遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜 さん プロフィール

  •  
遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜さん: 遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜
ハンドル名遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜 さん
ブログタイトル遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/lovepengel
サイト紹介文遊月のスピ的しあわせになるメッセージ♪(VOICE出版社のパワースポットニッポンにて北海道記事担当)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/10/15 09:24

遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜 さんのブログ記事

  • アバンダンティア〜敗軍の武士
  • 昨日は男性の方のアバンダンティアをさせていただきました。男性の方とセッションしたのは数えるくらいしかなくて、先日、男性性女性性の統合をしたばかりなので、その影響が出て来たのかなぁと思いました。豊かさ、特に仕事面での豊かさを希望されていたのですが、ブロックになっていたのは、武士として生きた過去生でした。誠実で真面目そうな印象を受けたのですが、なるほど、武士!と納得するオーラの方でした。しかし、敗軍と [続きを読む]
  • いつも天使がやってくる
  • 天使とは天の使いのこと。つまり天使の全てが羽の生えたあの姿でパサッと空から降りてくるわけではない。私は人生の中で幾度となく天使に助けられた。25年近くのお付き合いになる占い師の知人が言った。和恵さんは1万人に一人くらい生まれてくる境界線を持たない人。普通はそういう人はこの世界では精神がストレートに傷つきボロボロになり、正常な精神を保てなくなる。だけど和恵さんはさらに稀有な、必ず守ってくれる存在がそば [続きを読む]
  • 豊かさへの道3〜闇を知っているから暖かさがわかる
  • 地図に丸をつけてからわずか2年後に私は京都に行った。でも勝手にそうなったわけではない。京都に仕事に行くと決めた日から、私は真面目に仕事に取り組んだ。その頃の日記やノートを見ていると、たくさんの勉強会やセミナーに出席し、一生懸命学んでいることがわかる。その頃は、フルタイムで働いていて、赤ん坊を含めた子供たち3人を育て、しかも大黒柱の役割も果たしていた。だから勉強するのは、本当にわずかな時間に寝る間を惜 [続きを読む]
  • 男女エネルギーのバランスを占いました(^_^)
  • こんにちは。遊月です??プロフィール??占い、セラピー、講座メニュー新しい年齢になったので、チャクラの男女統合エネルギー占いをしました。チャクラ男女エネルギー占いカードで占うのですが、とてもパワフルで今の気持ちにぴったりの結果が出ました。キーワードで簡単に書きますと、傷ついたヒーラーとしての過去を超えて、新しい光の中への旅立ちの時。透視、テレパシー能力の高まりにより、魂へ届くメッセージを受け取りそ [続きを読む]
  • 誕生日の翌日の出来事
  • お誕生日の報告に北海道神宮に行きました。以前は自営業だったので、誕生日当日に行っていたのですが、今はフルタイムで働いているので、誕生日の直後の土日のどちらかでご報告に行っています。紅葉の神宮は美しく七五三の子供たちがいっぱいいたり、結婚式をしていたりと、とても賑やかでした。午後からは、アバンダンティアをさせてもらいました。これが私のエネルギーワークの原点でした。最近よくさせて頂くのですが、その度に [続きを読む]
  • 豊かな50代
  • いよいよ50歳になりました(^-^)昨日は雨が降っていたのですが、今日はお日様が出てとても気持ちの良い青空の広がる朝でした。これからの10年をどう過ごすかを考えました。40代はただがむしゃらに、いつか良くなりたいと必死で活動するも倒れ、40代の後半からは自分を大切にすることの意味を深く考えました。今ここで幸せになることの大切さが身に染みて感じるようになったのです。先の事ではなく今ここのために頑張ろう、今を生き [続きを読む]
  • 悪縁を断ち切り良縁を結ぶ〜二荒山神社
  • 今日で40代も終わります。思えば激動の10年でした。21歳で結婚し41歳で離婚したのですが、離婚を決意したのは40歳の時で、実際にできたのは41歳の春。バカボンのパパと同じ年だぁと思っていました(笑)離婚する日は特に決めていませんでした。東京に住んでいた離婚相手から種類が届いたらすぐ出すと決めていて、そうしたのですが、あとから日にちを調べて笑いました。マヤの暦で、入籍した日の絶対反対kinの日で、きっとこれでよか [続きを読む]
  • 10月13日は金曜日(^-^)
  • こちらのブログではおなじみのファチマの聖母の奇跡が起きたのが100年前の1917年10月13日金曜日私が生まれたのが(笑)50年前の1967年10月13日金曜日そして今年2017年10月13日金曜日なんとなく1307年10月13日金曜日テンプル騎士団崩壊の日なんていうのもありました。ちょうど700年前ですか。こちらは不吉な空気がありますよね。ちなみに13が不吉な数と言われているのは実は逆で、神の数字であるがため、民衆に扱わせないよう不吉な数 [続きを読む]
  • ドラエネ感想〜海からのパワーチャージ
  • 昨日はエネルギークリーニング★ドラゴンパワーをさせていただきました。ドラゴンパワーのあの気持ちよさ、浄化っぷりを堪能していただけて、本当に嬉しかったです(^-^)そしてエネルギークリーニング。私はその方のエネルギーを浄化させていただくときその方のエネルギーと同化します。なのでその方の思い出とか最も大切にしているものとかがビジョンとして見えるのですが、それは私の人生にはないものなので、そもそもそれがなん [続きを読む]
  • 三角山は金字塔
  • 三角山はピラミッドと言われている。ピラミッドといえばスカラベ。スカラベはコガネムシの一種。三角山の山頂から降りる時、なぜか遠回りの細い道が気になり、わざわざそちらに向かった。すると道に入ってすぐに、コガネムシがいた。とても光っていて大きかったので意味がある気がして写真に撮ったのだけれど、あとから考えて、スカラベってコガネムシ?と調べたらそうだった。ピラミッドと言われる山の山頂でスカラベ的な虫に会っ [続きを読む]
  • 4体の龍の旅立ち
  • 今日は龍の神事の最後として、札幌市にある三角山に登ってきた。三角山はピラミッドではないかと言われている。見たらわかるのだけれど、本当に見事な三角形をしている。2度登ったことがあるのだが、観察した結果、人工的に整えた大きな岩を積んでできた山のように感じている。これは、一部の土砂が崩れて中の岩が見えている場所。四角に近い岩で、側面もまっすぐな気がする(^-^)ピラミッドかもと言われる三角の山のそばにはストー [続きを読む]
  • エネルギークリーニング★ドラゴンパワーの感想
  • この頃ドラエネ(エネルギークリーニング★ドラゴンパワー)をさせて頂く機会が多いです^ ^ドラエネ詳細多くの方が言って下さるのが、従来のエネクリも持ちいいのですが、龍が、ガーッと体内を通っていく爽快感というか、ああ、すっごく綺麗になった感(笑)最近ドラエネが増えたのは、龍のワークということで、龍の山に登って来たからなのかなぁと思っています^ ^【感想として】Aさん(2017年8月)霊媒体質でよく金縛りにあっていたので [続きを読む]
  • 豊かさへの道2〜地図に丸をつけた
  • 天使に手紙を願いを書いてその答えとしてきた仕事は望んだものではなかった。私にはいくつか決め事があり、神様から言われたと感じることは、やりたいかどうかではなくとりあえず一度はやる。それで結果が出なければやめる、実際にやって見て結果が出なかったことは多分ない。なので、頭ではわかっている。だけど気持ちはついてこない。だから2月の段階で私は仕方なくやっていた。けれど根が真面目なので、やるからにはきちんとや [続きを読む]
  • 明日はお月見
  • 明日はお月見です(^-^)中秋の名月ですが、この意味は、四季をさらに一月ごとに分けて、初、中、晩をつけて表現していた名残です。秋なら、初秋、中秋、晩秋、秋の真ん中の満月。正確には、満月というより旧暦の15日。旧暦の秋は7月8月9月なので、真ん中の8月15日が中秋の名月にあたります。今年の旧暦の8月15日は、明日の10月4日というわけです。なのでお月見が、天文学的な満月の日になるとは限りません。むしろ少ないかも。この [続きを読む]
  • 龍使いと魔女の前世〜アバンダンティア
  • 2006年4月 Fさんのアバンダンティアの感想。かつて中国かどこかで、龍のエネルギーを使う仕事をしていたようです。おそらく風水師のようなものだと思います。大地のエネルギーを上手に取り込むことが自然にできる能力が備わっているので、スピリチュアルなことを意識しなくても、自然に大地のエネルギーを、自分の体に取り込んだり、何かをヒーリングしたりすることが無意識のうちにできるかと思います。看護師さんというお仕事を [続きを読む]
  • 目標を書くことで実現する
  • 今日から10月ですね(^-^)今手帳の整理をしているのですが、毎日どんどん駆け上がって行ったのは2005年くらいからなのですが、毎日すごいです。2003年5月の見た夢から初めて存在を知った鞍馬山のウエサク祭り。2004年5月に初めて仕事で京都に行き、2005年5月2日に鞍馬山に登った。当時はタッキーの義経ブームで鞍馬山も観光客がたくさん来ていたのに、朝まで雨だったから、空いていて澄んでいた。山頂で見た桜の美しさ。放置してま [続きを読む]
  • 豊かさへの道1〜天使へ手紙を書いて
  • 引き続き手帳の整理中。潜在意識のことを習った日のことが出て来ました。2002年5月20日。前回書いていた、ある飲み物を伝える営業のような仕事を本格的に始める前に、この仕事の上司にあたる人たちが横浜から来てくれて色々教えてくれました。その前に、その仕事をしようと決めた不思議な話から伝えますね。2000年の秋に長女を生み、2001年春まで産休だった私は、時間ができたので、エッセイや小説を書いては送っていました。エッ [続きを読む]
  • 半年の占いをさせていただきました(^-^)
  • 先週、秋分の日からの半年の占いをさせていただきました。半年の占いその方が以前メディスンカード占いの初級講座を受けてくださっていたこともあり、普段はしないのですが、何故かまるで中級講座の時のように、カードリーディングをご本人にもリーディングしてもらったりしました。来年の春以降の場所に、忘れていたか置き去りにして来たけれど、本当はやりたかったことができるというメッセージが来て、なんだと思いますか?と尋 [続きを読む]
  • 黒岳に登る
  • 層雲峡に向かいました。層雲峡とは簡単にいうと、200メートルほどある柱状節理(ちゅうじょうせつり)と呼ばれる岩が24キロに渡って形成された渓谷です。層雲峡の柱状節理は六角形の柱とのこと。蜂の巣も宇宙も六角形。層雲峡の岩の柱も六角形。不思議ですよね。アイヌ語でソウウンベツと呼ばれていて、滝の多い川の意味です。渓谷には川も滝もたくさんあります。この層雲峡は大雪山国立公園にあり、その大雪山系の黒岳に登って来 [続きを読む]
  • まるでドラゴンボール
  • 日曜日の朝早くから、動物園でお馴染みの旭川のさらに向こうにある、大雪山系黒岳に行ってきました。大雪山層雲峡神社この一連のワークは、手稲山に全てが始まります。2006年ぐらいから、関西くらいまでの範囲で自分の意思ではなくパワースポットを巡ることになってしまいました。でもそれが本当に楽しくて、一生こんなことを続けたいと思っていたのに、2012年ごろから体調崩し、翌年には入院するほどまでに悪化し、もう無理なのか [続きを読む]
  • カムイミンタラ〜神々の遊ぶ庭
  • 始発に乗って、北海道の屋根で、北海道の龍が住まうと言われている大雪山系に行って来ました。すでに紅葉が始まっていて、美しく幻想的でして。手稲山、樽前山に続く、龍のワークの続きです。レポート書きたいのですが、早起きしたので今日もう寝ます(^-^)明日のお楽しみ^_^ [続きを読む]
  • 占い、セラピー、講座メニュー
  • 遊月と申します(^-^)2003年12月より占い、セラピー2004年3月より各種講座を開催しています。プロフィールまだ途中なのですが、整理しながらアップしていきます(^-^)占い一覧??メディスンカード占いネイティヴアメリカンの伝承をもとに作られたカードによるパワフルでハッキリ答えが見えてくる不思議なカード占い半年ごとの流れを読む詳細??母(父)と子の関係性占い持って生まれた星から、相性と関わり方、育て方の方向性をアド [続きを読む]
  • アトランティスの奇跡
  • 手帳をまとめていてやはり面白いのは2002年2月22日の奇跡と思った。2001年の10月ごろに出会ったあるスピリチュアルな飲み物があり、健康や美肌になるだけじゃなく、シンクロが増えるというので、高いけどそれを飲むと決意してやっと購入したのが翌年の2月20日。ジュースは翌日、当時働いていたデザイン事務所に届いた。仕事が終わり自宅でそれを飲んでいると突然本屋に行けと言葉が入って来た。当時近所に本屋はなくて近くの古本屋 [続きを読む]
  • 新しい地図、新しい暦
  • なぜか年末の気持ちです。理由はあります。私は毎年手帳は10月始まりで、9月が手帳の終わり、10月の手帳の始まりなのです。10月始まりの最大の理由は、私は10月生まれなので、10月が私にとって人生のスタートの時なのです。ついこの前新月がありました。誕生日の前に起きた新月あり、この時から新しいスタートが始まっています。そんなことを考えて眠ったら、朝うれしいニュースが入っていました。私がとても大好きな人たちが新し [続きを読む]
  • 手帳の中の20年
  • 自分がどんなふうに豊かになってきたかをメルマガで書こうと思って、日記をひっくり返していた。10年日記にはこの10年の事は載っていたけれど、その前の分は一年ごとの手帳に書かれていた。それらを10年日記のように一冊にまとめる形で、手帳から拾い出し箇条書きに書いていた。日々の思いがいっぱい詰まっていて何度も愛おしいやら切ないやらで泣きたくなった。本当に一生懸命生きていたみたいで。子供が初めてつたい歩きをした日 [続きを読む]