小泊 さん プロフィール

  •  
小泊さん: 一碗
ハンドル名小泊 さん
ブログタイトル一碗
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kodoshige
サイト紹介文お茶どっぷりの半世紀。日本茶、中国茶、紅茶、お茶のことならなんでもあり。お茶作りから茶文化まで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/10/18 10:58

小泊 さんのブログ記事

  • 古い友人
  •       中国の友人の一人に姚国坤さんがいます。私より3歳年長。最初にお会いしたのは、まだ中国茶葉研究所の研究員だったころ・・? 多分、栽培関係では・・近著を頂きました。『茶文化通史』      いっちゃわるいけど、文系の方が書いたこのような本は少し信用できないとこがあります。ご自分の考えを入れるからです。その点、理系の方が書くと文献に忠実で細かいとこまで正確に書いてくれます。姚先生の本もそんな [続きを読む]
  • お歳暮のお茶
  •       お歳暮の季節です。頂く分にはありがたいことこの上なしなんですが・・こちらから差し上げる品選びに大変苦慮するようになりました。勿論、いつもお茶なんです。以前は、お茶は日常の必需品でしたので、年二回、飲み茶として適当に見繕って送ればよかったのですが、最近、どうもそうそうお茶ばかり飲んでいるような気配ではなくなったのです。送っても、果たして飲んでくれてるんだろうか‥と不安を感じるようになった [続きを読む]
  • 糖尿病に効くお茶
  •       世界中で糖尿病が問題になっています。ですから、お茶の効能でも糖尿病がターゲットになっています。勿論、緑茶も有効であるというデータがでています。でも、もっといいお茶があるのでは・・・白茶がいいと思っているのですが、あまり手近にないので・・・先日、中国で茯茶(金花茶)を沢山いただきました。このお茶のねらい目も糖尿病・・「万人健康大戦略・・軽糖、軽脂に軽軽茶!」というキャッチコピーにつられて [続きを読む]
  • 大臣のお話
  •       今日は、元法務大臣の上川陽子さんが午前中袋井茶文化資料館をご見学。午後、モミジのきれいな油山寺で意見交換会。お茶農家など20人くらいが集まりました。上川さんは、目下、全国茶業中央会の会長さん。      このような事前通告なしで自由な発言のあるところで、百戦錬磨の国会議員の先生はどのような答弁をされるのか、大変興味がありました。さすがにお上手・・それぞれの発言者の気分を害さないように・ [続きを読む]
  • 干し柿
  •       先日、京都の永谷宗円生家に行ったとき、湯屋谷(やんたん)会館(地域の案内所)で買った渋柿を剥いてつるしました。50個で250円! あちこちで渋柿が枝もたわわに・・渋柿なんて食べる人もいないんでしょうね。この渋柿、小ぶりで昔からどこにでもあったような柿です。なつかしい。 このままおいて、熟柿にするといいな〜と思いながら。熟柿(じゅくし)もずいぶんしばらく食べてないし・・果物の皮をむくのは [続きを読む]
  • 鋭い経済観念
  • 育った時代が時代だけに、鋭い経済観念を持っています。言葉を変えれば、「安物買いの銭失い」・・・本を買うにしても、内容より字数の多い本を買います。ですから、詩集なんかは買わない。CDも、まずは録音時間を調べます。上海などの茶市場でよくお茶を買います。まあまあの品でお買い得品を巧みに見分けて・・でも、帰宅してそのお茶を飲むことはめったにありません。どこかにしまい込んでそのまま・・・朝食は、パン食なので紅 [続きを読む]
  • 湖南茶葉博物館
  •       21日、午前中、長沙の中糧という中国で最も大きい食品企業の湖南支社へ・・      世界緑茶協会主催による今年の世界緑茶コンテストで金賞を受賞。で、賞状などの伝達式を代理で・・この女性が企画担当者。優秀な方です。中国の会社は若い人が多い。一昨年、北京で行われた研究会で中糧の研究所から発表のあった新しい技術によるお茶(茯茶)が早くも市販中。      飲むとお通じがよくなるので香港では「 [続きを読む]
  • 秋の京都お茶の旅
  •       昨日は、袋井の「松下コレクションを活かす会」の恒例のお茶の旅。今回は、京都へ・・宇治の上林家と湯屋谷の永谷宗円生家へ。モミジのきれいな季節です。      平等院の近くの、かの有名な上林春松家へ・・ちょうど金曜日はお休みらしいのですが特別に記念館を開けていただいて・・・      十何年か前に来たときは、あまり興味がなかったのですが、今回は、大変面白い・・それだけこちらが進化したってこ [続きを読む]
  • 神農ゆかりの地その3
  •             翌日は見学旅行。隣の県(炎凌県)の炎帝凌へ。車で一時間ほど・・・小雨模様。凌というので、ぬかるみだったら困るな・・と思いながら。見学時間が1時間30分。ところが、その広いこと・・先の凌ははるかかなた・・きれいな石畳。全体の広さ1万ヘクタール。中心部だけでも500ヘクタール。甲子園球場130個分!            炎帝(神農)のご本尊・・宋時代、967年にできたのだそう [続きを読む]
  • 驚きのお茶!
  •       中国の楽しみの一つが頂き物・・今回頂いたお茶のセット・・これまでで最高!お茶好きには最高の贈り物。内容が素晴らしい!西湖の「竜冠竜井」(こんな素晴らしい竜井は久しぶり・・雀舌とありますが)、福鼎大白の餅茶、古丈毛尖の特級、寧波の三山玉葉、雲南小餅茶(生)、武夷山老叢水仙、それから「昌寧紅」      下左が古丈毛尖、右が寧波の三山玉叶。上が竜冠竜井・・・      すごいお茶が出てきま [続きを読む]
  • ちゃばこ
  •  一昨日日曜日、エコロジーライフ研究会の集まりに行きました。この会らしく、お寺でバーベキュー。そのあと、方丈でお話を聞きました。今回のゲストは、最近話題の「ちゃばこ」を売り出し中の森川さん。      私の周りにいる方たちとは一味も二味も違う方です。粉末茶のスティックをたばこの箱に見立てた小箱に入れて売り出したのです。これが大評判に・・このような小箱に入れるとこまでは誰でも考えるとこですが・・コン [続きを読む]
  • メインイベント
  •       今日は大忙し。神農にお参りを済ませて、すぐに今回のメインイベントのシンポジウム。中国茶業の現状と問題点について、海外からの声を聴きます。中国国内の問題点もよくわかったし、海外からの見方も・・日本から、清水真理さんがご発表。現状とこれからの方向性がよくわかりました。日本における中国茶も転換期・・・同時通訳は英語だけですが、パワーポイントの画面を見てるとなんだか理解できるので不思議・・同じ [続きを読む]
  • 甲子園球場240個分
  • 中国に行くのは今度で終わりにしようと思いながら・・行くたびに想像を絶する面白さ!今回も、何のために、何があるのかわからずに行ったのです。イベントの名前は、「第十五回国際茶文化研討会&第一回茶祖文化フェスティバル」茶祖って・・陸羽のもっと前の茶祖です。そう・・神農なんです。神農は、このあたりで活躍し、亡くなっているのです。紀元前2千年以上前・・神農(炎帝)は、伝説の人で、神様のはずですが・・。二日目 [続きを読む]
  • 神農ゆかりの地その2
  •                   上海駅の近くで一泊。18日早朝新幹線(復興号)で、湖南省へ。無事に、大阪の王静先生にもお会いして・・浙江省を通り江西省へ、南昌でネットで注文したお弁当を受け取ります。配達料含めて40元(大体700円)・・大体食事は20元から50元の間で済ませます。ちなみに、空港でビールを飲みましたが、缶ビール(ハイネッケン)15元、つまみのピーナツ(15元)・・・ 町のコンビニ [続きを読む]
  • 神農ゆかりの地・その一
  •       昨日、無事に中国から帰国。湖南省は雨〜くもり・・・上海はいいお天気でした。中国は広い・・またまた、びっくりの旅でした。で、まだ頭が混乱しているので、まずはお茶でも・・・今回、頂き物のお茶が18種ほど。さてさて、どのように楽しもうかな・・多いのは、やはり黒茶。それはさておき、湖南省の緑茶といえばやはり「古丈毛尖」手に入れた二種の古丈毛尖のお味見から。      左が、古丈毛尖の特級! さ [続きを読む]
  • 中国へ行きます
  • 17日から中国は湖南省に行ってきます。茶凌県というところ・・・神農ゆかりの地なんだそうで・・・・茶の字のついた県はここだけとか。4月に信陽に行ったときは新幹線で6時間だったか・・・今度も上海から新幹線。便利になったけど、とにかく中国は広いですね。第15回中国国際茶文化研討会。しばらく行ってなかったけど、今回は役員改選があるとか・・中国ではこのような会でも70歳定年。知り合いの先生方もほとんどいなく [続きを読む]
  • 最近買った本
  •       最近、アマゾンで買った本です。たいてい中古品です。買った本と読んだ本とは別です。買ったとたんに忘れてしまうし、読んでも、おもしろかった〜と思ったとたんに忘れてしまいます。本を買うのは、一つの習性なんです。「日本の唱歌(大正・昭和編)」という本を買いました。なぜか、小学校の時歌っていた「四季の雨」という歌が好きなんです。でも、歌詞を忘れてしまいました。それで、この本を買ったのです。この歌 [続きを読む]
  • イベントアレコレ
  •       ホントにこの時期、いろんな催しがありますね。昨日は、県茶業研究センターの110周年。「やぶきた」も杉山翁により選抜されてから110年。これらの記念イベントが牧之原の茶業研究センターでありました。至れり尽くせり、盛りだくさんな催しでした。準備が大変だったでしょうね・・今日は、浅羽地域の農業祭。茶文化資料館も「世界のお茶呈茶コーナー」をつくって皆様へいろんなお茶を・・好評!         [続きを読む]
  • 女子大生とお茶
  •       昨日は、お茶フォーラム、女子大生と語るこれからのお茶・・静岡文化芸術大学文化政策学科の曽根先生のもとで経済や経営を学ぶ学生さん4名、それに曽根先生にもお越しいただきました。彼女たちの行った調査研究「茶業振興における高付加価値戦略」は、昨年行われた「日本学生経済ゼミナール大会」で上位入賞したものです。まずは、この内容をご発表頂きました。そのあと、参加者との自由討議・意見交換・・曽根先生か [続きを読む]
  • お誘いの電話
  • 家にいるといろんな電話がかかってきます。暇なので楽しみにしています。でも、わたし、難聴で・・先ほども・・・先方の女性:いま、お近くでいらないものの無料査定会をやっているのですが・・わたし:は・・無料試食会ですか・・? どんなものが?先方:いえ、査定会です。わたし:は・・ステーキですか?先方:他にどなたかいらっしゃるかたは・・わたし:わたし一人です。先方:またかけなおします。 ガチャリボケ防止特効薬 [続きを読む]
  • 明日お出しするお茶
  • 明日(7日)は午後から袋井市南コミュニティセンターで、お茶フォーラム「女子大生と語るこれからのお茶」を開きます。お茶代100円頂くので、そのお茶を・・・お茶だしする人はいないので、ポットに入れっぱなしでもいいお茶を・・そこで、黒茶と白茶を・・            黒茶は、いま売り出し中の陝西省の「茯茶」(写真右)・・例の金花(カビの胞子)がついてるものです。それか・・写真左のもの・・・雲南省の黒 [続きを読む]
  • 昨日の茶文化資料館
  •     近くで、まちの文化祭が開かれたらしく、大勢の人が立ち寄ってくれました。久しぶりに、四国は脇さんのところの「やまちゃ」を・・相馬さんご持参のヌワラエリヤの紅茶。すばらしい! こんな紅茶が、しかも安く(40g 500円)手に入るなんて・・どこで売ってるかは、ひ・み・つ・・・今度の日曜日(11月11日)、この地域のイベント「袋井市ふれあい夢市場」が開かれます。ここ資料館でも「世界のお茶・呈茶コーナー [続きを読む]
  • お茶の花
  •              周りの茶畑ではお茶の花が満開? 去年より早いかも・・ 今年は、香りが薄いような感じです。金木犀も香りが薄くって、いつ咲いたのかわからなかった。今日は、茶文化資料館で呈茶の日。あちこちで手に入れたお茶を持参します。松山で行われた地紅茶サミットのお土産もあります・・・加藤さんからの頂き物。・・・ [続きを読む]
  • お茶の香ロード
  • 今日は藤枝で行われている「お茶の香ロード」へ・・木立の中に五つの茶席があって、それぞれに特徴あるお茶がふるまわれます。五席で500円。        手揉み名人住田さんのお茶をご本人が・・        無農薬栽培で以前から有名な麓さんの紅茶        川根の鈴木さんは、あれこれ工夫しながらお茶を作っています。今年の半発酵茶は、見事!              藤枝の大茶樹。はしごをかけてお茶 [続きを読む]
  • いろんな小泊
  • ホントに中国のネットは面白い!息子は、小泊 良といいます。なんと、台湾(台中市)にそんな名前のティーショップがあるのです!            びっくりしました。例のミルクティーのお店です。中国・深圳には、小泊科技という会社もあります。そして、中国に小泊村が三つ。天津の小泊村が最も大きく745戸住民は2134人。山西省の村は、168戸で463人。山東省の村は、170戸で493人。         [続きを読む]