きまぐれ鳥見んぐ さん プロフィール

  •  
きまぐれ鳥見んぐさん: きまぐれ鳥見んぐ
ハンドル名きまぐれ鳥見んぐ さん
ブログタイトルきまぐれ鳥見んぐ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kimagure-nobu05
サイト紹介文野鳥たちとの出合いを求めてのきまぐれ鳥見日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/10/15 21:16

きまぐれ鳥見んぐ さんのブログ記事

  • 地味シギ?’16.1/31と2/6
  • 鳥友人より耳より情報をいただき、翌日急いで現地へ。警戒心の非常に強い鳥なので、車中から探すが見当たらず。車から降りて探すも、やはり見当たらず。しばらくすると、別の鳥友人も到着。一緒に探すも、やっぱり見当たらず・・・。「こりゃあ、外したなぁぁぁ。」ということで、他の鳥探し。そのうちに、「ピポッ、ピポッ。」と、ベニマシコの声が近づいてきた。そして、近くの木にとまった。♀だった。代わりに相手してくれたの [続きを読む]
  • 宮城県蕪栗沼’16.1/17
  • オジロワシに会いに蕪栗沼に出かけた。朝6時半頃家を出て、関山峠を越えて、仙台宮城ICから高速に上がり、現地に着いたのが9時頃。すでに堤防の上に車が1台とまっている。・・・ということは、オジロワシがいるかもしれない。ワクワクしながら車を進めた。車から降りて、急いで双眼鏡で確認すると、オジロワシが枯れ木に止まっている。早速カメラをセットしてシャッターを切りまくった。十分楽しんだ後は、珍ガン探しだ。情報 [続きを読む]
  • ケアシノスリ'08.1月
  • 昨日の探鳥会でケアシノスリの話が出た。そういえば、自分も数年前に見に行った記憶がある。ブログで確認したが載せていなかった。写真データで確認すると、2008年1月だった。あの時はあまり雪がなかったようで、遠出もできたようだった。このときは、わが山形県が誇る写真家М氏も来られて撮影されていたのを記憶している。この頃はデジスコの初期のころで、デジカメの画素数も少なかったころだ。そんなこんなのケアシノスリ [続きを読む]
  • 天童市'16.1/16
  • 暖冬から厳冬へ・・・。やっぱり降るときは降るものだ。やっといつもの冬の山形になってきた。この日はまだそれほどの積雪でもなかったので、いつもの舞鶴山に出かけてみた。次の週探鳥会があるので、その下見も兼ねて。今年はまだミヤマホオジロともトラツグミとも出合っていないので、そろそろ出てきてほしいものだが・・・。まずはカケスの登場。四,五羽一緒に行動しているようだ。相変わらずの警戒心の強さで、全く良いところ [続きを読む]
  • 福島市小鳥の森Ⅱ'16.1/10
  • 今回はルリビ以外ということで・・・。ルリビが出てくるまでの間、センター内からエサ台にやってくる小鳥たちを見ていた。シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワが主だが、シメやアトリなどもやってきて、結構楽しむことができた。シメを見ていたら、「リスが来ていますよ。」とセンターの方が声をかけてくれた。移動して探すと、階段のところのエサ台の下にちょこんとすわってヒマワリの種を食べている。話によると、ちょくちょく来 [続きを読む]
  • 福島市小鳥の森'16.1/10
  • 年が明けて2016年。さて、今年の冬は全くというほど雪がなく、降っても薄っすらと雪化粧する程度の、稀にみる暖冬となっている。それが鳥の世界にどう影響しているのか・・・今年の冬鳥は、小鳥もカモもとっても少ないです。街中の公園に行っても、昨年はたくさんいたウソが、今冬はうそのようにウソがいません。山でえさがとれるから下りてこなくても大丈夫なのかもしれません。カモたちも、暖冬で渡ってくる必要がないのカモ [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 皆様、新年明けましておめでとうございます。昨年は拙ブログにご訪問くださりありがとうございました。今年も細々と更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。                                            平成28年 1月1日 [続きを読む]
  • 良いお年を!
  • 拙ブログにご訪問くださった皆様、一年間ご愛顧有難うございました。今年は、公私ともにいろいろとありましたが、何とか無事年を越せそうです。今年の秋の飛島では、10数回の春秋の飛島探鳥で初めて「島流し」の憂き目に会い、二泊の予定が五泊もしてしまいました。職場には大変な迷惑をかけてしまいましたが、鳥見的には最高の一年でした。日本初記録となるノドジロムシクイを飽きるほど見ることができ、アカアシチョウゲンボウや [続きを読む]
  • アカ・アオ・ハク'15.12/12
  • この日は家の近所のポイントに様子見に行ってみた。しばらく前から、通勤途中田んぼにハクチョウがいるのを確認していた。バックに月山が見えたので、月山を入れながらの羽ばたきを撮ってみた。今年は雪がまだ降らないので、ハクチョウたちは田んぼでたっぷり食事ができるようだ。次に行ったのは、近くの大山公園。ここでミヤマホオジロを見つけたが、すぐ飛んでしまい撮れなかった。何とか撮れたのが、下のアカとアオのケラくんた [続きを読む]
  • オオバン'15.12/6
  • 今回も原崎沼。カモ類は警戒心が強いが、このオオバンは結構近くまで寄ってきてくれた。2羽仲良く泳いでいるかと思えば、突然威嚇したり、水草をバリバリと食べたり・・・。いろんな様子を観察することができた。オオバンの羽ばたきを初めて見たが、やはり全身真っ黒なんだなぁ・・まぁ、羽根の裏は灰色だったけど・・・。 [続きを読む]
  • ベニマシコ'15.12/6
  • 原崎沼。カモの他に小鳥も楽しめる。毎年、晩秋になると、ベニマシコやミヤマホオジロに出合えるようになる。この日も、カモを観察した後、山道を上がり小鳥探し。土手下のやぶからカシラダカが飛び出した。「ヒッ、ヒッ。」とジョウビタキの声も聞こえる。果樹畑の上の方ではツグミの声。しばらくすると、「フィッ、フィッ。」という声が聞こえてきた。ジョウビタキの声に似ているが、ベニマシコの声だ。そして、木のてっぺんにと [続きを読む]
  • 原崎沼Ⅱ'15.11/29
  • 本日、原崎沼で予定していた探鳥会が雨天中止となった。(泣)それでも、せっかくここまで来たことだし、午後からは天候が回復するとの予報だし、昼食まで持ってきてしまったし・・・で、午後まで粘ることにした。先週いたトモエガモは移動したのか見当たらず・・・。カンムリカイツブリは健在だ。先週は1羽のみだったオオバンは6,7羽に増えていた。沼の奥のほうに行ってみると、ヨシガモとオカヨシガモがいた。先週「ヨシガモがい [続きを読む]
  • 天童市原崎沼'15.11/22
  • 最近土日というと天気が悪く、家でゴロゴロ状態だった。21日からの3連休、ずーっと天気予報をチェックしていたが、22日は良さそうだったので、29日の下見で天童に行くことにした。昨年のこの時期、舞鶴山でアオバトを見たのでちょっと寄ってみたが、カラ類しか見あたらなかった。早々に原崎沼に移動した。「グワァー、グワァー。」と賑やかなカモたちを予想して行ったのだが・・・あれっ?これっきり?という感じの数だった。ざっと [続きを読む]
  • 伊豆沼・蕪栗沼'15.11/3
  • 今年の伊豆沼は、ハクガンが飛来しているとのこと。ここ何年も見ていないので、何とか今年は見たい!と意気込んで出かけた。しかし、結果は・・・×でしたねぇ。ハクガンはおろか、カリガネもシジュウカラガンも見つけられず・・・。やっぱりタイミングというか、運がなかったというか・・・。夜中の3時に家を出て、獅子ケ鼻で早朝のマガンの飛び立ちを見た。雲の感じもよく、これはいい写真が撮れるかな???と思ったが、写真の出来 [続きを読む]
  • 紅葉とキンクロ'15.10/18
  • 紅葉を楽しみながら、ついでに鳥見も! と、西川町の志津温泉に行った。ここは、月山の中腹で、紅葉のポイントになっている。ここの五色沼で一昨年キンクロハジロを撮ったのだが、また会えないかと期待して行った。紅葉はちょっと早いのか、今年はこんな感じなのかよくわからないが・・・今一つといった印象。・・・で、肝心のキンクロは??? いました!カルガモと一緒に泳いでいる。紅葉が水面に映ったところに来てくれないかとひた [続きを読む]
  • 飛島秋Ⅲ'15.10月
  • [①ジョウビタキ]飛島初日は、ジョウビタキが一羽もいなかった。鳥友人と「ジョウエビタキ、まったくいないね。」と、夕食のときなどに話をしていた。翌日から天気が崩れ、徐々に鳥たちが入り始めた感じだった。ジョウビタキも二日目以降入ってきて、行く先々で出合うようになった。鳥友人いわく、「ジョウビタキのなる木あった。」との事。学校裏グラウンドでは、一本の枝にジョウビタキ♂が2羽とまるのを何度も見ることができた [続きを読む]
  • 飛島秋Ⅱ'15.10月
  • [①アカアシチョウゲンボウ]朝ご飯を済ませて、自転車に乗り、ヘリポートに真っすぐに向かったのがラッキーだった。いつもは、学校裏のグラウンドに寄り、小一時間ほど観察・撮影してから坂を上っていくのだが、この時は何故か、グラウンドをPASSして坂を上った。すると、二人のバーダーが何かを撮っている。レンズの先を探すと、電線に猛禽がとまっている。瞬間的に「ハヤブサだ。」と思った。急いでカメラをセットして、まずは証 [続きを読む]
  • 飛島秋Ⅰ'15.10月
  • 2年続けて行けなかった秋の飛島に、何とか今年は行くことができた。3年ぶりの秋の飛島。今年はどんな鳥たちに出合えるのかと、わくわくしながら船に乗った。結果から言うと、・・・これまで行った秋の飛島の中で、一番よかった。鳥の数も、鳥の種類も多く、わくわくする鳥見だった。今回は、出合った主な鳥を3回に分けて載せることにする。[①ノドジロムシクイ] 何と言っても一番はこの鳥さんでしょう。           何 [続きを読む]