すぐりふひと さん プロフィール

  •  
すぐりふひとさん: bitWalk's
ハンドル名すぐりふひと さん
ブログタイトルbitWalk's
ブログURLhttps://bitwalk.blogspot.jp/
サイト紹介文すぐりふひとのプログラミングメモ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/10/18 07:39

すぐりふひと さんのブログ記事

  • Fedora 29 リリース
  • Fedora 29 が 10 月 30 日(米国時間)にリリースされました。既にベータリリースから Fedora 29 に移行していましたので、正式版のリリースの監視がおろそかになっていました。??Fedora (/f??d????/) は、レッドハット社が支援するコミュニティー Fedora Project によって開発されている RPM 系 Linux ディストリビューションです。最初に Fedora Core 1 がリリースされてから 11 月 6 日で 15 周年を迎えます。? タイム [続きを読む]
  • JavaFX 11 と Netbeans 9.0
  • Oracle は、先月(米国時間の 2018 年 9 月 25 日)に Java SE 11 / JDK (Java Development Kit) 11 の一般提供を開始しましたが、このリリースから JavaFX のパッケージが削除されてしまいました [1]。JavaFX でちょっとした GUI プログラムを作って業務にも使っていたので、しばらくは JDK 11 に移行せずに古い JDK を使い続けるしかないかなと思っていました。 しかし、JDK 11 がリリースされる一週間前の 9 月 18 日 (UTC) に [続きを読む]
  • R Shiny を使ってみる (5)
  • Shiny は R のパッケージの一つで、 このパッケージを使うと R を用いて対話的に操作する Web アプリケーションを作成することができます。Web 上のユーザーインタフェース部分を司る ui.R と、内部動作を司る server.R の二つの R 言語スクリプトで、サーバーサイドのコンテンツを作成できることが大きな特徴です。 参考サイト [1] より引用 RStudio 上で Shiny による Web アプリケーションを作り始めたので、理解したことを備 [続きを読む]
  • Java 11 リリース
  • Java 11 が米国時間 9 月 25 日付で Oracle 社からリリースされました。 Oracle 社は 2017年に 6ヵ月ごとのリリーススケジュールを発表していますが、今回の JDK 11 はこのスケジュールに沿った最初の長期サポート版 (LTS, Long Term Support ) になります。次の LTS 対象の Java が登場するのは、3 年後 2021 年 9 月に登場する予定の Java 17 になります。 Java 11 の新機能については、下記の参考サイトを参照してください。今 [続きを読む]
  • R Shiny を使ってみる (4)
  • Shiny は R のパッケージの一つで、 このパッケージを使うと R を用いて対話的に操作する Web アプリケーションを作成することができます。Web 上のユーザーインタフェース部分を司る ui.R と、内部動作を司る server.R の二つの R 言語スクリプトで、サーバーサイドの style="font-size:small;"コンテンツを作成できることが大きな特徴です。 参考サイト [1] より引用 RStudio 上で Shiny による Web アプリケーションを作り始め [続きを読む]
  • R Shiny を使ってみる (3)
  • Shiny は R のパッケージの一つで、 このパッケージを使うと R を用いて対話的に操作する Web アプリケーションを作成することができます。Web 上のユーザーインタフェース部分を司る ui.R と、内部動作を司る server.R の二つの R 言語スクリプトで、サーバーサイドのコンテンツを作成できることが大きな特徴です。 参考サイト [1] より引用 RStudio 上で Shiny による Web アプリケーションを作り始めたので、理解したことを備忘 [続きを読む]
  • R Shiny を使ってみる (2)
  • Shiny は R のパッケージの一つで、 このパッケージを使うと R を用いて対話的に操作する Web アプリケーションを作成することができます。Web 上のユーザーインタフェース部分を司る ui.R と、内部動作を司る server.R の二つの R 言語スクリプトで、サーバーサイドのコンテンツを作成できることが大きな特徴です。 参考サイト [1] より引用 RStudio 上で Shiny による Web アプリケーションを作り始めたので、理解したことを備忘 [続きを読む]
  • R Shiny を使ってみる
  • Shiny は R のパッケージの一つで、 このパッケージを使うと R を用いて対話的に操作する Web アプリケーションを作成することができます。Web 上のユーザーインタフェース部分を司る ui.R と、内部動作を司る server.R の二つの R 言語スクリプトで、サーバーサイドのコンテンツを作成できることが大きな特徴です。 参考サイト [1] より引用 RStudio 上で Shiny による Web アプリケーションを作り始めたので、理解したことを備忘 [続きを読む]
  • いくつかの予測モデル作成とパフォーマンス比較
  • R による機械学習について、実例を用いた説明がされているサイトをいろいろ探しているなかで、R のパッケージ caret (Classification And REgression Training) を使った例を紹介している参考サイト [1] に大変興味を持ちました。このサイトで紹介されている機械学習による予測モデルの作成は、自分が取り組んでいる多変量解析の業務に応用できる大変有用な情報だったからです。 より大きなサイズのデータに機械学習のアルゴリズム [続きを読む]
  • Fedora on GPD Pocket (4)
  • GPD Pocket に Fedora をインストールして、プライベート用のサブノートとして毎週の出張に持ち歩くようになって半年余り。突然 WiFi が使えなくなってしまいました。迂闊にもパッケージアップデートとの因果関係が解らなくなってしまったのですが、まずは dmesg コマンドで起動時のエラーを見てみました。 dmesg コマンドと error の部分を表示$ dmesg | grep error[ 8.557787] systemd-gpt-auto-generator[570]: Failed to di [続きを読む]
  • Apache NetBeans 9.0
  • ニュースとしては古くなってしまいましたが 米国時間 7 月 29 日にApache NetBeans 9.0 がリリースされました [1]。 Java をはじめとしたプログラミング言語の開発環境としてオープンソースの Eclipse が有名ですが、NetBeans もまた オープンソースの統合開発環境 (IDE) です。私は JavaFX でプログラムを開発するのに便利だったので、Java/JavaFX の開発環境としてずっと使ってきました。ただ 2016 年に NetBeans IDE 8.2 がリリ [続きを読む]
  • 今度の Fedora 29
  • Fedora (/f??d????/) は、レッドハット社が支援するコミュニティー Fedora Project によって開発されている RPM 系 Linux ディストリビューションです。 次期リリース Fedora 29 で、2003 年 11 月 6 日に最初にリリースされた Fedora Core 1 (Yarrow) から数えて 15 周年目を迎えます。半年毎にリリースされている Fedora ですが、2013 年 12 月 17 日に Fedora 20 (Heisenbug) がリリースされた後、例外的にその次の Fedor [続きを読む]
  • RStudio Server と SELinux (Fedora)
  • RStudio は R のための統合開発環境 (IDE) です。RStudio には 2 つのエディションがあります。デスクトップアプリケーションとして利用する RStudio Desktop と、Linux 上でサービスとして動作させてリモート PC からウェブブラウザでアクセスして利用する RStudio Server です。 普段は RStudio Desktop (デスクトップ版と呼ぶことにします)を利用しているのですが、ある事情で RStudio Server の方も使うことになりました、RS [続きを読む]
  • GNOME3 デスクトップにアイコン表示はもうできない
  • GNOME3.28 から、デスクトップ上にアイコンを表示する機能が廃止されました [1]。正確には、デスクトップ上にアイコンを表示する機能はファイルマネージャである Nautilus (GNOME Files) に実装されており、そのサポートが GNOME3.28 から無くなりました。そのため最新の GNOME 3 デスクトップ環境をデフォルトで採用している Fedora ではずいぶん前からアイコンをデスクトップ上に表示できなくなってしまっています。 Fedora 28 [続きを読む]
  • R で主成分分析 (4)
  • PCA, Principal Component Analysis(主成分分析)の解析例として、前回まで iris のデータセットを使ってきました [1][2][3]。今回もひきつづき iris のデータセットを使って主成分分析をしますが、クラスター分析を利用して解析する集団を定義してみます。 R スクリプト まず、本記事で使用したスクリプトを以下に示しました。 library(ggplot2)library(randomForest)library(factoextra)library(plyr)library(reshape2)# ----- [続きを読む]
  • R で主成分分析 (3)
  • PCA, Principal Component Analysis(主成分分析)は、線形独立であるか自明でない多数の変数を、ばらつきが大きい順から線形独立な主成分 (PC, Principal Component ) と呼ばれる変数に変換(合成)します。これは本記事のシリーズの最初で説明したことです [1]。 主成分で表す空間は直交空間であるため、主成分は互いに独立しています。また変動(ばらつき)が大きい順に PC1, PC2, PC3 のように主成分の番号が割り当てられてい [続きを読む]
  • R で主成分分析 (2)
  • PCA, Principal Component Analysis(主成分分析)の解析例として、前回は iris のデータセットを使いました [1]。 この解析では、「がく」と「花弁」の長さと幅に4種類の変数について、「種」別に描画したボックスプロットを示しました。また、4つの主成分についても同様にボックスプロットで示しました。ボックスプロットを使ったのはどちらの場合も4つの変数しかなかったからです。 しかし、よくよく考えてみると4つしか変 [続きを読む]
  • R で主成分分析 (1)
  • PCA, Principal Component Analysis(主成分分析)は、線形独立であるか自明でない多数の変数を、ばらつきが大きい順から線形独立な主成分 (PC, Principal Component ) と呼ばれる変数に変換(合成)します。データの次元を削減するために用いられます。 次元が削減されてなにが嬉しいかというと、それは、多数の変数=多次元の情報を、少ない次元で端的に表現できるということです。主成分はデータのばらつき=変動の大きい順に P [続きを読む]
  • 才能の枯渇はまだ、いや、あればだけど…
  • 最近忙しいから疲れているのかな?独り言を書きたくなりました。 転職して職場が変わっても、その業界にいる限り、昔の同僚や先輩後輩に出くわすことがある。 「何だかんだ言ってもまだ半導体業界にいます。」と、かつてお世話になった先輩に某顧客の工場の喫煙室で挨拶をしたとき、「半導体業界以外に移る必要がなぜある?」と返され、返事ができなかった。 週の大半が出張の毎日。ホテルから出張先へ向う時間調整で、毎日ではな [続きを読む]
  • いまどきの GNOME デスクトップ
  • デスクトップを選択できない悲劇 2012 年 8 月から 10 月にかけてリリースされた Windows 8 は、従来の Windows デスクトップのユーザーインターフェイスを、タブレット端末などで画面をタッチして操作することを強く意識したスタイルに大きく変貌させました(右図:Windows 8 - Wikipedia より引用)。 このユーザーインターフェイスの変更は、従前のデスクトップ PC からタブレット端末へコンピュータの主流が移っていくと趨勢を [続きを読む]
  • 7インチ小型ノートパソコン One Mix Yoga 登場
  • GPD Pocket と同じ 7 インチ小型ノートパソコン One Mix Yoga が登場しました。現在、中国の通販サイト Geekbuying のサイトで予約を受け付けているようです。GPD Pocket の仕様と良く似ています。スペック概略を GPD Pocket と比較できるようにまとめてみました。 .spec { font-size:small; font-family: mono-space; border-collapse: collapse; } .spec th { padding: 6px; text-align: center; vertical-align: mi [続きを読む]
  • Fedora on GPD Pocket (3)
  • GPD Pocket に Fedora をインストールして、プライベート用のサブノートとして毎週の出張に持ち歩くようになりました。使っている中であれやこれやとアクセサリを買い求めて散財していますが、それがまた、このガジェットを使う愉しみにもなっています。今回は、そんなアクセサリ紹介の第二弾です。 モバイルモニター GPD Pocketに採用されている液晶は 1,920 × 1,200 ドット (WUXGA) の 7 型の IPS 方式のパネルです。高精細であ [続きを読む]
  • Fedora で Python 3 が Python のデフォルトになるのはいつ?
  • Python は、ウィキペディアの説明によると、 文法を極力単純化してコードの可読性を高め、読みやすく、また書きやすくしてプログラマの作業性とコードの信頼性を高めることを重視してデザインされた、汎用の高水準言語である。反面、実行速度はCに比べて犠牲にされている。(Python - Wikipedia より) とあるのですが、なぜ C と比較するのでしょう?いやいや、ここが問題なのではありません。さらに読み進めると次のような記述が [続きを読む]