kitanotori さん プロフィール

  •  
kitanotoriさん: 暮らしてみれば in kitakaruizawa
ハンドル名kitanotori さん
ブログタイトル暮らしてみれば in kitakaruizawa
ブログURLhttp://kitanotori.exblog.jp/
サイト紹介文北軽井沢の自然の中でゆっくりのんびり暮らしています。 なにか素敵なものはないかなぁと探す日々です。
自由文北軽井沢は標高1100mの高原です。
北の文字に軽井沢と続きますが、軽井沢より自然が勝っている土地、自然体なのかも。
美しいもの、素敵なこと、寂れているところ、全てそのままに受け入れて暮らしを楽しもうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2014/10/17 08:51

kitanotori さんのブログ記事

  • 北軽井沢の森の妖精はドングリ案山子
  • 森には妖精がいてもいいんじゃないかなと思いを馳せる「妖精=小人で三角帽子に丸い鼻」の流れじゃなくトロールのような恐ろしいものよりも不思議な感じの北軽井沢の森の妖精散歩の途中で落ち葉や枯れ枝 ドングリをポケットに詰め込んで帰宅どれどれ試しに作ってみようドングリに目鼻竹ひごを突っ込んで・・・・ちょっと面白いかも洋服も作ろうそう アフリカの魔術師とか 日本の古典的な衣装... [続きを読む]
  • 秋が終わるまでテラスでいっぱい楽しむ
  • 北軽井沢の冬は長くて厳しいだから、秋が終わるまでお天気が良くて日差しが暖かい日は、できる限りテラスで楽しむことにしている昨日、長雨の後、あっという間に青空が広がり、夫が急いでテラスの椅子とテーブルを拭き上げるお友達のお土産でランチ湘南 真鶴 「魚伝」さんの塩サバとお庭のカボス素晴らしいマッチング美味しいご飯は、お友達のために炊いた舞茸ご飯の残りを冷凍していたもの。電子レンジで温めたら... [続きを読む]
  • 北軽井沢で買うもの
  • 北軽井沢の道の駅で必ず買うものそれは鷹の爪都会のスーパーマーケットでは焦げ茶色の中国製しか手に入らず日本産は少々高値北軽井沢の道の駅だと、色が綺麗で値段も安いただ、生乾きの場合カビが生えるので、乾燥具合を確かめるのがポイント今回は、枝をブーケにして売っていた生生している。乾燥させなくっちゃ可愛いからこのままでハロウィーン飾りとしていけそうこんなにたくさんどうする?と思われるかもしれない... [続きを読む]
  • 美しい栃の葉を門柱に結びました。
  • 色づいた栃の葉が落ちてきた。カリカリに乾いたものではなくて、しっとり美しい葉だ。そらを見上げ、栃の木を見上げる。去年まで、大きな落ち葉やコロコロ転がる実が庭住に落ちて掃除が大変で、庭のあちこちに生えてきた栃の若木を切り取っていたから、栃が付け届けをしてきたのかしら。大丈夫だってば。我が家の三番手に大切な木に決めたって言ったじゃないか。門柱に、この美しい落ち葉を括り... [続きを読む]
  • 北軽井沢の秋 深まっています
  • 去年は10月の後半になっても木々の染まりが今一つで心配したのだけれど、今年の北軽井沢の紅葉は速い。朝目が覚めて窓の外を眺めるたびに色が深まっていて驚かされる。朝と夕方の間にもどんどん進んでいて、その変化の速さに心が震える日々。落ち葉のカーペットはその厚みを増し、我が家のシンボルツリーの山桜は、葉がどんどん落ちて隙間だらけになり、空が透けてみえるようになってしまった。でも... [続きを読む]
  • もってのほか
  • 春に植えたいろいろな野菜もほぼ終わり。今いるのは大葉、パセリ、バジル、ミント、セージ。精いっぱい頑張って残っているという感じ。唯一、今盛りを迎えているのが食用菊 「もってのほか」花が重くてヨレヨレしているので、今日添え木をしてやり、ついでに、重すぎる花を摘み取った。これまでは中国の工芸茶に入れて姿を楽しんだり、サラダに散らしたりしていたが、今日は甘酢を作って... [続きを読む]
  • 今年はA級品の花豆
  • 八ッ場道の駅へ。お客様に好評だった刺身こんにゃく。食べてお土産に渡してでなくなってしまったので、仕入れにでかけることに。野菜の種類は少ないかな。欲しかった茄子も手に入らなかったし。でも、今年の花豆を見つけた。これはA級品。毎年、JA a-coop で買っているのだけれど、尋ねたら、今年の発売は11月になるとのことだった。今年の値段、たぶん、1kg 3000円くらい... [続きを読む]
  • 北軽井沢ではターミネーターと戦わなくてはならない
  • 日が暮れてから、夫がランプを灯してテラスでくつろいでいたので、私も一緒に座って炎を眺めることにした。何気なく左を向いたら、硬いものが頬に当たった。手で払ったらカメムシだった。家に駆けこんで洗面所の鏡で全身を確かめる。あれ〜〜袖にもカメムシが付いている!慌ててタオルで洗面ボールに叩き落として水を流した。暫く排水口を見ていたら、細い足が見えた!這い上がってきたんだ!たっ... [続きを読む]
  • 豪華なやりくり料理
  • 八ッ場道の駅で買ったキタアカリが2個残っていたのでポテトサラダでも、と思ったのだけれど胡瓜なし何をいれようかなぁ、りんごなんかいいかな昨日ご近所さんから「秋映」をたくさんいただいたところなので丁度いいじゃが芋はシャトルシェフに茹でてもらい秋映はカットして塩水につけておく庭の畑にかろうじて残っているイタリアンパセリを少々刻む味付けは、すし酢とマヨネーズあら、赤... [続きを読む]
  • 花豆の瓶詰
  • 11月になったら今年の花豆が発売になると聞き、引き出しに残っていた去年の花豆を慌てて水に漬けた。花豆は皮が分厚い。私流では、皴が無くなるまで、2日ほど水に浸す。水を替えて、軟らかくなるまで煮る。この軟らかくは、豆が、ではなくて、皮が軟らかくなるまでということ。ちょっと古い豆だからダメかも?などと弱気になってはいけない。じっとじっと、皮が軟らかくなるまで落し蓋をして煮る。砂... [続きを読む]
  • 栃の木 CONKER
  • 庭に出て、朴の木、好きだなぁなんて思いながら上を見上げたら、赤く輝く葉。こんな木、我が家の庭にあったっけ。栃の木だ。黄色くなって散るだけだと思っていたのに、こんなに赤く紅葉するんだ。我が家の庭には栃の木はたくさんいる。実がいっぱい落ちてくる。栗拾いをしているひとが、「あ〜〜綺麗な栗〜〜!」と拾おうとした。「ダメダメ、それ栃だから、苦いから。」 と慌てて止めた。... [続きを読む]
  • 食の冬支度の始まり
  • 今北軽井沢は美味しい野菜がたくさん手に入るのだけれど、来月末になると厳しくなりはじめる。冬も滞在する我が家にとって、サラダ用の野菜が少ないのはつらいところ。今日ご近所さんからこれをいただいた。FUJITSUの「キレイヤサイ」冷蔵庫で長期保存ができる便利な品。実は我が家も、毎年12月にこの「キレイヤサイ」をクリスマス、正月用に冷蔵庫に詰め込む。毎年息子がプレゼントし... [続きを読む]
  • マムシグサ
  • 股関節を鍛えようと決めて、夫の散歩について出かけた。もしもの時はオンブして助けてもらおう。(絶対無理だね)お〜〜マムシグサ発見!我が家の庭にも、今年はたくさんいたのだけれど、あの曼荼羅模様でひんやりした茎が苦手で、全て掘り起こしてしまった。だから、この赤い実は今年はいない。軽井沢の知り合いは「へびのおかあさん」と呼んでいた。実がなる前の花はまさにヘビが鎌首をあげたよ... [続きを読む]
  • 朴の実
  • 初めてこれを見つけた時、赤い実をたくさん食べた動物の糞だと思った。北軽井沢の友達もおなじことを言っていたっけ。これは、私の大好きな朴の木の実。そうだと知ってから、見つけては庭の切り株の上に乗せるようになった。暫くしたら、庭のいろいろなとろに植えてみようか。大好きな朴の木が庭にいっぱい住んでくれるといいなぁ。田舎暮らし ブログランキングへ... [続きを読む]
  • カトリーヌって誰?
  • 北軽井沢での暮らしでは毎夜、夫婦でワインを楽しむ。普段はネットで買っているのだけれど、近場で衝動買いすることもある。購入した値段をネットで一生懸命夫が調べ、大喜びをする時もあれば、ショックに顔が曇ることも度々。もっと正確に適正価格を調べたいと思ったようで、価格がわかる外国のサイトを携帯にダウンロードしたそうだ。それ以来、「このワインは5ポンド!」と英国通貨で告示 (... [続きを読む]
  • 油断できない日々の始まり
  • 本日の北軽井沢は雨。色づき始めた木々がしっぽり濡れて、それがまた美しい。昨日はお客様を案内して軽井沢。我が家の場合、一旦北軽井沢入りすると山を下ることは滅多にないので軽井沢にはあまり詳しくない。地図を見ながら、ナビを睨みながら、夫婦でもめながらのご案内となる。車の後部座席に座る人には少々居心地の悪いことになったかもしれない。申し訳ないこと。新幹線で帰る友人を軽井沢... [続きを読む]
  • 今年の栗、本日にて本当に終了
  • もう無理。剥いても剥いても虫。柴栗はもう今日で終わりにしよう。最後の栗ご飯。もち米少々加え、シャトルシェフで炊いた。今年のレシピは、米1合につき、塩小さじ半分、酒とみりんが大匙半分。来年はまた変わるかもしれない。これが昨日のランチ。「ご飯だよ〜!」と夫を呼んだら、「お!カキフライか!!」って・・・・ここは北軽井沢。そんなもん売っとらん。それでも黙って黙って... [続きを読む]
  • 北軽井沢の紅葉
  • 夫の妹と姉夫婦が遊びに来てくれてて楽しい二日間を過ごし、早朝、ゴルフ場へと出発した一昨日期待はずれで午後から雨になってしまった。気の毒だなぁ。夕方、ゴルフの結果は散々だったとメールをくれた。やっぱりね。5日から友達が来てくれることになっていて、柴栗を持って帰りたいとリクエストをもらっていたので、遅いかなぁと思いながら栗拾いにでかけた。日陰の小径では意外に落ちていて、袋い... [続きを読む]
  • 天然舞茸
  • 舞茸を干して買い物に出かけたら、90何歳のおじいさんがとってきたという天然舞茸を売っているのを見つけて買ってしまった。今晩鍋にいれようと思って干していたのだけれど、流石に天然舞茸を鍋にいれるのはもったいないねということになり、今日は干していた北軽井沢産の舞茸で鍋にして、明日はお店のおじさんのお勧めに従って、バター炒めと天ぷらでたべてみることにしよう。美味しそう... [続きを読む]
  • 鱗雲
  • 空を見上げたら鱗雲慌ててカメラを向ける。夫も気が付いてカメラを取りに走る。毎日毎日自然と向かい合わせで暮らしている気分。ここ数日良い天気が続き、お昼はテラスでお茶を楽しむこともできた。でも雲はしっかり秋に代わり、気が付けば、周りの木々もうっすら色づき始めている。庭には毎日のように猪が遊びに来ている様子。参ったなぁと思っていたのだけれど、森の中は、彼らにとっても... [続きを読む]
  • サラシナショウマ
  • サラシナショウマが所々、熊笹の間からあたまを突き出すように咲いている。夏に葉を伸ばし、秋にやっと花が咲いて誰なのかが判明する野草たち。庭作りには気長に対応するしかない。珍しい花をみつけたら、ついつい場所を移植して増やしたいと思うのだけれど、今の時期、土を掘るのはどうもいけない。前回、猪に朴の木の径を荒らされ、やっと花芽がきた斑入りのホトトギスを掘り出されてしま... [続きを読む]
  • 残念!
  • 新しい屋外用ランプを購入。キャンプ用品で、ガスボンベの部分を好きな色に夫が塗装。先日お伺いした知り合いが見せてくれたのが気に入り、早速お取り寄せ。知り合いには「あなたのオマージュとして、同じものを購入して塗ってみました。」などと言い訳のメールを送る夫。パクリとは言いにくいのね。でも、なかなか恰好がいい。ホヤがレトロで美しく、今夜さっそく・・・・と思うのだけれど寒い... [続きを読む]
  • 寒い
  • 一昨日から突然冷え込み始めた北軽井沢昨日の朝の明け方の気温は3℃を下回っていた。あまりに寒くて、床暖のスイッチをいれ、薪ストーブの試験も兼ねて火を入れてみることに。勢いよく燃えた後。もっと薪を入れてくれるのかなと思ったのに、今日はここまでと夫。私はまだ寒いんだけれどなぁ。一日中柴栗との闘いに苦戦。ちょっと間違った作り方をしてしまい、修正に一日かかってしまった。森の中、栗は落ちている... [続きを読む]
  • 栗茶わん蒸し
  • お昼ご飯。南瓜、蓮根、玉ねぎ、人参、椎茸、舞茸に柴栗。これを朝食の後、シャトルシェフに仕込んでおいたもの。栗が美味しい。柴栗の現在のレパートリー。渋皮煮柴栗ご飯柴栗スープ栗のニョッキなどなど作ってきたが、今年の大ヒットは、なんと茶わん蒸し。柴栗と豆腐を入れてシャトルシェフで作ってみたら、この栗の食感がいい! とってもいい!今回の栗は、渋皮煮を作るために渋... [続きを読む]
  • 森の散歩
  • 毎日柴栗を拾っていると、いつのまにか遥か遠くまで歩いている。それなら森の中に散歩に行こう。ついつい赤い実に目が引き寄せられる。好きだなぁ。我が家の庭にいてくれたらよかったのに。これは・・・・たぶんキノコの仲間。キセル草とかのたぐいかな。マユミかしら。まだつぼんだままぶら下がっている果実がとっても可愛い。何気なく空を見上げて気が付いた。... [続きを読む]