時代屋だんぞう(DANZO) さん プロフィール

  •  
時代屋だんぞう(DANZO)さん: 時間の外
ハンドル名時代屋だんぞう(DANZO) さん
ブログタイトル時間の外
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/banbo1706
サイト紹介文気ままな雑記帳です。話題はあれこれ&あっちこち空を飛びます。
自由文昔の私のHPを復刻した別ブログ「時代屋小歌(音楽編)」「時代屋小歌(旅編)」もあります。そちらの方も、よろしくお願いします。
時代屋小歌(音楽編) http://blog.livedoor.jp/syunka16-mymusic/
時代屋小歌(旅編) http://blog.livedoor.jp/syunka16/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/10/17 12:45

時代屋だんぞう(DANZO) さんのブログ記事

  • アイス総選挙とホームランバー
  • いつぞや、テレビで「アイス総選挙」なる番組が放送されていた。私はアイスは大好きで、一年中食べている。家には箱に入ったボックスアイスの買い置きを欠かさず、夕飯後にはたいがい食べている。冬も。オールシーズン。そんなアイス好きな私なので、「アイス総選挙」は興味津々で見た。その番組でのランキングは何位まで発表したかちょっと忘れてしまったが、とりあえずベスト20の結果だけは書かれたサイトを見つけたので、 [続きを読む]
  • ギターが売れない時代
  • ギブソンといえば、ギター制作会社の名門ブランド。今からちょっと前に、そのギブソン社の経営破たんのニュースを耳にした時は驚いた。聞けば、フェンダー社もピンチだという。あれほどの名門会社がそんなことに・・・。もっとも、ギブソンは、ギター制作部門では収益は悪くないのだが、それ以外にも手をのばした結果、それが経営を圧迫したらしいのだが。とはいえ全体的に昨今はギターが売れないそうではある。特にエレキが。少 [続きを読む]
  • 要注意  安易な省略  損を呼ぶ
  • かなり前のことになるが、ある中華そば屋に入った時のこと。その店には、カウンター席とテーブル席があったが、私は1人だったのでカウンター席で食べていた。すると、後からおばさん数人のグループが店に入ってきて、空いてたテーブル席に座った。当然、注文をとるために、店のスタッフがそのテーブルに近付いた。すると、おばさんの1人は一言「中華」とオーダーした。その言葉を受けた店のスタッフは厨房に向かって「へい、チュ [続きを読む]
  • コミック誌の連載作品の掲載順について
  • コミック誌では、読者アンケートで、掲載作品の人気度を計っており、読者人気が芳しくない作品は、掲載順がだんだん後ろに下がってくるという。たとえ、新連載当時人気があったとしても、だんだん人気が下がってくると、雑誌での掲載場所が後ろに下がってくるという。全ての作品がそうなのかどうかは私にわからないし、時には巻末なのに色がついてる作品もある。そういう作品が巻末にあるのは、きっと別の理由のような気がするし [続きを読む]
  • 宿で、客にとって大事な要素
  • 旅に出て宿に泊ると、その部屋の窓からの景観というのはけっこう大きい。宿の部屋に入り、まずは窓からの眺めを確かめることが私は多い。窓から見えて嬉しいのは、海、渓流、渓谷、山など。海が見えた場合、テレビなどをつけずに、窓から海の景色を見ているだけで、飽きない。はるかむこうに水平線が見え、海原を包み込むように大空が広がり、よく見ると船が海に何艘か浮かんでいて、波打ち際では波の満ち引きの音が響いていると [続きを読む]
  • ダウンロードどアルバム購入、どちらが得?
  • 先日、プログレロックをダウンロードで購入する場合の値段を調べてて、思ったことがあった。なぜプログレロックのダウンロードの値段を調べていたかというと、そこには単純な疑問があったからだった。ご存知のように、プログレロックは、1曲あたりの時間が長い場合が多い。中には、アルバム片面が、たった1曲で占められている場合もある。例えば、マイク・オールドフィールドの初期の作品(「チューブラーベルズ」から「呪文」ま [続きを読む]
  • 狭い歩道で、日傘をさす人とすれ違う時。
  • 雨の日にお世話になる傘というもの。傘をさしてると雨に濡れない(少なくても頭は濡れない)のはいいのだが、傘を持つために片手が埋まることになる。傘の必要性は感じながらも、その「片手が埋まる」という状況が、どうも不便に思えて仕方ない。なので、出来ればちょっとぐらいの雨なら、多少濡れても傘をささずにすますことが、私にはそこそこある。でも、さすがに雨の勢いが強い時は、そうもいかず、やむなくさしたりするけれど [続きを読む]
  • 虫取りアミと虫カゴを持った少年
  • 少年時代の私は、夏休みは虫取り網と虫カゴを持って、外を歩いていたと思う。私は都心生まれの都心育ちだったので、少年時代に私が虫取り網を持って歩いていたのは当然町の中だった。ということは、当時は都心でもけっこう、子供が捕まえたくなるような虫が、町の中でも多くいたのだろう。今は・・・都心では、虫取り網や虫カゴを持って、都心の街の中を歩いている子供はあまり見かけない。都心ではもう、子供が捕まえたくなる [続きを読む]
  • 韓国ドラマがBSの昼間に多数放送されてるわけ
  • 平日が休みの時で、昼間特にやることが無い日、何気にテレビのBSを見ることがある。すると、放送予定番組表を見ると、あちこちの局で韓国ドラマが放送されているのがわかる。これって、ちょっと不思議に思ったことがあった。ドラマなど、日本でも多数制作されていているし、世界には多くの国があることから韓国以外の外国のドラマも多数あるはず。なのになぜ韓国ドラマが、ある意味偏ったように多数放送されているのだろう・・・と [続きを読む]
  • 埋もれた自作曲の蔵出しシリーズ 22
  • ここ数年、私の中で恒例になっている自己満足企画「埋もれた自作曲の蔵出しシリーズ」を先日やってきた。今回で、そのシリーズは22回目になった。その「埋もれた自作曲の蔵出しシリーズ 22」で歌ったのは計5曲。今回のその5曲で、このシリーズで歌った曲は、通産80曲になった。このシリーズで選曲する曲の基準は・・1、一度も人前で歌ったことのない自作曲2、過去に1〜2回くらい人前で歌ったことがあっても、その後 [続きを読む]
  • ネットの限界?
  • いくらネットが発展・普及しても、限界はある。例えばショッピングの時。ネットは視覚・聴覚にはある程度応えられても、嗅覚、味覚・触覚はどうにもならない。視覚は写真や動画である程度判別できる。聴覚は音声である程度は判別できる。そう、ある程度は。だが、嗅覚・味覚・触覚は、写真や音声では確認しようがない。ネットが今後どのように発展していくのかはわからないが、もしも嗅覚・味覚・触覚にも訴えることできるように [続きを読む]
  • 「よどみない流れ」の歌詞 復刻しました
  • 私のかつてのHP「時代屋小歌」の音楽面での記事を復刻するブログ「時代屋小歌(音楽編)」のほうで、新たに自作曲の歌詞を1曲復刻しました。その曲とは「よどみない流れ」という曲です。こちら↓http://blog.livedoor.jp/syunka16-mymusic/archives/5091980.html時代屋の曲の中では「精霊の街」と並んで、女性からの支持が高かった曲です。この曲が時代屋の曲の中では一番好き・・と言ってくれる方もいました。それは、「 [続きを読む]
  • 埴生の宿  という曲
  • 埴生の宿。はにゅうのやど。羽生さんとは無関係。古くから伝わる外国産の唱歌である。学校時代に音楽の時間に習った方もいらっしゃるのでは。私がこの曲を知ったのは、小学生時代だったと思う。当時私の親はアパート経営をしていたのだが、アパートの住人のひとりであったОさんと私は仲良くなり、Оさんがある日私の部屋に遊びに来た時に、「埴生の宿」を教えてくれた。初めて聴いた時は、のんびりした歌だなと思ったぐらいで、後 [続きを読む]
  • リニアモーターカーを初めて知った頃
  • 私がリニアモーターカーのことを知ったのは、いつ頃だったろう。今からかなり前だったと思う。70年代の前半頃だったかもしれないが、はっきりとは特定できない。ちなみに、この日記で書くリニアとは、磁力で浮くタイプのものだ。新幹線を遥かに上回る速度が出せて、その結果、例えば東京から名古屋や大阪までの移動時間が新幹線よりもはるかに短くなる・・・ということだった。その時、私は、リニアは将来新幹線に取って代わ [続きを読む]
  • 高校野球 夏の甲子園大会と熱中症
  • 猛暑が止まらない。そんな夏、ふと思うことがある。毎年、夏の甲子園球場では、高校野球が行われる。全国から予選を勝ち抜いてきたチームだけが出場できる「栄光の舞台」であろう。長い歴史もあり、これまでに数多くのスター選手が登場してきた。甲子園球場というのは、高校球児にとっては憧れの舞台なのだろう。私は一日中はりついて見てるわけではないが、全く気にならないわけでもなく、時にはBGMのような感覚でテレビ放 [続きを読む]
  • 空から落ちてきたアイツ。空中で突然死?それとも・・?
  • 先日、ある街道を歩いていた時。そう、ちょっとした散歩というか、ウォーキングで。私の背後で、大きな音がした。ドサッ!という大きな音だった。その音は、あたりにも大きく響いた。同時に、女性の悲鳴が聞こえた。道路に何かが落ちたのか、あるいは路上で何かトラブルでも?「何があったんだ?」と思い、後を振り返ると、道の上に何かが落ちていた。それは私が今歩いてきた道の上だ。私からは10メートルぐらい離れた場所だっ [続きを読む]
  • 自分の分身、過去と現在
  • かつてこのブログで、私が音楽活動をやめたと自覚するのはどんな時だろう・・というテーマで日記を書いたことがあった。その時の答は「曲を作らなくなったら、自分の音楽活動は終わったことになるのではないか」であった。最近の私は曲を作るペースは相当落ちている。へたしたら年に1〜3曲できるかどうか。昔出した自分の答だと、私の音楽活動は終わりかけてることになる。だが、自分としては、そういう気にはなっていない。か [続きを読む]
  • 「神津島の悲劇」   復刻しました
  • かつて存在した私のHP「時代屋小歌」の旅編の記事を復刻する別ブログ「時代屋小歌(旅編)」のほうで、このほど新たに1編の記事を復刻しました。その記事は「神津島の悲劇」というものです。こちら ↓http://blog.livedoor.jp/syunka16/archives/2344734.htmlこの内容は、当時の我々の「生物に関する無知」に起因するもので、今となっては恥ずかしく、愚かでもあり、なおかつ残酷な記憶でもあります。だから、何十年 [続きを読む]
  • 服部半蔵が大河の主役になる「半蔵の門」
  • 以前にも書いたかもしれないが、いつか服部半蔵を主役にして大河を作ってほしい。ベースになる作品としては、コミック「半蔵の門」という作品なんて、もってこいだと思えるのだが、いかがだろうか?それをベースにして、脚本家が膨らませるということで。ベースになる作品があると、やりやすいのでは。もちろん、忍者そのものを大河にするというのに抵抗があるなら、半蔵の「武将」としての面を強調して描いてもいいわけだし。私 [続きを読む]
  • 勤続(?)20年以上のエアコン
  • 先日の夜。蒸し暑くて寝付けなかったので、一時間だけでも寝室の冷房を入れて寝ようとしたら、いくらリモコンを触っても、エアコンが動かなかった。リモコンの電池切れかな?と思って、リモコンを見たら、画面表示はくっきりしてるので、どうやらリモコンの電池切れではなさそう。ということは・・エアコン本体が壊れてしまったようだった。まったく無反応。考えてみれば、寝室のエアコンは、今私が住んでる場所に引っ越して [続きを読む]
  • 「モーニング・アゲイン」、復刻しました。
  • かつて存在した私のHP「時代屋小歌」の音楽面の記事を復刻する別ブログ「時代屋小歌(音楽編)」の方で、このほど新たに1曲、自作曲の歌詞を復刻しました。今回復刻したのは「モーニング・アゲイン」という曲です。こちら ↓http://blog.livedoor.jp/syunka16-mymusic/archives/5117378.htmlこの曲が出来たのは、20代後半の頃でした。当時私が組んでたポップスバンドのために作った曲でした。当時のバンドでは私の曲作 [続きを読む]
  • 追憶の教科書  「いっぴきたりない」と「やまびこ」
  • 教科書というもの・・・あなたは保存してあるだろうか?私は・・卒業して数年はとっておくこともあったが、気づけばいつしか処分してしまってきている。なので、手元に残っている教科書というのは・・見当たらない。もしかしたら、押し入れの奥の段ボール箱に、1冊か2冊ぐらい「処分し忘れた」教科書が残っているかもしれないが、確証はない。それでも、残っていたとして [続きを読む]
  • ケメ 一周忌ライブ
  • 先日、去年亡くなったケメこと佐藤公彦さんの一周忌ライブに行ってきた。場所は、晩年のケメがライブを行っていた店、大森のフォーク居酒屋「風に吹かれて」。ケメの一周忌ライブ・・・ということで、若かりし頃のケメにゆかりのあるミュージシャンが集結。集まったミュージシャンは以下の通り。ピピ&コット佐渡山豊さん佐藤龍一さん生田敬太郎さん加奈崎芳太郎さんこのうちピピ&コットは、金谷厚さん、よしだよしこさん、 [続きを読む]