ヒマラヤ聖者入門 さん プロフィール

  •  
ヒマラヤ聖者入門さん: ヒマラヤ聖者入門
ハンドル名ヒマラヤ聖者入門 さん
ブログタイトルヒマラヤ聖者入門
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/123465_2
サイト紹介文 ヒマラヤで聖者入門     コースが、日本人を対象に          初めて開催されま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/10/23 09:15

ヒマラヤ聖者入門 さんのブログ記事

  • NO569・・・体質改善とは
  • 慢性病を改善する真の  体質改善とは巷では、青汁やクロレラを服用すると体質改善できるといわれていますが、本当でしょうか?私は、なかなか治らない慢性病(癌・肺炎・蓄膿症・アレルギー・うつ病・精神疾患・歯槽膿漏・水虫・痔の病・ぜんそく・リウマチ・糖尿病・不眠症・口内炎・トリコモナス・カンジダ・肝炎・ヘルペス・潰瘍・認知症等々)の原因は次のように考えています。食べ物や物質から難病は発生する食べ物や物質に [続きを読む]
  • NO568・・・微生物と霊性
  • 私たち生物は、微生物によって生かされている。微生物なくしてあらゆる地球上の生命は維持できないのである。数十億年前、地球生命体は微生物と宇宙エネルギーの組み合わせによって誕生した。海のミネラルバランスにより、海の中に微生物が誕生し、やがて陸地に上がり、火山の溶岩によってできた大地を分解し土をつくり、森が形成され動物や木々や草や人間の住める環境が整う。であるから、海水がない惑星には、生命体は存在し [続きを読む]
  • NO567・・・魅せられて憑りつかれて
  • 悪い女や、悪魔に魅せられて憑りつかれたのではない。憑りつかれたのではなく、取りつかれたのである。悪い女と云うが、最初は魅せられたのであり、その正体を知って憑りつかれたになっただけである。悪魔もそうである。最初に魅せられたのは貴方であり、時間と共にその正体を知ることになって、怖くなり、私に縁を切ってくれと尋ねて来る。最初はよいよい帰りは怖いと、古の昔より言い伝えられているのであるゆえに、信仰に入る [続きを読む]
  • NO566・・・気の実際
  • 生徒様の東北在住のクライアントさんから嬉しいご報告を頂きました。ので原文でご披露させて頂きます。注釈・・・「東北在住の〇〇〇様からメールが届きましたので転送させて頂きます。〇〇〇様は毎月欠かさずご神木プージャに参加されています。長女の〇〇〇様が小5から引きこもりだったのですが、その困難を克服されたという喜びのお便りです。「お世話になっております。 〇〇です。ご報告、遅くなりましたが、〇〇〇が [続きを読む]
  • NO565・・・プージャの体験談
  • 癒しの森湯布院では、満月に近い土曜日に満月行を開催しています。この満月行では、インドの話やヒーリングテクニック等の勉強を行い、22時からはメインプログラムのご神木プージャが行われます。ご神木プージャとは、穢れを抜いたご神木に願いを書き、火に集まって来た神々と一体になって願いを達成することであります。火に集まって来る神には、火の神であるアグニー神が主にやってくるのですが、アグニー神は、願い事を即座 [続きを読む]
  • NO564・・・ルドラクシャの体験談
  • ルドラクシャを身に着けて奇跡を体験したとのご報告を頂きましたので、ご披露させて頂きます。素晴らしい御守り「ルドラクシャ」までいただき非常に嬉しいです。ありがとうございます。早速ですが、驚きのことが…先日、皮膚の中に直径7mmほどのマメのような骨のような硬いシコリが出来まして…(調べてみたらガングリオンという腫瘤らしいです)握ったりすると痛いのですが、手を切って摘出…とかは嫌だったので、このシコリ [続きを読む]
  • NO563・・・神とは
  • 神とは、匂いも無く、香りも無く、目にも見えないもので、宇宙に遍満し、宇宙の全てを照らし、その光は永遠に果てる事がない摩訶不思議なものであると仏典には書かれている。また、今見ている星は何万年光年先から照らされているが、我々が見る時には、すでにその星は死んだ星であり、過去を見ていると言われる。神を求めると云う事は、今見えている星の生きていた何万年光年先を知ることであり、何が何かわからないところであ [続きを読む]
  • NO562・・・土壌と炭素(炭)
  • 畑の土に炭を混ぜると、糸状菌が育ちやすくなる。糸状菌とは、簡単に云えば椎茸菌であるのだが、この菌は土中の石なども分解する力がある。ゆえに石灰化され硬くなった土も柔らかくする力がある。畑に石灰を入れると土壌を改善し、悪い菌などを殺す力があるゆえに、石灰を入れるのであるが、その為に土は硬くなり、土中の栄養素が根から吸収し難くなる。土の栄養素とは、現代農薬で云う窒素・リン酸・カリなどの単純な栄養素では [続きを読む]
  • NO561・・・春と畑
  • 神の蔵と呼ばれる、松果体を活性化するには、アルカリ性である緑黄色野菜が必要である。現在は酸性食品や酸性物質が氾濫し、食の欲望や生活の便利性が為されているが、それがいろいろの悪害をもたらせているのは、疑う余地もない。体(血液・細胞)が酸性化すると、老化が進み、松果体は硬くなると言われている。松果体は、ゴム風船のように柔らく縮んだり、膨らんだり、状況に応じて対応できるのが本来の機能であるが、活性酸素 [続きを読む]
  • NO560・・・カーリーとシッディー
  • シッディーとは、仏教で云うところの法力であり、奇跡力やミラクルとも呼ばれる。2002年か03年頃アシュラムのジーザステンプルの上にあるピラミッド型の暗い部屋に男6人が呼ばれた。外人3人日本人3人である。部屋の中は真っ暗で天井も低く、目が慣れるまで誰がいるのかもわからない狭い部屋である。まともに立つことも出来ない。暫く待つと、カレスワール、スワミがバケツを持って入室して来た。「今からシッディープロ [続きを読む]
  • NO559・・・ラーマクリシュナと解脱
  • ラーマクリシュナはカーリー神を崇拝し解脱した。そして、どの神の道から神を求めても目的は達成できると「万教同根」として、修行者に伝えた偉大な聖者である。また、解脱とは・・・・神を愛することが、人類愛につながり、いつしか自我は空になり、神人一体の妙教に達する。それが「解脱の境地」であるとした。ラーマクリシュナは言った。必要なことはただひとつ、神を知ることだ。 なぜあなたは、世界、宇宙の創造、科学な [続きを読む]
  • NO557・・・気を動かす
  • 気とは、色も無く、臭いも無く、宇宙に遍満と漂う摩訶不思議な得体の知れない物質であり、これを称して神とも、宇宙神とも云う。多くの人々は、目に見えないゆえに否定する人もいるが、その中で生かされていると、気が付かない。金魚が金魚鉢の水の中に生かされていても、その金魚鉢から何かの拍子に飛び出して、始めて水の存在を知ることになる。が、実際言葉の意味を深く探求しないで使っているのも事実である。例えば、元気・ [続きを読む]
  • NO556・・・地下瞑想室
  • 満月行の自力行コースの方々に、地下にある瞑想室を解放することにしています。地下瞑想室は、地上より約2,5M下にあり、この深さには龍脈(白龍)と呼ばれる磁力線(気)が横に走っており、これらのルート状にある祠には、昔より龍が住み着くと言い伝えられています。ゆえに、このような地下室で瞑想する事により、森など静かな場所で大地に座って行う瞑想より、地のエネルギーを直接授かる事が出来るので、数倍龍と地のエネ [続きを読む]
  • NO555・・・カーリーヒーリング
  • カーリーヒーリングとは、カーリー神のエネルギーを用いて、脳内に溜まった邪悪なエネルギー(邪気・悪鬼・悪霊)を取り払い、脳のコントロールセンターを正常に戻すヒーリングである。脳のコントロールセンターは、人間を正常にコントロールする器官であり、あらゆる障害に対して正常に戻そうとする。例えば、極寒の地において、末梢に十分血液が巡らないと凍傷になる。しかし、同じ条件においても、なる人とならない人がいる。 [続きを読む]
  • NO554・・・自力行と他力行
  • 霊性修行には、お金がかかると良く聞きますが、本当にそうなのでしょうか?また宗教は騙して大金を要求されると聞きますが、本当なのでしょうか?私は個人的には、大金を使い、現在に至るのですが、後悔はしてなく、満足しています。この満足するか、後悔するかは、結果によって決まると思います。そして霊性修行を始めるきっかけは、人それぞれであり、何を目的に始め、どのような結果を求めているのかにもよるでしょう。私が、 [続きを読む]
  • NO553・・・毒は毒を持って制す
  • 相手を憎む言葉や罵る言葉を吐けば毒になるという。また極端なネガティヴな言葉を吐けば毒になるとも云う。この毒は一瞬にして血液に流れ、血液の色はどす黒い色に変わるという。つまりブラックの発生である。また、人から毒を浴びさせられる場合もある。ゆえに「人を呪わば穴二つ」と言い。浴びせた人にも、受けた人にも毒の害は生じる。その毒は、やがて脳内に蓄積され熱を発生することになる。いわゆる言霊の怖さなので、言葉 [続きを読む]
  • NO552・・・霊障について
  • 霊障とは、霊の障りと書きます。では、霊とはなにか?霊とは全てが悪い霊なのだろうか?先祖霊も悪い霊なのだろうか?東洋医学思想に、悪鬼とか邪気とか悪霊という文字が出て来る医学の経典があるのですが、この使い分けから述べてみたいと思います。肉体から魂がはなれたら、霊になります。この霊には、成仏した霊と成仏していない霊があります。多くの霊は、自分が死んだことを悟り、安楽の浄土であるお釈迦様が住む西方浄土に [続きを読む]
  • NO551・・・暗黒時代と募金
  • 仏教を興した釈尊(ブッダ)は、500年を一つの時代で教えている。仏教が立宗された最初の500年は、皆神仏の意味を理解し、神仏を信じ、神仏の教え通り生活し、その、みんなが神・仏になれる時代であったが、ブッダ没後の2500年後には神・仏の教えは廃れ、自分中心の世界になり、暗黒の時代(末法)を迎えるであろうと予言されていた。インドに行くと、子供の乞食が群がって来る。本当に邪魔になるぐらい群がって来るゆ [続きを読む]
  • NO550・・・難病について
  • 先週の土曜日のヤフーニュースに「認知症薬 脳の関門突破に前進」と報じられていました。認知症や現代医学ではお手上げの病気のほとんどは、この脳の関門が異物を入れないない為に、治しようがないのが現状だと思います。いくら試験管の中で成功しても、脳のコントロールセンターに届かなければ、薬が必要とする臓器に送る事が出来ないからです。まして、脳内に症状がある認知症などは治しようがないのが現状です。そして脳は神 [続きを読む]
  • NO549・・・カーリー神について
  • カーリー神は、アスラー界の悪魔を退治する偉大な力を持つ神である。アスラー界とは、外にあるのでは無く、自分の中にある。人間は大宇宙に対して小宇宙と呼ばれる。神々が住む世界が大宇宙ならば、小宇宙である人間の中にも神々が住んでいることになる。その大宇宙の神々と小宇宙である人間の中の神と繋がっていないと宇宙のバランスが保てないであろうし、平衡を失いコントロールが出来ない事になる。つまり、人間が考え行動す [続きを読む]
  • NO548・・・ヒマラヤの牛
  • 雪の中、無事に満月行とグル行が終わりました。木曜日の夜から神の世界と繋がる行を行いました。この行は主に煙プージャを行う事によって可能であり、この方法の一部を応用してヒーリングを行うと、非常にリラックスした状態の境地(魂の響き)に達する事が実証されたのです。今後、癒しの森湯布院(シルディーサイババ、テンプル)では、モニターを募集し、煙プージャヒーリングを行う計画です。このヒーリングは、30分間、古 [続きを読む]
  • NO547・・・グル行(九窮を開く)
  • グル行は、暗い瞑想室で九窮(きゅうきょう)を開くプージャを行っています。九窮とは、体に見える九つの穴の事で、これらの穴が、何らかの原因により詰まると、毒素の出場所がふさがれます。この多くの毒素は、悪霊によるものか、もともと体内に溜まっていた毒素が悪霊化したもので、これらが溜まるとその部位に熱を発生します。中耳炎や歯槽膿漏・痔ろう・目ヤニ・副鼻腔炎・難聴などで、九つの穴とは、両目・両耳・両鼻・口 [続きを読む]
  • NO545・・・シルディーサイババと信者
  • シルディーサイババには、世界中に多くのレポーティス(信者)がいます。またエネルギーの世界で繋がっている弟子がいます。多くの信者は、シルディー、サイババに何らかの形で助けられ、その恩恵に感謝し信者となっていくようです。ある人は、交通事故を起こす寸前に白い服を着た人が現れ、時間を止めてくれたと言います。ある人は、夢の中に白い服を着たシルディーサイババが現れ、事業の指針のアドバイスを受けたと言います。 [続きを読む]