Michael Mioyard さん プロフィール

  •  
Michael Mioyardさん: funny rain, sweet breathing
ハンドル名Michael Mioyard さん
ブログタイトルfunny rain, sweet breathing
ブログURLhttp://anaaki-gratin.hateblo.jp/
サイト紹介文なんちゃってサブカル臭を漂わせながら、ミーハーな一般市民として生きるネタを綴ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/10/23 21:28

Michael Mioyard さんのブログ記事

  • 【ロードバイク】朝練120km、気軽な激坂:和田峠で撃沈物語
  • 今週の練習は八王子の先、陣馬高原にある和田峠を目指した。初登坂。ルートはいつも尾根幹を目指す多摩川原橋のところで尾根幹方面に進まず、多摩川サイクリングロードに入って数キロ進み、浅川サイクリングロードに乗り換えて八王子まで行く。そんでもって陣馬街道とぶつかったらサイクリングロードを降りてあとは陣馬街道(R521)を進むだけ。とっても簡単。それにしても、あの細い上に自転車も歩行者も通る多摩川サイクリングロー [続きを読む]
  • 唯一無二の味、御影ダンケのバターブレンドコーヒー
  • バターブレンドコーヒー。初めて聞いた時、淹れるタイミングでバターを加えるものなのかなと想像した。ほら、なんか一時期流行ってた完全無欠コーヒーっていうあれみたいな感じで。そしたら違った。焙煎直後にバターを加えるそうだ。そのせいなのか、豆に普通のコーヒーとは違う艶がある。香りは良いが、バターの香りがプンプンというわけではない。お湯を注いで軽く蒸らしていると、あくまでコーヒーの香りとして良い香りがしてく [続きを読む]
  • 【ロードバイク】静岡県にある浜名湖1周サイクリング
  • where the middle between Tokyo and Osaka #derosa #derosaidol数ヶ月前だったか去年だったか覚えていないが、浜名湖周辺を自転車で巡れるという記事を見かけた。それでいつか行ってみたかったんだけど、ようやくそれが叶った。浜名湖1周サイクリングに関してはちゃんと公式ページが用意されている。ハマイチWEB┃浜名湖一周サイクリング何パターンかルートが用意されていて、それぞれルートラボのデータがある。それと20MB近くあ [続きを読む]
  • 【旅行編】遠州灘の天然とらふぐ解禁!!静岡県浜松市、舘山寺温泉に小旅行
  • 10月の3連休は3連休であることに気付かず前日になり、天気が悪かったのもあって大したレクリエーションをすることもなく終了。今回の3連休はその学びを活かして2週間前に思い立って、浜名湖に行くことにした。浜松といえばうなぎというイメージであるが、目の前の遠州灘や浜名湖の養殖場など美味しい魚介を食べるにはいい場所である。そんでもって存在を知るまで思いもしなかったんだけど、温泉も出ると。更には浜名湖1周を自転車 [続きを読む]
  • 全てのチリが積もって山となるわけではない
  • スキマ時間に資格なりプログラミングなり勉強して新しいスキルを身につける・・・みたいなことをやってる人や、スポーツでも音楽でもコツコツと練習が必要な趣味を持っている人も普通にいるわけだ。仕事や家事、育児など生活のコアとなるタスクのあくまでも合間を縫って行うような事が多いと思うが、そんな中でちゃんとものにできる人ってどんな感じだろう。逆に個人的にダメと思われるパターンを挙げると、まずその1。デザイナー [続きを読む]
  • 【ロードバイク】川崎マリンエンデューロ
  • ついに、エンデューロにまで出るようになってしまった。そしてそれよりも、今年の5月から勝手に崇拝を始めたRoppongi Expressの高岡さん(上の写真)の走りを初めて生で見れたのでそっちでテンション上がった。ええ、ミーハーですとも。エンデューロに会社の人と出るの誘われたけど、みんなソロで出る。が、自分はソロで走りきる自信ないのでチームで出たい、という自転車仲間のお誘いを受けて出ることになった。性格的に同じところ [続きを読む]
  • 人は何かになるのではなく、なっていくのである、ということ
  • 「圧倒的当事者意識ガー」な組織で全くそういったものを持たずにのほほんと生きてます相変わらず。anaaki-gratin.hateblo.jp当事者意識の対象が自分自身であるならばとてつもなく持ってはいるけれども。自分が今の会社にいるのは、己自身に対する圧倒的超絶ダイナミックな当事者意識に基づいた手段であり(最低レベルの生活が維持できる程度の日銭稼ぎ)、決して目的ではないからね。給料上がんねーなー、割に合わねーな―、しかもな [続きを読む]
  • たかだか900冊程度しかまだないAmazonのPrime Readingの有効活用法
  • Lonely Planetをデバイスにダウンロードしてきて旅に出る、これだ。微妙な新書とか、コミックの1巻だけとか、少ないジャンルの雑誌とか。なんだろう、Prime Musicの最初のタイミングよりもしんどいチョイスなわけだが。これは出版社側の使い方のセンスが問われるなぁとか思ったわけだが。そして個人的にはどうでもいい。ただ、この段階のラインナップであるならば、Lonely Planetシリーズが自分にはツボである。バックパッカーみた [続きを読む]