ポンヌフ さん プロフィール

  •  
ポンヌフさん: 手当次第
ハンドル名ポンヌフ さん
ブログタイトル手当次第
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mpxnm623
サイト紹介文運転中や地図で見て気になった場所へ、手当り次第に行って紹介していきます。ダム、神社、珍スポット等。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/10/23 13:36

ポンヌフ さんのブログ記事

  • 秋葉社 (西尾市中畑町神明前)
  • 中畑橋近くの川べりにある小さなお社です。社名は推定。詳しい地図で見る車一台分の細い路地にちょこんと鎮座しています。斜めから。といってもあまり変わりませんが…。灯篭は大正十三年に建てられたもの。由緒も不明なんでほとんど以上で終わりのインスタントな記事ですが、秋葉社としたのは屋根に羽団扇の紋があり天狗がいるから。「天狗の鼻」を折られているせいか、ちょっと情けない顔に見える。載せませんが向かって右にはく [続きを読む]
  • 極楽 (田原市大久保町)
  • 田原市の真ん中あたりにある地名、極楽(ごくらく)です。Oh, heaven is a place on earth!詳しい地図で見る場所を紹介しようにも近くに何もない、畑に囲まれた集落です。極楽の南東から。極楽の池。私のような凡夫の濁った目には普通の池としか映らない。極楽の北にある極楽運動広場。筆書きに味がある。しかし住所的にはこの広場は極楽ではなく隣の黒河に含まれます。ということで極楽じゃないから狩猟者もいる。気を抜くな!と [続きを読む]
  • 白山神社 (西尾市法光寺町西畑)
  • 「法光寺内陸工業団地」という工場が集まった区画の近くに鎮座する白山神社です。路地にあるので知らずに通りかかることはまずないでしょう。詳しい地図で見る田んぼをはさんで神社全景。正面。明るい印象の境内です。左側の灯篭の後ろの円柱に祭神と由緒が書かれています。こういう形の由緒書きって珍しい気が。境内。写っていない側には遊具がありました。津島社と秋葉社の跡。裏に昭和五十九年とある。入り口の昭和五十九年の「 [続きを読む]
  • 衣笠山展望台 (田原市仁崎町)
  • 前回のパラグライダー離陸ポイントから衣笠山の山頂へ向かいます。詳しい地図で見る特に看板などはありませんが、林道沿いの木立の切れ間を入ると、山頂へ向かって妙に開けた道が真っすぐ続いています。何のためか分かりませんが、車がすれ違えるくらいの幅があります。このルート、歩く距離は短い代わりに角度がかなりキツいです。伝わりにくいと思いますが上の写真もかなり登ってます。標柱を目印に水平で撮るとこんな風。そんな [続きを読む]
  • パラグライダー離陸ポイント (田原市白谷町谷津)
  • 衣笠山の山腹にあるパラグライダーの離陸ポイントです。ホントはなにか正式名称があるのかもしれないけど。詳しい地図で見る前回の犬喰から見たところ。ズーム。ということで林道を登っていきます。枝や落ち葉でやや荒れ気味ですが、一応舗装路なんで問題なし。現地は車が数台停められる広場と、斜面に突き出した離陸場となっています。引きの写真撮り忘れた。ここから初めて飛び出すときはかなり度胸が要りそうな気がする…。そん [続きを読む]
  • 犬喰 (田原市白谷町)
  • ちょっとドキッとする地名、田原市の白谷海浜公園近くの犬喰(いぬくい)です。詳しい地図で見る場所は県道2号線を伊良湖方面へ向かって、公園を少し過ぎた左手の山の中。この道路と左の山が犬喰になる。撮影地点手前に分岐があり、犬喰へ続いています。道の両側は畑になっていて、現在人家はありません。海側の眺め。この先の集落へ向かう道と、衣笠山を登る林道の分岐点辺りまでが犬喰の住所となるようです。んで、この命名の由 [続きを読む]
  • 神明社 (西尾市下町七長)
  • 西尾城跡から西側へ坂を下った下町の神明社です。スギ薬局1号店跡の近く(ローカル情報)。詳しい地図で見る正面入り口。神社の前には鳥居前の字名も残る。鳥居には大正二年、「石匠 今井新太郎」の銘。入って左手にある水盤は文政七年(1824)に「江戸花房町 河内屋傳兵衛」なる人により寄附されたもの。拝殿横にも同人寄附の水盤がありましたので、江戸へ出た商人が故郷に錦を飾ったのでしょうか。境内全景。周りをちょう [続きを読む]
  • 祖父祖母 (田原市浦町)
  • 田原市の北東、童浦(どうほ)小学校近くの地名、祖父祖母(そふそぼ)です。詳しい地図で見る祖父江(そぶえ)や祖母懐(うばがふところ、姥や乳母を当てることもある)などそれぞれで使われている例はときどき見かけますが、ここでは二つ(二人?)が揃っているのが面白い。でも現地の写真は全然面白くないので、以下そのつもりで見て下さい。祖父祖母の東端、県道2号線側から。奥に見えるのは蔵王山。手前から写真奥へ向かって [続きを読む]
  • モノラック用陸橋 (榛原郡川根本町犬間)
  • タイトル通り、県道388号線をまたぐモノラック用の陸橋です。個人的に見たことがなかったので取り上げてみました。詳しい地図で見る場所は大井川鉄道井川線ひらんだ駅近く。以前にも何度かここは走っているが、全く気にせず通り過ぎていた。たぶんその時は歩道橋かなんかだと脳が勝手に処理していたんでしょうが、経験を積んで私の見る目も変わったのでしょう。毎日が誕生日である。上の写真左手にはこのようにレールが続いてい [続きを読む]
  • こだま石神社 (榛原郡川根本町梅地)
  • 八橋小道を渡り終えて湯彩香公園(ゆとろぎこうえん)から森の中を歩いていくと谺※石神社(こだまいしじんじゃ)へと出ます(※谷へんに令)。ホントはタイトルを漢字にしたかったんですが、二文字目がIMEパッドでも出せず泣く泣くひらがな表記にしました。谺は一文字でも「こだま」と読むようです。二文字目は中国など他に用例のある字なのか、それともここでしか使われていない字なのか気になります。詳しい地図で見るいきなり [続きを読む]
  • 八橋小道 (榛原郡川根本町梅地)
  • 前回の南アルプス接岨大吊橋を渡ると「8つの橋で八橋小道(やっぱしこみち)」という遊歩道に続いています。詳しい地図で見る遊歩道の看板。名前の通り八つもあるんでトントン行きます。唯一大吊橋の下流側にかかる欅橋。この先は行き止まりになっているらしいので引き返して2橋目へ。2橋目、栃の木橋。3橋目、桜橋。4橋目、端部が階段になっている水楢橋。5橋目、太鼓橋風の椿橋。6橋目、橋全体が階段の桑の木橋。ちょっと [続きを読む]
  • 南アルプス接岨大吊橋 (榛原郡川根本町梅地)
  • 長島ダムの上流にと突然現れる巨大な吊り橋、南アルプス接岨大吊橋です。詳しい地図で見る前回の若宮神社前からスタート。南アルプス接岨大吊橋。人道橋にしてはかなりがっしりした造り。奥(左岸)の主塔が小さく見えるのは遠近法のためではなく、実際に約6mほど高さが違うようです。ちょっと珍しいか?これぐらいになると吊橋とはいえ一人が歩いたくらいでは全く揺れません。橋上から下流を見る。訪問したときはかなり水位が低 [続きを読む]
  • 若宮神社 (榛原郡川根本町犬間)
  • 大井川鉄道井川線の接岨峡温泉駅近くの若宮神社です。この後通る「八橋小道」の起点になります。詳しい地図で見る道路に面した入り口。裏からは坂で上ることもできます。鳥居前から。鳥居は平成九年建立と割と新しい…といってももう20年か。拝殿も鳥居と同じかやや後に建て替えられたような雰囲気。瓦には木瓜紋。境内に由緒書きなどはありませんでしたが、近くの周辺案内看板には「戦争中には弾除け祈願の参拝が多かったイクサ [続きを読む]
  • 長島ダム その2(榛原郡川根本町犬間)
  • 前回に続いて長島ダムの紹介。詳しい地図で見るおさらいがてら、もう一度全体の写真。ダムの目の前にかかる人道橋、「飛沫橋(しぶきばし)」。吊り橋のようにたわんで見えますが、これはいちおう桁橋ということになるのかな?手すりのデザイン含めてなかなかいい。遠くからみるとこんな感じ。橋の上に人がいるんだけどわかりますか?そしてなんと長島ダムはこの部分(フーチング)を登ることができるのだっ!…って言われても普通 [続きを読む]
  • 長島ダム その1(榛原郡川根本町犬間)
  • ダムが山ほどある大井川上流部の中で、最も新しい2002年に完成した長島ダムです。詳しい地図で見るいきなりダムの目の前からスタート。写真だとこのデカさが伝わんないだろうなぁ…。一応数字をフォローしておくと堤高109m、堤頂長(≒幅)302m。下の6本の溝のようものが常用洪水吐で、てっぺんの2つの青いゲートは非常用。Wikipediaによると、この常用洪水吐の放流能力は日本最大級らしい。この水切り(?)の部分 [続きを読む]
  • 内金橋 (新城市長篠段子)
  • JR飯田線本長篠駅から200mほど西にあるアーチ橋、内金橋(うちがねはし)です。すぐ近くには登録有形文化財の黄柳橋もあります。詳しい地図で見る左岸の乗本側から。幅員はなんとか対向できるくらい。両岸とも木に覆われて横からはアーチがよく見えません。せいぜいこんなもん。ホントはこの斜めからのアングルが一番好きなんだけど…。ということで河原に降りて下から見上げます。こうして見ると宇連川のこの辺りは結構深い谷 [続きを読む]
  • 白鳥神社 (新城市塩瀬宮平)
  • 作手の道の駅から20分ほど、塩瀬集落の白鳥神社です。ここは最高ですよ。詳しい地図で見るまわりくどいことはナシでいきなりお写真。なんと、流れ橋で川を渡って参拝という素晴らしいシチュエーション!数年前、たまたま通りかかって衝撃を受けたこの神社。最近何度か通りかかった際は桁が岸に積まれて渡れない状態が続いていて、このまま撤去されてしまうのかと心配していましたが、まだ無事なようです。正面から。真ん中のロー [続きを読む]
  • 松田ダム (中津川市中津川松田)
  • 前回の四ツ目遊砂工の近く、隣の谷にある松田ダムです。詳しい地図で見る国道19号線松田交差点から入って、道なりに真っすぐ進みます。恵那山に連なる前山の、谷あいの緩やかな傾斜地の最上部に松田ダムがあります。ダム入り口には御嶽大神と八大龍王を祀る碑が建っています。その前を通ってダムを拝もうとすると…立入禁止でした。僕の中の一休さんが「しゃがんで入れば良かろう」と囁きかけてきますが、英語でも「NO ENT [続きを読む]
  • 四ツ目川遊砂工 (中津川市中津川松田)
  • 恵那山から中津川市街を通って木曽川へ注ぐ四ツ目川上流部の砂防施設、四ツ目川遊砂工へ行ってきました。詳しい地図で見る四ツ目川はそもそも「流路が四回変わったこと」が名前の由来と言われているくらい水害の起きやすい川で、昭和7年の土石流では中津川駅まで土砂が押し寄せたそうです。その対策として四ツ目川上流の沢にはこれでもかというくらい砂防ダムが並んでいて(計26基!)、平成15年に総仕上げとして二つの支川が [続きを読む]
  • 天満神社 (西尾市南中根町山畑)
  • 西尾市の北端、国道23号線安城西尾インター近くの天満神社です。詳しい地図で見る田畑が広がる中に社叢がよく目立ちます。神社入り口から。鳥居は明治27年?建立、銘はあったが読み取れませんでした。鳥居をくぐっての境内。まず左手の境内社へ。戦没者を祀る忠魂社が鎮座しています。途中に力石とその来歴の説明板があります。これによると忠魂社は昭和31年に南東の字道合から遷座したとのこと。あと忠魂社の側になぜか金次 [続きを読む]
  • 雨山ダム (岡崎市雨山町)
  • 名前からしてダムにふさわしい雨山ダムです。詳しい地図で見る正面から。これ以上は獣害除けの柵で近づけない。下から。堤高は21.5mですが、横長のせいか数字より低く感じます。クレストゲート2門とコンジットゲート(?)でちょっと顔みたいに見える( ̄д ̄)左岸では放水をかなり近くで見ることができます。まぁ普段は水が少ないからこんなもんですが、クレストゲートから越流するような時はこんな近くて大丈夫なんだろうか [続きを読む]
  • 上畑神社 (西尾市東幡豆町宮脇)
  • 名鉄東幡豆駅の北西、上畑の集落から少し離れた山の端に鎮座する上畑神社(うえはたじんじゃ)です。詳しい地図で見る神社前から。分かれ道の真ん中に建つ。鳥居は昭和2年建立で、複数の奉納者の名前の上に「養蚕共同」とあった。「岡?市 石工 河内明治」の銘。石段の下で出迎える狛犬。昭和5年、作者不明。境内への石段の脇には3対の灯篭が置かれ、下から明治39年、慶応元年(1865)、文化11年(1814)と年代が [続きを読む]
  • 彦田神社 (西尾市東幡豆町彦田前)
  • 東幡豆小学校に隣接する彦田神社です。詳しい地図で見る神社正面。鳥居をくぐって右手の水盤は、近くの字宮後の八幡宮や津嶋社と同じく屋根付き。きれいに柄杓の形に(?)穴が開けてあります。境内の隅にあるもう一つの水盤は嘉永二年(1849)のもの。背後には三ヶ根山が見えます。狛犬。作者不明、「昭和拾貮年」建立。本殿の脇と後ろに境内社が並びます。手前の秋葉灯篭は天保二年(1831)建立。境内社は向かって右から御嶽神社 [続きを読む]
  • 荒神社 (西尾市東幡豆町茶園)
  • 東幡豆の漁港を見渡す丘の中腹にある小社、荒神社です。社名は現地でも資料でも確認できなかったので、とりあえず地図の表記に従いました。詳しい地図で見る住宅と畑の間の細い路地の奥にあるので、バイクをかなり手前に停めて歩いて向かいました。後から見たら、丘の上にある墓地の駐車場が一番近かったかな。荒神社は曲がり角の小さな一画に祀られています。正面は海を向いています。祠。全体に割と最近に整備されたように見えま [続きを読む]
  • 馬ヶ城ダム その2 (瀬戸市馬ヶ城町)
  • 前回、入り口と緩速ろ過池まで紹介した馬ヶ城ダムの続き。詳しい地図で見るダムへ向かう途中にはこんなレトロな建物があります。水源池事務所とのことですが、中に入ると古い水道関係の器具やこの辺りで発掘された陶片などが展示されていました。手前の橋もなかなかの雰囲気。ダムと同時期に造られたのなら昭和8年頃か。事務所を過ぎるとすぐにダムが見えてきます。そして馬ヶ城ダムの見所、越流した水がつくる波紋が見られます。 [続きを読む]