じょこまんま さん プロフィール

  •  
じょこまんまさん: 風が通り抜ける庭から
ハンドル名じょこまんま さん
ブログタイトル風が通り抜ける庭から
ブログURLhttp://soragahiroi.blog.fc2.com/
サイト紹介文消去法で今の場所に移り住み、それでもまだ理想を追い求めながら自然の中で生活しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/10/29 16:45

じょこまんま さんのブログ記事

  • 枕を高くして眠れるところは?
  • 前回の台風18号は日本列島を縦断すると予想されていたので、心配していましたが、山梨をかするように通り過ぎ普段よりは多い雨という程度に終わり、ほっとしました。 ですが……またまた日本列島直撃型の21号がやって来るようです。そんな中、私とジョコは横浜に移動、つれは一人で山梨に帰宅です。大丈夫かな… 山梨を直撃するような進路予想の時は、家中の雨戸を閉めて厳戒態勢に入りますが、おかげ様でいつも良い意味での [続きを読む]
  • さらばカメ!
  • 一昨日はほんとうに寒い雨の一日でした。冬布団の用意はまだだったので、チェックのウールカバーをかけて、久しぶりに冬用のカーテンも引いて暖かくして、と思いながらの暗い部屋の中で嫌な予感…電気をつけて、冬カーテンをそっとつまんで、よくよく見ればカメムシが…略してカメ。我が家は寝室のカーテンだけ3重にしてあります。一番外側にレース、真ん中に冬用、内側に通年使用のカーテンで、夏の間冬用は引くことなく両端にた [続きを読む]
  • 特等席
  • ようやく体調回復しました。とは言ってもこんなお天気続きでは体も頭も重いのです。 先日の暑い日が続いていた頃、なぜか風邪をひいてしまいました。山梨に帰ると言ったら心配して引き止められましたが、わたしにとっては横浜にいると治るものも治らないような気がしていて山梨に戻ってきました。せっかく戻ってきたのに、また横浜に戻るまでほとんどお日さまが出ないなんてがっかりです。お天気にならないぶん早朝の放射冷却とや [続きを読む]
  • 芸術の秋ですわね〜?
  • 以前ブログにも書きましたが、このところ写真の編集ソフトにハマっております。そんなの邪道だー!とおっしゃる方もおいでになろうかとは思いますが、良いカメラも持っておらず、腕もない私のような者には幅広い表現方法ができるお助け船のような存在です。ファインダーを通して見たものをその通りに表現するというより、私にとって絵を描くような感覚で編集できることが楽しくてしかたありません。ただスマホの機種が古いため、カ [続きを読む]
  • 香りは女王の貫録 夜香木
  • 母の店のお客様が、ご自分の家の庭に咲いていた夜香木を切って「挿し木でつくから」といって持ってきてくださったのが25年前。やこうぼくと読みます。確かに…私でも簡単に挿し木に成功しました。夏の終わりに小さな花芽をつけ秋の夜に花が開き、名前のとおり辺り一面に強い芳香を放ちます。乙女の香りというより熟女の香りのイメージでしょうか。一晩中のお付き合いはちょっとキツイかもしれません。でも秋の夜は窓を閉めているの [続きを読む]
  • 湿原の植物
  • 今日は霧が峰高原のエリアにある八島湿原に行ってきました。夏が終わり、晩秋の入り口にあたる今頃なら人出も少ないかと思って出かけていきましたが、晴天に恵まれた土曜日とあって、そこそこに賑わっていました。霧が峰高原には、うら若き山ガールだったころに、草原を埋め尽くすように咲いていたニッコウキスゲの写真にあこがれ、2回ほどハイキングに来たことがありました。今は近くなってもドライブでビーナスラインを通り抜け [続きを読む]
  • 草刈りと冬への準備
  • 今日のお仕事はクルミの木の周囲の下草刈りをしました。草が少しでも伸びていると、クルミの実が落ちても分かりにくいので、すぐに見つけられる準備です。草刈り機でガーガーと切ったあと熊手で草を集めます。熊手は金属性の丈夫なのが売られていますが、私は昔ながらの竹の熊手が好きです。大きくて粗めのが荒熊手と細い竹の熊手と、あと百均で買える小さな熊手の3種類を使い分けています。切った草の量が多い時にはフォークを使 [続きを読む]
  • 今日の一枚 昨日の二枚  「今、実ってます」
  • 今、実ってますとなりの空き地に…好きにしていい、と言われ好きなだけ採ってる。今年は豊作だから猿とカラスと争奪戦林の中あっちこっちに…japanese walnutとは日本固有のくるみってことかな?林の中あっちこっちに…中のワタを口に入れて種をペッペッペと飛ばす散歩道に…鉢の中で…4年目にしてやっと実をつけたけれど15粒じゃどうしたもんだろうか「今」シリーズ明日もあります [続きを読む]
  • ヘルパーさんのルール違反
  • 母が大腿骨骨折のリハビリ病院から退院して、早5か月になりました。4か月近い入院生活を終えた当時は判断力も衰え、どうなっちゃうんだろう、とかなり心配でしたが、だいぶ回復し周囲の方からは「しっかりしていらっしゃる」といわれます。何故か他人の前ではシャンとするんですよね。それでも私が山梨へ帰っている二週間は、隣の従妹や、ヘルパーさんに支えられつつも、なんとか一人で頑張っているので、90歳の老人にしては確か [続きを読む]
  • 納戸の中のブルースマン
  • ある特定の物事には完ぺき主義を通すけれど、他のことでは抜けている、そんな人っていますよね。私のすぐ横にもいます。すべてに完ぺき主義じゃ自分も周りの人も行き詰ってしまうからそれでいいのかなと思います。つれはプロでもないのに音楽=適当という選択肢がなく、自分自身が納得するまで音作りに没頭してしまうのです。別にだれかが望んでいるわけではないのに…もっと肩の力ぬいてもいいのに、と日ごろから思っているんです [続きを読む]
  • パンプスはもう履けない
  • あまりヒールの高くないパンプスにあこがれます。足元がパンプスでも上はカジュアルな大人の装いをしてみたいけれど…もう無理だってことがわかりました。ずいぶん長いことペッタンコの靴しか履いていなかったから、足がフラットに固まっている感じです。そんな可哀そうな足になっていたとは、ついこの間まで気づいていませんでした。母のパンプスを借りて叔母の葬儀に出席し、焼香をすませ移動しようとしたら危うくコケそうに… [続きを読む]
  • 楽しかった新宿 明暗分かれる…
  • いつの間にインストールしたのか、私のスマホに入っていた「Aviary」という写真編集アプリにハマっています。つれは「Photoshopを覚えれば」と言って、家の私のパソコンにソフトを入れてくれたけれど……これを習得するのは時間がかかるし、やっぱりお金かけなくちゃ無理かなと思っています。いろいろとお試しの段階ですが、簡単おもしろの画像を作ってみました。「楽しかった新宿 明暗分かれる」というタイトルをつけて…新宿 [続きを読む]
  • 自然の中にレースを見る
  • 多くの女性が憧れを持つ素材のひとつにレースがあります。レースというと服飾に使われるものが、まず頭に浮かびますがインテリアなどにも使うことも多く、なんとなくロマンティックで女性的なイメージがあります。Pictorial Archive of LACE DESIGNSより繊細さから女性が身に着けるものと思いがちですが、17世紀のヨーロッパでは騎士たちのファッションにレースは不可欠なものだったとか。甲冑の上や袖口、ブーツの折り返しなど [続きを読む]
  • 天日干し
  • 天日干しといえば…やはり圧倒的に乾物などの食品を思い浮かべます。お米、梅干し、切り干し大根、かんぴょう、干し柿、干し芋、ひもの等々他にもいろいろありますが、今はお日さまにあてて自然乾燥している食品は少ないのでしょうか。我が家ではこの夏からこんなものを天日干しで乾かすようになりました。料理をすると、いろいろなの調理器具を使うので今までは乾燥機で乾かしたり、入りきれない物は布巾で拭いていましたが、特 [続きを読む]
  • 特別な日の特別な料理
  • 空気が乾いてきて朝晩は肌寒くなり、このまま秋かしら?と思えばまた蒸し暑くなって,やれやれと思えば今朝は肌寒くてブルブルです。気温は18℃もありませんでした。ちょっとひと息だと思ったら、この先一週間気温は25℃以上にはならないようで、ずーっとひと息できそうです。いよいよ秋になるのかしら?そういえば今夜は虫たちの声が聞こえてきて、いよいよ夏の終わりのシンフォニーが始まったような…さて先週のまだまだ暑い中、 [続きを読む]
  • 画家のおもちゃ箱
  • その昔、母の店に来てくださったお客様に読んでいただくための週刊誌や月刊誌などの雑誌を何冊か購入していました。その中に文化出版社から発行されていた『ミセス』というファッション雑誌がありました。お客様へのサービスというより、母本人がソーイングの参考にするために購読していたようなものでしたが…『ミセス』のファッションを参考にするにはまだ若い私でしたから、パラパラとめくる程度でしたが、本を開くと巻頭に『画 [続きを読む]
  • 忘れ物も物忘れも茗荷のせい?
  • 今年は茗荷のおもて年のようで、我が家とお隣さんの境界線の辺りのクルミの木陰で白い花を咲かせています。いつ頃から茗荷を食べていたのか記憶がありませんが、叔母が作ってくれた茗荷のお吸い物がすきでした。でも茗荷って好き嫌いがあるようで母も従妹も別になくてもよろしい派だそうですが、我が家は家族三人全員が好物です。英語ではjapanese gingerだとか、道理で葉も似ているし辛味も似ています。同じ仲間だったんですね。 [続きを読む]
  • 今日の一枚昨日の二枚 ダメ
  • 芝に寝転がって空を見上げてみれば木の葉の間から青い空が透けてみえます。穏やかな時間が過ぎていきます。こんな今だからこそ、こっちも武装なんてダメ絶対ダメ…煽られちゃダメ… [続きを読む]
  • 私を山へいざなった釜トン
  • このブログには若いころの山の思い出を記事にしたことが何回かありましたが、今日は山の日だとか…今日を逃していつ書くのさ、ということで私が山登りにはまった上高地への入口のことを思い出しながら書くことにしました。以前も書きましたが、山に惹かれたきっかけは、観光目的で出かけた上高地への旅が始まりでした。観光だけで終わらず2年続けて、友人と上高地を起点に登山をして以来、山の虜になってしまいました。田代池か [続きを読む]