なかのん さん プロフィール

  •  
なかのんさん: 木の花ファミリーの経済から世界を見る
ハンドル名なかのん さん
ブログタイトル木の花ファミリーの経済から世界を見る
ブログURLhttp://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/
サイト紹介文100人近い人々が集まり、天然循環法で自給自足の暮らしを営む木の花ファミリー。その経済を紹介します。
自由文木の花ファミリーは、一人一人独立した個人が集まり一つの経済を生み出しています。その暮らしは、とてもユニークで優しく本質的な平等が実現しています。天然循環法による恵みをいただき宇宙を語る木の花ファミリー。お金で心を表現します。
木の花ファミリーのホームページ
http://www.konohana-family.org/
木の花ファミリーに移住するまで。
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/p/blog-page.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/10/24 08:36

なかのん さんのブログ記事

  • 宇宙時間を生きる(2)
  • 6月21日19時07分、夏至です。夏至は光のピークのトキですが、梅雨の期間であるため雨降りのことが多くなります。光(火)と雨(水)、これは陰陽の統合を表しているのだと思えました。一年草(稲、トウモロコシ、大豆、コスモス、菊、朝顔、麻など)の短日植物はここから光の量が少なくなることを感じて、成長期から開花期へと変容をはじめていきますが(地球暦サイトより)、植物は陰陽の統合を経て実りへと向かっていくのでしょ [続きを読む]
  • 現象の作り手の位置へ行こうとする
  • ロシアで開催中のワールドカップにて、C・ロナウドはスペイン戦でハットトリックを達成しました。3対3のドローで終わったこのゲームは歴史的な名勝負とも報道され、その中でのロナウドの活躍は多方面から絶賛されています。以下の記事もその中の一つですがとても印象に残りました。☆彡 ☆彡 ☆彡これまでワールドカップの舞台に立つC・ロナウドは、いつも自己中心的だった。言い換えれば、よくも悪くもC・ロナウドのワンマ [続きを読む]
  • 宇宙のプロセスそのものを生きる
  • 3年前(2015年)の6月、僕はジイジ(当時はいさどん)と以下のような会話をしています。☆彡 ☆彡 ☆彡いさどんがなかのんと一緒に出張したとき、以前ここを離れた元メンバーのことが話題になった。彼についていさどんはこう語った。゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆彼がまだメンバーだったとき、交通事故を起こしたでしょ。その裁判の際、弁護士を相手にどういうふうに付き合っていくのか。それから、弁護士の精神状態だけではなく、被 [続きを読む]
  • 「今ここ(イマココ)」に意識を向ける
  • 昔、ハワイ島の小田まゆみさんは呼吸について以下のように語ってくれました。☆彡 ☆彡 ☆彡ハワイの言葉で「ALOHA(アロハ)」という言葉がありますが、これは英語で言うと「Face with Breath」、呼吸と共にいることです。呼吸と共にいること、それが「こんにちは」という意味となり「愛している」という意味にもなるのです。多くの人は呼吸を意識せずに暮らしていますが、もしすべての人が呼吸を意識して暮らすようになれば、 [続きを読む]
  • 覚悟・さとって自由に転がり出る
  • ぼくたちはとても大それたことをしているんだよ。大それたということは、恐れ多くも、ということを言っているのではなく、非常に重要で誇らしい生き方をしているということなんだよ。いずれ、人々が到達すべきことを先に知ってしまうということは、まわりにはまだ知らない人がたくさんいるということなのだから、孤独にもなる。しかし、世界観が広ければ、そのカラクリがわかっているのだから、たとえどのような無理解に出会ったと [続きを読む]
  • 今の社会は自分の未熟を表している(2)
  • 以下、3年前の大人ミーティングでのジイジの言葉です。☆彡 ☆彡 ☆彡物事の捉え方はたくさんあってね。善意で捉えようと思ったら、この世界にある全てのことは、善意になるんだよ。ただ、人にはそれを善意で捉える力がないだけなんだよ。宇宙は全て善意でできている。なぜかというと、宇宙は調和でできているから。調和は、悪意では保てない。調和は、善意によってしか、成り立たない。だから、物事を善意で捉えられないときに [続きを読む]
  • 一人ひとりの認識がこの世界を創っている。
  • 三角エコビレッジ・サイハテの坂井勇貴さんが以下の問いを発しているのを目にしました。☆彡 ☆彡 ☆彡人間らしさを学び、育む場としての村づくりやコミュニティ作りは今後ますます求められていきますが……あなたにとって『人間らしさ』とはなんでしょう?コメントお待ちしています!☆彡 ☆彡 ☆彡それに対して僕は以下のように答えました。☆彡 ☆彡 ☆彡仏陀がすべてが繋がり合うこの世界の中で「天上天下唯我独尊」と語 [続きを読む]
  • 奥の心を探求することでゴミがなくなっていく
  • 昨晩の大人ミーティングでは、クローズアップ現代「あなたの隣もごみマンション!?現役世代に広がる”孤立”」を観ました。この番組について、ジイジは以前、以下のように語っています。☆彡 ☆彡 ☆彡今の社会では人付き合いが表面的になっていて、番組に出ている人たちはそれでよい評価を得たりしている。だけれども実体、人としての成長は伴っていないから、実体を表すように部屋がゴミ屋敷になっていく。今の社会ではお酒や [続きを読む]
  • いただくことでヒトは自由となる
  • 5月16日、天王星が牡牛座へと移動しましたが、そのことについてかとうゆかさんは以下のように書いています。☆彡 ☆彡 ☆彡牡牛座が天王星入りし、多くの人が無意識レベルでとらわれていた「欲望の奴隷」になっていた自分の生き方に気づくような流れに入ります。自分らしさも、正義も、夢も、ファッションセンスや社会貢献、毎日の暮らしの多くのものも、「欲望の奴隷」という基盤の上に成り立っていたことに気づかされます。こ [続きを読む]
  • 人生とは場創りである(3)
  • 射手座の満月です(^−^)自分は基本的に場を創りたくない人。みんなの前で話をしようとするとただの事務連絡だけでも心臓がバクバクする。この場をよくしていこうという提案に乗れない自分がいる。そのため「こんな自分はここにいてはいけないのではないか?」という考えが浮かんでくる。そして、実際に出ていくことをシミュレーションしてみる。「自分が出ていくならば、引継ぎとして最低でも1ヶ月は必要だよな〜」とか「ここ [続きを読む]
  • 泥の中から美しい蓮の花が咲くように。
  • 5月21日、24節気では小満、西洋占星術ではふたご座が始まる日でしたが、この日、太陽の周りに日輪が見えました。Facebookで日輪の写真を上げている人が多く、いろいろな場所から見ることが出来たのだなと思いました。そして僕はこの日輪が鏡のように見えて、「ALOHA=Face with Breath(呼吸と共にいる)」にてジイジ(当時はいさどん)が以前に語った以下の文章を引用しました。☆彡 ☆彡 ☆彡生きるとは、自らの魂が生み出す「 [続きを読む]
  • ALOHA=Face with Breath(呼吸と共にいる)
  • キラウエア火山の噴火が続く中、木の花ファミリーでは「モアナと伝説の海」を観ました。この映画には悪魔の神テ・カァが登場しますが、滝沢泰平さんはそのモデルとしてキラウエア火山の鎮座する火の女神ペレを見ています。以下、泰平さんの文章を引用します。☆彡 ☆彡 ☆彡物語の中で最重要人物(神)となっているのが、この世界を創った女神テ・フィティ。本来の姿は、横たわった女性の島ですが、心をマウイ(スサノヲ)に盗ま [続きを読む]
  • 人生とは場創りである(2)
  • 今日、5月20日で木の花ファミリーに移住して丸9年となりました。これから10年目の日々を送ります。「10」はカタカムナで統合・悟り、そして「10」は「1+0=1」で新たなる旅の始まりでもあります。木の花ファミリーで暮らした9年間を一つの気づきとして昇華させ、これから一つ次元の上がった旅が始まります。木の花ファミリーに移住して丸5年となった2014年5月20日、僕はみんなに対して「場創りをしたくない」と宣言をしました(「ま [続きを読む]
  • みんなの真ん中で溶けていく
  • 5月20日、僕が木の花ファミリーに移住して丸9年となります。最近、「9」は面白い数字だなと思っています。「369(みろく)」「567」「432」「333」、これらすべて「9」の倍数ですが、これらの数字はすべての位を足すと、「3+6+9=18」のように「9」の倍数となります。これはすべての「9」の倍数に当て嵌まるようです。そして「9」はカタカムナで「コ」、転がり出る。それは以下の文章が示すように変化変容を生み出し「ト(10)」 [続きを読む]
  • 価値あるものとして自分の想いを表現する
  • 昨日、5月15日20時49分に牡牛座新月となり、そして今日、5月16日0時20分に天王星が牡牛座に移動しました。2011年3月12日から続いた天王星牡羊座時代が今日終わりました。牡羊座は12星座の始まり、自分自身の原点を表す星座です。そこに革命の星、天王星が7年間働き掛けていました。その最終日の昨日は新月、新月はリセットを表します。そのタイミングで僕は自分自身の原点の革命、リセットの確認をしました。それは2015年10月2日の [続きを読む]
  • 魂の変遷を見ていく
  • 先日に大人ミーティングで、「心の水爆」という言葉が話題に上りました。これは昨年の9月、ジイジ(当時はいさどん)が大町へ行った時に語った言葉で以下のように表現しています。☆彡 ☆彡 ☆彡それはプロセスも何もいらないんだよ。だってそうじゃん。人間の思考回路を見てごらんよ。すべてにプロセスがあり、こういう原因があってこういう経緯でこの結果になって、というのが連続して、ずーっと物語を刻んでいるんだよ。それ [続きを読む]
  • 「定め」とは変化し続けるということ
  • 5月7日の大人ミーティングでは、ジイジブログ「線路は続くよ天までも」がシェアされました。そこでは人間の自由について以下のように表現されています。☆彡 ☆彡 ☆彡人間は、人生を30%の定めのもとに生まれてきます。そして残る70%は、自由が与えられています。その70%の自由によって、自ら落ちていくものもいます。30%は、この世界を生きる上で、自分の力ではどうにも変えることのできない宿命です。それはいただくものです。 [続きを読む]
  • 大海として生きる
  • 2013年12月、天から僕の下に「海(カイ)」という名前が降りて来ました。この名前、それ以来ずっと意識にありましたが、特に使うということはありませんでした。それから4年後。2017年の立春正月、僕はひっくり返ったのですが、それ以降、僕はブログで自分のことを海と表現するようになりました。例えば、以下のような感じです。☆彡 ☆彡 ☆彡僕は海。そして浮かんでは消える波として人生を送ります。波としての自分に焦点を当 [続きを読む]
  • 自我を天へと導く
  • 5月3日はいさどんの67歳の誕生日。この誕生日を機に『いさどん』は『ジイジ』となりました(「いさどん」から「ジイジ」へ参照)。この大きなターニングポイントの前日の夜、みんなで「八番目の聖者 〜道はひとつ、心はひとつ」を読みました。この話は瞑想中のいさどん(当時)の前に7人の聖者が現れたお話、そして席が一つ空いていて、そこにいさどんが立つように言われたお話です。以下、少し文章を引用します。☆彡 ☆彡 ☆ [続きを読む]
  • 破壊を生かすために必要なこと
  • 宇宙は、常に変化することで成り立っています。波動が高いところでどんどんどんどん変化すること ─── それが活性化です。人間が自我を持ち、欲を持つと、変化しないことを求めるようになります。何かに囚われ、現状を守ろうとするのです。しかしその自我の欲が満たされても、人間は成長しません。むしろ、その欲に支配されて、不自由に生きることになるのです。けれども、人間が自らを手放し、自分から解放することにより、自我 [続きを読む]
  • 恵みいただきます
  • 下之坊の藤の花先日、下之坊へ行ってきれいに咲いている藤の花を見てきました。ここに来ると3年前のこの時期を思い出します。下之坊で僕は「匂いの世界」に入って行きました(「見えない世界、そしてない世界を生きていく」参照)。当時の僕は視界から自由になりたいと強く思っていました。それが自分の自由を奪っていると感じていたので。その後、しばらくして僕は自らの感情に飲み込まれそして自由を失っていきました。感情は浮 [続きを読む]
  • 「正しい立場」を手放す
  • この世界のすべての汚れは人間のカルマから生まれている。☆彡 ☆彡 ☆彡数日前の大人ミーティングでいさどんはそんなふうに語り、そうだなと思いました。仏教用語で無明という言葉があります。これは迷いのことで、人間の自我が生み出す見解(我見)が無明であり、そこからすべての苦が発生すると言われています。自我を持つ人間はみんな、自分の尺度を持ち、そこから世界を感じて世界を評価しています。その状態が無明であり、 [続きを読む]
  • 出来事に解体され出来事に生み出される
  • 悟るということは「差を取る」ということ。何と何の差を取るのかというと、お釈迦様は「自分と宇宙」と言われました。自分というものに目覚めると「自我」が発生します。そして常に自らの解釈がこの世界を図っていくのです。般若心教では・・・「色即是空 ……(※ここでいさどんは般若心教のお経を唱え始めました)」今、「無」ばかり出てきましたね。これは「ない、ない、ない、ない」と言っているのです。それは、自分という意 [続きを読む]
  • 正義のメッキを剥がして本当の姿を見ていく
  • 4月16日の10時56分に牡羊座新月となりました。今回の新月は天王星と並んで起きています。天王星は2011年3月12日、東北大震災の翌日に牡羊座へと移動し、今年の5月16日には牡牛座へと移動します。そのことについて、かとうゆかさんは以下のように表現しています。☆彡 ☆彡 ☆彡天王星と牡羊座の新月。天王星といえば、7年間牡羊座にあったわけですが、来月の中頃に牡牛座に移行し、ここから7年間牡牛座にとどまります。この新 [続きを読む]
  • 響きを感じるようになれば・・・
  • 生きるとは、自らの魂が生み出す「思い」を表現することです。思いは、それぞれの響きを持っています。私たちが生きて、思いを表現すると、その思いの響きがこの世界の何かしらに当たり、ふさわしい現象となって自らに返ってきます。自分がどのような響きを発するかによって、世界はその響きに正しく応え、ふさわしい出来事を与えてくれるのです。そうすると、人生で出会うすべての出来事は、自分自身を観ていると言えます。つまり [続きを読む]