小泊 さん プロフィール

  •  
小泊さん: 一碗
ハンドル名小泊 さん
ブログタイトル一碗
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kodoshige
サイト紹介文お茶どっぷりの半世紀。日本茶、中国茶、紅茶、お茶のことならなんでもあり。お茶作りから茶文化まで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/10/18 10:58

小泊 さんのブログ記事

  • シンポジウム・白茶のはなし
  •       9月2日(日)に袋井市の旧南公民館で行うシンポジウム「白いお茶ってな〜に?」の告知を静岡新聞社のアットエスという告知欄(ネット)を利用して流しました。念のため、開いてみたら、なかなかうまく整理してのっけてあります。さすがに手馴れたもの・・・でも、見る人がいるんだろうか・・・?新聞では、毎週木曜日に掲載紙面がありますので、来週か再来週に載ると思いますが、こちらも、見る人がいるのかしら・・ [続きを読む]
  • 昨日の茶文化資料館
  •       昨日の資料館、来館者は11名。信陽毛尖の特級をお出ししました。飲んだことのないお茶でも、いいお茶とそうでないものの違いはわかるものなのでしょうか?わかんねえだろうな〜・・・例によって、いろんなお茶が持参されます・・大分の釜炒り茶などなど      皆さん、お茶の話をしてると時間のたつのを忘れます。いろんな人が来ていろんなお話をしました。お茶自慢をしたい人もいます。噂話が好きな人もいます [続きを読む]
  • ブログとは
  • 以前、「ブログとはあなたにとって何ですか」というアンケートがありました。特段、何も考えていなかったので無視しました。しかし、ネットから足を洗おうと思ったとき、ふと思ったのです。ブログって何なんだろう・・・私にとって。いつからどういうきっかけで始めたのだろう・・もう十年以上前かもしれない。お茶のポータルサイトを立ち上げ、商売することを考えました。その道に詳しい友人がすぐに、まさにお茶のデパートみたい [続きを読む]
  • 猛暑
  • 室温34℃、扇風機を回しても34℃・・・お鍋にお米と水を入れて部屋に置いておくと、夕方にはおかゆができています。ネットから足を洗う方法がわからなくって、そのままになっています。とりあえず、カードは支払い停止の手続きを・・・今後の成り行きがちょっぴり楽しみ・・・・・・ [続きを読む]
  • ネットとの決別
  • 何日か前から、ネット上に煩わしい警告が載るようになりました。クラッシュや損失を回避するために直ちに修正を・・というものです。それなりの安全対策はしてあるつもりなので無視していました。そしたら、昨日、windows10に問題発生、このコンピュータは破壊の危機にあるので直ちに対応するように・・というメッセージが・・時限爆弾みたいに秒読みまで・・いささか気になって、修正手続きに入ってみました。案の定、修正ソフト [続きを読む]
  • 夏休み終わりました
  •       9日間の夏休みが終わりました。柳田国男の「明治大正史世相編」上下を読みました。暑いさなかなのに、読み始めるとすぐに眠くなります。遅々として進みませんが、何とか読了。面白かった。この本を書いたのが、昭和5年。ということは、明治大正時代は、まだみんなが過ごした時代で、よく知ってるということです。おまけに、政治経済なんて言うのではなく、身近な世相史・・当たり前すぎて、当時は、関心が薄かったの [続きを読む]
  • 三度の飯より
  • 柳田国男も「日本人らしさ」を探していたようですね。結局、わからなかったようですけど・・・国柄よりも時代の影響の方が大きいらしくって・・面白い話があります。けんかです。いつ頃までかわからないけど、「けんか」は一種の社交術だったようです。相手を知る最も手っ取り早い方法として・・そういえば、西部劇にもよく出てきます。酒場で敵味方入り乱れて大乱闘・・そして仲直り。かつては、日本でもこんな喧嘩だったようです [続きを読む]
  • 台風通過
  •             台風12号が接近中            近くを通過中。気圧が987ミリバールまで下がりました。      大変な風で、家が揺れます。これまでになく長時間・・・            今朝、やっと雨が上がります。確かにこれまでと違う台風でした。      これから、このような経験しない気象がたびたび起こるのでしょうね。      「地球温暖化」がよく言われましたが、ピンとき [続きを読む]
  • 国伝研中止
  • 国際伝統藝術研究会といういかめしい名前の会があります。「芸」ではなく「藝」と書きます。明日(土曜日)、東京で研究会が開かれるので出かける予定でした。でも・・・台風が直撃しそうで迷ってました。そしたら、昨日、事務局から電話で、台風のため中止とのこと。はがきで出席の連絡をしてあったのです。とすると・・出席予定の皆さん全員に連絡をとっているんでしょうね・・大変なことです。お手数おかけしました。ありがとう [続きを読む]
  • 素足の生活
  •   これは昭和30年代、私たち学生の履物でした。思えば、靴下をはいたことがなかったのです。靴も素足で・・高校の頃、休み時間は、はだしでグランドを駆け回っていました。暇さえあれば飛び出してソフトボールをしてました。ボールとバットがあればいいので・・グローブなんてなかった。週間努力目標なんてのがあって、「足を洗って教室に入ること」楽しかった〜・・・ [続きを読む]
  • 一粒も残さず食べる
  •      今日は、磐田へ映画を見に・・話題の「万引き家族」日本の社会問題も色濃く・・・外国の審査員にも理解できたということですね・・・俳優はうまかった。で・・遅いおひるを食堂で・・     こういうとき、とにかく出たものを全部食べる習性があります・・ご飯は一粒も残しません。小さいときに、そういう生活を送ったせいなんでしょうね柳田国男の「明治大正史」を読んでいて、書いてあることが、かなりの部分実感で [続きを読む]
  • 酷暑でも涼しい
  •               今日は、茶文化資料館で呈茶の日  早々と出かけます。涼しい談話室で、お当番の市会議員の山田さんと白茶をあれこれ飲みながら、楽しくおしゃべり。午前中は、来館者はゼロ・・外は暑いんでしょうね・・午後から、立て続けに・・・折角お出でいただきながら、道具や場所の設定がまずくって、うまくお相手できませんでした。反省、・・懲りずにまたどうぞ・・名古屋や岐阜は40度近いとか・・・どう [続きを読む]
  • 7月最後の呈茶の日
  • ぼつぼつ夏も終わりって感じですけど、まだ7月・・・来週から月末まで夏休みにしますので、明日の日曜日が7月最後の呈茶の日になります。以前、22日は西湖竜井の飲み比べを・・といったような暑くって、お茶を探す気力がありません。予定変更で、暑気払いに、明日は白茶を飲むことにしました。白茶には昔から暑気払いの効果があるといわれています。      試すにはもってこいのお天気です・・・・・・ [続きを読む]
  • 夏休み
  •       23日から31日まで夏休みを取ることにしました。八月になってからと思ってましたが、とてもじゃないけど・・・暑くって今年は時代の区切り、そして、ぼつぼつ人生の区切りでもあります。あらためて歴史というものに関心を持つようになりました。平成の総括をしています・・実際に生きてきた時代です。そして、昭和も50年近く・・・実際に自分が生きてきた時代をどのようにしたら客観的に見ることができるのか・・ [続きを読む]
  • 王家揚先生
  •       1918年3月生まれの王家揚先生が100歳を迎えらえた。その記念誌を頂きました。静岡県でも知る人ぞ知る有名な方なんですが、もう過去の方々が多いですね。勿論、中国、特に浙江省では有名な方なんです。記念誌の中にこんな写真が・・・      そう、習近平さんは、浙江省の書記だったことがあるんですね。書記というとなんだか安っぽいけど、中国では大変な肩書なんですね。省で一番偉いんです。省長の上な [続きを読む]
  • 溶ける太陽
  •           燃え尽きて けだるく落ちる 夕日かな                            ・・・・・・暑かった! ・・ [続きを読む]
  • 白いお茶ってな〜に?
  •       シンポジウム  「白いお茶ってな〜に?」〜袋井三白・白茶の話〜      静岡県・袋井市では数年前から三種の白いお茶を作っています。本格的にこのようなお茶を作っている場所は全国でも珍しいのではないでしょうか。そこで、今回、あまり知られていないこれら白いお茶について、皆様にご紹介する機会を設けました。多くの方々のご参加をお待ちしています。開催日時:平成30年9月2日(日) 13:00〜16: [続きを読む]
  • お盆のおまいりに・・
  • 最近は、お葬式も簡単になり、お墓も作らないとか・・・お盆ってなんだっけ・・? という世相になってきました。子供のころ、お正月やお盆は旧暦でやっていました。ですから、大変季節感がありました。お盆は、八月の終わり頃なので、ススキがなびき、ショウリョウトンボがとび、いつも満月でした。ですから、7月にお盆なんてピンときません。それで、ついうっかり・・一日過ぎてしまったけど、今日、今年の1月3日に亡くなられた [続きを読む]
  • 資料館で避暑
  • 今日は自宅の室内で33度! 扇風機を回しても33度 !!幸いなことに、今日は、袋井市茶文化資料館で呈茶の日です。朝から出かけます。      冷房が効いて快適!  延べ10名ほどのお客様が入れ代わり立ち代わり・・・またまたお昼抜き!松下園新規開発黒茶(飲みやすい!)、陸前高田の新茶、信陽毛尖、西湖竜井、天竜太田園の手もみ茶、水野さん手製の白茶、水車むら「べにひかり」紅茶、宮崎茶房の紅茶、などなど沢山 [続きを読む]
  • 陸前高田のお茶
  •       お茶工場で本格的に製造している北限のお茶、陸前高田のお茶が送られてきました。大変歴史のあるお茶です。そして、震災を乗り越え市民みんなで復活させた貴重なお茶です。今年の新茶を、明日の茶文化資料館で飲んでいただきます。午後一時から三時まで・。どうぞお越しください。            両方とも有名な中国の西湖竜井・・どちらが良いかお判りでしょうか?他に何種類か今年の西湖竜井がありますので [続きを読む]
  • これからのお茶ビジネス
  •             昨晩は、「21世紀ビジネス塾」という講演会に行きました。演者は、お茶の包装資材メーカー「吉村」の橋本久美子社長。これからのリーフ茶市場はどうなるんでしょう? と聞いてみました。ターゲットは6兆円の贈答市場だとのこと・・・そうだと思います。で・・肝心の包装をどうするか・・・日本のパッケージ文化は、中国や韓国とはまるで違います。      中身で勝負! 包装なんかどうでもよい・・ [続きを読む]
  • 文に勢いがなくなった〜
  •       静岡新聞に「時評」というコラムがあります。時評というので、その時々に、何か関係することを書かなければなりません。不定期なんですが、年に5〜6回ほど、担当しているのです。今朝の新聞にも・・・ふと、いつごろからなんだろうと思って、切り抜きを見てみました。なんと、最初が2003年の1月・・ということは、15年も・・むかし書いたものを読んでみました。我ながらうまく書いてるな〜・・というのがありま [続きを読む]
  • 中国のお土産
  • 昔、といってもそう昔ではありません。中國で頂くお土産は、大きくって、重いものが多かったですね・・掛け軸! 中国から帰ってくる人たちは、よく、佐々木小次郎みたいに背中に結わえ付けて帰ってきましたね・・硯! 石の置物! 重かったですね!お酒! 紹興酒は安酒なので空港では売ってなかった。町で買って縄で結わえて持って帰りました。今じゃそんなことはできない!こっちから持っていくものは・・ 掛け時計を担いでい [続きを読む]
  • 梅雨明け
  •       今日、平年より12日早く梅雨が明けました。一昨日、クマゼミの鳴き声も聞きました。いよいよ夏です。八月終わり秋風を感じるようになるまで、あれやこれやいろんなことがあります。夏が好きです。・・・       [続きを読む]
  • 今日もあれこれお茶を飲む
  • 今日は、茶文化資料館で呈茶の日・・      まずは、手元にあった岩茶、「水仙」「肉桂」を・・あまりいいものではありません。口直しに、野生茶で作った「信陽毛尖」・・これは逸品! いわゆるミル芽味抜群・・相馬さんご来店・・ご持参のいわくありげな川根の深蒸し茶。100g700円・・いいお茶です。なぜこの値段で・・あれこれ推測・・・つぎに、「香駿」で烏龍茶風に作った紅茶・・これはよかったですね!  最近はやり [続きを読む]