tk さん プロフィール

  •  
tkさん: 大人の E 小説
ハンドル名tk さん
ブログタイトル大人の E 小説
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/obitwo-111/
サイト紹介文「異星にて」「迫り来る性欲」「お〇〇こ ぱんつ」などありますが、恥ずかしいので読まないで下さい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/10/18 07:34

tk さんのブログ記事

  • ハーレム S 43  気持ち良すぎる○○○
  • (ぁあ・・気持ちがイイ・・こ、このオンナのお〇〇こ・・最高に気持ちがイイ・・)友哉はヤリマの尻を掴みながら腰を振り、出し入れしていた(この女・・正常位で味わうのもかなりの気持ち良さだが・・バ、バックは・・ さらに・・・気持ちがイイ・・ぁあ・・あああ・・)彼のまわりには先ほどセックスをしたばかりの性交管理員の香苗を含め十数人のオンナたちがいた(お・・俺のセックス・・見られてる・・・皆が・・俺のセック [続きを読む]
  • 絶頂光線で・・イッちゃう・・
  • 「ヤツはとんでもない武器を持ってるらしいな」「そのようです、キャップ」「どんな武器なんだ?」「さぁ、まだハッキリとした情報がなくて、よくわからないのですよ」「何星からきた星人なのかは、分かっているのか?吉田隊員」「いいえ、さっぱりわかりません、キャップ」「調べとけよ!吉田!」「す、すみません野々村副キャップ」「本当よ、吉田!あんた、しっかり調べときなさいよ そうでないと、あんたが短小包茎早漏だとい [続きを読む]
  • 射精するなら外に出ろ
  • 「射精するなら外に出ろ」彼は私に冷たく言い放った私だって・・好きで射精するわけじゃない・・女の私のカラダにおちんちんが生えてきたのは、数日前のことだなぜ?どうしてオンナの私におちんちんが生えるの?女の部分もあるけどその上におちんちんが・・ふたなり?これってフタナリってやつ?・・・ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「さぁ、セックスしよう」私におちんちんが生えたその夜、彼 [続きを読む]
  • X(エックス) 3  皆に見られながら
  • 奥田操縦士は腰を振り始めた「あ・・あんたがXではないということを証明するために・・し、したくもないSEXを・・してやってるんだから感謝しろよな」ワイルドでカッコイイ男、この施設の男の中では彼が1番カッコイイ・・ああ・・その男に・・私・・セックスされてる・・皆がいる前で・・皆に見られながらセックスされる私・・こ・・こんな状況を思い浮かべながら・・オ〇ニーをしたことがある・・ああ・・実は・・私のオ〇ニー [続きを読む]
  • セッ○スの直前にオ〇ニーをする 美しい妻
  • 私は夫の体を渇望していたぁあ・・欲しい・・たまらなく欲しい・・夫のカラダ・・あのぬくもりオトコのカラダ・・オトコのにおい・・そして・・オトコの性器・・おちんちん・・ペニス・・男根・・ち〇ぽが欲しい・・待ちきれない・・ぁあ・・はぁん・・僕の妻はとても美しい周りの人からは「キレイな奥さんですね」とよく言われる同僚からは「あんなキレイな奥さんと好きなだけヤれるなんて・・お前うらやましすぎるぞ」と本気で嫉 [続きを読む]
  • X(エックス) 2  
  • 未知の生物X(エックス)は犠牲となった誰かそっくりに姿を変え、私たちの中にいるそれは次から次へと犠牲者を出すつもりだ・・私たちは吹雪でこの施設から逃げることが出来ない見た目だけではXは判別するのは不可能だしかし上原博士は言った「射精だよ・・ 射精の時の男性器の様子で・・見分けられる」思いがけないその「射精」「男性器」という言葉にこの施設で唯一人の女性医師である私 近藤 美保 は封印されていた性欲が一 [続きを読む]
  • X(エックス)
  • 「このままじゃ俺達は全員、ヤツに殺されるぞ!」安藤技術士が狼狽しながら言った「もう2人も殺られたからな、しかしヤツの正体は何なんだ?」井川調理師がテーブルをたたきながら言った「地球上の生物ではないようだ、未知の物体X(エックス)とでもいうべきかな」上原博士がメガネを上げながら言った「ヤツは殺した人物そっくりに変異し、その人物になりすます恐ろしい能力を持っている・・今も・・俺達の中に何食わぬ顔をして [続きを読む]
  • 休日にオ〇ニーをして叱られる いやらしい夫
  • 「ただいま〜」休日、私はひとりで買い物に行き、そして帰宅した夫はちょうどトイレから出てきたところだった「ただいま」私は夫に声をかけた夫は私に気づき、一瞬ドキリとした「ぁ・・ああ、おかえり」その瞬間、私は察知した「あなた・・何してたの?」「え?・・何って・・特に何も・・休みの日だからのんびりと・・」夫の態度がぎこちない私にはわかる夫は私がいない間、オ〇ニーをしていた、そして射精し、それを今トイレに流 [続きを読む]
  • ハーレム S 42   レベル50の快感
  • 「ぁあ・・気持ち良かったよ・・香苗さん・・すっごく気持ち良かった・・」その射精は・・ぁあ・・気持ち良かったSP3という強力な精力剤を何本も飲まされ、精が溜まりまくった状態になっていた友哉は射精の瞬間、あまりの快感に正気を失っていた当然のごとく白目になり、口を開け、腰を震わせながら射精の快感に夢中になったベッドを囲む数十人のオンナたちに見られていることなど全く気にすること無く友哉は夢中になって最高に気 [続きを読む]
  • 昨夜の性交が気持ち良かったと近所で言いまくる夫 2
  • 「ただいま〜」夜7時過ぎ、夫が仕事から帰ってきた「あなた・・・どうしたの?今日は朝から大変だったわよ」「え?何かあった?」「何かあった?じゃないわよ!ご近所や会社で昨夜のセックスが気持ち良かったって言いまくったそうじゃないの!」「ああ・・アレね・・」「アレねって・・どういうつもりなのよ!それに3発したとか、全部膣内射精だとか3発目が同時にイッて1番気持ち良かったとか言いまくって・・同じ階のおしゃべ [続きを読む]
  • 3度出せる男 
  • 「イク、イクわ・・またイッちゃうっ!」私が今夜何度目かの絶頂を迎え、痙攣しながらエクスタシーを味わっていると「俺もイクッ、い・・1回目・・出るッ!」と彼が興奮した声でうめき、そして引き抜いた彼の先端から熱い男のエキスがドックドクとほとばしり、私のおへそに飛んでくる「ううっ・・・ぁああ・・・あああ」あまりの快感にうめきながら射精する彼・・気持ちイイんだわ・・男の絶頂・・射精って気持ちイイんだわ・・ぁ [続きを読む]
  • 角オナ先生 2 
  • 「先生・・相談があるんです・・」クラスで1番まじめな高野 花江が担任の教師である彼女に言った「え?高野さんどうしたの?」「放課後・・先生と2人きりでお話したいんです」放課後 新米教師 角好 由美は家具屋さんに行く予定だった家具屋にズラリと並ぶ机やテーブル・・彼女が見るのは角だけだったその角をウットリと眺め、手でさする(ぁあ・・この角・・気持ち良さそう・・ここで・・ぁあん・・買っちゃおうかな・・)な [続きを読む]
  • 私は男に飢えていた 34  彼は私の目の前で震えながら絶頂した
  • 「僕、亀頭がとても敏感なんです」私は目の前の若い男根に見惚れていた、それはもうピンピンに勃っていた「え?・・なに?」私は若い彼の男の魅力的なシンボルを見ることに夢中になり、彼が言うことを聞き返した「こ、ここ・・お、おちんちんの先っぽが・・とっても敏感で、感じまくるんです」彼はピンク色の亀頭を指差して言った24歳の彼の男根・・それは剥けていた、仮性包茎のようだが勃ちまくりの今は、ズル剥けの亀頭まる出 [続きを読む]
  • とても気持ちイイことをする大人の男女の時間
  • その夜の夫はいつもより、あえぎ声が大きかったのです「ぁああっ・・ぁああ・・・あああ・・」「ど・・どうしたの?なんか、いつもより興奮してるみたい」「う・・うん・・・祐実・・な、なんだかオレ・・す、すげぇ気持ちイイ」「す、すごく気持ちイイって・・な、なにが?」「な、なにがって・・き、決まってるだろ・・ち・・ち〇ぽだよ・・いや・・正確に言うと・・きっ・・亀頭が・・・ぁあ・・異様に感じる亀頭が感じすぎて・ [続きを読む]
  • 昨夜の性交が気持ち良かったと近所で言いまくる夫
  • 「あなたイクわ・・私・・またイキそうッ!」「お・・俺もだ美恵・・俺もイクぞ!」「イクときは一緒よ!ね・・ねぇ・・一緒にイきましょう」「ぁ・・ああ・・もちろんだとも・・うう・・ぁああ」「イクッ、イクイク・・イクッ!」「う・・ウウッ!!・・う・・・おおお・・」「ぁあ・・気持ち良かったよ・・うん・・今夜のSEXは特別に気持ち良かった・・」数分後、夫は満足そうに言った「そう、よかったわね・・SEXが気持ち良くっ [続きを読む]
  • オスとメスになる 11 
  • 「さぁ・・腰振って・・おちんちんを・・ナマのおちんちんを・・出し入れして・・」すでに挿入し終えた結合部・・そのとってもいやらしい視覚的興奮と亀頭が味わい始めている先生の中の感触にすっかり興奮してしまった俺は無言でうなずいたゆっくりと腰を振ったぁあ・・ああ・・・ナマの感触・・・これだ・・こ・・この感触夢にまで見た、あの感触が再び・・・ギリギリまで引き抜き・・そしてゆっくりと入れる・・再び引き抜くぁあ [続きを読む]
  • 迫り来る性欲 35  
  • 「し・・射精する・・・出る・・・はぁあぁ・・出るぅ」「出して、出すのよ・・ち〇ぽから出すの!出しなさい!」時岡 満は手の動きを止めた香菜はゴクリとツバを飲み込んだ射精する・・射精するんだわ・・彼、射精する・・おちんちんから・・ち〇ぽから1分間も精を出すんだわ・・出しまくるのね・・彼の尋常じゃない射精の瞬間を見るそのことに香菜は興奮していた(どっちから出るのかしら?ニュルニュルと出る気持ち良さそうな [続きを読む]
  • あの人の折檻は ひどく気持ちがイイ
  • ああ・・もうご主人様が来るかもしれないは、早く・・体を洗ってシャワーを浴び終わらなきゃ私は慌てていた、今夜はご主人様が私をチェックに来る日だご主人様はいつ来るか分からない、決して教えてくれないし、時間もまちまちだ夕方に来る時もあれば、夜遅くに頃に来ることもある「おおい、女奴隷いるか?姿を見せなさい」ご主人様の声だ、来た!来てしまった!私は慌ててシャワーで体のソープを流しバスタオルでカラダを拭き下着 [続きを読む]
  • ハーレム S 41 
  • 「あ・・ぁあん・・気持ちイイ・・イキそう」「ふんっ、わかった、もういい」友哉は性交中のケイのお〇〇こから自分の男根をズルリと引き抜いた次から次へと女たちのお〇〇こを味わっている間に、友哉は腹が減ってきた性交に夢中で何も食べすセックスをしまくっていることに彼は気づいた考えてみれば今夜は何人のオンナを味わい、イカせ、何度射精したのだろう・・わからなくなってきたSP3を何本も飲まされ、性獣状態の彼は相変わ [続きを読む]
  • 夜の大人のデザートは腰を振って味わうのよ・・
  • 「どお?夕食美味しかった?」テーブルを挟んで向かいに座っている彼女が僕の顔を見ながら聞いた僕はドキドキしていたそれでなくても人と話すのが苦手な僕は、なるべく向かい合って座ることを避けていた顔を見て話すことが恥ずかしかったもし横に席があるのなら、横に座ってもらうようにしていたそのほうが顔を見ずに話せるので緊張しないのだそれは彼女も例外ではない、いやむしろ女性と話すことが1番恥ずかしかったそんな僕の緊 [続きを読む]
  • 「私の中に出して・・」と囁く女たち
  • 僕はとうとうタイムマシーンを完成させ、2500年の未来に到着したどんな世界なのか・・ドキドキしながら僕はゆっくりとタイムマシーンから降りたうわぁ暑い、すっごく暑いぞ・・温暖化が進んでいると思ったが想像以上の暑さだ未来は人がまばらだ・・歩いている人・・女性が多い・・男・・いないな・・女性の服装・・暑いからか・・大胆・・いや大胆すぎる、まるで下着姿水着姿で歩いている感じだうわ・・何だあの人!透けてる・ [続きを読む]
  • 僕の彼女は痴女 21 
  • 僕は・・いや、俺は奈々の口の中に射精したぁあ・・気持ち良かった・・奈々が渡したSP1だとかいう精力剤1ヶ月分の精が溜まるらしい・・それを飲んだ直後の射精の量はすごかった溜まっている時の射精の気持ち良さは男性なら説明するまでもないだろう「ぅうう・・おお・・はぁああ」思わずうなった・・あまりの気持ち良さに我を忘れ、うなりながら彼女の口内に出した彼女は・・俺は少し心配になったが、まるで欲しくてたまらなかっ [続きを読む]
  • 僕の彼女は痴女 20 
  • 今、僕が何をされているかを皆さんに伝えますぁあ・・シャブラれてます・・僕は奈々さんにシャブられている・・・僕は今、どんな感じなのかというと・・・気持ちイイ・・・夢見心地の気持ち良さ・・奈々さんもウットリしてる・・・まるで大好きなアイスキャンデーかチョコ棒をしゃぶり味わい尽くすかのように僕のおちんちんをシャブリまくっている・・よっぽど男のおちんちんが好きなんだ・・・ああ・・奈々さんエッチ・・とっても [続きを読む]
  • 僕の彼女は痴女 19 
  • 僕は奈々さんからもらった精力剤を飲んださっきまで痴女麻里さんと性交をしていたベッドの横で腰に手を当てグイグイ飲んだこういうのを飲むのは初めてだ・・効くのかな?即効性があるのだろうか?ん・・・え?ええっ?痴女麻里さんの中に出したばかりで萎えていた僕のおちんちんが・・勃ってきたグングンと・・おお、すごい「うふっ・・それ効くでしょ?SP1といって男性1ヶ月の精力が瞬時に溜まる効果があるんですって・・・ぁあ [続きを読む]
  • とどめの快感 3  地球人は みなエッチ
  • 「星人 来ないなぁ・・」地球を悪の星人から守るために遠い星からやってきたエースだが、毎日星人が襲ってくるわけではなかった。身長40メートルの彼は、地球では星 光一郎に姿を変えてアパートに暮らしていた。彼は地球防衛隊に属して仲間と一緒に星人と戦っている訳でもなく普段は無職で孤独な生活をしており、ヒーローといえども悪の星人が来ない限りとてもヒマなのであった「ぁ〜あ、今日も昼まで寝ちゃったよ・・まるで失業 [続きを読む]