プチアスリート さん プロフィール

  •  
プチアスリートさん: プチアスリート日記
ハンドル名プチアスリート さん
ブログタイトルプチアスリート日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/petit-athlete/
サイト紹介文メタボ脱却で歩き始めたら、ウルトラマラソン、アイアンマントライアスロン、UTMFへ
自由文北海道でマラソン・トライアスロン・トレイルランレースを楽しんでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/10/15 10:45

プチアスリート さんのブログ記事

  • ルスツ速報
  • 本日行われたルスツのトレランでは60キロに参加していました。 昨日の時点では、控えめに12時間半くらいだろうと予想していましたが、意外にも昨年のタイムよりいい11時間42分でした。 中盤で完全に売り切れて知り合いの女子にも抜かれたりしましたが、その後急激に復活し何とかそれなりに走れました。 数年前のタイムには遠く及ばないですが、ここ最近のケガや練習内容を考えれば上出来なのかもしれません。 あとは、こ [続きを読む]
  • ルスツ60対策
  • いよいよ明日は、今年のトレラン締めでもある、ルスツトレランがあります。 昨年は80キロにエントリーしましたがあえなく撃沈し、60キロコースに変更してフィニッシュする結果となりました。 昨年に関しては練習量が圧倒的に少ない中でのレースでしたので、やむを得ない感はありますが今年はその辺をどう見るか。 その前に昨年のレースとの変更点がいくつかあります。 ①コースの一部が変更された②必携品のルールがやや厳格 [続きを読む]
  • 震度6弱を実感
  • 我が家の近くでは震度6弱が記録されていたらしいです。 エグイ所はテレビの映像でご存知だと思いますが、それ以外の場所でも細かな被害は数え切れないほどありました。 近所では割れた道路の補修が沢山ありました。 写真では分かりにくいですが道路は凹んでおり、この下には地下鉄が走ってます。地下鉄再開したけど、本当に大丈夫なのか? よくある震災後の光景をテレビで見ていて「そんなことあるんだ」と思ってましたが、我々も [続きを読む]
  • 台風一過からの雷と地震
  • 昨日は台風被害の対応に追われ「やれやれ…」と思いつつ帰り、軽く走り出すと雷のオンパレード。 動画の一部を写真にしてみましたが、雷って爆発的な光になるんですね。 そして深夜3時過ぎ、たまたま目が覚めて歯を磨こうとしていたら「グラッ」ときてグイグイ揺れだして…怖かった。 震度5強らしく、蓄熱式のストーブが倒れていた。私一人で持てないくらい重いから100kg以上あるのかな。 それから停電が続きほとんど寝られな [続きを読む]
  • 道マラ完走
  • 昨日はベストを狙おうかどうか悩んだふりしてましたが、ある意味予想通り撃沈。 速報で3時間58分台。 肩をケガして以降の練習内容を見ればこうなることは分かっていたんですが、ついつい良い時の自分をイメージしてしまうんですね。 いい勉強になりました。 あとはルスツに向けて、山仕様の体に仕上げます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 前日の儀式
  • 毎年、北海道マラソンの前日にはきれいに洗ったシューズにひもを通します。 ただ、今年はどちらのシューズにするか悩んでます。 軽めのライトレーサー(240g)か、しっかりしたローンチ(276g)にするか…ということはまだペースもどうするか悩んでます。 ベストを狙うのか、サブフォーを確保するのか。 とりあえず今年も、何とかCブロックからスタートできるのですが、昨年同様後方に待機するので、Dブロックに飲み込まれながらスタ [続きを読む]
  • TJARを想う
  • 1週間前の日曜午前零時からスタートして、今日の24時が最終関門となるTJARは間もなく終了となります。 富山県魚津市の海岸から静岡県静岡市の海岸まで、415km・累積標高27,000mという超モンスターレベルの壮大なレース。 あのUTMBやトルデジアンも超える数値だけではなく、自らテントなどを背負って睡眠時間・場所は自分で決めるという極めて自己責任なレース。 単純計算で言うと、ルスツの60キロトレランを8日間続ける距離と標 [続きを読む]
  • 羊蹄山3往復 2018 レポート後半
  • 真狩コースは最も楽なコースと踏んでいたが、やはり夜に通ればどのルートもワイルドに変貌する。しかも真狩コースも笹が元気に伸びていて、露がソックスを濡らし足の裏に水分を感じながら下る。そんな時に、思いのほか流れ星を見ることが出来ると少し楽になる。やはり登山で一番筋肉の痛みを感じるのは下りだ。真狩での下りも外側広筋や大腿直筋へのダメージを感じていたので四往復は厳しいと感じ始めていた。夜間登山はもう5〜6回 [続きを読む]
  • 羊蹄山3往復 2018 レポート前半
  • 今回で5回目の挑戦となる「羊蹄山チャレンジ」、24時間以内にすべてのルートを通って4回登る。 ただ、今回の目的はなんといってもペルセウス座流星群を観ながら楽しくトレーニングすること。とはいえ、登山口まで来てスタートしようと準備していたら1.5?用ハイドレのストッパーがないことが発覚。そのため、車内に転がっていた500mlペットボトル2本を持参することにした。本来は計3.25?を背負うはずだったが、予定外の2.25?に [続きを読む]
  • 羊蹄オールペルセウス
  • 意味不明なタイトルですみません。 昨日の午後から今朝にかけて、羊蹄山をオールナイトで上り下りして、ペルセウス座流星群をたくさん観ました、という話です。 昨日の夕方の雲です 地上が曇っていようが、雨が降っていようが、よく考えたら地上1800mの世界では快晴なんですよね。 昨夜は羊蹄山の山頂で、ペルセウス座流星群を11回も観ました。 星もいつも見ているような感じではなく、星屑や天の川もはっきりと沢山見えて本当に奇 [続きを読む]
  • 北海道もそれなりに
  • 今月は北海道マラソンがありますが、今年もまぁまぁ暑くなりそうです。 気温は平年並みかそれ以上になる確率が80%なので、25〜28℃くらいは当たり前だと思った方がいいでしょうね。まぁ30度以下で暑いなんて言ってたら本州の方々に笑われそうですが。 北海道マラソンのスタートラインはこんな景色です 実際、先月大阪に行った時も「札幌は27〜28℃でも暑いんですよ」と言うと、あちらの方に鼻で笑われました(笑) でも、本州の方が [続きを読む]
  • 献血記録110
  • 金曜日の飲み会で車を置いて行ったので、この週末は車なし。 そこでどこかロング走をしてみようかなと思っていましたが、献血要請があり献血ラン。 まずは自宅から桑園のたまゆらまで着替えを持って10キロほど走り、ゆったり温泉。 その後はアスティまで歩き、ゆっくりと血小板献血をして地下鉄で帰宅。 何だか、久しぶりに普通の週末でした。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 第6回大雪山ウルトラトレイル レポート後半
  • 平山登山口の本来の制限時間には間に合ったが、この後はどのコースを通るのか、制限時間などはどうなるのか…よく解らない。ただ、登山口で折り返すということはこれ以上高いところに登ることはない。しっかり栄養と水分を摂ると私はとにかく下った。しばらくは5分ペースで下り、下りが落ち着いたところにA2エイドがあった。ここでようやくこの日変更となったコース図を見ることとなった。ここから温存していたポールを使い、途中 [続きを読む]
  • 第6回大雪山ウルトラトレイル レポート前半
  • 大会前日、大阪から朝一の飛行機で札幌へ戻り、身支度をしてそのまま白滝へロングドライブ。しかも、白滝へ向かう時にシューズのインストールを忘れたことに気づき、急遽旭川で高速を降りツルハでドクターショールのインソールを購入し、それで走ることになってしまった。そんなこんなで前日受付に付いたのは締め切り7分前で、危うくスタートラインにも付けないところだった。 前日は遊び疲れで3時間しか寝てなかったので、まだ痛 [続きを読む]
  • 大阪夏の陣
  • 結構前の話ですが、先週の週末は研修で猛暑の大阪に行ってました。 木曜の夕方に出発してその夜は尼崎の飲み屋でイタリア人トライアスリートと飲み、金曜日は37℃の梅田で一日研修して夜はちょい観光&ラン、土曜日は朝一で札幌に帰りそのまま白滝へ。 金曜日の夜は子供のように高いところへ向かい、あべのハルカスの最上階300mまで登ってきました。専用のつなぎを着て頑丈なベルトで締められ手すりしかない最上階は気持ちよかった [続きを読む]
  • 天体週間?
  • 3年前に黒岳で大量のペルセウス座流星群の観てから、ちょっぴり星空に興味を持つようになりました。と言ってもいまだに全然詳しくはありません。 ただ単に輝く星を観て奇麗だなぁと思ったり、国際宇宙ステーションが動いているのを見ると感動したりします。 今日はランニングの途中で火星が観えました。たぶん火星です… 月の左下にひっそりとやや赤く輝く星。 一昨日は土星が輝いてました。たぶん… 一瞬だけ、勝手にロマン [続きを読む]
  • 大雪山ウルトラトレイル速報
  • 本日遠軽町白滝で行われた「大雪山ウルトラトレイル80キロ」は、一部コースの変更がありながらも無事スタート出来ましたが、山岳部のコンディションが悪く急遽更なるコース変更の上続行されました。 公式の距離などはまだ分かりませんが、恐らく70キロ前後ではないかと思われます。 ちなみに80kmでは、スタート直後に選手全員がコースミスするという前代未聞の出来事がありましたが、ロスタイムは30分前後で誘導ミスでもないので [続きを読む]
  • 増毛山道(浜益御殿〜雄冬山)
  • 練習最後の月曜日は晴れ間の多い地域を目指して北へ向かい、暑寒別岳に行くには遅かったので手前の浜益方面で山登り。 この時期腕を振らずに心拍数を上げるには、とにかく強引に登り続けるしかない。 という訳で、160年前に開墾された増毛山道の一部を軽快に歩いてみた。地理院の地図だけを頼りに林道を車で走り、登山道と思われる場所にたどり着き、地味な登りをゼィハァ言いながら登りだした。 浜益御殿は一等水準点らしく、明 [続きを読む]
  • オプタテシケ山・美瑛岳・十勝岳
  • 珍しく平日休みが出来て、週末は天気が悪そうだったので今しかないと思い登山を計画。 天気が良さそうな大雪山周回か、オプタテか悩み、結果的には神秘的な魅力を持つオプタテに決定。以前トムラウシに登つた時には霧で全く見えなかったので、自分の中では神秘的な山として気になっていた。深夜1時半に起床、2時45分に札幌を出発して5時過ぎに白銀荘に到着。すぐに準備してスタートしたのは5時26分。 白銀荘からのルートは湿ってい [続きを読む]
  • やっぱり迷った迷沢山
  • 先週の日曜日、珍しく札幌市内の山に登ったので軽く報告。 誰も行かないようなところに行ってみたくて、小樽方面に行きながらリストアップしていると、やっぱり迷沢山はある意味魅力的に感じた。朝里川温泉側からスキー場を通過して更に下ると入口がみえる。駐車場は5〜6台くらい停められそう。 しかし、どこにも迷沢という言葉はなく、あくまで上平沢川林道を登る。とにかく普通の林道だが、傾斜は5〜10%くらいなのでそんなに楽 [続きを読む]
  • フライングピンネシリ
  • 昨日は新十津川でピンネシリ登山マラソンが行われていました。 私も2012年から5年連続で山頂コースに参加していましたが、昨年も今年も練習不足を理由にエントリーしておりません。 でも、あの苦しさを少しでも味わいたいと思いピンネシリを普通に登山して応援しようとしましたが、なんと大会前日に登ってしまいました。 登山口の近くまで来て「あっ!大会は明日だ」と気が付いた始末。でも、ちゃんと登ってきました。 今回登った [続きを読む]
  • 第33回サロマ湖ウルトラマラソン レポート後半
  • 55キロのエイドは最短時間でクリアして走り出したが、浅い呼吸はあまり変わらずペースは少しずつ落ちている。 60キロ通過 7時間26分 事実、60キロ以降はキロ7分で走ることは困難になっていた。 斉藤商店などを通過して70キロをクリアすると、その先の湖畔沿いではありえない天候になっていた。 これはまずいと思いすぐにゴミ袋を被ろうとしたが、なかなか上手く被れない。寒さとイライラでリタイヤしたくなったが、リタイヤする場 [続きを読む]
  • 第33回サロマ湖ウルトラマラソン レポート前半
  • サロマンブルーとなって初のサロマ湖100kmは、肩の靭帯が切れかかったまま出場しなくてはならなくなった。自転車での落車から1か月経ってもまだ痛みは残り、靴下を履くのもパンツを履くのも大変で、いまだに鞄も持てない状態。ただ、この1か月で38キロしか走っていないのに、DNSは全く考えていなかった。いかに腕を振らないようにするか、それだけが課題だった。色々考えて試した結果テーピングだけでは痛みが残るし、今後の治りも [続きを読む]
  • サロマンブルーの特典と記念品
  • サロマでは3〜4日分の塩分を一気に摂り、木曜日まで足が浮腫んでいましたが、ようやく昨日ぐらいからスッキリしてきました。 ところで、サロマンブルーの特典といえば、先行エントリーと足型だと思っていましたが、まだあったようです。 本当は開会式の時に貰えたのかもしれませんが、湧別には当日入りしたので今日ウエストポーチが送られてきました。 インナーと外側のメッシュも含めると4つのポケットがあり、とても便利そうで [続きを読む]
  • サロマンブルーの足跡
  • 日曜日、サロマを意地だけでギリギリ完走した私を待っていたのは、サロマンブルー専用の広々とした控室と足型をとる儀式。 先日の記事で書いたように靴下からは血がにじみ、全身が冷え切った状態ではありましたが、諸先輩たちが休んでいる中で嬉し恥ずかしの足型を取ってもらいました。 スタッフの方に「足痛くないですか?」と聞かれましたが、「えっ!あっ!大丈夫です」と強がりを言うと、グリグリと足の指などを押し付けられ、声 [続きを読む]