関西 日帰り温泉 さん プロフィール

  •  
関西 日帰り温泉さん: 関西 日帰り温泉
ハンドル名関西 日帰り温泉 さん
ブログタイトル関西 日帰り温泉
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kingyo49
サイト紹介文阪神間を中心に日帰り温泉をレポートします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/10/26 13:13

関西 日帰り温泉 さんのブログ記事

  • 新津温泉
  • 内湯のみのお風呂は、シンプルなタイル張りの温泉で、殆ど無色透明ながら、扉を開けた瞬間に強烈な石油の臭いが鼻をつきます。独特の匂いで、この地方に多い石油掘削の歴史を感じさせています。かなりの石油臭と塩味の温泉ですが、2週間前に行った北海道の豊富温泉に比べると油まみれになることもなく浴後は、油のベタつきもなくお肌がスベスベ、体がポカポカの状態です。      ☆☆☆☆☆(平成29年10月3日 入湯) [続きを読む]
  • 奥湯野浜温泉 龍の湯
  • クラゲ水族館で有名な山形県鶴岡市の「加茂水族館」から車で10分アルカリ性単純泉と塩化物泉の二つの源泉を持つ旅館です。    ☆☆☆★(平成29年10月2日 入湯)「奥湯野浜温泉 龍の湯」 山形県鶴岡市湯野浜2-4-47 TEL 0235-75-2241 11:00〜20:00 大人 630円 [続きを読む]
  • 乳頭温泉 鶴の湯
  • 駒ケ岳の麓、標高800Mの高地に位置する乳頭温泉郷その中で最も古い歴史を持ち、秋田藩主の湯治場だった由緒ある温泉。警護の武士が詰めた茅葺き屋根の長屋「本陣」が残っています。鶴の湯で一番有名な混浴露天風呂です。 昼間は日帰り入浴客でいっぱいでしょうが、夜、満天の星を見ながらの温泉は最高でした。予約が取れない旅館と言われていますが、前日の朝「新玉川温泉」から予約の電話を入れたところ、幸運にも茅葺き屋根「本 [続きを読む]
  • 新玉川温泉
  • 「玉川温泉」は、きわめて宿泊の予約が入れにくいため、1998年に同経営の「新玉川温泉」が玉川温泉から徒歩10分程の所にできました。 客室数209室のバリアフリーに徹した新しい温泉宿です。PH1.2の硫黄臭のある、強酸性泉、泉温98℃で温泉湧出量9360L/分は日本一日本一の酸性泉で、中央に源泉100%の浴槽があり「源泉100%」「源泉50%」「熱い湯」「ぬる湯」「弱酸性の湯」「浸頭湯」「歩行浴」「蒸気浴」「箱蒸し」「打せ湯 [続きを読む]
  • ニセコ五色温泉
  • ニセコ連山の標高750メートルに位置する温泉郷。PH3.2の酸性 硫黄泉です。内湯と露天風呂があり、露天風呂からの眺望がすばらしい。  ☆☆☆☆ (平成25年9月22日 入湯)ニセコの「鯉川温泉」へ行きましたが、臨時休業でしたので代わりに「ニセコ五色温泉」に行ってきました。      (平成29年9月25日 入湯)「ニセコ五色温泉旅館」 北海道虻田郡ニセコ町字510 TEL [0136] 58ー270708:00〜20:00大人 700円 [続きを読む]
  • ルスツ温泉
  • ルスツ温泉は、羊蹄山をはさんでニセコの反対側にある、源泉かけ流しのこじんまりとした温泉です。泉質は、ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉で少し塩っ気があり、泡付もありました。源泉が43.3度と低めなので、浴槽は温めで、ゆっくり長湯ができます。       ☆☆☆☆(平成29年9月25日 入湯)「ルスツ温泉」 北海道虻田郡留寿都村留寿都156-2 TEL 0136-46-2626 11:00〜21:00  (水曜定休) 大人 200円 [続きを読む]
  • アヨロ温泉
  • 登別温泉の近く、白老虎杖浜にあるアヨロ温泉。 目の前の海岸では、サケ釣り方が多く見受けられました。地下550mから噴出する、源泉かけ流しの温泉です。泉質は、ナトリウム塩化物泉ですが、塩味はあまり感じられませんでした。      ☆☆☆★(平成29年9月24日 入湯)「アヨロ温泉」 北海道 白老町 虎杖浜154-2 TEL 0144-87-2822 06:00〜21:00 大人 420円 [続きを読む]
  • 礼文島温泉 うすゆきの湯
  • 礼文島に2009年10月にオープンした温泉施設。フェリーターミナルの近くにあり、温泉名はこの地域の代表的な花であるレブンウスユキソウに由来するそうです。フェリー出発時間まで、余裕があったので、入浴後無料休憩所で、のんびりさせてもらいました。この日は利尻富士が休憩所からも綺麗に見えました。泉質は、ナトリウム-塩化物・硫酸温泉ですが、あまり印象には残っていません。      ☆☆☆(平成29年9月20日 入 [続きを読む]
  • 豊富温泉町営ふれあいセンター
  • 稚内へ行く途中、サロベツ原生花園の近くにある、「豊富温泉」へ行ってきました。泉質は、ナトリウム・塩化物泉ですが、石油臭い食塩泉といった感じでした。湯治用の温めの浴槽と別の場所には、熱めの大浴場がありました。湯治用の浴槽は、脱衣室に入ったとたん、石油の匂いがしました。 今回は湯治用の浴槽が混んでいましたので、大浴場を利用させてもらいました。アトピー性皮膚炎や乾癬等の慢性皮膚疾患で お悩みの方々が湯治 [続きを読む]
  • 旭温泉
  • 美深町の「トロッコ王国」にてバッテリーで動き、往復10kmを40分かけて行くトロッコを体験(一人1500円)した後、近くの旭温泉へ行きました。「えんべつ旭温泉」には2種類の温泉がありました。「富士見の湯」(循環)黒い色が特徴で、古い角質を取り除きお肌をなめらかにします。感触がすべすべして女性におすすめの「美肌の湯」ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物(低張性アルカリ性高温泉)「旭の湯」(掛け流し)赤茶色が特徴 [続きを読む]
  • カムイワッカ湯の滝
  • 知床、斜里町から国道334号線に乗り換えてウトロに向かう。ウトロから知床林道に入り、知床五湖の手前で右折してダートに入る。ダートに入って8km程度。未舗装道路を走った為、車は砂埃で覆われました。8月など通行規制され、自家用車で行けない場合も多いのですが、この日は規制がなく滝の側まで、行くことができました。泉温はぬるめで上流に行けば、温かくなるようです。泉質は強酸性で傷でもしていれば、ピリピリして入 [続きを読む]
  • 川湯温泉公衆浴場
  • 川湯温泉は、道東にある硫黄臭の漂うPH1.6の酸性泉です。昨年に続き今年も宿泊した「お宿 欣喜湯」の前、郵便局の隣にあります。湯船は二つあり、熱めの源泉と加水してぬるくした浴槽があり、交互に入るとすごく気持ちの良い温泉でした。  ☆☆☆☆  (平成25年9月17日 入湯)今回は、摩周湖第3展望台から川湯温泉へ。その後、屈斜路湖の砂湯へ行きました。 相変らず、酸性硫黄泉の素晴らしい温泉でした。       [続きを読む]
  • 野中温泉 別館
  • 雌阿寒岳の麓にあり、北海道三大秘湖オンネトーも近く、観光にも最適な場所です。以前「別館」は国民宿舎、「本館」はユースホステルとして営業していましたが、現在宿泊できるのは「別館」のみ、「本館」は日帰り入浴専門施設になりました。すぐ隣にある「オンネトー温泉 景福」も2014年10月に硫化水素ガスによる入浴客の事故があり、以来休業しています。総トドマツ造りの内湯は、加水・加温なし、源泉かけ流しの素晴らしい硫黄 [続きを読む]
  • 東鳴子温泉 旅館 勘七湯
  • 天明4年(1784年)創業の歴史ある旅館「勘七湯」鳴子温泉郷は、宮城県北部の米どころ大崎地方を流れる江合川(荒雄川)の上流に位置し、「鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」の5ヶ所の温泉地からなる温泉郷です。含食塩・芒硝重曹泉の大浴室と重曹泉の小浴室と二つの源泉がありました。   ☆☆☆☆(平成29年5月30日 入湯)「東鳴子温泉 勘七湯」 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯18 TEL 022 [続きを読む]
  • 秋保温泉 ホテル ニュー水戸屋
  • 宮城県仙台市、開湯1400年の歴史ある秋保温泉仙台駅より車で30分!湯量豊富な3つの大浴場と16種の湯巡り泉質は、ナトリウムー塩化物泉ですが、大きな浴場で循環・消毒している為、塩辛い味はしませんでした。本日は、「東北じゃらん」の半額クーポンを利用しました。「ホテル ニュー水戸屋」の建物の隣に秋保温泉共同浴場がありました。   ☆☆☆(平成29年5月29日 入湯)「ホテル ニュー水戸屋」 宮城県仙台市太白 [続きを読む]
  • 野地温泉ホテル
  • 標高1200メートルに位置し、乳白色の6つの湯殿が楽しめる「雲上の湯めぐりの宿」 「千寿の湯」・「鬼面の湯」・「天狗の湯」など大変趣のある6種類の硫黄泉を楽しむことができます。 「天狗の湯」と「千寿の湯」「鬼面の湯」は、3時間ごとに男女入れ替えになっており、この日は、「天狗の湯」しか入れませんでした。   ☆☆☆☆(平成29年5月28日入湯)「野地温泉ホテル」 福島市土湯温泉町字野地1 TEL 0242-64-30 [続きを読む]
  • 新甲子(しんかし)温泉 みやま荘
  • ブナの原生林に囲まれた阿武隈川源流の自然の中で野趣溢れる、自家源泉かけ流し、30人は入れる大露天風呂(男女別)が自慢の宿泉質は、黄褐色透明のナトリウム−硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩温泉。源泉温度が70℃と高いので、一旦貯湯タンクにためてから熱交換して供給しているようです。この日は「東北じゃらん」のクーポンを利用して、半額で入浴できました。      ☆☆☆★(平成29年5月28日 入湯)「新甲子温泉  [続きを読む]
  • 大沢温泉  大沢荘 山の家 野天風呂
  • 伊豆の温泉というと、海が見える塩味のする温泉のイメージがありますが、ここは山奥の川沿いにある自噴の温泉です。お風呂は露天風呂のみですが、男女の湯船の仕切りの下からゴボゴボと無色透明な温泉が豊富に湧き出ています。泉質は、カルシウム・ナトリウム硫酸塩温泉が、源泉かけ流しにされています。源泉46.7℃を、加水・加温・循環なしで、43℃くらいの少々熱め。PH8.4で、やや肌がスベスベする浴感です。    ☆☆☆☆( [続きを読む]
  • さらさのゆ
  • スーパー銭湯 蔵前温泉「さらさのゆ」へ行ってきました。地下140mより湧出する豊富な天然温泉?じゃなかった、地下水を使用した沸かし湯です。露天風呂では、大分県の湯布院を再現した無色透明、アルカリ性単純泉の人工温泉でした。そして七種類の和漢植物を使った漢薬蒸風呂、 蒸し風呂内は、座湯のようになっていて蒸気の中にヨモギの匂いが感じられました。 (平成20年2月7日入湯)〒591-8004大阪府堺市北区蔵前町1554-3    [続きを読む]
  • 吟湯 湯治聚落  ぎんとう とうじ しゅうらく
  • 2014年12月にオープンした、神戸三田プレミアムアウトレットから車で1分の日帰り入浴施設です。泉質は、アルカリ性単純温泉ですが、循環の為ツルスベ感は、ほとんどありませんでした。内湯は、温泉と白く細かい気泡のシルク湯  外湯は温泉と人工炭酸泉 その他つぼ湯や寝湯など古民家風の趣ある、落ち着いた雰囲気の施設で、温めのシルク湯と人工炭酸泉では大変ゆったりとした気分になれました。       ☆☆☆ (平成2 [続きを読む]
  • 大川温泉 貴肌美人 緑の湯
  • 今回の「九州八十八湯めぐり」の最後は福岡県の大川温泉です。 平成21年5月にオープンした日帰り入浴施設です。泉質は、太古の植物が堆積して地中の中で変質した地層から湧出するモール泉。炭酸水素ナトリウムの比重も多いのでスベスベとした浴感でした。      ☆☆☆★(平成28年11月23日 入湯)「大川温泉 貴肌美人 緑の湯」 福岡県大川市大字中八院241-1 TEL 0944ー88ー0026  10:00〜23:00 (第二・第四 [続きを読む]
  • 宝田温泉 宝の湯
  • 熊本県菊池市の辰頭温泉から車で5分足らず泉質は無色透明な炭酸水素塩泉で、露天風呂の湯口からの源泉は、温めで泡付きも良かった。     ☆☆☆☆(平成28年11月22日 入湯)「宝田温泉 宝の湯」 熊本県熊本市植木町宝田1641 TEL 096ー273ー5558 05:00〜22:00 大人 300円 [続きを読む]
  • 吹上温泉 湖畔の宿 みどり荘
  • 「日本秘湯を守る会」 会員の宿で、露天風呂では、宿の源泉から湧き出てくる良質の温泉のみを使用泉質は無色透明な単純硫黄泉で、なめらかな肌触り「石鹸いらずの美人の湯」と言われるだけに、露天風呂には石鹸もなくシャワーもありませんでした。内風呂は、宿の自家源泉と町内配当の源泉を混ぜることでできる、黒の湯の華のにごり湯        ☆☆☆☆ (平成28年11月21日 入湯)「吹上温泉 湖畔の宿 みどり荘」  [続きを読む]
  • 川内高城温泉 共同湯
  • ちょっと離れた所の温泉街共同駐車場に車を停め、西郷さんも好んで入ったと伝えられる川内高城(せんだいたき)温泉共同湯へ。鄙びた建物内には、誰も居なかったので共同湯内の料金箱に200円入れて利用しました。泉質はアルカリ性単純硫黄泉でツルツルの温泉ですが、源泉が熱すぎてゆっくり入ることができませんでした。      ☆☆☆☆(平成28年11月20日 入湯)「川内高城温泉 共同湯」 鹿児島県薩摩川内市湯田町6 [続きを読む]
  • 白木川内温泉 白木川内温泉山荘
  • 宿の建物は聞きしにまさる鄙びた外観 右側奥の建物が男女別(壁の仕切りがありますが、底の部分は仕切りがありません)、内湯です。泉質は、アルカリ性単純硫黄泉   足元が岩場で底から源泉が湧いてきています。お湯は、ややぬるめですが硫黄の香りとスベスベ感を感じられました。      ☆☆☆☆★(平成28年11月20日 入湯)「白木川内温泉 白木川内温泉山荘」 鹿児島県出水市上大川内5002 TEL 0996ー68ー2314 [続きを読む]