佐藤コミソム さん プロフィール

  •  
佐藤コミソムさん: 三十路女の酒と肴、時々男
ハンドル名佐藤コミソム さん
ブログタイトル三十路女の酒と肴、時々男
ブログURLhttp://saredosannbyou.hatenadiary.jp/
サイト紹介文三十路独身会社員女の暮らし。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/10/23 18:15

佐藤コミソム さんのブログ記事

  • 仕事中の地震警報
  • 2018年1月5日(金)ジャリーン、ジャリーン。11時頃、所属部署フロア内で一斉に、各自のスマホが鳴り響いた。地震アラームである。スポンサーリンク総毛立つ思いをしながらも、良くも悪くも周りから浮かないようにする日本人根性で冷静さを保つ。非常事態の時くらい慌てなければ、津波やミサイルから避難出来ないと思いつつ。今日に関しては、アラーム後、揺れを感じることは全くなかった。茨城で震度3だったらしい。夜のニュース曰 [続きを読む]
  • 年明け出勤後、すぐ休み
  • 2018年1月6日(土)年末年始休み後、2日間出勤し、そして、また三連休。なんとも調子が狂う。エアコンをつけても部屋の暖まりがあまり良くなく、一日室内でモッズコートを着用していた。スポンサーリンク星野監督の訃報。約半年前、小林麻央さんがお亡くなりになった時、ニュースゼロでコメントしていたのになあ。大晦日に大阪で投函したらしい友人からの年賀状が、今日無事届いた。しかし、大晦日に埼玉から発送したらしい姉からの [続きを読む]
  • 年賀状の是非
  • 2018年1月4日(木)仕事始め明治神宮で集合し、初詣をしてから出勤、という会社の仕事始めスケジュール。通常の定時よりも気持ち早目に上がることを許されてもおり、溜め込んでいた年末年始分の洗い物を洗濯機で回転させることに帰宅後の自由時間を充てた。スポンサーリンク私は、高校卒業後、年賀状を書く、という行為から遠ざかるようになった。大学時代は専らメールだ。しかし、前職では、社員同士で年賀状を出し合う、という不文 [続きを読む]
  • 正月休み最終日
  • 2018年1月3日(水)正月休み年末年始休暇最終日。年越しそばのつゆがまだまだ残っていた。ゆえに、それを使って、昼はうどん、夜はそうめんという献立と相成る。見た目が、ちょっとあれ・・・。スポンサーリンク昼過ぎにつけたテレビでは、嵐の櫻井君と剛力ちゃん出演のスペシャルドラマ『大使閣下の料理人』が再放送中。途中からそれを流し見していたのだけれど、2人とも演技があまりに下手くそで、うんざりしてしまった。脚本、キ [続きを読む]
  • 新年早々のヘルペスの治し方
  • 2018年1月2日(火)正月休み昼過ぎ起床。実家の母がそうしていたことにならって、大晦日の年越しそばのつゆの残りでお雑煮を作る。縁起を考えると若干の抵抗はあったけれど、お餅は4個入れた。1年前に買ったお餅がまだ残っていて、それをいい加減、食べきりたかったからである。ちなみに、ちゃんと賞味期限内。そして、1個約80キロカロリーなので、そこまでのボリュームというわけでもない。スポンサーリンクお雑煮を食べきる頃、 [続きを読む]
  • 大国魂神社へ初詣と厄除けへ
  • 2018年1月1日(月)元旦西暦2018年。平成30年。私にとっての34回目の新年を無事迎えた。スポンサーリンク京王線の府中駅を目指し、昼過ぎ自宅を出発。しかし、電車に乗車後、14時の待ち合わせに姉は少し遅れてくるらしい連絡が来た。府中到着後、大国魂神社の初詣待ちの行列の最後尾に1人で付き、持ってきていた本を立ち読みしながら悠然と姉を待つ。少しして、姉から府中本町駅に着いたとLINEが来た。やり取りの末、真直ぐこの行列 [続きを読む]
  • 33歳の一人年越し
  • 2017年12月31日(日)昨夜遅く、2017年の家計簿の締めを行ったところ、年始に設定した今年の黒字目標額70万円以上は無事達成。引越しというそれなりの出費がありながらも達成出来たのは良かった。目標金額云々よりも、途中で挫けずに1年間、家計簿をつけ続けることが出来たのは人生初で、そのこと自体が一番感慨深いかもしれない。スポンサーリンク昨日の時点で、年越しそば等の食料確保は済ませていた。今日、つまりは2017年の最終 [続きを読む]
  • 年越しの計画
  • 2017年12月30日(土)今年の年末年始休暇の最初の2日間が土日と重なるというのは、なんともかなり損をした気分になる。今日の昼の便にて帰省のS氏は、昨晩私の家に泊まり、早朝去って行った。良いお年を、と玄関まで見送った後、二度寝に勤しんだ。スポンサーリンク起床後、空腹が我が身を襲っており、欲求のままに冷蔵庫の扉を開けた。存在を忘れいていたレンチン肉まんの姿をそこに発見し、自分グッジョブ、と小さくガッツポーズ。 [続きを読む]
  • 2017年の仕事納めを迎える
  • 2017年12月29日(金)仕事納め普段ならあり得ないことだけれど、自宅最寄り駅から悠々と座席に座って通勤することができた。昨日が仕事納めの企業がほとんどだったのだなあと思う。いつもこれくらい空いていれば快適なのに。スポンサーリンク私の部署の普段の昼休みは、ほぼ無音である。特段会話することもなく、皆黙々と食事をしたり、スマホをいじったりしながら、思い思いに過ごしている(仲が悪いわけではない)。けれど、仕事納 [続きを読む]
  • あと1日ある
  • 2017年12月28日(木)今日で仕事納めの方々がきっと多いのだろう。けれど、私の勤める会社は残念ながら明日がそれなわけで。明日の昼食は会社からお弁当が支給されるので、今日が今年の自作弁当納めだった。おかずが一品だけ(から揚げだけとか)、ということもざらにあったものの、今年度はお弁当を休まず持参することが出来たので、良く出来ました、と自分を労ってもいいと思う。スポンサーリンク先週末から暖気の循環目的で、天井 [続きを読む]
  • 今年の◯◯納め
  • 2017年12月27日(水)ここ数日、何かする度に、(ああ、今日は○○納めだなあ)と思う。そんなふうに、2017年が残り僅かであることを噛みしめて過ごしている。ちなみに今日は、ペットボトル、空き缶等のごみ出し納め。スポンサーリンク素朴な疑問だけれど、私のように家から駅への出勤の動線で、ペットボトル等のごみを出す人は、それらを入れていたゴミ袋をどうしているのだろう。今住んでいるマンション専用のごみ捨て場はなく、複 [続きを読む]
  • コンタクトの行方
  • 2017年12月26日(火)朝の洗面所にて、どうにも目がチクチク、ゴロゴロと痛んでしょうがない。コンタクトを入れた左目である。目に潤いが足りないのかしらと、ぱちぱちとまばたきを数回していると、不意に片方の視界がぼんやりと霞み出した。ぼやけた視界、つまりは私の裸眼の世界である。どうやらコンタクトがはずれてしまったのだろう。はずれたコンタクトを探し、洗面台の上、洗面台の床床、自分の頬、着ている服、それらを順々に [続きを読む]
  • クリスマスが過ぎてみれば
  • 2017年12月25日(月)首の左側の筋が、ふとした動作で、ぴきっぴきっと引き攣る。どうやら寝違えたらしい。暦の上では、今日はクリスマスであるけけれど、自分にとっての今年のクリスマスは23、24日で幕を閉じたに等しい。クリスマスが終われば、社会人は年末年始休暇に向けて、日々淡々、粛々と過ごすのみである。スポンサーリンク仕事後に寄った自宅近所の図書館は、いつにも増して森閑としていた。普段は学生達が陣取っている自習 [続きを読む]
  • 33歳のクリスマス②
  • 2017年12月24日(日)クリスマスイブ11時頃起床。ブランチに昨日の手まり寿司の残り、そして、デザートに、昨日の残りのケーキを食べた。昨日は一応予定を立てて一日動いたけれど、今日のクリスマスイブに関しては、私達はノープランだったので、「DVDでも観ようか」とプレーヤーにディスクを挿入した。紙の月 DVD スタンダード・エディション出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2015/05/20メディア: DVDこの商品を含むブログ [続きを読む]
  • 33歳のクリスマス
  • 2017年12月23日(土)天皇誕生日&クリスマスイブイブ14時半にS氏と待ち合わせをし、自宅近所の大型スーパーへと向かった。本日のクリスマスイブイブホームパーティー用のお惣菜目当てである。所謂「女子力のお高い面々」は、サンタやツリーを模した可愛らしい盛り付けの料理作りにきっと勤しんでいるのだろうなあ。スポンサーリンクスーパーの食材売り場に降り立つと、今年の流行語大賞「インスタ映え」を狙っているであろう、色と [続きを読む]
  • 冬至に松屋
  • 2017年12月22日(金)会社方面の歩道へ続く、大きな横断歩道を渡る。ふと見上げると、オフィフ街の上空は一面が白い雲に覆われており、その中に水色が申し訳なさげに点在していた。今日は冬至である。スポンサーリンク帰りの電車が最寄駅に着くまでの間で読破出来なかった小説『細雪』。金曜日だし、その続きはドトールかマックで読もうかしらと思いついた。しかし、飲み物だけで1〜2時間をやり過ごすのは厳しそうな空腹感があった [続きを読む]
  • 購入済みのプレゼントに自信をなくし出す
  • 2017年12月21日(木)S氏と過ごす予定のクリスマスがあと2日に迫っている(23日にケーキを食べるので)。しかし、今更であるが、既に準備済みの彼へのプレゼントが安価過ぎるのではないか、という懸念が生じて始めていた。(服や小物等を加えて、微調整した方がいいのじゃないかしら・・・)そんな思いから、仕事後、池袋へ足を運び、ルミネ、パルコあたりを物色することにした。スポンサーリンクしかし、飾りがクリスマス然とした店 [続きを読む]
  • 小説の台詞を日常生活に取り入れる
  • 2017年12月20日(水)仕事後、ジムへ。参加している某コースは、インストラクターのペースにその日の消費熱量を左右される傾向にある。今日については、肉体的負荷がそんなでもなく、あまり汗をかけなかった。うーん、不完全燃焼。そんなことを思いながら、ジムの窓から、道路を隔てたビルの広告看板を眺めた。キリン一番搾りを美味しそうに飲む石田ゆり子。可愛らしい。スポンサーリンク うどん3日目。今読んでいる谷崎潤一郎の『細 [続きを読む]
  • 実家からの年末物資
  • 2017年12月19日(火)お風呂無精気味な私でも、冬に関しては、帰宅後に凍えた体を早く湯船で温めたいと思う。けれど、今日はそうもいかなかった。スポンサーリンク夜時間指定で配達をお願いしていた実家からの荷物が、届くはずだったからである。いつインターホンがなるやもわからない状態で全裸になるわけにもいかず、先にご飯にすることにした。帰宅後、冷えた体をお風呂で暖めたい気持ちを抑え、先にご飯を作る。昨日に引き続き、 [続きを読む]
  • すき焼き用のたれ
  • 2017年12月18日(月)半端に残っていたすき焼き用のたれを使ったうどんを夕飯にしようと考えた。しかし、そのたれを水で割った後で、ラベル記載の説明を見誤っていたことに気付いた。希釈すべきは肉じゃが等の煮物を作る際で、今回のような場合は、ストレートで使用するのがどうやら正解であるらしかった。スポンサーリンク覆水盆に返らず。すき焼きのたれ、元に戻らず。仕方なく、めんつゆを少し足すことで濃さを気持ち調整した鍋焼 [続きを読む]
  • 年を重ねたことによる価値観の変化
  • 2017年12月17日(日)何年も前の誕生日に、姉から黄色、いや、からし色という表現がより相応しい様相のロングコートをもらった。けれど、それは私にとってそれは派手に見え、それをおいそれと着る勇気が持てなかった。それを着ると、道行く人達の頭上に、(からし色…)という吹き出しが浮かんでいるのではないかという自意識過剰な想像をしてしまうのである。姉には申し訳ないけれど、数える程しかそれに袖を通したことがなかった。し [続きを読む]
  • 数年ぶりの鳥貴族
  • 2017年12月16日(土)今日は、なんだか肉気分だった。それも塊肉、と言うよりは、ひき肉気分というふうに胃のリクエストが具体的で、付き合う(2日)前のS氏と一度行ったハンバークやステーキやタコス等々の食べ飲み放題店の『ガッツグリル』に行くのはどうだろうか、とS氏に提案した。S氏の了承は得られ予約を試みるも、時は年末の週末である。当日予約は残念なことに厳しかった。ステーキ食べ放題 ガッツ・グリル 新宿店|GUT'S I [続きを読む]
  • 久しぶりの一人飲み
  • 2017年12月15日(金)先日twitterのタイムラインをスクロールしていると、フォロワーさんの呟きにより、某店が今月いっぱいで移転するということを知った。去年は週一ペースと言って良いほど足繁く通っていた立ち飲み屋であったが、私の転居を機に、1年近く足が遠のいてしまっていた。とは言え、このまま現立地での店とサヨナラ、と言うのは元常連としては寂しい。そんなわけで、最後にちょっと一杯ひっかけにいくことにした。スポン [続きを読む]
  • 5000円以内でクリスマスプレゼント
  • 2017年12月14日(木)ここ最近の頻発中のもの忘れが、本日も発動。今日は手持ち弁当の白米に、ごま塩をふりかけるのを忘れて出社。たかがセサミン、されどセサミンである。月火水と昼ごはんにカレーを持っていっていた影響もあるかもしれないけれど、それにしたって白米にごま塩は習慣なのになあ、と自分に飽きれる。スポンサーリンク12月支給分の給与の明細が配布された。12月給与と言えば、還付金の有無が気になるところである。さ [続きを読む]
  • うっかり頻発
  • 2017年12月13日(水)仕事を終え、会社から出るタイミングで左手首を見ると、そこにあるはずと期待していた腕時計がなかった。今日一日、それに一度でも目をやったことがあっただろうか、と記憶の糸を手繰るも判然とせず、そもそもつけ忘れて出勤したのか、はたまた勤務中に一旦外してデスクの上に置いたのかわからなかった。腕時計の存在意義が危うい。スポンサーリンクそれにしても最近、スマホや財布を出先に置き忘れるとか、外し [続きを読む]