小泊 さん プロフィール

  •  
小泊さん: 一碗
ハンドル名小泊 さん
ブログタイトル一碗
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kodoshige
サイト紹介文お茶どっぷりの半世紀。日本茶、中国茶、紅茶、お茶のことならなんでもあり。お茶作りから茶文化まで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/10/18 10:58

小泊 さんのブログ記事

  • 野球
  • いまの時期、一番幸せを感じます。そして、無職でよかった・・一日中野球を見ています。メジャーリーグと日本のプロ野球。両方とも天王山。貧乏性なので、ただ、漫然と野球を見ているのではありません。あれこれ勉強しているのです。野球を通じても日米の国民性がよくわかります。たとえば・・・          最終回、ツウーアウト。三振するにしても・・・日本は見逃しで三振・・ アメリカは空振りで三振・・・後悔が尾を [続きを読む]
  • 茶エンナーレ
  •        21日から「かけがわ茶エンナーレ」が始まります。で、市役所に公式ガイドブックをもらいに行きました。そしたら、前日の20日から配布するそうです・・・今日はからぶり・・三年がかりで準備している大掛かりなもののようです。結構お金もかけているので、期待しています。ところで、気になってることが一つ・・・あまり言うとまずいので、ここだけのはなしに・・・今回のイベントのキーワードの一つが「喫茶去」こん [続きを読む]
  • 今日のチャ茶
  •                             お土産に頂き物の岩茶を二種。大紅袍と老叢水仙。折角ですけど、最近、岩茶がブームだけに、包装と中身は別物。1999年の大紅袍。包装が三重になっていて、シールの物々しいこと!もっとも、これも山積みで売ってたものですけど・・・でも中身は納得物でした。同年の「肉桂」もありました。まあまあ物ですが、最近の岩茶よりいいですね・・めっきりいいものを手に入りにく [続きを読む]
  • モンゴルのお茶
  •                   先週、静岡駅南口のOCHAープラザに、松下コレクションのなかからモンゴルのお茶に関する品をいくつか展示しました。モンゴル族は、もっぱらミルクティーを飲みます。でも、紅茶ではありません。中国から運ばれた青磚茶や黒磚茶のような「黒茶」です。これを、削って搗き砕き、熱湯で煮だします。茶殻を取り除いた茶汁に牛や羊の乳、塩を加え、沸騰させて出来上がり。これを一日何回も飲みます [続きを読む]
  • 掛川祭り
  •        6日から今日まで掛川まつりいま、周りの町々でもお祭りをやってます。季節感があります。そして、子供達にはいい思い出になるようです。            この町に住んで38年。新しい町なので、ほぼ町の歴史と同じ・・・いうなれば開拓者町の規約や公会堂、そして、お祭りも作りました。当時は、年配者がいたので、「まち」とはこういうものだという意識があって、さしたる抵抗もなくことが運びました。い [続きを読む]
  • 幸福堂
  •       昨日は、藤枝の幸福堂というギャラリーへ焼物展を見に行きました。三井農林さんの近くですが、ずいぶん田舎でした。まさに隠れギャラリー。お店の前に来てもわかりませんでした。展示品は逸品ぞろい、ぜひどうぞ。15日までやってます。幸福堂さんという名前がいいですね。それに、場所も・・・前の土手には彼岸花・・秋も堪能できます・・・     ・・・  [続きを読む]
  • 一昨日のチャ茶
  •      水曜日は、「チャ茶」開店日。途中、宝玉園さんに立ち寄りました。秋芽で白茶を作っています。白茶の製造室も持っていて、数年前から本格的に白茶生産と取り組んでいる我が国唯一の白茶生産農家です。べにふうきの秋芽で作った白茶、いい出来です。 ほとんど完売だそうで・・・        チャ茶では、いつもの常連さん・・・藤枝の手作り紅茶・・・べにふうき。香りもよくて良い出来です。     こちらは「ふ [続きを読む]
  • 製茶条例勉強会
  •        昨日は、茶学の会の第4回「お茶おもしろばなし」勉強会。静岡県製茶指導取締条例について〜その歴史と意義〜講師は、塚本均先生一時間半でご説明頂くには、奥が深すぎて・・・今後について塚本先生から私案が出されましたが十分議論できなくて残念・・よそでもこんな勉強会をしてくれるといいですね・・塚本先生ありがとうございました。わざわざ着味茶もご持参いただき、みんなで試飲しました。おいしかった・・・ [続きを読む]
  • おとといのチャ茶
  •       手元にあった「藤かおり」を二種(かまいりと半発酵茶)。なぜここにあるのか、どなたがもってきたのか、・・・最近、ほとんど記憶にないのです。ですから、いつも新鮮!相変わらず「藤かおり」は強烈!いまだに、この香りの良さがわかりません。おにぎりにはあわなかった・・・いつものように、そうまさん、かとうさん、みずのさんが来店。5時のチャイムが鳴るまであれこれ・・・お茶の話は終わりがありません。   [続きを読む]
  • いよいよ製茶条例
  •        昨日は、30日(土)に行う茶学の会の配布資料作り。この二十年間で最も厚い資料・・・18ページ・・・コンビニでコピーして、折って、ホッチキスで止めて・・・3時間半かかりました。  45部・・・足りるか足りないか・・・今回は、新聞での広報はやめました。・・・ [続きを読む]
  • 山本君の個展
  •            きのうは、昨日から始まった十年来の友人山本君の個展に行きました。今日の当地の新聞にも出ていました。適当な遊び友達なので、こんな才能があるとは知りませんでした・・感性豊かな俳句や短歌・・26日まで、掛川市内ギャラリー「ウィステリア」でやってます。わかりにくい場所ですけど・・ぜひどうぞ・・・ [続きを読む]
  • 岩茶
  •                昨日のチャ茶。手持ちの岩茶を二種。本場建歐のミン北水仙、ただ中級品・・それでも5グラム200円?それから、これは逸品! 武夷山四大名叢のひとつ、白鶏冠。5グラム1,000円?下の写真は葉底(出し殻)、左が水仙、右が白鶏冠。水仙は、煎が効いて、6〜7煎のめます。そして、おむすびにあいますね。でも、静岡には、このようなお茶に関心を持つ人がほとんどいない・・・・・・ [続きを読む]
  • 製茶取締条例
  •         相変わらず当地では、製茶取締条例のことが新聞に出てます。納得のいかない人たちがいるようですね・・・中国でも、最近は品質管理が厳しいらしく、違反者はどんどん摘発、処罰されてるようですね。上の写真は、ネットにのってた手入れの様子・・30日に行う茶学の会(製茶取締条例について)、塚本先生から膨大な配布資料が届きました。全部コピーしてお配りする予定です。ところで、当時、昭和二十年代から三十年 [続きを読む]
  • ほね
  •           昨日のチャ茶、五年前の大井川紅茶が出てきたので試飲。癖がなくなりすぎている感じですが、飲めるので、明日のモーニングティーに・・・加藤さんが、おちゃらかの極上煎茶を持参。川根のお茶。さすがに高いだけあってよかったですね・・・よる夕食に、アジの干物を食べました。いつものように、無駄のないように骨ごと丸かじり・・ところが、なんとのどにひっかかったのです・・・息ができません・・吐き出そ [続きを読む]
  • ニュートンのリンゴ
  •         今年も長野の友人から沢山、リンゴが送られてきました。良き友です。その中に、ニュートンのリンゴがありました。ニュートンが万有引力の法則を発見する契機になった例のリンゴの木です。接ぎ木などして、今では世界中にあるそうで、彼のところにもあるようです。ところがこのリンゴ、8月から9月にかけて成熟し、熟すとぽろぽろ落ちるのだそうです。だから、まとめて収穫して出荷とはいかないらしく市場に出せるも [続きを読む]
  • 昨日のチャ茶
  •        昨日は来客のため早めにチャ茶へ。いつもは11時からですが、ご希望があれば何時からでも開店します。お昼のお茶は、「金観音」・・・おにぎりには合わなかったけど・・・口直しに、先日頂いた埼玉の「天日干し茶」萎凋させると渋くなるようです。EGCGが増えるのかも・・・ひと夏置くとマイルドになるかもしれないので、試してみます。そのあと、かねこさんが。南廣子先生にお出でいただいたお茶料理講座が好評だった [続きを読む]
  • 夏も終わり
  • 「楽天」が連敗するので気が重いけど、その他は、何とかきりがついて、なんとなく気分爽快。お天気のせいかもしれません。朝はめっきり涼しくなりました。外へ出ると、夏と秋の境目を感じます・・・今年は毛虫が少なかったので、桜も、まだ青々・・田圃はまもなく稲刈りです。サギは、いつもひとりです。11月、杭州から天台山をまわるお茶の旅を企画するかもしれません。具体化したら、お知らせしますので、ご一緒にいかがでしょう [続きを読む]
  • 第4回お茶おもしろばなしのご案内
  •         早いもので今日から9月。今月も、「お茶おもしろばなし」を行います。第4回目・・今回は、大変まじめなテーマです。「おもしろばなし」なんて不謹慎な・・と言われそうで。題して、「静岡県製茶指導取締条例について〜その歴史と意義〜」開催日時:9月30日(土)13時30分から15時30分まで場所は、いつもの袋井南公民館 2階の会議室ですお話頂くのは、元静岡県お茶室技術指導監 塚本均先生。早速、茶業界の重鎮の [続きを読む]
  • 陸前高田の烏龍茶
  •       北限の茶産地、陸前高田で作った今年のウーロン茶を頂きました。貴重品です。薄めに入れると、文山包種茶様の淡い上品な香りがして、かすかな甘みが口に残り、心静かに味わうお茶に適しているような・・昨日は、「チャ茶」開店日。いつもの常連さんといっしょに、手作り紅茶、最新の中国白茶、伊豆のぐりちゃなどなどを楽しみました。5時までたっぷり・・・・・・ [続きを読む]
  • 茶入札会
  •        そふと研究室主催で、県茶品評会出品茶の入札会に参加できるツアーが組まれています。そして、実際に入札して購入もできるそうです。絶対お買い得です。深蒸しより普通煎茶がお勧めです。もう一年早ければ、すぐにでも参加申し込みするのですが、最近は、なにをするのもおっくうで・・・代わりにいいお茶買ってきて・・・        すっかり秋の気配・・・・・ [続きを読む]
  • 明治初期輸出用のお茶
  •         きのうは、「お茶おもしろばなし」第三回。中央大学の粟倉先生による「日本茶の近代史〜幕末開港から明治後期まで」当時の輸出茶がどんなお茶だったのか(文字だけではよくわからない・・)に興味があったのですが、よくわからないとか。実物をお持ちの方はありませんかね・・・戦前(〜戦後)盛んに輸出していた「ハイソン」「インペリアル」、実物を知ってる方も少なくなりましたが、実物がある間に是非保存を・ [続きを読む]
  • 和紅茶急須
  •          昨日は、チャ茶へ。そうまさんが興味深い新作急須をご持参。手持ちの和紅茶を入れたら、これが素晴らしい!雑味が消えて最高!今年は「世界和紅茶会議」がないみたいなので、ご披露できずに残念!来週(30日)のチャ茶でいろいろ試してみようと思ってます。もしかすると、土曜日(26日)の茶学の会で拝見できるかも・・・甲子園大会が終わったら、とたんに秋になりました。         ・・・ [続きを読む]
  • お茶を売る方策
  •              一昨日、ある企業で「お茶を売る方策」という話をしました。百人以上の人たちが集まりましたが、茶業者は誰もいません。そんなうまい話があればぜひ聞きたい・・と言われそうですが、「実行」しなきゃなんにもなんない・・そして、人から聞いたうまい話を実行した人は誰もいない。        昨日は、久しぶりに「袋井茶文化資料館」へ。暑いけど、事務局は盛り上がっていました。今日はこれから、 [続きを読む]
  • 世界緑茶コンテスト
  •         昨日、今日、島田市で第11回目の世界緑茶コンテストの審査会が開かれました。出品茶の見学もできます。国内外から色とりどり69点?の出品。明らかに時代の変化が読み取れました。どんなふうに・・・?とにかく、お茶が完全に嗜好品になったってことを・・・暇を見てゆっくり行く末を考えてみたいと思いました。・・・ [続きを読む]
  • シーサンパンナのお茶
  •         シーサンパンナに行ってる古橋さんから興味深い写真が届きました。こんなお茶を接ぎ木で育ててるようです。「茶学の会」お茶おもしろ話で、是非、ご紹介してもらおうと思っています。お楽しみに。とりあえず、無事のご帰還を・・・来週月曜日は、某所で、「茶の機能性と文化〜お茶を売る方策〜」というお話をします。いつもながら、「言うは易く行うは難し」 いいぱなしにしないために、何をすればよいか・・・い [続きを読む]