YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さん プロフィール

  •  
YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所さん: YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所
ハンドル名YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さん
ブログタイトルYYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所
ブログURLhttp://yyaa.exblog.jp/
サイト紹介文奈良・大阪の設計事務所です。新しいプロジェクトや物件の進捗、気になる建築や町並みの事を書いています
自由文大阪・奈良を拠点に新築注文住宅やマンションリノベーション、戸建てリフォーム、カフェの設計や古ビルの再生を行っている一級建築士事務所です。シンプルで寿命の長いデザインを心がけています。

ホームページはこちらです⇒http://yyaa.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/10/14 17:54

YYAA 山本嘉寛建蓄設計事務所 さんのブログ記事

  • 兵庫の建築めぐり:圓教寺
  • 姫路に行ったついでに、前々から気になっていた書写山圓教寺へ。天台宗別格本山。西国二十七番札所。かなり険しい山の斜面一帯に伽藍が広がっています。境内へは下界からロープウェイと送迎バス(というか車)で。掛け造りが見事な摩尼殿。創建は970年ですが、現存する建物は1933年築で設計はなんと武田五一。往年の巨匠たちはコンクリート造も寺社も設計してしまうのがすごいところ。摩尼殿を... [続きを読む]
  • 古道具屋さんで建具探し
  • 建具を探しに、お施主様と奈良市内の古道具屋さんへ来ました。掘り出し物がありそうな雰囲気がむんむんです!たくさんある建具の中から、計画している開口の幅にあったものがありました!デザインもレトロで可愛い!建具の幅、高さ、厚さなど、必要な寸法の記録を持ち帰り、細かい納まりを図面で検討していきます。(み) [続きを読む]
  • お施主様と現場確認を行いました
  • 内部の解体が完了したので、お施主様と現地で打ち合わせを行いました。まるでアート空間のような室内。南側に増築されていた建物を撤去したので、内部がとても明るくなりました。お施主様には、解体するまで隠れていて見えなかった劣化状況を確認していただき、修繕や補強が必要な箇所について共有します。これから何十年も住んでいくことを考えると、しっかりと改善していきたいですね。工務店さんや構造設計者さんに相... [続きを読む]
  • 羊毛断熱材が入りました。
  • 奈良市の戸建てリノベ。外壁に断熱材が入りました。今回は工務店さんのご厚意&お試し企画で、羊毛断熱材を採用しています。グラスウールやロックウール、発泡ウレタンといった化学系断熱材でも計算上、同じ断熱性には出来るのですが、実際に羊毛断熱材を貼ってみると、体が感じる気持ちよさが全然違うことに驚きました。化学系の断熱材を施工したての現場は何となく長居したくない気持ち悪さがあるものですが、さすがウ... [続きを読む]
  • 京都の建築めぐり:俄ビル
  • 最近京都方面に出かけることが多いので、久々に市内の建築をいくつか見て廻りました。ルーバーのピッチが細かくてほとんど中がうかがい知れません。裏手?と思うぐらい寡黙な表情。夜はどうなるのか気になります。俄はNIWAKAと読むんですね。 [続きを読む]
  • 製作ベンチの打ち合わせ
  • 家具屋さんで、お施主様と製作ベンチの打ち合わせ。新品のラインナップもありますが、元々は家具の修理から始められたとのことで、店内にはリペアしたレトロでかわいい家具がいっぱい。ベンチには先日、四条河原町のお店で確認してきたminä perhonenの張地を使います。悩みに悩んで、3色の張地の組み合わせ+クッションを製作することになりました。出来上がりが非常に楽しみです。 [続きを読む]
  • 解体が始まりました
  • 苦戦が続く奈良市U邸。かなり既存建物に問題があるため、本格的な構造補強が必要です。ひとまず間仕切りや床をはがして、補強方針を検討することになりました。うーーーーん、難しい。工務店・構造設計さんとあれこれ悩み中です。 [続きを読む]
  • 戸建てリノベ調査
  • 奈良県橿原市から戸建てリノベのご相談を頂き、現地の下見に行ってきました。築40年ほどのよくある住宅。建て替えるほどではないけど改修するとお金がかかりそう。新築すべきかリノベすべきか、それが問題です。解体して新築する場合は、既存の間取りの制約を受けずに自由なプランニングが出来ること、最新基準の住宅性能(耐震性・断熱性など)を持たせることができること、などメリットは大きいですが、ゼロからつく... [続きを読む]
  • ポストを製作しました。
  • 堺市の住宅。敷地から少し奥まったところに建物が建っているので、建物にポストを仕込むことが出来ません。自立型のポストを設置することになりました。屋外ポストは長年の風雨に耐える耐久性に加えて、投函した郵便物に雨水が浸入しにくい構造が求められるので、できればしっかり防水された既製品が好ましいのですが、いくら探しても良いデザインのものがありません。ええい、それなら、ということで、金物屋さんでハコと... [続きを読む]
  • 屋根にトップライトが付きました。
  • 奈良市のリノベ。屋根をくりぬいてトップライトが付きました。今まで薄暗かった室内がサンサンと陽が降り注ぐ明るい部屋に一変。さすが採光面積3倍。劇的な効果です。トップライトは手が届かない部分に設置するので、基本的にリモコンで開閉操作します。夏場は暑くなりすぎるので電動ロールスクリーンも付属です。さらに開けた窓は雨が降ってくるとセンサで感知して勝手に閉まる仕組みです。非常に優れものです。 [続きを読む]
  • 伝統構法調査
  • 京都六原の長屋リノベ。市役所に補助金を申請するにあたり、「伝統構法でつくられている証拠写真」が必要なため、畳をめくって床下を調べます。石の上に柱が建っている写真。まさに伝統構法。ちなみに、ボールと植木鉢と瓦は、町屋の床下に転がっている三大ゴミということが最近分かって来ました。屋根裏。竹小舞と土壁。まさに伝統構法。いつもながらすごい埃です。屋根瓦。新築時から葺き替えていないので... [続きを読む]
  • 打合せの旅:寿ビルディングとminä perhonen
  • 打合せの旅のつづき、『寿ビルディング』にやってきました。このビルの1階に入っている『minä perhonen』が今回の旅の最終目的地です。お施主様より「minä perhonenの生地を使ったソファが作りたいわぁ!」とのご要望で、どんな生地があるのかリサーチです。…といいつつ、お店の可愛らしい雰囲気に足が踏み出せない男性陣。お店に入る前に、気持ちを落ち着ける意味も含めてビルを見学し... [続きを読む]
  • 畳の打ち合わせ
  • 六畳の和室。今回のリノベに伴い、炉を切って茶室として使える設えに変更します。お施主様に立ち会って頂きながら畳屋さんと詳細の打ち合わせ。客や亭主の動線、床の位置によって畳の敷き方を考える必要があり、さらに流派によっても考え方が色々なので、畳屋さんでも失敗したことがあるとか。。。奥が深い世界です。例えば畳の目乗り。写真は敷居との取り合い部分。畳縁に畳の目が半分重なって止まっています。部屋... [続きを読む]
  • 京都の建築めぐり:Aesop河原町店
  • 河原町にあるAesopに行ってきました。綺麗なグリーンが目を引きます。窓枠が、絵画用の額縁!透明ガラス扉のトイレ。どきどきしますね…。吹抜から見下ろすと、1階からは見えない高さにもグリーンが使われています。全体的にモノトーンの空間ですが、グリーンやゴールドが空間に華を添えていました。(み) [続きを読む]
  • 打合せの旅:かみ添にて襖紙を選びます
  • お施主様と打合せの旅、本日の目的の場所『かみ添』へ。店頭には、綺麗な文様の型押しされた便箋やポチ袋が並んでいます。レースのように繊細な文様が自然光を受けてきらきらしていました。奥のスペースで、いろいろな襖紙のサンプルをお見せいただきました。絵の具で染色された紙に手刷りで文様が型押しされた唐紙は、どれも表情が異なります。文様ひとつひとつはキリッとした印象ですが、一枚で見るとやわらかな... [続きを読む]
  • 解体が始まりました。
  • 外部工事が一段落し、引き続き内部工事が始まりました。まずは既存の設備や壁・床の解体工事です。壊す部分・残す部分を慎重に見極めつつ進めていきます。既存の天井板を剥がすと、予想どおり片流れの勾配天井が出てきました。この空間をそのまま生かして、新たなLDKとして設えます。庇が深いため家の中が暗いという欠点を克服するため、屋根中央部にはトップライトを計画しています。 [続きを読む]
  • 受賞:名古屋モザイクデザインアワード2017
  • 昨年竣工した大阪市中央区のオフィスビル「岡山ビル」が名古屋モザイクデザインアワード2017の銅賞を受賞しました。⇒受賞作品紹介同賞は前回に引き続いての受賞となりました。華麗なライティングを行った訳でもなく、高級なタイルを大量に使ったり、特殊な使い方をした訳でもなく・・・という中でこうやって高い評価を頂くことは設計者として大変嬉しいことです。過分な評価を頂いた審査員の皆さま、形が均一... [続きを読む]
  • 打合せの旅:さらさ西陣
  • お施主様と紫野で打合せの旅のつづき。お蕎麦でお腹が満たされたので、銭湯だった建物をリノベーションしたカフェ『さらさ西陣』に移動して細々とした仕様について打合せを行います。宇治茶入りカモミールティー。不思議な風味です。大浴場だったと思われるところは可愛いタイルが一面に貼ってありました。私たちが通された席は天井がとても高い。『湯気抜きのため』という噂を聞いたことがあるのですが、真相はど... [続きを読む]
  • 打合せの旅:かね井
  • 夏の終わりにお施主様と紫野へ行きました。目的は、襖紙を実際に見ながらの打合せです。その前に隣の長屋にある『かね井』の美味しいお蕎麦で腹ごしらえです。開店前から行列ができるほどの人気です。気持ちいい風が入口から縁側へ抜けていきます。襖紙の貼り方が可愛くて思わずパシャリ。縁側には金魚鉢が置いてありました。揚げそばと、夏野菜の煮浸し。山本とスタッフ(な)は辛味大根おろしそ... [続きを読む]
  • シェアハウスの設計
  • 奈良市京終のシェアハウス。共用リビングの設計を進めています。鉄骨4階建ての最上階を大きなLDKとして開放します。10人を超える入居者さんを想定すると、家電や収納のためのスペースが広大なものとなってしまいます。といってタイトに詰め込みすぎると応用が利かなくなり、逆に使いにくい間取りにもなりかねません。オーナー様・運営者様の意見を伺いながら、ストレスなく使えるスペースになるよう検討を重ねてい... [続きを読む]