やぎ さん プロフィール

  •  
やぎさん: ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記
ハンドル名やぎ さん
ブログタイトルゲーフラ職人の青赤徒然観戦記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yagiblog_tokyo
サイト紹介文FC東京の試合を現地観戦した備忘録みたいなものです。 あとゲーフラもちょこちょこ作ってます。
自由文ゲーフラ職人と言われてますが、自称ではありません。質よりも数勝負の傾向が強いです(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1391回 / 365日(平均26.7回/週) - 参加 2014/10/20 23:21

やぎ さんのブログ記事

  • J3をステップとしてJ1の主力に
  • 室屋と中島がJ3をステップに、J1の主力となった。うーん、強い違和感。室屋はステップというか、故障明けのコンディション調整の意味合いが強かった。まあその意味ではJ3をステップとしたというのはあながち間違ってはいないかもしれない。中島は全然J3をステップとしてはいないと思います。なぜなら、J3では相当イマイチだったから(笑)だって2016年は7試合に出て無得点ですよ。PKも止められてますよ。出場して勝った試合がたった1 [続きを読む]
  • 反省だけならサルでもできる
  • 選手・監督のコメントによく出てくるワード。それが「反省」。別に反省するのがダメなわけではありません。しかし、反省とは「なにがだめだったか」「なぜできなかったか」を考えることです。もちろん反省も大切ですが、反省だけでは前進しません。ちょっと脇道にそれますが、当ブログではほぼ毎試合で前日にプレビューを掲載しています。自分で言うのもなんですが、プレビューで取り上げたポイントであるとか、チームとして注意す [続きを読む]
  • マスコット分類学
  • JリーグもJ1〜J3まで54クラブに上ります。その中にはマスコットがないクラブもありますが、実にいろいろなマスコットがいるもの。そこで生物学的に分けてみました。※自分で撮影したものだけです1・動物(哺乳類)たぬきリスたぬきオオカミいぬいぬうしイルカ鯱2・鳥類鷲シマフクロウカササギ白鳥鳳凰(鳥類?)サンコウチョウ3・爬虫類かめ竜(爬虫類?)4・昆虫蜂5・植物みかん6・分類不可パルちゃんガイナマンじじいFC東京オフィシャ [続きを読む]
  • 【御礼】たくさんの方々に見て頂いています
  • おかげさまで、本日でまた一つ年をとりました。愛斗と誕生日が同じです。相変わらずブログ閲覧数が好調です。これもひとえに当ブログを応援、支えて頂いている、ひいてはご覧頂いている全ての皆様のおかげです。気が付くと屈指の影響力を持つブログに(笑)自分の活動が周りに和やかな空気を作っている。ひとり観戦に戻らなければわからない事でした。以前は正直言って、人に合わせたり、人に気を使ったり、人の顔色を伺ったり、媚を [続きを読む]
  • コーチング
  • チームビルディングの重要性を説きました。今度はチームビルディングにあたって、選手に必要なメンタリティについて触れていきます。東京がビジョンとして掲げているのは、「自立のメンタリティ」。あらゆることに自ら考え、対応するという事ですが、これは「コーチング」の基本でもあります。その「コーチング」の大事な要素であるのが「質問」。つまりコミュニケーションです。指導する側がただ単にああしろこうしろと指示をする [続きを読む]
  • チームビルディング
  • 特にビジネスの世界において、「チームビルディング」という言葉をよく使ったり、手法を活用したりしています。このチームビルディングについては、プロサッカークラブにおいても必要性があるものだと思います。 チームビルディングの目的は、「チームパフォーマンスの劇的な向上」です。要するにチームビルディングに取り組み、チームが成長するとチーム力が上がり、チームが直面する様々な課題が解決できるようになるということ [続きを読む]
  • ややこしい移籍
  • かつて名古屋には本田がいました。そして、豊田も名古屋にいました。それはつまり、トヨタにホンダ、トヨタにトヨダ。他の例を調べたら、まずトヨタにマツダがいたことがあります。松田力さすがにミツビシやダイハツ、スバルはいませんでした。欧州系の選手が多いのでもしかしたらと思ったけど、メルセデスやルノー、プジョーもいませんでした。しかし・・・スズキは一人だけいました。鈴木正治 (1997-1998在籍)もはや懐かしの選手 [続きを読む]
  • 鳥取組必修科目
  • みんなでおぼえよう!FC東京オフィシャルショップ楽天市場店欲しいものがきっと見つかります。いいね!と感じていただけたら下記バナーの をお願い致します。ブログを書く励みになります。カボレもいいね!を押している(笑)インスタでブログに出さない画像も公開中。 [続きを読む]
  • ベテランのあるべき姿
  • みなさんご存知の通り、今年チームは意識の部分でも目覚ましい変革を遂げています。ただその一方で、変わらない、変われない人もいるわけで。そういう変わらない人はほぼプロで10年前後以上やっているいわゆるベテランの域に入る選手です。なぜ「変えない・変えられない・変われない」という特徴を持つベテランが生まれるかというと、ハッキリ言えばその選手がチームに何年いても同じ事ばかりやっているからです。若手時代は慣れて [続きを読む]
  • 自信なさげにプレーするから不用意なファールが増える
  • やはりチームとして自信を持ってプレーをしないと、50/50でやりあうことはできないと思います。ひいては、選手が自信なさげにプレーをすると、どうしても対応が後手後手になってしまう。特に守備。で、そうやって後手後手になるとエリア内でファールを犯してPKになる。PKになってしまうと、あとはGKの仕事という事になるんですが、最近PKを止めた記憶がない。という事で調べてみました(笑)遡って2014年以降の公式戦のデータです。 [続きを読む]
  • 周りは気にするな
  • 昔、2ちゃんねるで書き込まれていた、「俺らがついてるぜ」の吉川晃司風が好きです(笑)Wow! All right know 東京 今日もYou go there 勝利めざし You get! You get! Yo! 東京 いつも俺等が ついてるぜ   誰が何とWe want 周りはKicking through now 自分を信じてWe can back! 勝利はついてくるさて、そんなおなじみのチャント。おお 俺の東京今日も行こうぜ勝利めざし行け行けよ東京 いつも俺らがついてるぜ誰が何と言おうと [続きを読む]
  • 決まるPK決まらぬPKその13
  • 決まらぬPKあり。2018年5月3日 H盛岡戦 リッピのPK2018年6月6日 天皇杯ドラゴンズ戦 ディエゴのPKふざけて応援しないからこうなる。2018年7月7日 H福島戦 たすくのPK【つづく】FC東京オフィシャルショップ楽天市場店欲しいものがきっと見つかります。いいね!と感じていただけたら下記バナーの をお願い致します。ブログを書く励みになります。カボレもいいね!を押している(笑)インスタでブログに出さない画像も公開 [続きを読む]
  • 元青赤のあの人は今〜オフィシャルのサーバーダウン〜
  • 昨日は相模原戦でしたが、相変わらずお元気そうでしたね。それは・・・谷澤達也!当時作ったゲーフラです。2011年、降格したシーズンに千葉から加入。以来2012年8月まで活躍・・・というか伝説を残していってくれました(笑)そもそも加入前の時点で、・普通自動車免許試験に16回落ちた・試合前のアップで自分の蹴ったボールが顔面を直撃・千葉加入時に、自分の特徴を一言で表すとと聞かれ 「ワールド」という名言を残すなど、伝説 [続きを読む]
  • もう「ヨロシク」は時代遅れ
  • もう個に頼るサッカーはどこでも通用しないと思います。W杯がその象徴でしたね。例えばアルゼンチンはメッシに頼って攻撃の手詰まり感が相当なもので、ポーランドはレヴァンドフスキが不発で敗戦。コロンビアはご存知の通り、ハメス・ロドリゲスを投入した結果、逆にチームがノッキングを起こした。もう、一人の強烈な個に任せっきりになるいわゆる「ヨロシクサッカー」では勝ち抜くことは難しいのでは、という事です。東京もそう [続きを読む]
  • 縦に速い攻撃
  • よく言われる表現ですが。これって、自陣からゴールまで手数をかけずにボールも人も運んでいく事だと思っていますが認識はほぼ間違っていないですよね?決して、前線に誰も走っていないのにボランチやDFラインから素早く縦にポーンと蹴りだして「ナイスクリア!」と揶揄されるようなプレーの事ではないですよね?決して、前線に誰も走っていないのに「前だ前だ!」ととんちんかんな声を上げるゴール裏の人が好みそうな可能性ゼロの [続きを読む]
  • 2018.9.16 J3第23節 FC東京U-23 3-0 相模原〜ポジションを奪う集団〜
  • 観衆:934人<得点者>20分:平岡(東京)56分:平岡(東京)80分:内田(東京)ちゃんちゃちゃちゃんちゃんちゃちゃんちゃちゃんちゃんちゃちゃちゃんちゃんちゃちゃんちゃちゃんスタメンで頑張ろうとおーもったら〜ベンチスタートでした〜チッキーニョー!!!!さて(笑)みんなギラついてましたね。今日の出場メンバーは全員プロ。J3の場合、試合によってどこに繋がっていくのかのコンセプトが異なってきます。トップでポジションを奪 [続きを読む]
  • どっかに行った自立こそ呼び戻すべき
  • クラブが2020VISIONとして「自立」を掲げていて、一昨年のホーム最終節では、おでんキャプテンが「強くなるためにファンも考えて」と言うようにファンにしても「自立」をしなければならないと思います。ハッキリ言って応援の強制など「自立」とは逆行しています。つまり、チームが強くなる以前のクラブの土台を一段階ずつ上がっていく中でその進化について来れていない、そのやり方はビッグクラブになろうとしているクラブからした [続きを読む]
  • 2018.9.15 J1第26節 仙台 1-0 FC東京〜激励と甘やかしは違います〜
  • 観衆:17,887人<得点者>50分:OG(仙台)まず一言。拍手するような試合ではない。アマチュアの試合を観に来ているのではない。お金をもらっているプロフェッショナルの試合をわざわざ仙台くんだりまできて2700円というボッタクリレベルの金額出してあの体たらくを見せられてはたまったものではない。拍手をしていた方々は牛タン食べて萩の月買ってそれで満足していたのでしょう。「勝っても負けても関係ねえ、結果は二の次だ」てこ [続きを読む]
  • 【速報】2018.9.15 J1第26節 仙台 1-0 FC東京
  • 観衆:17,887人<得点者>50分:OG(仙台)ひどいね。攻守にアイデアがない。太田はこの二週間何をやっていた?6試合で勝ち点2という現実から目を背けてはならない。どいつもこいつも出しきってないよ。 FC東京オフィシャルショップ楽天市場店欲しいものがきっと見つかります。いいね!と感じていただけたら下記バナーの をお願い致します。ブログを書く励みになります。カボレもいいね!を押している(笑)インスタでブログに [続きを読む]
  • 明日はJ3 SC相模原戦です
  • 久々のJ1のあとのJ3となります。じつに5月5日アウェイ川崎戦翌日のホーム鳥取戦以来4ヶ月ぶりとなります。ちなみにその時は川崎戦でメンバーに入ったマコが翌日のJ3に45分出場。まあこの時はそこから中二日でルヴァンがありましたからね。ならばルヴァンも天皇杯も無い、という状況で迎えるJ1⇒J3という流れは今シーズン初めてという事になります。ユアスタのメンバーが出ましたが、おそらくはこの中で出場が無かった選手の一部は [続きを読む]
  • 元青赤のあの人は今〜ジャジャジャジャーン〜
  • 以前の東京は、CBに外国人を入れる事が当たり前のように成り立っていました。その中でも過去の実績、J加入後の功績ともに群を抜いているのが・・・ジャーン!2002年に加入し、以後2006年までCBを担い続けた元セレソン。加入前の1999年には代表キャップも1試合です。そんなジャーンの大好物は味噌ラーメン(笑)※写真は参考資料です。みるみるうちに日本語も堪能になり、ゲームキャプテンを任される事も。実際、2007〜2010年に在籍し [続きを読む]
  • いろんなアモーレ
  • ついにトルゴリくんがパツキンに・・・さて、トルゴリくんといえば、流行語大賞を取る勢いだったものの、結局何も絡まなかった「アモーレ」。あえてそこには触れず(笑)日本におけるいろんな「アモーレ」を調べてみました。「ミ・アモーレ」歌手中森明菜の楽曲。この楽曲は彼女の11枚目のシングルです。「迷い、迷わされてカーニバル〜」ってやつです。ミ・アモーレ自体はイタリア語ですが、(英語だとMy Love。愛しき人よ的な意味 [続きを読む]
  • FC東京U-18所属5選手トップチーム登録(2種)
  • きたよきたよきたよー!FC東京U-18所属5選手トップチーム登録(2種)のお知らせブランドン、慎吾、創也、征一郎、和純。ブランドンは一年生ですがすでにAチームのレギュラー。ほかの二年生もコンスタントにAチームに絡んでいます。ブランドンの地元凱旋には間に合わなかったけど、征一郎の地元凱旋には間に合いますよ。まずはプレミア。それでも鳥取あたりで十分チャンスはある。最後に登録解除となったアマノッチと涼一。おそらく進 [続きを読む]
  • 明日はベガルタ仙台戦です
  • 代表中断も終わり、リーグ戦が再開となります。東京は順位こそ3位ですが、これは相対的評価であり、勝ち負けと勝ち点という絶対的評価で見て行かなければなりません。勝ち点は42ですが、ここ5試合でわずか2しか伸ばせていません。首位との差は13ですが、15位との差も13です。つまり、のこり9試合次第で大きくジャンプアップする可能性もあれば、激しい急降下をする可能性もあるという事です。ここにきてメンバーも揃ってきました。 [続きを読む]
  • ビッグフレームス交歓会開催
  • 9年連続9回目の参加です。2018ビッグフレームス交歓会開催のお知らせ今年は会場もいつもと違いますし、ようやく注意喚起してくれた。「ユニフォーム着用、ビーチサンダル、 ハーフパンツでのご来館はご遠慮ください」もうねえ、ホテルでやる交歓会ってものを全く分かってなくて、近年はファンフェスタと区別がなくなりつつあり、「おまえら小平に行ったって変わらねえだろ」という出で立ちの出席者もいて、交歓会の価値観が薄れて [続きを読む]