個人雑誌の人 さん プロフィール

  •  
個人雑誌の人さん: 個人雑誌の人
ハンドル名個人雑誌の人 さん
ブログタイトル個人雑誌の人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/glassmagazine-new2
サイト紹介文個人雑誌編集部、第一室、齋藤務が模型やフィギュア造形と、更に小説やマンガ作品で社会活動をしています。
自由文私は、得意のイラストやマンガ、小説や造形で、犯罪被害者の姉たちを支えて活動をしています。過去の事件や歴史をメインに、社会の警鐘として認知活動をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/10/15 03:53

個人雑誌の人 さんのブログ記事

  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品イラスト−1
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家で画家の齋藤務です。メインキャラテストのイラスト掲載、「ミッションリセッター」から、ヒロイン、夢美、−1、自分の中では、奔放で快活な少女と言うイメージですから、シュートカットのヘアーで、少しボーイッシュ的な感じですね。まだ子供と言う感じを残した少女?本来は、髪の長い美少女と言うのがパターンなのでしょうが、物語の展開を感がると、活発な所が欲しいので、こん [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作「ミッションリセッター」イラスト2の2
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家で画家の齋藤務です。今回は、色調テストしている。「ミッションリセッター」の主役機です。時空を越える強化装甲、全く新しい空間バトルを展開します。ヘット部分を描きましたが、マルチアイ(多眼)を装備しました。複雑で描きずらいですね。シンプルな物にしたいけれど、最先端のデザインを目指しているので仕方有りません。新しいデザインは、機能を含めて、全てが決まるまで時 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作「ミッションリセッター」イラスト2の1
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家で画家の齋藤務です。今回は、また、私の作品のラフデザイン中の「ミッションリセッター」から、先ずは、前のイラストと、主役機のバトルミッションアーマーのハイパーバトルモード形態を描きましたが、前に描いた。敵のリセッター以上に狂暴な姿に為って仕舞いました。手直し中の下絵状態の主役機です。前の記事の追加で手直し中の物、主役機と比べると矢張り敵が、まるで雑魚みた [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作「ミッションリセッター」イラスト2
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家で画家の齋藤務です。今回は、また、私の作品のラフデザイン中の「ミッションリセッター」から、主役機のバトルミッションアーマーのハイパーバトルモード形態を描きましたが、前に描いた。敵のリセッター以上に狂暴な姿に為って仕舞いました。比べると矢張り敵が、まるで雑魚みたいに見えますね。(笑い)リセッターは、時空を超越するシステムを搭載しているので、時代を越えて時 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作「ミッションリセッター」イラスト
  • 今回は、前に描いたイラストを少し手直しして見ました。敵のリセッターですが、可なり狂暴そうなデザインに為りましたね。今後の展開のネタをばらすと、リセッターは次元を越える装置を装備しています。なので、時間と空間を自由に移動します。複数回時空を超えると自己崩壊とかを起こすので、限られた回数しか時空を越えられません。(不完全だから、完全な完成した物も今後は・・)そこで彼らの時空間での激しい戦闘を考えていま [続きを読む]
  • 齋藤務作品[武器少女ガーネットスプリンガー]イラスト
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。私は前から、目指せ!千作品!出来れば万作品!大作家は兆作品を持っている(京だったら敵わない!)と言って励みにして、それに負けじと自分も作品を作っていますが、今、完全新作を構想中で、過去の作品から離れています。然し、そうなると何だか描きたくなるのが悪い癖と言うか、それでガーネットの簡単なイラストを描いて仕舞いました。もう少し描き込んだり修正 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、[観覧注意]血が駄目な人は見ないで!
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家で画家の齋藤務です。今回は、偶然に起こった出来事の話です。それは[血を吸う赤い月]の話しですが、それは恐怖話しでは無く、実際の話です。私が、今、訳が有って、自分の油絵の処分をしていて起こりました。その処分中の作品で、花鳥風月をテーマにした。深夜の月光を引き裂いていて、つい手の親指を切り、その血が処分する深夜の月光の月に付いて仕舞い、そこに描かれていた。 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家で画家の齋藤務です。今回は、個人的な気持ちの、詩を書きます。「大切な事」公務員の過去の犯罪を暴く事を、無意味で価値が無いと言う人がいる。犯罪を暴く為に描く絵を、ゴミだと言い焼却炉へ投げ込んで仕舞えと言う人がいる。けれど、私は反論はしない、それは、理解仕様としない人に理解して貰う寄りも、理解して呉れる人に理解して貰う事が、最も大切だと判っているからだ。人 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家で画家の齋藤務です。今回は、絵と画家の値打ちと言うテーマで話をします。芸術とは、美しさの追及です。人に寄って様々な美が存在しますが、ここでは、芸術の中でも社会派の絵画に絞って話します。先ずは、社会派の絵と言えば、前の記事でも描きましたが、ピカソのゲルニカです。ヒットラー率いるナチスドイツがゲルニカ地方を急襲殺戮した事件です。当時の新聞マスコミなどは、ヒ [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家で画家の齋藤務です。七夕の夜、新たな誓いを込めて、今まで大切にしていた物を処分しました。それは、ある良識の有る方の話で、私は、お話を聞いて、それに気付かされました。今、家に有る。蒼騎展に出品した作品の対に為る。同時期の下書きのキャンバスですが、その方の言われていた通りに、もう過去の遺物で値打ちの無い物でした。その絵が部屋の中を占領していて、どうにも身動 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。2017年7月4日、姉の齋藤孝子と一緒に、松戸市に有る。教育の要の教育委員会に行きました。私たちの、突然の訪問に対して快く対応して頂き感謝しています。そして、私たちの活動の話を聞いて貰う事が出来ました。職員の方は、誠実な方々で、前向きに話をして貰い、とても親切で感動しました。(多分、門前払いかなと思っていました)私たちの、今後の活動に、大変参考 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。今現在、私のしている。隠ぺい事件の社会認知活動で、新たな進展が有りそうなので、ブログ記事を中断する事に為ります。今後、社会に大きく認知されるか分かりませんが、私たちの出来る範囲で社会に訴えて行こうと考えています。今までして来た。インターネットでの認知活動では、ある程度、ネットでは知名度は付きました。(私の書いている小説が少しは認知活動に役 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品「新時空世紀」仮題
  • 齋藤務作品「新時空世紀」 ー 第五話 ー 時空戦争未知の女性、(天月すみか、)俺のいる。その小笠原防空の、防波空軍基地に、謎の女性が、特殊輸送機から降り立った。その女性の名は、天月すみか、彼女は、特殊任務で、日本政府と共同協力の為に、独立組織から派遣されて来たのだ。そして、そんな彼女は、俺の前に現れた。俺を見るなり、彼女は、俺に抱き付いた。「あ、ああ、勇士君、今迄どこにいってたのよ、心配してたのよ、 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品「新時空世紀」仮題
  • 齋藤務作品「新時空世紀」 ー 第四話 ー 時空戦争人類初めての脅威、(特殊高速戦闘空挺降下部隊、)それは、人類が、今迄知らなかった。未知の時空の中から、突如と仕手現れた。一人の人間に驚愕して、それに大きな脅威を覚えた。その後、各、国際国家連帯は、互いの利害を超えて、各国が得意の分野の技術を結集し 共同して、今、正に人類が直面している。その脅威に対抗する事に為ったのだが、人類の結成した。特殊高速戦闘空 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品「新時空世紀」仮題
  • 齋藤務作品「新時空世紀」 ー 第三話 ー 時空戦争初めての訓練、(嵐山勇士、上等兵、)新たな人類の脅威、それは再び、時空の裂け目が大規模に起こった。その裂け目は、前回よりも遥かに大きく、比べようも無く巨大だったのだ。そこから、強力な武装した軍団が出現して現れたのだ。それに対抗するべく、人類は国際軍隊を当たらせていた。だが、その軍団は、どんな武器も歯が立たない上に、物凄い破壊力を持った。様々な兵器を装 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品「新時空世紀」仮題
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。今回も、中途の作品ですが掲載しています。何度も書いていますが、データ保存の為と序です。作品は惜しまずに、どんどん作りどんどんと掲載する。失われたり死んだ後で誰かに取られたりは嫌ですから、私の考えです。まあ後は野と為れ、作品の山と為れですか?大盤振る舞いですね!プロもアマも作品は数が物を言いますから・・・目指せ!千作品!目指せ万作品!大作家 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品「新時空世紀」仮題
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。今回も序での掲載です。前回、何やら表現に問題が有り、(拒否されました?)一部を修正をして記事にしました。殴り書き見たいな作品なので可なり荒い所が有ります。「特殊戦闘降下空兵、ナイトスターD1」へと続く作品で、少し書いて放置していますが、現実でも、アメリカの航空機メーカーが、威力反転装甲の様な物を開発していると知りました。なので、丁度、良い [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品「新時空世紀」仮題
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。今回は、前回、作品の再掲載しました。物には序でと言う言葉が有ります。私の「特殊戦闘降下空兵、ナイトスターD1」へと繋がる作品で途中までですが、折角、作品が有るので記事に乗せちゃいましょう!タイトルも仮題です。齋藤務作品「新時空世紀」 ー 序章 ー時空戦争未知の脅威、(多重次元実験、)それは、日本皇国軍の施設内の、国防部の国立研究所の大型実験 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務メカデザインアイデア
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。今回は、記録の為の記事です。ラフデザインの記録をします。このデザインは、私の「特殊戦闘降下空兵、ナイトスターD1」に登場する予定だった。セキュリティースナイパーマシーン、SSMのデザインの一部です。折りたたまれた状態では板状に為り、幅を取らずに格納されます。人型にアップフォームして、自動で動き回ります。このデザインは独立させて小説を書く予 [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品「超獣世紀」
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。今回も、私の作品の再掲載です。この作品では、主人公を、次元を越えさせて、幾つもの物語の主人公にすると言う、壮大な計画の下に(言わば強引に)構成されたSFコメディーの一つです。同じ主人公を、何回?使い回しに出来るか!試験的に作りました。なので色々と工夫して、常に新鮮な形で(何も知らない!)新しい物語の中で上手く主人公が活躍できました。他にも [続きを読む]
  • 個人雑誌グラス編集部、齋藤務作品「超獣世紀」
  • 個人雑誌グラス編集部、副編集長兼雑用、主力作家の齋藤務です。今回も再掲載をしています。私は好んで、SFコメディーを描いています。堅苦しく仰々しい哲学じみたSFは少し退屈だからです。それよりも、もっと自由に楽しい方がいいと思います。それでSFファンタジーとコメディーを混ぜた作品を多く描いています。現在知れている素粒子や量子とは別に、仮性人工ブラックホールの中の超粒子の世界を考えて、そこに時空や次元を [続きを読む]