ジョー さん プロフィール

  •  
ジョーさん: 不思議なジョーの独り言
ハンドル名ジョー さん
ブログタイトル不思議なジョーの独り言
ブログURLhttps://ameblo.jp/cap1fuji/
サイト紹介文練馬で整体院をしています。日頃、経験した事、不思議な事、スピリチュアルな事などを気ままに書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2014/10/15 17:23

ジョー さんのブログ記事

  • 日本に求めるもの
  • 日本は目下、平和である。 朝鮮半島、中近東、ヨーロッパ、アフリカなど、世界中で戦争か、あるいは一触即発状態にある国々が沢山ある。 今は居ながらにして世界中のニュースが手に入る。日本には兵役もないし、当面、外国が攻めて来るという切迫感はない。 だから、完全に平和ボケしてしまっている。 昭和20年8月に人類初めて核爆弾の洗礼を浴びた。しかし、それに懲りず、日本中に60か所に近い原子力発電所が建設されてい [続きを読む]
  • テレビドラマ
  • 久しぶりにTVドラマを見た。 例の「陸王」である。 小説で読むと、いろいろな部分や光景、人物が想像できて楽しい。 しかし、ドラマはずばりと出てくる。  主人公の役所広司もイメージとは違ったが、上手い。 工場の雰囲気、銀行員の態度、マラソンの様子などが、次々と現れて息もつかせない。 初回は2時間であったが、結構、見ごたえがあった。秋の夜長、小説や時事問題などの本を読む機会が多い。 以前になく落ちついた昨今 [続きを読む]
  • 素晴らしき人の縁!
  • 最近、久しぶりに作家の池井戸 潤氏の小説を読んだ。「陸王」である。 埼玉県行田市にある100年に亘る老舗の足袋メーカーの奮戦記である。 元々、私は彼の小説が大好きである。 半沢直樹シリーズも面白かった。テレビドラマにもなって、高視聴率を上げた。 彼はもともと銀行マンで、中小企業を題材にして、銀行の本音の部分や、町工場の経営者たちの苦悩もあぶり出しながら、ぐいぐいと引き付けていく、その手法にいつも感心 [続きを読む]
  • 選挙
  • 衆議院選挙が始まっている。 今回は自民党対野党の構図であるが、私はいつも思うのである。 私たちは太平洋戦争が終わって70年経過する。 その間、世界の歴史にないような復興を成し遂げた。 ヨーロッパと違い、四方を海で囲まれた日本列島は隔離、孤立しているように見える。 アメリカの庇護の下、ソ連や中国などからの侵略に背後からにらみを効かせてくれているから、未だに無事でおられる側面がある。 これが、いったん、ア [続きを読む]
  • 毒舌有名人
  • オルゴン療法の仲間のお店に毒蝮三太夫がTBSの生放送で来るから、来てみてと言われて先月、さいたま市まで出かけた。 帰りのバスの時刻が気になって、お店の中にまで入れなかった。 しかし、仲間の店主はちゃんと、毒蝮さんのサイン入り色紙を用意してくれて今日、わざわざ送ってきたのである。 大沢悠里さんや迫道代さん等と賑やかに放送されていたのを結構、聞いていた。 元々、有名人のサインを集める趣味は全くないが、現在8 [続きを読む]
  • 菓子戦争とオルゴン療法
  • 私のサロンで月に1度、オルゴン療法の講習会をしていた。 割合、初心者の方が対象で、毎回4〜5人くらいの参加者である。 最初の頃は、休憩時に近くの駅のショッピングセンターの洋菓子を買っていた。   1個600円くらいした。 紅茶か、珈琲を出すのである。 洋ケーキは豪華に見える。しかし、お召し上がりにならない方も出てきていた。 そのうちに洋菓子店の真ん前に練馬区の老舗の和菓子屋がオープンした。  和菓子の [続きを読む]
  • 秋と健康
  • 今日は天気も良く、久しぶりに祭日でのんびりした。 夕方、近くに出かけて、ふと空き地の脇を通ると、秋の虫たちが忙しく演奏しているのに気が付いた。 私はほぼ40年間、秋を知らなかった。 空気が澄んで、気温もひんやりして、夜になると、虫たちがオーケストラを演じるのを全く知らずに、この世から、空気がない状態にのたうち回っていたからである。 45歳の時に完治してから、そのオーケストラに気がついた。 子供達を車の [続きを読む]
  • オルゴン療法と難聴
  • 以前、私のサロンに栃木県から紹介でご夫婦が来られた。 奥様が難聴とのこと。 74歳 一通り、手足の末梢から始めて、全身の施術を終え、主訴の耳にとりかかった。 約20分。 終わって、ベッドから降りた奥様にご主人が「どうだった?」と聞かれたのである。 「あら、足がめちゃめちゃ痛かったわよ!」とのたもうたのである。 ご主人は目を丸くされていた。 それもそのはず、来院時には補聴器をかけないと、人の会話が聞けない [続きを読む]
  • 外国の方の驚き
  • 日本人である私たちは、普段、当たり前と思っていることが、外国人から見たら、驚きの対象となることが多いと聞く。 例えば、駅などでエスカレーターに乗ると東京なら必ず左側に寄って立つ。 これは右側を歩いて上がる方に空けてある。 電車に乗る時も整然と乗る。 都内で道路が混んでいても車のクラクションは殆ど鳴らさない。 新幹線などは定刻に出発、到着する。1分でも遅れるとアナウンスで謝る。 街の自動販売機には商品が [続きを読む]
  • 日本との絆
  • パラオ共和国について動画を見た。 太平洋のミクロネシアの地域からなる国である。1885年にスペイン領からドイツ領になった。 第一次大戦中に日本軍がドイツ守備隊を降伏させ、後に日本の委任統治領になった。 以降、多くの日本人が移住し、ドイツの統治では進んでいなかった学校や病院、道路などのインフラが整備された。 日本語による学校教育が現地人に対しても行われた。太平洋戦争が始まると、海軍が北西太平洋方面の作 [続きを読む]
  • プーチン本
  • 読書の秋であるが、久しぶりに政治ジャンルの本を読んだ。 メルマガで「ロシア政治経済ジャーナル」を読んでいた。 発行者は日本人で北野 幸伯氏。1970年生まれでロシア在住。長野県の高校を出てゴルバチョフに憧れ、ソ連に行き、向こうの大学を出た方である。 国際関係アナリストである。 私は日本の新聞、テレビ、ラジオなどは当然、目を通すが、全てが真実を伝えていない。 一般大衆には都合の悪いことは一切、伏せているこ [続きを読む]
  • 不思議な地鎮祭
  • 私のサロンは今年3月までは練馬区の南大泉にあった。 普通の一軒家だった。  そこは私が知人から依頼されて3年間、監理をしていた。しかし、知人の事情で監理が終了したので、今の西東京市に移転をしたのである。 そして、元のサロンは取り壊されて、更地になった。 その後は知人の息子さん達が住む新居になる。 その設計他、全般にも協力させて頂きアドバイザーになったのである。 そして、先月、地鎮祭があった。 私は元々 [続きを読む]
  • 喫茶店マスターの悩み
  • 今日も隣町の駅近くまで用足しに出かけた。 前に行った、感じの良い喫茶店に立ち寄った。 この前のウエイトレスさんはいなかったが、店長が出てきたので、「お宅は女の子の教育がいいね!」と言ってみたのである。 すると店長は、「はい、ありがとうございます。しかし、イマイチお客様が来ないんですよ」と顔を曇らせる。 店長にしてみたら、なぜお客が来ないのか?分からないらしい。 商売は難しいものである。 人の心はうつろ [続きを読む]
  • オルゴン療法ーーへバーデン結節
  • 私のところに整形外科で指がへバーデン結節と診断されたYさんが来られている。 Yさんの指は両手指共に関節も太く、第一関節が曲がってきている。 最初、擦るとかなり痛がっていた。 しかし、自分でもリングを購入され、毎日、擦っているうちに、すこしづつだが痛みも減ってきて、太さも小さくなってきた。 やはり女性は手をかなりきにされる方が多い。 お腹を触診すると、固い部分がやはりある。 お腹はホルモンの生産工場である [続きを読む]
  • 人の悪口で悩むクライアント
  • 昨日、あるクライアントさんが来られた。 何でもハーモニカの同好会に入っているとのことである。時々、老人施設に行っては演奏してボランティア活動をしているらしい。 しかし、同じ仲間うちでもグループがあるらしく、お互いに陰で悪口を言い合っているらしい。 たまたま私がいつも読んでいる伊勢ー白山 道のブログに悪口について書いてあったのを思い出し、クライアントさんに紹介したのである。 悪口は言われた方がいいらし [続きを読む]
  • オルゴン療法とMさん
  • 先日、1ヵ月ぶりに体の手入れにMさんが来られた。 年齢は75歳、女性 Mさんは、かれこれ5年くらい前からのお付き合いである。 私が埼玉県で「ジョーさんの整体院」をしている頃からである。 Mさんのお姉さんの事では私も少しお手伝いさせていただき、病気も回復したことがあった。 しかし、ご主人の逝去や、お姉さんの介助などを境にして、体調が崩れだしたのである。 そこで私のサロンに定期的に通われるのである。 いつもの [続きを読む]
  • 接客マナーとオルゴン療法のサロン
  • しばらく前から下の奥歯が痛み出していた。 以前、通院していた歯科は埼玉県新座市で、いつも車で行っていた。そこは女医さんで優しい感じがして信頼していた。 しかし、車を手放してみると、通うのに大変なので、クライアントさんが紹介してくれた近くの新しい歯科医院に出かけたのである。 初めての歯科は緊張する。 しかし、出てこられたのは50年配の男性医師でにこやかに応対していただいた。 最新の機器で、口の中の様子を [続きを読む]
  • オルゴン療法と毒蝮三太夫!
  • オルゴン療法の研修を終えて卒業されたWさん、自営業で額縁の製造、販売をされている。 彼から、今日、TBSラジオで毒蝮三太夫が生放送で来るから、ぜひ見に来てほしい旨、連絡があった。 そこでさいたま市緑区まで、出かけたのである私は以前、TBSの朝の番組で大沢悠里さんの放送を長く、車で聞くことがあった。その時にも毒蝮さんが街のいろいろな所に出かけては即興のお笑いをしていたのをよく聞いていた。 ウルトラマンに出て [続きを読む]
  • オルゴン療法とM木さん
  • M木さんと私とは、かれこれ25年以上のおつきあいになる。 Sさんの道場で知り合いになってからも、また、その後、私がSさんと離れた後も何かとスピリチュアルな面で交友関係を保っていた。 私がオルゴン療法を始めた時も「また?}と言われる。 私は色々な手技にチャレンジしてきたから、彼女にしてみたら、その必要はない、もっと自分の能力を信じてみなさい、という事だったのだろう。 しかし、私が彼女の整体を受けて、その的 [続きを読む]
  • オルゴンリングーーー不思議なM木さん
  • 私がM木さんにオルゴンリングを紹介したことがあった。 その頃は彼女は整体を仕事としてもされ始めていた。 その成り行きが面白い。 彼女は全く整体などは知らない。そういう学校にも行ったことがなかった。   しかし、ある時に見よう見まねで人の体に触れていた時に突然、勝手に手が動きだしたという。 自分の意志でないものが動かしているという。 彼女の整体を受けている人は、実に気持ちいい、ツボにぴたっとはまっていて [続きを読む]
  • オルゴン療法の前ーーー⑧ オルゴン龍の不思議
  • オルゴンリングの商品の中には「オルゴン龍 大」 「オルゴン龍 小」なるものがある。この写真は「オルゴン龍 大」の銀と金である。参考にティシュの箱を置いてみた。 私が知る限り、リングの中でもエネルギーが最強という感じがする。ここぞという時に使用するのである。 それはさておき、例のM木さんとお会いして少し経ってから、彼女の不思議な能力を試してみた。 かねて、S先生から、私には龍がついていると、よく言われた [続きを読む]
  • 空気と仲良く!ーーーオルゴン療法への応用
  • 私の友人に超能力者のN美さんがいる。 オーラという技術を使って見えないものを見たり、人の想念を読み取る能力を持っている。 彼女の能力で今までどのくらい応援してもらい、結果が出たことか!計り知れない。 かなり前に渋谷の喫茶店で聞いたことがある。 「どうやれば、そういう能力が身に付くの?」と。 彼女は、あっけらかんと「空気とお友達になればいいのよ!」と。 その時、どういう訳か、私の目から鱗が2、3枚落ちたの [続きを読む]
  • オルゴン療法の前ーーー⑦ 次元の違う存在
  • これは私がオルゴン療法にたどり着く前の話である。 平成元年に私の40年に亘る喘息を忽然と完治させたSさんは凄かった。 不思議な能力で、誰にも教わった事がないのに人の体にエネルギーを入れるのは元より、全身の整体をするのである。 本人は「聞こえてくる通りにしている」というのみである。 今から思い出すと、お腹をしっかり和らげていた。 現在でも街の整体院では殆どが腹はやらない。 危険を伴うと感じているのだろう [続きを読む]
  • オルゴン療法の前ーーー⑥ 龍神現る
  • これは私がオルゴン療法にたどり着く前の話である。 M木さんは、体の弱いご主人がおいでになった。 ある時にご主人がひどい足のむくみになって倍くらい膨らんで困っておられた。 私はS先生の指示でご主人にエネルギーを入れたが、全く変化がなかった。 そうこうしているうちにM木さんはメッセージを受け取られた。「那智の滝の滝つぼ周りの松の木の皮を剥いで、腰に巻きなさい」というものであった。 彼女は地理に疎く、那智の滝 [続きを読む]
  • オルゴン療法の前ーーー⑤
  • これは私がオルゴン療法にたどり着く前の話である。 ある時、S先生は、こんな話をしてくれた。 グループに参加されていたTさんという女性がいる。 そこの息子さんがひどいアトピーで悩んでいた。 それをSさんは苦も無く解決し、快方に向かわせた事があった。 Sさんは、自宅から道場に歩いて来られる時に、必ずTさん宅の脇を通って来られる。 いつものようにTさん宅近くを歩いていると、どうも誰かが自分を呼んでいるのに気が付い [続きを読む]