ヤス さん プロフィール

  •  
ヤスさん: ボク、アブラエノグデプラモヌル。
ハンドル名ヤス さん
ブログタイトルボク、アブラエノグデプラモヌル。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yasuh1i9r7o2kanoaugust3
サイト紹介文模型製作の忘備録です。 油絵の具で塗装しています。 最近はもっぱらマシーネンクリーガー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/10/24 08:59

ヤス さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • '18年5月24日 アンモナイツ ammoknights 追加工作3
  • 「完成したーっ」となってからも、チクチクいじり続けているアンモナイツですが、今回は前後の長さを延長しました。 以前から気になっていた部分でして、甘めにパーツを差し込んでは(←前後分割になっている)、このくらいのバランスのほうがいいなあと思っていたのですが、重い腰を上げて実行しました。 くさび状のスペーサーをかますことで、前後長を伸ばすと同時に、少し上にむけています。このことで視線が下向きだったのが改 [続きを読む]
  • 18年04月27日 レオパルト LEOPARD 7
  • 今年初の模型製作です。いままでこのブログではずっと、油絵の具のうえにデカールは、文字通りの水と油で、つかない、と書きつづけてきました。なので、インスタントレタリングがおすすめ、とも。でももう限界!なにしろインレタが手にはいらないのです。もともとデカールのニスの厚さやシルバリングがきらいで、ラッカーで塗装していたころからインレタを愛用していたくらいなのですが、背に腹はかえられません。(むかし音楽をカ [続きを読む]
  • 17年11月 レオパルト LEOPARD 6
  • すっかり筆不精になってしまいました。(絵筆も、ブログを書く筆も (汗)いまはもう18年の4月ですが、去年の11月に撮った写真を見て思い出しながら記事を書きますよ。前回塗った荒いムラムラ塗装の、格好いいところをひろって迷彩のがらにしていきます。緑とベージュを塗ります。これをブレンディングすると…こうなります。模型の上でガンガンとブレンディングできるのが、油絵の具の強みです。全身はこんな感じ。iPadで撮 [続きを読む]
  • '17年9月4日 アンモナイツ ammoknights 追加工作の追加
  • レオパルトを塗った後に少しだけアンモナイツにも追加塗装をしました。なんかちょっとコクがたりないなと思っていたのです。マスクと後頭部(?)のドームと腰のサイドアーマーに黄色を。製作記を読んでくださったかたは覚えておられるかもしれませんが、マスクの黄色は以前にも試しているんですよね。その時は気に入らなくて洗い落としましたが、、、今回も落としちゃいました(^^)腰の装甲板だけ気にいったので残し。こうやって [続きを読む]
  • 09/04 レオパルト LEOPARD 5
  • 急に涼しくなったら、ひさしぶりに模型意欲が復活しました。作りかけのLEOPARDをすすめますよ。前回のブログを投稿したあと、下地塗りとして緑を塗っていました。これが前年11月、一年近く放置していたのでした。緑色なのは、褐色系の色を塗る前提で透けて面白そうな色にしました。で、塗ってみたのがこちら。アップで見ると緑がわかります。ベージュと黒しか塗っていないのですが下地の緑が透けてカーキ色っぽくな [続きを読む]
  • 10/26レオパルト LEOPARD 4
  • 残った細い部分をやっつけました。溶接跡を作りました。細いプラ棒を瞬間接着剤で貼りつけます。定番のWAVEの三本入りの瞬着は画像のように洗濯ばさみをスタンドにすると便利。流し込み接着剤で溶かしながらデザインナイフのお尻で跡をつけます。できた。手の甲のディテール、抽象化されすぎていてなんなのかわからないですがきっとこういうことだと思う。パイプには画像のものを使用。プルンプルンの軟質樹脂製 [続きを読む]
  • 9月 アンモナイツ ammoknights 追加工作
  • アンモナイツのマスクが俯き気味なのが気になるのです。製作途中までは天地逆に貼っていたくらいで。いったんはまあいいかとしたものの、毎日眺めているとどうにも我慢がならず、2016年9月、追加工作しました。下からのこを入れて、、、エーこの後の写真がないのですが汗、、、切断するのではなく上端はくっついたままにします。次に、下に1mmのプラ片をかまします。スキマを黒瞬着で埋めます。整形(あえて加工跡が残る程度に)側面 [続きを読む]
  • 15年5月〜16年8月 ポーラーベア POLARBEAR 追加塗装
  • いったんは完成としたものの、なんかあっさりしすぎていて物足りないなと感じて肩に黄色を塗りました。そうしたら主張が強すぎて塗った黄色を落としたり。そこら辺のあたふたぶりの一部はアンモナイツの製作記にのせました。最終的には黄色は必要だが、他の要素が多すぎてうるさいのでそれを間引くとすることで気が済みました。旧14年8月途中経過のあたふた15年5月15年8月16年6月要素を間引く16年8月左胸のエンブレムと右背中のコ [続きを読む]
  • シーピッグ SEAPIG 2015/09/10〜2016/10/06
  • ぶひ(00)手をつけてからで数えると完成まで一年一ヶ月かかっているのですが、実際にはアンモナイツの合間に作っているのでサクッと出来上がった印象です。胴の下端を延長したのが非常にお気に入りです。S.A.F.S.系を作る時の必須改造にしよう。では、いろんな角度からどうぞ。我ながら白の複雑な色味が素晴らしいと思いますwでも、いわばステージ1から2へランクアップした時の、一番肝心な塗装過程を覚 [続きを読む]
  • 10/12 レオパルト LEOPARD 2
  • 上半身の作成このキットの唯一にして最大の問題点が肩幅ですよね。パイロットの腕は一体どういうことになっているのか。でも、ウェーブさんの苦悩もわかります。横山先生のオリジナルモデルもニットーのキットもこの肩幅だったものを、30年後の今になって改変することが正しいのか、変であることを承知で歴史を尊重するべきか。僕はいちユーザーなので構わず肩幅詰めちゃいますよ。なるべく簡単に、追加のパーツは使わない方針で行 [続きを読む]
  • 10/6 レオパルト LEOPARD 1
  • いつも周回遅れのプラモを作っている私ですが、今回珍しく旬のものを始めました。時は10/1、所は秋葉原はラジオ会館のイエローサブマリン。マシーネンコーナーにまっしぐらに向かうと3個だけレオパルトを発見!とられてはいかんと、大切に胸に抱えてから店内をのんびり物色。帰りにエスカレーター前のテーブルをみたら山積みしてたけどね。なんだか小学生時代のあの狂乱のガンプラブームを思い出して楽しかったからオーケー。ふふ [続きを読む]
  • 9/15~10/6 シーピッグ10
  • 今までずっと、油絵の具の塗面にはデカールは密着しないと思っていました。(思うというか試してみてダメだった)ところが私と同じく油絵の具で模型に塗装している方のブログを見つけまして、その方は普通にデカールを貼っているんですね。しかもシルバリング一切なしのお手本のような仕上がり。感銘を受けてコメント欄に質問をしたところ、特に特殊なことはしていませんとのことでした。GSIクレオスのマークソフター、マークセッ [続きを読む]
  • 8/17~9/7 シーピッグ9
  • こいつに色を塗っていきます。相も変わらず三原色&白を混ぜて塗るだけなので、ダイジェストでいきますよ。8月上旬実作業に入る前にはダルメシアンみたいな塗装にしたいなと考えていました。下地が黒なので、最初白を塗って綿棒で拭って斑を抜いたら面白いかな、とか。8/17一回目の塗装。なにやら二色の迷彩になっています。言っても信じてもらえなさそうですが、これ、塗っている最中は気づいていませんでしたw純白を塗 [続きを読む]
  • 7/8,8/15 シーピッグ8
  • エポパテが硬化したので削ります。やっぱり黒瞬着ほどサクサク削れないなあ。すぐヤスリが詰まる・・・。その代わり、硬化前にギリギリまで整形できるから、削る量はちょっとですむけどね。サフを塗りました。グレイもクロもどっちもサフです。お気に入りはココ。整形の過程でたまたまこうなっていました。いったんスジ彫りを入れたのですが、つながっている方がなんか格好良いので元に戻しました。あともう一つ、胴を伸 [続きを読む]
  • アンモナイツ MK44 ammoknights 2014/07/29〜2016/08/03
  • 記念すべき第10作目。 この記事を書くために過去の記事を読み返して驚いたのですが、作り始めは2014年でした。 ずっと2015年だと思いこんでいたのです。2年もかかってやんの。恐ろしい。 それはさておき、、、 大変に格好良い造形です。 ただ、なんでか写真映りが難しいですね。 なかなか格好よく撮れない。 なんでもネットで調べるこの時代に、不利な資質ですな。 (反対に、どの方向から適当にパシャパシャ撮っても格好よく写 [続きを読む]
  • 〜8/3 MK44 アンモナイツ 31
  • ホバークラフトで移動するという設定なので、下半身には薄めたベージュを上塗りしています。コクが出てよかったと思っているのですが、その分上半身の生色っぽさが目立ってしまっていました。かといって、上半身にもベージュを塗ってしまうと全身が同じ調子になってしまい、メリハリがなくなります。そこで、薄めたオレンジを塗ってみました。深みが増したと思います。 機体内部を、前面装甲を外して鑑賞することはしないつもりで [続きを読む]
  • 6/9 シーピッグ7
  • ムラムラっときて、切断しちゃいました。中空のままでは弄りにくいので、スペーサーの土台のためのプラ板を貼ります。そうしたら、スペーサーをかまして接着。飛行ポーズが颯爽としました。(^o^)/(いつもは黒瞬着で隙間を埋めるのですが、今回は珍しくエポパテを使いました。肘の角度を変えまして、そのジャバラを作るのに練ったので、それにあわせて。久しぶりですが、切削性とかプラとの境目とか、どうでしょうね。意外といいじ [続きを読む]
  • 6/3 MK44 アンモナイツ 30
  • ギャー!(^^)顔がうつむきすぎているので、角度を変えました。襟のあたりを削って再接着。再接着すると首に隙間があきますが、黒瞬着を盛り上げるように塗るとなんとなくスカーフに見える。ということにしておく。水平な台にのせた状態で正面を見つめているように作ってしまっていました。こんなに角度があるんですよ。 [続きを読む]
  • 6/1 MK44 アンモナイツ 29
  • パイロットの前に隙間が目立つので、何かでふさぎたいのです。 適当なサポートパーツをあてがってみる。いい感じ。でも、ちょっと小さいのでひとまわり大きくプラ板を切り出しました。貼りつけるとこんな感じ。 頭の左右の空間も気になるのでプラ板を貼りつけました。左右正面から見たときに、隙間が埋まって情報量が増えればそれで良いので、適当です。正面から。フラッシュたかないと画像には写らないですね。肉眼で見るぶんには [続きを読む]
  • 5/29.5/30 MK44 アンモナイツ 28
  • 5/29シートがフィギュアと離れているので、角度をつけて密着させました。見えないとこなので、雑!こんな感じ。最近ビフォー画像がないことが多いですね。よくないな。ヘッドレストを近づけることで外から見えるようにもなりました。(画像には映らなかったので、思いっきり明るく加工してみました)5/30あちこち塗り進めました。ボディの白い部分、最初はもっと丁寧に塗っていました。単品で見ると良いのですが、コックピットの中 [続きを読む]
  • 5/24 シーピッグ 6
  • 手足の関節にエポパテを盛りました。ニットー版時代には毎回必ずやっていましたが、WAVEのキットでやるのは初めてです。関節が太くなるだけでずいぶん印象が変わりますね。ビフォー↓ [続きを読む]
  • 5/24 MK44 アンモナイツ 27
  • フィギュアを塗り進めました。最初に塗った時にはヘルメットはもっと白かったのですが、ボディにおさめたら白すぎたので、一段くすませました。ボディの中におさまった状態で格好良く自然に見えるように塗らないといけないですね。あと、ずっとほっておいた肘関節を作りました。エポパテを適当に押し込んだだけですが。(以前貼り付けていた半球状のパーツはずいぶん前にはがしていました) [続きを読む]
  • 過去の記事 …