ユニバーサルフロンティア理論 さん プロフィール

  •  
ユニバーサルフロンティア理論さん: ユニバーサルフロンティア理論
ハンドル名ユニバーサルフロンティア理論 さん
ブログタイトルユニバーサルフロンティア理論
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/buturikyouiku
サイト紹介文GUTこと大統一理論を上回る現代最高の物理理論を公開したいと思う!こう、ご期待・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/10/29 02:49

ユニバーサルフロンティア理論 さんのブログ記事

  • 非ユークリッド幾何学におけるガウスの立場とパトグラフィー
  • まー、だから私はガウスだって評価したいですよー、って、それは寺坂の評価法ということになるのでしょうけど、ま、気持ちがちょっと違って、あまりガウスを良く言いたくない、というか物理学者ガウスの本能的判断があったということは評価できるんですけどね、数学者ガウスというのはちょっと不道徳だと、そういうこと!実際の物理空間につなげて考えたガウスは測量の旅に出たりしたw双曲幾何を妄想の恐れがあるというのかプライ [続きを読む]
  • パラノイアには断言能力がないと聞いてから断言しまくってきましたが、
  • そういや読み返してみると外した断定を痛々しく思われても仕方ない記事が数多くあるように思われますwちょっと整理しなくちゃなんないところですけど、まー、自分がそう考えて記事にしてきたことを間違いだと分かったから撤回するというのも、なんだか日本男子忸怩たる思いが残るとでも言いますか、なのでね、あははは・・、というわけで証拠として残して放置することに決めました。その結果としてのブログの姿かたちと言いますか [続きを読む]
  • 量子インフレーションは宇宙の基本法則のすべてを決しているかのようです
  • 宇宙原子アトムはスピン1/2とアイソスピン1/2を持ったフェルミオンで、時間逆転するという変化だけをします・・。すると、アトムの時間順行逆行対を始状態としたら指数関数的に増加するので、宇宙の領域が指数関数的に増大し量子インフレーションを起こすのですが、そこで起こる反応の対称性を検討してみればT=E=Iになるというのが前回の記事の趣旨でした。ところが、さらにもうひとつ、Pに関してもイコールだという事実 [続きを読む]
  • ゲーデル命題をとやかく言っているうちにカリーパラドクスを解決したと思われまして
  • カリー命題は「この命題が正しければA」の形ですよね?これをゲーデル命題風に術語文Xに置き換えますとX「Xが正しければA」になりますが、その否定形は¬X「Xが正しければ¬A」ですわな・・。X∧¬Xが無矛盾になって              注) いまのところ、ここが非自明ですけど「Xが正しければAなのがXであって、Xが正しければ¬AなのはXじゃない」と意訳されますw前半部から「Xが正しければA」が帰 [続きを読む]
  • ひさびさの不完全性定理否定論ですが、いかがですか
  • ゲーデルは命題「この命題は証明できない」を「この命題Gは証明できない」と考えてG「Gは証明できない」に持ち込みました。命題「太郎は犬を飼っている」を太郎「太郎は犬を飼っている」に持ち込むことが可能だったら、その否定命題を¬太郎「太郎は犬を飼っていない」に持っていくことがデキます。問題は太郎と¬太郎とは意味論において矛盾していないことです。ゲーデル命題Gとその否定¬Gの関係もそうなっていることが考え [続きを読む]