは博士の就活に対応していないため、何も便利な方法を知らない方は、各企業の公式HPを毎日確認して、就活が始まっていないか確認する必要があるのです。正直、研究で忙しい中そんなことはやってられ [続きを読む]
  • 製薬会社の初任給と若手の年収、福利厚生の内容とは
  • 就職先を決める上で、人事の方には聞きにくいけれども気になるのが、給与について。製薬企業で働く一番のモチベーションは患者さんに貢献することですが、自身や家族の生活も守りながら、日々の仕事に専念したい!と私自身も考えていました。採用情報に初任給は書いてあるけど、福利厚生やボーナスなどを足すと、実際にはどれくらいになるのか。その辺りの情報をまとめたいと思います。・博士の初任給は修士より更に高い!まずは基 [続きを読む]
  • 博士号が取れなかったら、内定はどうなる!?
  • 就活は始まるけど、このままだと課程終了までに博士号を取得できるか怪しい…そんな方も一定数いるのではないでしょうか。実際に私の身の回りでも、同様の悩みを持っているヒトはかなりの数いらっしゃいます。もし博士号が間に合わなかったら、内定は取り消されてしまうのでしょうか??結論から申し上げますと、基本的にはそんな事はありません。ただし問題や入社後に少しデメリットが生じることもあります。私の経験や身の回りの [続きを読む]
  • 就活中のネット・電話環境の基本  就活オフィスって何!?
  • 就職活動では、移動時間や待ち時間などがかなり多くなります。そこで念の為見直しておきたいのが、ネット通信環境です。出来るだけ日々の作業効率を高めるためにも、就活が本格化する前に確認し、必要があれば準備をしておきましょう。この記事では私の就活経験から、必要十分な通信環境について整理するとともに、あまり皆さんが知らない便利なfree Wi-Fiスポットもご紹介します!・パソコンを常にネットに繋いでいる必要はなし! [続きを読む]
  • 必見! 製薬会社の調べ方 各社の違いは何??
  • 企業を調べる時、皆さんは何を参考にしますか?多くの方々が見ている「採用情報」のページ。正直ここを見てても、よく分からないですよね。どの会社も同じようなこと言ってるやん、って。実際に私も、採用情報だけで就活やってたら内定の数は激減していたと思います。ただ、就活ではその企業の「本質・違い」を明確にし、エントリーシート提出や面接に挑むことはすごく大切です。(当たり前ですが…)もちろん内定率にも影響します [続きを読む]
  • 無敵の就活サイト「Unistyle」で内定を勝ち取ろう!
  • 私が(選考5社のうち)大手企業4社から内々定を達成出来た最大の理由は、「Unistyle」に登録し、その記事の内容を実践したことです。内定を得たい全ての就活生に、今すぐに登録して欲しい。そして今日から利用してその違いを感じて欲しい!そう自信を持ってアドバイスします。https://unistyleinc.com/users/sign_up?campaign=Qce8yでは何がそんなに凄いのでしょうか??まずこのサイトでは、内定者のエントリーシート、ほぼ全て [続きを読む]
  • 博士は本当に就職できない? 実態をお伝えします!
  • 現在博士課程の方、そして進学を検討されている方は、「博士課程に進むと就職し難くなるよ」というお話を聞いたことがあるのではないでしょうか。私も博士課程進学を悩んでいる際、大きな不安を感じていました。私自身が博士に進み、就職活動を行った経験から、「それは少し違うのではないか?」と感じることが多々ありました。少しでもこの実態を正確に知っていただき、進学やキャリアプランの検討に役立てていただければ幸いです [続きを読む]
  • 製薬企業が好むWEBテスト教えます
  • 世の中にはWEBテストが何種類も存在しています。実はそれぞれのテストによって、評価したい能力に違いがあるんです。出題されるテストは業界ごとにバラバラなのか?と言うと、実際はそういう訳ではありません。業界ごとに重視したい能力は近いので、同様のWEBテストが使用されるケースが多いんです。つまり受けたい業界が決まっていれば、絞った対策が可能です。そこで私の製薬業界の就活体験から、頻出したWEBテストとその対策を [続きを読む]
  • 研究職、TOEICは何点必要?
  • 研究職を志望する上で、英語力を期待されることは多々あります。大学での研究と同様、日々論文を参照しますし、場合によっては海外とのやり取りを日常的に行うこともあります。採用側は、どのようにして学生の語学力を判断するのでしょう?TOEICの点数など、気にするのでしょうか?・TOEICの点数で英語ができるかは判断されない(出来ない)ある意味これが結論ですが、TOEICの点数で評価されるのは、英語が実用レベルか否かではな [続きを読む]
  • 本当に、必要? 研究職インターンで得るべきもの
  • 研究職のインターンシップでは、何が得られるのでしょうか?就職活動を進める中で、果たして必要なのでしょうか?この記事では、複数の研究職インターンに参加した経験を踏まえ、その答えを考察します。研究職のインターンシップを行う会社もいくつか載せていますので、ぜひ参考にしてください。下記から様々な企業のインターンシップの実施内容や時期、ESを見ることができますので、ぜひ活用して下さい!https://unistyleinc.com/ [続きを読む]
  • 就活レビュー:塩野義(シオノギ)製薬 研究職
  • 日本の製薬会社で利益率トップなのが、創業140年を迎える老舗、塩野義(シオノギ)製薬です。クレストールクリフを乗り越えて以降、抗HIV薬が順調に成長し、今年も新たな抗インフルエンザ薬が日本で販売承認されるなど今最も勢いに乗っている製薬会社の一つです。研究職インターンシップ:なし推薦応募の有無:不明 (私はコネ等一切無しで参加)スケジュール2017年12月上旬:分子生物学会にてキャリアフォーラム開催全 [続きを読む]
  • 就活レビュー:アステラス製薬(研究職)
  • アステラス製薬はつくばに研究所を有する、日本の中では最も規模の大きい製薬会社の一つです。博士課程の研究職選考は「合宿」という少し変わった方法で実施しています。アステラス製薬の創薬研究において活躍できる研究者を選抜するプログラムとなっており、最終合格者は研究員(正社員)として入社することが出来ます。研究職インターンシップ:なし推薦応募の有無:不明 (私はコネ等一切無しで合宿へ参加)スケジュール201 [続きを読む]
  • 就活レビュー:田辺三菱製薬(研究職)
  • 田辺三菱製薬は三菱ケミカルホールディングス傘下の製薬会社です。「自己免疫疾患」「糖尿病・腎疾患」「中枢神経系疾患」「ワクチン」を重点疾患領域とし、国内市場に成長が見込まれない背景も受け、米国への展開を積極的にチャレンジする方針を掲げています。この記事では、研究職の就職活動(2019年4月博士課程新卒採用)について情報提供します。研究職インターンシップ:有り(私は参加決定するも、事情により辞退)2018年1月 [続きを読む]
  • 就活レビュー:協和発酵キリン(研究職)
  • 協和発酵キリンはキリンホールディングスに属する製薬会社です。抗体医薬品という強み・4つの重点領域を明確に提示し集中することで、ほぼ毎年着実に新薬を創出しています。この記事では、研究職の就職活動(2019年4月博士課程新卒採用)について情報提供します。研究職インターンシップ:有り(私は参加:2018年1月22-24日に開催) 選考にはもちろん必須ではない、別日程の選考に招待されるようなこともない しかし、個人的に [続きを読む]
  • 製薬業界の今。
  • 日本の製薬業界は今どうなっているのか?つい先日話題となった、武田製薬によるシェイアー買収の狙いは?業界研究の本はいくつもありますが、今週の東洋経済で最新の医薬品メーカーの動向が分かりやすく特集されていましたので紹介です。週刊東洋経済 2018年6月16日号 [雑誌](タケダショックが呼ぶ嵐 製薬大再編)個人的には、武田の「狙い」を自身の頭の中で整理するのに大変役立ちました。他にも様々な製薬会社の現状が記載されて [続きを読む]
  • 博士の就活、面接で失敗しない為の準備は?修士と何が違う?
  • 就職活動における「面接」の内容は、修士の学生とは少し異なります。つまり、修士の学生とは異なる能力を博士学生に期待しているということです。今回はその違いから見えてくる博士課程学生に求める能力と面接対策を記事にしました。1. 自己PRや自己紹介はほとんど無し→代わりに求められるのは魅力的な研究発表!普通の就活と大きく異なる点として、面接室に入ったら普通行うはずの自己PRをあまりさせてもらえません。修士とは異 [続きを読む]
  • 博士の就活、有用なサイトはあるのか?
  • 博士課程の就職活動って、どうやって情報を集めたら良いのでしょうか?良いサイトはあるのでしょうか?と後輩からよく聞かれます。そこで私が製薬会社から内定を取るために活用したサイト、その他情報の入手方法について目的別に紹介したいと思います。Unistyle就活総合情報サイト:基本的な就活のノウハウは全てここ!このサイト、他の記事でも触れていますが、全ての就活生に最もお勧めします。就活への心構えから正しい自己分析 [続きを読む]
  • 博士課程の就活、研究概要で運命は決まる
  • 私は大企業の創薬研究職応募において、エントリーシートで落ちたことがありません。これを達成するために大切にしていた提出書類の一つが「研究概要」です。研究職において研究概要は極めて重要な書類であり、実際に書類選考に通過した後はこの書類を精読した研究者が面接官となります。そこで、就活に挑まれる方々の少しでも参考になればと思い、「研究概要記載の極意」をお伝えします。ちなみに私は大手製薬会社研究職の複数から [続きを読む]
  • 博士課程の就活はいつから始まるのか?
  • 博士課程学生の就職活動時期についてまとめます。結論から申し上げますと、学部生や修士の学生とは就活時期が異なることがあります。2019年4月採用の学部・修士生は2018年3月にプレエントリー → 2018年6月から面接(内々定)が基本ですが、博士課程はこの時期より早い場合があるため、必ず自分の受けたい業界の就活時期については情報を集めて下さい。特に早い業界:医療用医薬品を扱う大手製薬企業大手企業は博士の採用にも積極 [続きを読む]
  • コレで私は大手製薬の内定を勝ち取った!
  • 就職活動はとにかく情報戦です!どうやって自己分析をするのか?企業分析をするのか?魅力的なエントリーシートを書くには?面接で気をつけるポイントは?これらの情報を早くから効率よく入手し、実践する必要があります。これまでの学生生活で培った能力の中でも、社会に出てから役に立つ能力を多角的に評価されるのが就職活動です。私は大手製薬会社研究職の複数から内々定を得ることが出来た博士課程の学生です。難しいとされる [続きを読む]
  • 製薬会社の博士への期待
  • 私はいわゆる生物系の国立大学院博士課程学生です。(出身大学は私立です)コネ等も一切ない状況での就職活動でしたが、複数の某大手製薬会社の研究職で内定をいただきました。ぜひ今後の就活生や博士進学を悩んでいる方々の情報源になればと思い、何度かに分けてブログを更新していけたらと思います。これまで私は「生物系は就職が困難」、「製薬企業は薬学・化学系が就職しやすい」「博士は就職できない」という情報をよく目にし [続きを読む]