やぎ さん プロフィール

  •  
やぎさん: ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記
ハンドル名やぎ さん
ブログタイトルゲーフラ職人の青赤徒然観戦記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yagiblog_tokyo
サイト紹介文FC東京の試合を現地観戦した備忘録みたいなものです。 あとゲーフラもちょこちょこ作ってます。
自由文ゲーフラ職人と言われてますが、自称ではありません。質よりも数勝負の傾向が強いです(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1428回 / 365日(平均27.4回/週) - 参加 2014/10/20 23:21

やぎ さんのブログ記事

  • エレベーター監督
  • 俗にJ1とJ2を行ったり来たりするクラブを「エレベータークラブ」と言ったりします。今じゃすっかりJ2に定着していますが、かつての京都とかが代表例でしょうかね。そうなる原因はやはり、クラブづくりの問題、地域的な問題などいろいろありますが、チームを作る指導者、つまり監督の要素も大きいですね。そこで、調べてみました。複数回、昇格もしくは降格の経験がある監督を。カウントのルールは、昇格はその名の通り、昇格時点で [続きを読む]
  • 初ものに優しいいい人東京
  • 「いい人東京」の一環として、初ゴールをプレゼントすることがよくあります。そこで、2008年ごろまでの初ゴールがらみの失点を調べてみました。2018年12月1日:柴戸(浦和)⇒プロ初ゴール2018年8月19日:白井(札幌)⇒J1リーグ戦初ゴール2018年7月22日:山田(横浜FM)⇒J1リーグ戦初ゴール2018年4月8日:中原(長崎)⇒J1リーグ戦初ゴール2018年4月8日:中村慶太(長崎)⇒J1リーグ戦初ゴール2018年4月4日:ジャーメイン(仙台 [続きを読む]
  • 第一志望は御社で第二志望はプロサッカー選手です
  • なんと名古屋はマルちゃんがキャプテンだそうです。あの普通の会社員になるつもりだったマルちゃんが・・・そう、今やご存知の方も少なくなってきたのではないかと思いますが、マルちゃんは本当は大学限りでサッカーをやめるつもりでした。高校3年の時に、怪我の影響で完全燃焼できなかった為に大学で4年間完全燃焼すると決めて、明大でサッカーに取り組んでいました。当時のマルちゃんは「自信がないというわけではないけど、 僕 [続きを読む]
  • 見返すと恥ずかしい
  • 実は、7年ほど前に・・・新聞に載った事がありまして。といってももちろん逮捕されたとか、競技者だったという事ではなく、東京新聞の東京ファンの取材という事でお受けしました。J2だった2011年、三ッ沢で素知らぬ人から声をかけられ、東京新聞の記者さんを紹介頂いたという流れです。ちなみにこの日の試合は試合終了間際の石川様のゴールで勝利。スタンド全体でゆりかごが起こった試合です。そしてその後取材を受けて、掲載され [続きを読む]
  • 「マスコット総選挙」不要論
  • 今年、開催されるのかよく分からないマスコット総選挙。正直言って、マスコット総選挙はやる意味が無いと思うんですが、じゃあどうするのがいいのか。意味があるものにする為にどうするのがいいのか。それをちょっと考えて3年前にパワポで資料を作りました(笑)ちなみにこれはあくまで「提案」です。「提案」と「要求」は意味が違いますので、そのあたりを誤認のなきよう。ではでは本題です。まずはこちらのスライドをご覧ください [続きを読む]
  • 応援されることで選手の運動量アップ
  • やはり応援の効果はあるんですね。観客に応援されることで選手の運動量が約20%アップ!!なるほど、これでいろいろな裏付けができましたね。天皇杯で応援しないでふざけてたら大学生に2点差を追いつかれたり。応援ではない暗黒チャントが始まると押し込まれまくったり。試合の流れに関係なくいきなりリンスのチャントをやって全体がポカーンとしている間にPK献上したり。まあ人数の多さの問題ではないですね。いかに応援をしようとす [続きを読む]
  • 若手〜中堅〜ベテランの融合
  • 昨年から引き続き、トレーニングのコンセプトとして、「J3に至るまで結果が出るように トレーニングを積む」という事になろうかと思います。思えば一昨年は、選手起用の思い切りに欠ける篠田のせいで、全然U-23から選手は抜擢されず、レギュレーションが無い限り、若手を使う事も殆ど無い。使うにしても既にJ1で実績を積んでいる選手たちだけ。どうせ負けるのであれば、若い選手を使って負けた方がはるかに清々しかったです。未来 [続きを読む]
  • 代表戦
  • マキノ使えねーいらねーナイスクリア!・・・こっちの攻撃だけどな。いやあ、そんな調子乗り世代の体たらくをカバーして余りある武藤の得点でした。クロスからのヘディングはこれを彷彿とさせましたね。室屋のクロスからという事で東京ラインでしっかり結果を出しました。この二人は東京という共通項だけではなく、東京で特別指定だった事、そして大学4年でプロ契約という道も共通しています。ちなみにこの共通項でもう一人、トル [続きを読む]
  • 2019シーズンチームスローガン
  • リリースないよね?シンプルイズベスト。2018シーズンチームスローガン決定!スローガンはこちら。この言葉はクラブ創設以来、使い続けてきた理念に近い言葉です。四の五の言わず、もう一度、クラブがこれまで築き上げてきた、大切にしてきたものを思い返すという意味で最適なワードと言えますね。ちなみにこれまでのスローガンはこちら。特にここ最近はスローガンと全然違う事になって、一体感もどこへやらな状態。2014、2015年の [続きを読む]
  • 身長で紐解く選手編成
  • さて、前回は年齢構成で編成を紐解きました。今度は身長で紐解いてみました(笑)暇だと思うかもしれませんが、こんなのExcelでちょちょいのちょいです(笑)それがこちら。平均身長は昨年の181.1cmから181.0cmと、大台180cmを超えてはいますがほぼ横ばい。これは189cmのはらたいちや187cmの輝一が引き続き残っている事が大きいですね。そして、チームで半分以上の選手が180cm以上となっています。これだとセットプレーで強さを発揮で [続きを読む]
  • 年齢で紐解く選手編成
  • 今シーズンも東京には多数の選手が加入しました。昨年と比べて平均年齢はどうなったのかな・・・と思って、今年も年齢で並び替えてみました。暇だと思うかもしれませんが、こんなのExcelでちょちょいのちょいです(笑)それがこちら。年齢構成で見ると、30歳以上が7人(±0)、29〜24歳が9人(-4)、そして23歳以下が15人(±0)です。昨年開幕時の選手構成での平均年齢が25.1歳に対して、今年は24.5歳に下がりました。これは、アラサー含 [続きを読む]
  • ひとり観戦のススメ
  • いますよねえ、一人じゃなにもできない人。そういう人は大抵ネット弁慶です。実際、現在ひとり観戦をしているワタシからすれば、特にここ最近の教訓で「一人じゃ何もできないのは人としてヤバイ」という事をひしひしと感じています。結局一人で何もできないから、誰かの金魚の糞になって、ヘコヘコして自我ゼロで過ごす。ワタシの場合、かなりの事が一人でできちゃうので、集団の中にいると、それが逆に居心地の悪さや違和感をいつ [続きを読む]
  • カラーズの呪い
  • 2/1に放送再開らしいですけど、もうよくないですか?カラーズで今後の展望をインタビューした選手はほぼほぼ次の試合で活躍できない。一番その呪いの被害を被ったのはUSA。広島戦前に広島戦に向けたインタビューをしたところ、広島ではなく鳥取行き。秋田戦前に残りの試合に向けての意気込みを聞いたら秋田戦はベンチにすら入らず。そもそもカラーズはバカ息子のムダなポジティブ感が不快なレベルだし、J3やU-18の扱いが小さすぎる [続きを読む]
  • 永井に見る武藤との共通点
  • スプリントとチームに溶け込むスピードが驚異的な永井。ただ、昨年の後半はなかなかゴールという結果に結びつかず、一昨年はリーグ、ルヴァン各1点。昨年はリーグで5得点でした。この原因はなんなんだろうと考えてみた結果、一つの仮説にたどり着きました。それは、「斜めの動きがない」という事。直線的な動きが多いという事は、それだけ直線的な前へのフィードで走りこむことしかできない。DFの裏のスペースに斜めに入っていく事 [続きを読む]
  • ポジション別2019シーズンの展望その4〜FW編〜
  • ポジション別今シーズンの展望。最後はFW編です。フォーメーションとして1トップにするのか、2トップにするのか、その辺は不透明ではありますが、基本的に東京はFWを横に並べずに、縦の関係を重視する傾向があります。これは2003〜4年ごろから出来ている形です。しかし、昨年の基本フォーメーションである4-4-2においては縦の関係、横の関係に関わらず、FWを走らせることに終始してしまった印象です。本来であれば、最前線にFWが一 [続きを読む]
  • 元青赤のあの人は今〜パラナ州最高のフットボーラー〜
  • 今シーズン、ブラジルからアルトゥールが加入しました。無名、というか謎外人に近い存在は近年なかなかいなかったので、非常に新鮮に感じます。しかし、そんな謎外人のはしりといえば・・・時は2001年、3月に新外国人の入団がリリースされます。そのわずか4日後、シーズン開幕戦でいきなり途中出場!(笑)東京のオフィシャルをして、「このまだ見ぬプレーヤーは フィールドに入った直後、ゴール前の混戦から こぼれたボールにすぐ [続きを読む]
  • 「本当は怖い〜」For 2019
  • 当ブログ草創期に、こんな記事を書きました。本当は怖い「新加入選手のお知らせ」要は新卒加入選手があると、それに近い選手が放出される、ってやつです。実際、2015シーズンにはSBの小川と攻撃的MFのワタルが加入し、その結果、SBの椋原と広ーく見て(笑)攻撃的ポジションのエドゥーや渡邊が退団しました。まあ渡邉は神戸でMFやってるからいいでしょwそして2016年も、SBの柳、前目のインス、そして在学中でしたがSBの室屋が学校か [続きを読む]
  • ここ数年の選手数と成績の相関関係に関する一考察
  • 「一考察」なんて論文みたいなタイトルですが。こんな言葉は大学の卒論以来とんと使っていませんね(笑)ちなみにそのときの論文のタイトルは「アニメソングと視聴率の相関関係に関する一考察」です(笑)さて本題。昨シーズン、開幕の段階で外国人を含めてプロ契約選手が総勢35名いました。※二種登録・特別指定は除きますで、年間最終順位が6位だったわけですが、それならば、過去開幕時に何人の選手がいて、成績はどうだったのかが [続きを読む]
  • 特別指定の制度が変わった
  • 昨シーズンは輝一、一昨年は山田と、特別指定でプレーをしていた選手がそのまま入団を果たしています。そして今シーズンは特別指定で在籍していたつよぽんが加入しました。ところで、この「特別指定選手」とは一体何なのか。正式名称は「JFA・Jリーグ特別指定選手制度」といい、対象は大学生、高校生となります。そしてこの制度にはちゃんと指定期間が設けられていました。その期間が・・・なんと1ヶ月単位(笑)そして、一昨年まで [続きを読む]
  • スタジアムはストレス解消の場ではない、と思います
  • たまに「スタジアムでストレス解消!」なんて言葉を見かけます。個人的な見解をあげさせて頂くと、スタジアムでストレス解消なんてできるとは到底思えません(笑)やらんとすることが上手くいかないのを見て、モヤモヤっとストレスを感じることも含めて応援だと思いますから。ストレスを感じるくらい入り込める趣味があるって素敵なことだとさえ思います(笑)知人の中には東京を応援し始める前は、呑んだくれだったりギャンブル狂いだ [続きを読む]
  • ナ サンホ選手 完全移籍加入クラブ間合意
  • これで外国人出場枠が埋まった。ナ サンホ選手 完全移籍加入クラブ間合意のお知らせこれまたスピードがある選手の加入です。これまでチャン、ヨングン、ヒョンス、インスと東京の韓国籍選手はポテンシャル採用が多いので、目の付け所はいいですね(笑)アジア大会制覇のメンバーですので、兵役も免除されます。ちゃんと免除活動はしてくださいね。アジアカップにも選出されていましたが、これはちょっと気になる・・・韓国代表ナ・サ [続きを読む]
  • 田川亨介選手 完全移籍加入
  • 東京五輪世代です。田川亨介選手 完全移籍加入のお知らせ最近で鳥栖から奪うのは水沼、林に続いてですね。鳥栖は最近育成に力を入れていますが、イタリア人を監督にしたのが運のツキ。あれは育成という観点はまず無いですから。その時点で使えるか使えないか、それと言う事聞くか聞かないかで選手選考して、シーズンを14人で回す監督でしたから。それにスペイン人とコロンビア人と韓国人と豊田が前線にいて、このままではベンチ入 [続きを読む]
  • 引いた相手を崩すヒントは己にあり
  • 東京にとって、もはや永遠のテーマになってしまっている、「引いた相手を崩す」という事。メンバーが代わっても、監督が代わってもやってる事が変わらないんです。エリアの外で楽しくボールを回して、挙句にサイドからヘッポコクロスが上がってラインを割るかクリアされるかGKにキャッチされて終わり。そりゃボールを回している間に守っている側は準備完了なんですから、引いた相手を崩せるわけもない。勝つ為の有効な手段がボール [続きを読む]
  • 始動日の小平に行ってきました
  • 昨日は始動日という事で小平に行ってきました。寒いかと思いましたが、陽が射していたのと湿度が高めだったのとで割と寒さは感じなかったですね。まあコート含めて6枚着て下もジャージを下に履いていたのでそれで寒かったら相当ですがwまずは恒例のご挨拶。ふーん、選手会長交代したんですね。知ってます?最近選手会長の離職率が非常に高いのを。今シーズンの公式球でトレーニングです。うーん・・・明太子食べたくなった。さて [続きを読む]