ばんまつり さん プロフィール

  •  
ばんまつりさん: はぐれ兼業主婦純情派
ハンドル名ばんまつり さん
ブログタイトルはぐれ兼業主婦純情派
ブログURLhttp://fanblogs.jp/banmaturi/
サイト紹介文兼業主婦が思ったことをつぶやきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/10/23 05:50

ばんまつり さんのブログ記事

  • 分かり合えない
  • まつ男(子供の仮名)の通う保育園の同じ組のママさんたちは、土日集まるのがお好きなようです。なんだかしょっちゅう、「またみんなで遊ぼう!」みたいな連絡をしあっています。なんで?なんで月曜から金曜まで働いていて、貴重なはずの土日にあえてみんなで遊ぼうとするのか?家事とかたまってないのか?家族団らんしたいと思いたくないのか?ダラダラしたいと思わないのか?土日まで真面目に化粧したくないと思わないのか?読み [続きを読む]
  • 自分探し
  • 「不自由な男たち その生きづらさは、どこから来るのか」って本を読みました。不自由な男たち その生きづらさは、どこから来るのか(祥伝社新書)新品価格¥886から(2017/10/17 23:08時点)その中に、「一日10時間、週5日、会社に40年も取られていたから、男性は定年後に『俺って何?』となりやすい」と書いてありました。確かに、一日10時間、週5日、会社に40年も取られていたら、自分って何?と思いそうです。それに比べれば、結婚 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者といじめっ子の違い
  • 子供のころ、いじめっ子だったけど、大人になったら改心した、なんて人の話を聞くことがあります。そのような、「いじめっ子から改心した人(元いじめっ子)」と、いつまでもいじめをする自己愛性人格障害者はどこが違うのでしょうか。元いじめっ子も、自己愛性人格障害者も、「人をいじめる事が楽しい」と思ってしまう残念な人であることは同じです。でも、元いじめっ子は、大人になるにつれ共感性が成長し、「いじめられた人は悲 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者のターゲットが1人のわけ
  • 「自己愛性人格障害者はターゲットを憎んでいる」でも書いたのですが、「憎しみ」というのは、何かの存在そのものに対して抱く感情であり、自分の「愛」が脅威に陥った時に抱く感情でもあるのだそうです。この、「存在そのもの」に対する感情、他に何があるでしょうか?そう。恋ですね。恋っていうのは、誰か特定の人に対して抱く感情です。そして、恋をしている対象に対して、人は執着します。例えば、恋をしていると、その人より [続きを読む]
  • アックルビーム
  • まつ男(子供の仮名)が、「アックルビーム、〇〇になあれ!ビビビビビ〜」という遊びを始めました。そのビームを浴びると、〇〇になるという設定らしいです。主人に向かって、「アックルビーム、お姉さんになあれ!ビビビビビ〜」とビームを発射して主人をお姉さんにしたり、主人から、「アックルビーム、女の子になあれ!ビビビビビ〜」と言われて女の子になったりして遊んでいました。アックルビームが私に向けられたので、「あぁ [続きを読む]
  • たまに主人は天才じゃないかと思う
  • 10月19日まで、AmazonでKindleのセールをやっています。https://www.amazon.co.jp/b/ref=as_li_ss_tl?_encoding=UTF8&no
    de=5364855051&linkCode=ll2&tag=eig-22&linkId=77aaf6ee1d0ab05b3469326346bd000eで、何かいい本がないかなと漁ってい
    たら、以下のようなタイトルの本を見つけました。息を吸って吐くように目標達成できる本新品
    価格¥1,000から(2017/10/14 12:28時点)すごい、息を吸って吐くように目標達成が出来るんだ!と思 [続きを読む]
  • 美女と野獣
  • ディズニーの実写版の美女と野獣を見ました。アニメ版も好きなのですが、実写版の方が泣けました。本当、美女と野獣でここまで泣かされるとは思わなかった…。(なんかカップになったチップ君出てきただけで泣けた。一人で見て良かった。)あと、実写版のガストンが好みすぎて困りました。美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]新品価格¥3,296から(2017/10/14 0 [続きを読む]
  • 味噌汁
  • まつ男(子供の仮名)は、私が作る味噌汁より、インスタントの味噌汁の方が好きです。今日の夕飯も時間がなくてインスタントの味噌汁にしたのですが、「美味しそうな匂いがする!」と、大喜びでした。インスタントの味噌汁の時は、たまに「お代わり」まで要求します。しかし、私が作った味噌汁の場合。なんかまつ男はあんまりうれしそうでもなく、(こういう顔)たいてい残します。主人は、「ばんまつりちゃんの作る味噌汁は、野菜 [続きを読む]
  • 【下品注意】男性の象徴と戦い続ける映画?
  • 「【下品注意】いや、羨ましくないから。気にしてないから。」で、紹介させていただいた本女は何を欲望するか? (角川oneテーマ21)に、映画というのは、巧みに世相を反映しており、「エイリアン」も映画が作られた年代におけるフェミニズム的視点から解釈が出来ると書いてありました。エイリアンシリーズはざっくりと言うと、第一話は、「父権制社会」を象徴するエイリアンと戦うリプリー(女性の象徴)第二話は、専業主婦を象徴す [続きを読む]
  • 【下品注意】いや、羨ましくないから。気にしてないから。
  • 中学だか高校の時、初めてフロイトの著作を読んでビックリした箇所があります。それが「ペニス羨望」---ペニス羨望は,性の解剖学的差異の発見から生れる。女児は,男児と比べ自分が傷つけられていると感じ,男児のようにペニスを持ちたいと思う (去勢コンプレクス) 。次いで,ペニス羨望はエディプスコンプレクスの途上で,2つの派生形態をとる。一つは自らの内にペニスを獲得したいという望みであり (主に子供を持ちたいという形 [続きを読む]
  • WALL-Eの世界
  • 2008年に公開された、WALL-Eという映画があります。舞台は西暦2805年。地球がゴミであふれかえってしまったため、人間は巨大宇宙船に乗って一時地球を離れ宇宙で生活し、その間ロボットが地球をきれいにしている、という設定です。そのお掃除するロボットがWALL-E。地球が人間が住むに足りるほどきれいになったかを、植物の有無で判断するため植物採取用のロボットとして宇宙船から派遣されたのが、EVEというロボットです。基本的 [続きを読む]
  • 【ネタバレ注意】ラプンツェルの両親
  • 「ラプンツェルのゴーテル」に、『塔の上のラプンツェル』に出てくるゴーテルという登場人物が気になるという話を書いたのですが、ラプンツェルの両親、つまり王と王妃も私にとってはなかなか気になる人物です。以下ネタバレを含みますので、まだ見ていない方はご注意ください。まず、王妃が若い。ラプンツェルを出産して、18年が経過しているはずなのに、エンディングなどに出てくる王妃は、王と比較しても若いです。ラプンツェル [続きを読む]
  • 寒いので
  • 昨日の朝、私が住む地域はかなり気温が下がりました。そんな中、朝食の支度をしていた時、ふと視界の端っこのほうで主人がglobeの『とにかく無性に…』という歌を口ずさみながら、自分の全身をまさぐり、腰をクネクネとさせていることに気づきました。「何してるの?」と一応聞いたら、「寒いので乾布摩擦している」とのことでした。会社ではやっていないことを望んでいます。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ラプンツェルのゴーテル
  • まつ男(子供の仮名)が見るかもしれないと思って、以前金曜ロードショーでやっていた『塔の上のラプンツェル』を録画しておいたのですが、最近私がはまっています。コテコテの恋愛映画かと思っていたのですが、制作側のディズニーとしては前作の『魔法にかけられて』があまりにも女の子女の子な映画で、男子人気が低かったという事で、かなりアクション重視の作品にしたのだそうです。だから、恋愛要素ももちろん強いのですが、メ [続きを読む]
  • 秋なので
  • ロマンチックな動画といえば、ラプンツェル。ちなみに、ラプンツェルの恋人役のフリン・ライダーを作り出すために、ディズニーはイケメン会議を開いたそうです。なので、ディズニーランドにいる実写版のフリンもイケメンなんだそうです。あぁ、ディズニーランドに行きたい!2ショットを撮って待ち受けにしたい!にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 美人は虚しくならないのか
  • 主人に、「美人って、顔だけが目的の男が近づいてきた時、虚しいと思わないのかな。」と問われました。なぜ美人じゃない私に聞くのか分かりませんが。一応、「美人は、大体子供の時から美人である。」「子供というのは、まだ自分の器量が良いから親切にされる、などの判断ができない。」「だが、人に優しくされる、チヤホヤされるという経験はその子の自己肯定感を高めたり、自信を持つにはとても良い経験である」「しかるに、美人 [続きを読む]
  • 文系学部の意義とは?
  • ちょっと前に、理系人材を欲しがる産業界の意向を受け、国立大学の文系学部は廃止するなんて誤ったニュースが巷に流れました。それは、文科省の出した通達が誤解を与えるような文章で、別に文系学部を廃止するという意図はなかったそうなのですが、「そういえば、大学の文系っているの?」的な感じで文系学部の存在意義について色々と考えさせられる事件となりました。私も、ずっと文系学部の存在意義について心の底の方でしこりの [続きを読む]
  • 日常に潜む神
  • うちの洗濯機は日立のビートウォッシュです。洗濯機を買うときに、ビック〇メラの店員さんに、「やっぱりモーターは日立ですよ!」と猛プッシュされて決めました。大体、良好な関係を築いていたのですが、今日毛布を洗っていた時に、「C4」エラーが出てきました。「C4」エラーとは、排水にまつわるエラーらしいです。排水口が詰まった場合なんかに出るらしいです。あぁ、今から排水口を掃除するなんて大変だなぁと思い、何か別の方 [続きを読む]
  • 【虫注意】リアル
  • まつ男(子供の仮名)が、「カブトムシが欲しい」と言い始めたので、フィギアを買うことにしました。ちょうど訪れたショップに、以下の商品があったので「リアルだからちょうどいいわ。」と思って買ったのですが。立体図鑑リアルフィギュアボックス ライナセラスビートル カブトムシ新品価格¥2,700から(2017/10/1 09:59時点)家に帰って開けてみたら、予想以上にリアルでしかもデカい。ネプチューンオオカブト君のおもてネプチューン [続きを読む]
  • 神田沙也加さんの旦那さん
  • 神田沙也加さんの旦那さん、村田充さん。10月2日に千秋楽を迎える舞台を最後に活動休止すると宣言したそうです。なんだかとても堂々とした"ヒモ"宣言に感じるのは私だけでしょうか。村田充さんと言えば、私の中では仮面ライダー俳優という印象が強いです。今まで、仮面ライダー響鬼や仮面ライダーキバなんかの作品に出演されていました。悪役でしたがカッコ良かったです。偶然にも、その両作品で松田賢二さんという俳優さんと共演 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者はターゲットを憎んでいる
  • 「怒り」が何かの言動に対して抱く感情なのに対して、「憎しみ」というのは、何かの存在そのものに対して抱く感情なのだそうです。そして、「憎しみ」というのは、自分の「愛」が脅威に陥った時に抱く感情でもあるのだそうです。例えば、「可愛さ余って憎さ100倍」という言葉があります。これは、今まで可愛いと自分が愛情をもっていた対象に裏切られた(自分の愛が脅威に陥った)結果、その相手が憎くなることを指します。そして [続きを読む]
  • 「お先に失礼します。」
  • どうでもいい話なんですが。「お先に失礼します。」に対する返しって、「お疲れさまでした。」ですよね?今日もお仕事お疲れさまでした、帰ってゆっくり休んでくださいね、的なニュアンスで使うものだと思うのですが。最近、「お先に失礼します。」の返しが、「お疲れさまです。」の人がいることに気づきました。なんか、仕事が終わった感がなく個人的にはすごく違和感を感じるんですが。会社によっても違うんですかね。にほんブロ [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者から逃げるのは泣き寝入りじゃない
  • 自己愛性人格障害者から逃げるのは、泣き寝入りではありません。自己愛性人格障害というのは、人にばれないようにターゲットにう〇こを付けてくる障害のようなものです。自己愛は、ターゲットに人にばれないようにう〇こを付けてきて、「なんか、あなた臭いわよ」と言ってきたり、周囲の人と「あの人臭いよね」とヒソヒソしたり、「あなた、あんなう〇こ臭い人と一緒で大変ね」と周囲に同情されたりするのです。そして、障害なんで [続きを読む]