にゃんころりん さん プロフィール

  •  
にゃんころりんさん: 孤独死なんか怖くない・・・と強がるおひとり様の独り
ハンドル名にゃんころりん さん
ブログタイトル孤独死なんか怖くない・・・と強がるおひとり様の独り
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/leonyardo
サイト紹介文老母と私とメタボ猫1匹のシルバー世帯。日々の独り言を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/10/26 21:40

にゃんころりん さんのブログ記事

  • 顧客満足度No.1カード
  • 先日社内の資料を読んでいたら、2017年のクレジットカードの取扱高1位は楽天カードで、顧客満足度も1位だった。 9年連続の顧客満足1位というのだから立派なものである。楽天カードをメインカードにしている私の目は確かだったのだ(笑)年会費無料だし、入会時の特典も大きい、なによりポイント還元率もそこそこある。。。。というところがポイントだろうか。ネットではよくいきなり強制解約されたとか、コールセンターがわ [続きを読む]
  • これが老後破産か?
  • その方は70歳。収入は年金だけだが、まだ住宅ローンが残っていた。当社を含めカード3社の支払いがあり、減額できないかとの相談があった。個別に支払い方法の見直しに応じることはあるが、それは支払いが可能と判断した場合だ。そのまま踏み倒されるよりは、元金だけでも回収したいとカード会社は考える。で、その方の家計をおききしてみた。夫婦2人だけの生活で、年金は2ヶ月で36万円。慎ましく暮らせばやっていけそうな収 [続きを読む]
  • 「65歳からは検診・薬をやめるに限る! 」 名郷 直樹
  • タイトルが気になって図書館で借りてきた。データから、平均寿命に関係なく、人は70歳を越えると急速に死に向かう。医療が発達しても70歳からの寿命の延長にはあまり貢献しておらず、「いつまでも元気で長生きしたい」というのは実現不可能な願望だと説いている。どんなに健康に気をつけて薬を飲んでいようと、病気になる時期を多少先送りできるだけで、長生きをすれば結局なにかしら病気になって亡くなってしまう。「いつまで [続きを読む]
  • 訪問してみて驚いた・・・あれこれ
  • まったく連絡が取れない人にはやむなく自宅訪問させていただいている。日中に訪問するので在宅率は低く、「お電話ください〜」という主旨のお手紙をポストにいれてくるのがほとんどだ。でも、中には家族が対応するケースもある。たいていは「本人様からのお電話お待ちしています」で終わってしまう。仮に家族が代わりに支払うと言っても「ご家族にはお支払い義務がありませんので」と、一応お断りするしかない。他には色々なバリエ [続きを読む]
  • シルバー人材センター
  • 私の住む町内には共有のグリーンベルトが数カ所あり、毎年それらの剪定と消毒をシルバー人材センターに依頼している。今年は私に役員の順番が回ってきて担当となり、見積もり依頼と実施日の打ち合わせのために電話した。電話に出たのはシルバー人材らしい年配の男性だったが、人の話を最後まできかない、勝手に予定を決める、というマイペースじーさんパターンでゲンナリした。おまけにすべてが上から口調でどっちが客やねん?と思 [続きを読む]
  • パンジー咲いたが、ランタナ枯れる!?
  • ここ数日の暖かさでパンジーが次々を花を咲かせ、ほぼ満開になった\(^O^)/ とりあえずは(苗購入と比較して)元が取れたと一安心。課題は花が思ったほど大きくならなかったことで、これは来年の宿題することにするので、秋まき用の種を注文しておいた。一方、玄関前のランタナに緑がみつからない。昨秋には華やかに咲いていたのに・・・。冬は落葉して一見枯れたように見えると書いてあったけれど、100%枯れているようにしか [続きを読む]
  • いつ咲くパンジー
  • 去年の秋にタキイのネットショップで”ウインターパンジー”の種を買ってまいた。パンジーは育てやすく初心者向きで、開花期間も長いというのが魅力だった。ちゃんと種まき用の土を使ったのがよかったのか、さすがタキイと喜ぶべきか、発芽率はほぼ100%に近いくらいたくさんの芽がでてきた。タキイのサイトから写真を拝借ミックスの種を購入したので花は咲いてのお楽しみ・・・のはずだった軒下に並べて大事に育て、おおきくなった [続きを読む]
  • 「3.11」検索で寄付
  • 今年もYahoo!が「3.11企画」を打ち出した。早速検索して10円寄付、同時にわずかだけれどたまっていたTポイントを寄付した。いま応援できること。|3.11企画 - Yahoo! JAPAN東北三県ではまだ1.3万もの人が仮設住宅暮らしだという。この冬は心身共にどんなにか寒かっただろうかと思うと胸が痛む。少しずつ私達の記憶から薄れていくような気もする。こういう企画はそれを防ぐ役割も担ってくれる。 [続きを読む]
  • アメリカ在住・・・ってあんまりだ
  • その会員は連絡先が自宅固定電話しかなかった。留守電メッセージも残せず、むなしくコール音をきいていたある日、とうとう誰かが受話器をとってくれた\(^O^)/ 喜んだのもつかの間、そのあとがショックだった。その人によると本人はアメリカ在住で日本にはお正月だけ帰ってくるらしい。利用明細を確認すると、確かにこのお正月にあちこちで買い物をしていた(-_-) 伝言を頼もうとしたが、「時差があるので」と断られてしまった。 [続きを読む]
  • 500円の支払いを踏み倒す
  • その会員は21歳の女子大生だった。カード利用は500円。後にも先にもそれだけなのだが、口座振替ができなかった。たった500円の残高もない口座ということなのでおそらく普段使っていない口座を登録したのだろう。500円と言えども請求書は送ってある。再三ハガキで督促状も送ってある。そのハガキはコンビニのレジで支払いができるものだ。電話にまったくでないまま1ヶ月以上経過して、やっと電話にでたと思ったら「なん [続きを読む]
  • コードレスクリーナーを買ってみた
  • 年と共に動くのが億劫になり、掃除機をかける頻度も少しずつ減ってきた。特に階段は重い本体を下げなくてはいけないので、いつか落ちるのではないかとヒヤヒヤしながらの作業だった。また、私の部屋には猫トイレが置いてあり、猫が足の裏に猫砂をひっつけてでてくるため、部屋はあっという間に猫砂をばらまいた状態になる。できるだけほうきで掃くようにはしているが、うっかり踏むと原料がおからなので、粉々になってカーペットに [続きを読む]
  • いきさつを説明しろ!と”激おこ”されました
  • その会員はカードを申し込んだ際の、引き落とし口座が間違っていた。カード会社は会員から口座登録用紙を受け取ってから、それを銀行に送り銀行が照合してOKがでればその口座から引き落とす登録をする。したがって、会員が用紙をポスト投函してから実際に登録されるまで1〜2ヶ月はかかる。最長2ヶ月経ってから「口座番号が違います」と言う案内と、再登録の用紙を送っても、すぐに返送してくる人はなかなかいない。その会員も [続きを読む]
  • 真犯人は誰だ!?
  • 今回もまたまた高齢男性だった。買い物の明細にLOUIS VUITTONやCHARLES JOURDANがズラズラと並んでいた。ただ、商品単価はそれぞれ5万円以下だった。最初は孫にプレゼントでもねだられたのかなと思っていた。本人は電話にでる度に支払い約束と反故を繰り返していたが、そのうち電話にでなくなった。80代と高齢だったので、ひょっとして家族利用か?というのも考えていた頃に、息子を名乗る男性から電話があった。80代の父親が [続きを読む]
  • カード名義人は86歳だった(^◇^;)
  • その人は86歳の男性だった。こんな高齢者にカード更新すんなよ!と思うのだが、ガスや電気などの請求が毎月あり、しかもきちんと口座振替されているために自動的に更新されていたようだ。最近はコスト削減で6年ごとのカード更新となっているため、以前より高齢者が増えたような気がする。86歳だったがしっかりしていたので話をすることができた。しかし、カードを利用していたのは息子だったという! ←ここまではたまにある [続きを読む]
  • 律儀な高齢者に申し訳ない
  • その会員は中高年の独身者?だった。登録が自宅電話しかないので、やむなく自宅に電話することになる。かけているうちに、どうやら母親と同居しているということがわかった。というのも、毎回のように女性が電話をとるからだ。あるとき、「奥様ですか?」ときいてみたら「母親です」と言われた。その声と本人の年齢から逆算して70台半ばと推測した。そしてその母親は毎回本人が留守であることを詫びるのだった。「本人には伝えて [続きを読む]
  • 老人の取扱説明書
  • タイトルに興味ひかれ図書館で借りてきた。著者は眼科医だった。高齢者の問題行動、たとえば都合の悪い話は聞こえないふりをする、同じ話を何度もする、赤信号でも平気で渡る、愚痴が多くなるなどなどについて、現場の医師の立場から対処方法がわかりやすく書かれていて、なるほど!なるほど!と納得の連続だった。各章には、「周りの人がすべき正しい行動」「自分がこうならないために」「自分がこうなったら」というのもまとめら [続きを読む]
  • 携帯を買い換える
  • 私の使っているauのガラケーが4年目の節目になった。ほぼ受信専用でたまにメールするくらいなので、これといって不満はないけれど、さすがに4年も使うと電池の持ちが悪くなったのと見た目がかなりボロくなった。もし他社に乗り換えるのなら1〜2月中でないと違約金をとられるので、あれこれ調べてみた。もうガラケーはどこも販売していないので、やむなくガラホ(携帯電話の形をしたスマホ)を選択することになる。まず本家のauだ [続きを読む]
  • 元日にユニクロ詣で
  • 年末は仕事と病院通いで忙しく、気になっていたユニクロに行けなかった。元日にもまたユニクロのチラシが入っていたので、今日ならすいてるやろ〜と午後からユニクロにでかけた。お目当てはなんと言ってもヒートテック!自宅周辺には車で片道20分圏内にユニクロが5店舗ある。どこが一番すいていそうか考えてみた。まずショッピングセンターのテナントショップを排除。次にデパート内のショップも排除。ついでに大型スーパー隣接 [続きを読む]
  • 今年の締めくくりはまたしても医者通いだった
  • 私はよく膀胱炎になる。そして油断するとすぐ腎盂腎炎になる。腎盂腎炎になると抗生剤を点滴したり、重傷だと入院しないといけなくなる。なので、膀胱炎のうちに治療できるように、かかりつけの泌尿器科で予備の抗生剤を処方してもらってある。今回も予兆があったので、抗生剤を飲んで寝た。ちなみにいくつかの抗生剤に耐性ができてしまっていて、すでに3種類目の抗生剤を処方されている。ところが夜中に吐き気で目が覚めた。熱も [続きを読む]
  • ポイント集計
  • マクロミルinfoQNTTコムリサーチすでに8400ポイント交換済→nanacoに交換すると超お得!ショッピングモニターが中心のQモニター7月〜12月集計で1754ポイントでした→単純に2倍して年間3500ポイント?単純に計算して、年間約77500ポイントほどをゲット! 去年より増えたのは、通勤途中にスマホでポチポチすることが増えたから。これだけたまるとマクロミル、infoQ、Qモニターを換金するのが楽 [続きを読む]
  • 生命保険で精算
  • 名義人は50歳の男性だった。口座振替がされず、連絡もとれなくなり、いよいよ訪問してみようかという頃に長女を名乗る女性から連絡があった。本人はすでに亡くなっていた。遺族は長女と次女だけとのこと。長女はまだ20代前半ではないかと想像するが、とてもしっかりした女性だった。2人の娘が遺産相続をし、債務は生命保険で支払うのでしばらく待って欲しいとの申し出だった。他にも債務があったかも知れないが、相続放棄をし [続きを読む]
  • メールサーバーが乗っ取られた!?
  • ある日大量の宛名不明メールが届いた。 Returned mail: see transcript for detailsというヤツです。直前にメール送信した記憶がなかったので、その詳細を確認しようとしているうちに、1通/分のスピードで数百通のメールが届くようになった。大量に届いた宛名不明メールああ、こりゃやられたわ〜と、まずはウイルスチェックをしたが問題なし。次にパスワードを変更するもメールは止まらず。本来のメールが埋もれてしまうので、や [続きを読む]
  • 524人の命乞い 日航123便乗客乗員怪死の謎
  • 売り切れが続いていて、重版予約しておいたら入院中に届いていた。著者はこの事故で、次男(15歳)、長女(12歳)と親戚3名を亡くされている。著者の主張は、JAL123便は自衛隊標的機に当てられた。事故後、米軍横田基地に緊急着陸する予定で許可もでていたが、突然中止になった。もし着陸できれば、乗客・乗員は全員助かっていたかもしれない。墜落2時間後に米軍ヘリコプターがすぐ救援に来て、ハシゴをおりている時、日本によ [続きを読む]
  • 4年ぶりに乗った救急車は手術室直行だった<3>
  • 入院していつも思うことは看護士さん達の大変さだ。四六時中走っているように感じる。私のいた外科病棟は高齢者も多く、夜中に奇声をあげるじーさん、ゾンビみたいに廊下を徘徊するばーさん、10分おきにナースコールを押して背中をかいてくれとせがむじーさんetcと、私ですらため息をつきたくなるような有様だった。最近は男性看護士も増えていて、その中の1人と仲良くなった。彼は介護士→准看護士→正看護士になって2年目の3 [続きを読む]