setubon さん プロフィール

  •  
setubonさん: 節約ミニ盆栽記
ハンドル名setubon さん
ブログタイトル節約ミニ盆栽記
ブログURLhttps://setubon.exblog.jp/
サイト紹介文難しく考えないをモットーに挿し木と実生からミニ盆栽を楽しむ。Macと最近始めた円空仏彫りの記事も。
自由文仕事の関係で一時期の勢いはなくなり更新間隔も空いた、でもメジャーじゃない素材でも十分楽しめることを紹介。
残念ながら手入れの参考にはならないブログなので…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/10/25 17:45

setubon さんのブログ記事

  • 紅葉(トウカエデ3鉢)とモミジ
  • 放置トウカエデの紅葉はこんなもんか?直幹、模様木、中途半端な石付けの3鉢。放置してるので3年前と鉢も形も変わっていない…忘れていた実生後に血迷って結んだモミジも何とか見られるか?もう一鉢結んだモミジがあるけどそちらは葉が落ちてしまった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紅葉(コナラ3鉢)
  • 一番お気に入りの「コナラ」微妙な色付き方だけど。撮影チャンスを逃しそうなので今朝、日の出前に撮影したがバックのカーテンに影がないので立体感がない画像になった。行儀が悪かったので針金で矯正中のドングリ林2号1号は剪定ミスでカッコ悪くなったので隅に追いやって暫く放置している。こちらの方が色付きは良いかな?ミズナラだったかも知れないが何とか見られる形葉柄の長さで見分けるはず。鉢が割れたのでテープで補強…に [続きを読む]
  • 【ダルマギク】久しぶりに咲いた
  • 連投してみる。10数年前に仕事関係の方から頂いたダルマギクが咲いた。当時から鉢が変わってないけど…サイズが分かりにくいかな?と山野草専用の平鉢の株と比較してみようと撮った画像が左の画像だけどやっぱり分かりづらい…鉢のサイズ違うので育ち方に差が出ている。咲いた花は3cmほどで葉のサイズは半分位小さい。挿し木で簡単に増える。下に見えるのは「鶏尾アヤメ」で最近は花が少ないけどドンドン増えていく。にほんブログ [続きを読む]
  • 紅葉(カシワとモミジ))
  • その後の紅葉は色付く前にイチョウは落葉、モミジは枯葉状態で残念な結果。辛うじて見られる状態なのがこの実生した「カシワ」でもう少し様子をみることにしているがお気に入りの「コナラ」も落葉はしてないけど今ひとつ色付きはよくない。モミジの辛うじて見られる状態なのがビッシリ実生して放置のこの寄せ植え。何本あるかは数えていない…陽が当たらない部分は色づいてないし色付きも良くないが一番良いモミジ。原因は管理方法 [続きを読む]
  • 泥沼にハマる…
  • 今日は市の短期講座(4回)で「円空仏を彫ろう」の2回目の講座の日今回は初めての「観音菩薩」が課題写真と現物の見本を参考に下絵、ノコギリで切れ込み入れ参加者は「ノミ」で黙々と彫り進む。講座は「ノミ」で彫り目鼻口は彫刻刀で彫る、が基本。2時間かけて出来た作品がこれ。左は1回目の「千面菩薩」でそこそこ。右が今回の観音菩薩で下絵、切り込み入れ、胴体部分は順調に進んで彫れたのだが顔を彫りだして修正をしていくうち [続きを読む]
  • 初めて知った「ツクバネ」
  • 玄関先に飾ってある「ツクバネ」の実花屋さんで嫁が購入した。こんな植物があるのは初めて知った。雌雄異株の半寄生植物で調べるとツガ、モミ、アセビ、ドウダンツツジガマズミ、ヤマモミジ等の根に寄生して育つとのこと。親木にになる樹ははあるので実生しようか迷った。羽根つきの羽みたいな姿で面白いけど盆栽には向きそうにないのでやめる。ちなみに雌木の確率は10〜20%とか。下に見える黒い実は何年か前に実生した「ヒオウギ [続きを読む]
  • 紅葉
  • あまり綺麗とは言えないけど紅葉した素材。上段は実生した「ハゼ」の寄せ植え仕様の大小と同じく実生した「ナンキンハゼ」黄色〜紅とグラデーションでそこそこの色付き具合。まだある素材は吹き流し、半懸崖仕様にしようかと思っている。下段は挿し木素材で毎年花を付ける「レンギョウ」と実生して一度も花を付けたことのない「サルスベリ」こちらはドス黒い紅でなんとも言えないが、こんなもんかな?モミジ、コナラ、トウカエデ、 [続きを読む]
  • 大王松の実生(追記)
  • 嫁がもらってきた「大王松」の松ぼっくり。名前の通り種も大きい!ヤシの木の様な盆栽?もあるようで取り敢えず実生してみる。長い葉が特徴で正月飾りにも利用されるらしい。追記/種が水に沈まないので確認したらすべてが秕(中身がない)なので 今回は実生はや〜めた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「ミズヒキ」と「ショウジョウバカマ」
  • 台風24号が直撃コースなので前回の21号同様に棚の素材を室内に退避させた。次の25号も嫌なコース予想になりそうな気配がする。ついでに記事にしてみたのは初期の頃に庭にあった「ミズヒキ」と渓流釣りの時に採取した「ショウジョウバカマ」のお椀型の苔玉。何年も放置してあったので苔もなくなり、土も流れてこんな状態に…画像ではわからないけどミズヒキの葉に黒いV型の斑紋がうっすらとある。花も放置状態なので少ない感じでシ [続きを読む]
  • やっと発芽&もうすぐ発芽?
  • 久しぶりの盆栽ネタ。昨年実生した「ヒトツバタゴ」と「ツリバナ」がやっと動き出した。ヒトツバダコが3本とツリバナが3個(白丸部分)、ヒトツバダコはまだ発芽すると思うがツリバナは3個以外は残念ながら兆候が見受けられない。どちらも盆栽に向く向かないは別として花が咲くまで枯れずにいてくれるだろうか?樹種によっては発芽するまでに数年掛かるものもあるとか。春に諦めて処分しないで良かった〜ちなみに「ツリバナ」の挿 [続きを読む]
  • パパチャリに自作ハンドルストッパー
  • 通勤に使いだしたパパチャリ「アパッシュ号」は快適に走ってくれます。自転車に変えてからは職場の目の前の駐輪場へ、車だと1kmも離れた駐車場だったので歩いてる時間で着いてしまうおかげで通勤時間が20分短縮できた!しかし!この一週間で駐輪時に2回転倒させてしまった…この手のカゴ付き自転車はバランスの問題だろうが荷物の有る無し関係なく前輪(ハンドル)が動いてバランスを崩しやすい。ネットで後付できる「ハンドルスト [続きを読む]
  • パパチャリ
  • 事情により自転車を購入することにして市内の自転車量販店で下見をした。使用目的は片道3kmほどの通勤用が主で条件として変速機付き、ママチャリより軽量、予算は総額35,000円以下、ママチャリよりは少しカッコいいクロスバイク。スチールフレームは軽量ではないが(約20kgママチャリ同等…)アルミフレームだと軽いが価格が…結果候補として上げたのは3種第一候補はあさひブランドのオフィスプレストレッキング同じあさひブラ [続きを読む]
  • 暑い!!!
  • 近所の国道に設置された温度計が42℃を表示。SNSネタなのだろう何人もスマホで撮影していた。素材の管理も朝夕の水やりだけでとても手入れをする気になれない。枯れないだけまだ良いか〜この暑さも8月いっぱいは続くのだとか…嫌になるな〜 [続きを読む]
  • 期待して初めての買い物だったのに
  • 持山で採取して挿し木したハナイカダ雄木だと思っていたが雌木だった。今年も花をたくさん付けた。雌木は葉の真ん中に1〜3個の花を付け受粉すると秋には黒い実ができる。 先月末に実を楽しめないかと考えて市内の盆栽・山野草の店で探してみた。足の踏み場もないほど素材が置いてある店なのでウロウロ探していたら店主が「何かと探してるのか?」と「ハナイカダの雄木」と答えると「あの辺りにある」と教えてくれたよく覚えている [続きを読む]
  • 期待したクチナシの開花!
  • 詳しい品種は解らないけど期待していた挿し木素材のクチナシが仕事から帰ったら開花していた。鼻を近づけると良い香りがする。最終的な形は未定だけどしばらく花を楽しんでから軽く切り詰めてみようと思うがオレンジの実も見てみたい気がする。以前は開花直前で枯らしてしまったしその前はオオスカシバ(たぶん…)の幼虫に葉っぱを全部食べられたので今回は注意していた。めでたしめでたし…でも花弁が丸っこいはなんで?残念なが [続きを読む]
  • 各種素材?
  • 盆栽に不向きかもしれないが実生&挿し木素材。左上は去年の10月に実生したアケビ何本あるか数えてないが発芽率は凄い!右上は嫁に頼まれて去年だったか挿し木した「サルナシ」葉が展開してきたので発根してる。下は嫁の行きつけの花屋さんから頂いたローズマリーの挿し穂品種不明だが挿し木して数日。成功率は高いはず。他に山アジサイ(藍姫)もポットで頂いた。あと画像はないが「ニオイバンマツリ」と「榊」の挿し木素材と絶対 [続きを読む]
  • ちょっと期待
  • 実生のカリンは順調に合計30本ほどを大小3鉢で寄せ植え仕様で生育中。挿し木素材で正体不明の素材がカリンと分かってから半年経過。なんと花が咲きそう!ということは結実するか?だけどなかなか開かない…この状態で1週間が経過…もうひとつは同じく挿し木素材のクチナシ。花芽、蕾ができている。去年も蕾はできたが開花直前で枯らしてしまったので今年は期待している。心配なのは葉が変色していること。枯れないでね、お願いだか [続きを読む]
  • 各種実生の発芽とその後
  • ここ数年の間に発芽した各種素材左上の去年実生したビナンカズラ普通は雌雄異株らしいが、当たり前だけどまだ雌雄の判別不能、常緑つる性。右上は二年半ほど前に実生したヒメコブシ、針金で曲付け強弱とノーマル仕様で5本、葉が虫食いだが今の所大丈夫。その下が同時期に実生したアメリカハナミズキでそれらしくなってきた。左下は2年半前の実生のツルウメモドキ。これも雌雄異株でつる性で先月末に雄花(雄株)が咲いた。下段中央 [続きを読む]
  • とりあえず開花した梅 (その後)
  • 2週間程前に花後の剪定迷いながら枝を切り考えている形にしようと作業。梅は完全に折れずに繋がっていれば枝は枯れないと聞いたことあるので信じて赤丸部分をポキッと折ってみる太い部分は切り込みを入れてポキッ…取り木失敗部分はノコギリで切断した。念のため今は水苔を挟んで保護。白梅も同様に3ヶ所をポキッ…が、こちらは左側の太い部分は切り込みを入れすぎたのか完全に折れて分離してしまった…開花時の形はこちら折れた枝 [続きを読む]
  • ロウヤガキの根伏せ
  • 放置してあったロウヤガキも芽が動き出したので植え替え作業と整理した根で根伏せをしてみた。根が鉢一杯に周っていて鉢から抜くのも大変だった。雌木のハズなので芽吹けばすべて雌木になるが雄木を手に入れないと結実しない。その前に花を咲かせる事が必要だ。毛根が残るように切って余っていた鉢とポットに20本程を分散して埋める。この後、乾燥を防ぐために湿った水苔で覆って棚奥の日陰に。前回みたいに芽吹いてくれればいいけ [続きを読む]
  • ボケ
  • 10年程前に知人から頂いたボケの鉢植えも開花挿し木で簡単に増えるので何度もミニ化してきた。が、お猪口サイズの鉢では小さいのが災いして何度も水切れそして枯れてしまったのでその都度挿し木でミニ化。そのミニ化したボケにも花が付いてほぼ満開。本鉢に入れる予定だったが適当なサイズの鉢がなかったので手入れもせず放置してある。最近手に入れたぐい呑サイズの鉢があるので今度こそは本鉢に入れてみよう。この素材は知人の持 [続きを読む]
  • カタクリ群生地
  • 休日なので岐阜県可児市にあるカタクリの群生地に寄ってみた。初めて見たけど凄いの一言!今週末ぐらいが最盛期でまだ完全に開花してない株もある。陽が当たると花弁が反ったように開花するので午後の時間が見頃とか。ベストポジションの左側はカメラマンでいっぱいで入れない別のポジションからiPhoneで180度のパノラマ撮影をしてみた。画面中央の白っぽい所もカタクリ知らなかったがこの地方には紅葉で有名な足助町香嵐渓にも群 [続きを読む]
  • 1年経ったレンギョウ
  • 去年とほとんど変わらず…花数が減ったくらいかな。この場合、人は「持ち込み」じゃなくて「放置」という…右下の素材は針金外して、上の枝もしくは下の枝をバッサリと切ってみるつもり。う〜ん、どちらを切ろうかな?上の枝2本を切るってのもありかな?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 赤花雪柳
  • 10年前に当時の北海道の盆栽ブログ仲間から頂いた「赤花雪柳」種で頂いてすぐに実生。発芽してほぼ放置状態であるがこれも毎年花を咲かせるので化粧鉢に入れようと現在まできた。どんな姿が良いのか?自然な姿が良いのか?迷っていたから。開花寸前の花が赤い花弁の縁もピンクで名前の由来もこの姿からなのでしょう。いま考えているのは自然樹形と一本だけで曲をつけて懸崖にしてみようと考えている。雪柳の特徴で枝は長く延びる。 [続きを読む]