山小屋だより さん プロフィール

  •  
山小屋だよりさん: 山小屋だより
ハンドル名山小屋だより さん
ブログタイトル山小屋だより
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/terusan114
サイト紹介文街歩きや山歩きで出会った花や風景を紹介しています。 ぜひ、ご一緒に歩きましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/10/30 10:28

山小屋だより さんのブログ記事

  • 近所散策(その2)
  • ビニールの中はほうれん草です。キタテハがすぐ近くに止まりました。これも羽根を広げてサービスしてくれました。ウメモドキの実です。真っ赤な実をたくさんつけています。ダリアです。八重の花もありました。こちらはマツバボタンです。真っ赤な色が鮮やかでした。ネギ畑です。たくさん育てていました。イシミカワがありました。鋭いトゲでよじ登ります。うっかり触ると怪我をします。ヒャクニチソウがまだ咲いています。開花期間 [続きを読む]
  • 近所散策(その1)
  • ※10月22日、近所を散策しました。コスモスが咲いていました。白いコスモもきれいでした。太陽の光を浴びて輝いていました。近場でみることができてよかったです。チャノキの花です。なかなか存在感がある花でした。アメリカアサガオがフェンスに巻きついて咲いていました。ブルーがとてもきれいな花です。セイタカアワダチソウです。昔は増え過ぎて嫌われ者でした。べ二シジミが飛んできました。羽根を広げてサービスしてくれ [続きを読む]
  • 佐渡うめえもん会(その3)
  • カニがでてきました。おけさ柿とトチ餅です。どちらも美味しかったです。再び目黒駅から帰宅しました。我が家近くからきれいな富士山が眺められました。ピラミッドのような山は秩父の名峰・武甲山です。奥多摩の大岳山がきれいなシルエットを見せてくれました。一番左は丹沢の大山です。富士山をズーミングしてみました。だいぶ下のほうまで雪が積もっています。富士山と大室山です。空には十三夜の月が輝いていました。久しぶりに [続きを読む]
  • 佐渡うめえもん会(その2)
  • 大きなマグロが運ばれてきました。33キロだそうです。解体ショーが始まりました。頭を切り落としました。4つに切り分けます。かなり脂が乗っているそうです。切り落とした断面です。マグロを解体する時はひっくり返しません。中骨を切り出しました。この骨についている肉が中落ちです。ここまで見事な包丁さばきでした。************************************************** [続きを読む]
  • 佐渡うめえもん会(その1)
  • ※10月21日、午後から「佐渡うめえもん会」というイベントに行ってきました。JR目黒駅です。駅から少し歩いたところに会場がありました。以前は信濃町の「ジョン万次郎」という居酒屋で実施されていましたが、最近はここで行われています。ここでの参加は初めてです。佐渡産の海産物です。いごねりなどの販売もありました。会場のようすです。ここは3階・・・ここに入り切れない人は2階になります。でてくる料理はみんな同じ [続きを読む]
  • 自然教育園(その3)
  • ユウガギクです。明るい日差しに輝いていました。ユズの香りがするそうですが、そんな匂いはありませんでした。ミゾソバも咲いていました。ノダケの実です。ノダケはシシウドの仲間です。ナガホノシロワレモコウ・・・これも花は終わっていました。これがワレモコウです。吾亦紅と書ます。広大な湿原です。ゴンズイの実が高いところで笑っています。ヌルデです。ウルシの仲間ですが、これはカブレません。ヤブタバコが足元にありま [続きを読む]
  • 自然教育園(その2)
  • ひょうたん池に着きました。水鏡がきれいでした。シロヨメナです。ツリフネソウがたくさん咲いていました。アンコウのような顔をしています。静かな池です。ノイバラの実です。アオノツヅラフジ・・・美味しそうですが、食べられません。ここは水生植物園です。きれいなノハラアザミが咲いていました。マユミの実が鈴なりでした。ヒメガマは1本だけ・・・ツリフネソウはたくさん咲いていました。アキノウナギツカミ・・・茎に鋭い [続きを読む]
  • 自然教育園(その1)
  • ※10月21日、目黒の自然教育園に行ってきました。入り口の看板です。入園料は65才以上無料です。シロヨメナが咲いていました。ヤマハッカの残り花です。イヌショウマは種になっていました。タイアザミ・・・別名:トネアザミと呼んでいます。ホシホウジャクがホバリングして蜜を吸っています。スズメガの仲間です。ウバユリの実です。枯れると弾けて種を飛ばします。クロマツがありました。このクロマツはなかなか立派です。 [続きを読む]
  • 猿島(最終回)
  • タグボボートが3隻並んでいます。出番がない時はここに停泊しているようです。「よこすかポートマーケット」です。これから中に入ってみます。いろんな魚が並んでいました。横須賀のお土産品です。葉山牛もありました。お酒コーナー・・・軍艦カレーもありました。ポートマーケットをでたところで解散しました。駅に向かう途中でフェニックスの実をみつけました。朝、集合した横須賀中央駅です。有志数名で横須賀で下車しました。 [続きを読む]
  • 猿島(その13)
  • 煙突は2本あります。右舷方向です。これで敵艦までの距離を測ったようです。最上艦橋です。東郷平八郎は左の一番前に立っていました。操舵室です。こちらは左舷方向です。展示室があります。いろんな資料が展示されています。船首につけていた飾りです。新しくVRがありました。ゴーグルを付けると360°の立体映像をみることができます。なかなか迫力満点でした。長官室のようです。バスとトイレ・・・神棚もありました。他に [続きを読む]
  • 猿島(その12)
  • 「記念艦・みかさ」見学です。シルバーは¥500・・・です。USドルでも支払い可能です。主砲の説明です。モデルがありました。床がピカピカでした。ここだけ当時のままだそうです。記念撮影スポット・・・誰も撮らなかったようです。大きな舵輪が飾ってありました。補助砲です。何本かありました。有名なZ(ゼット)旗です。船首方向です。米海軍基地のほうを向いていました。 [続きを読む]
  • 猿島(その11)
  • 横須賀の街です。車両運搬船(三井造船所属)FELICITY ACE(PANAMA船籍)全長196m、幅33m、総トン数6万トン、小型車6800台積載近づいてきました。車両が待機しています。大きな箱のようです。船名と船籍が書いてあります。「軍艦・みかさ」もよく見えます。近くで見たのは初めてでした。操舵室です。ハンドルは直径20cmくらいでした。片手でクルクルと回して操船していました。タグボートが停泊 [続きを読む]
  • 猿島(その10)
  • 遊歩道を歩きます。前を歩いている男性は草刈りをしていました。12.7ミリ高角砲座跡・・・B−29に対抗するため終戦間際に建設されたそうです。大きな木はタブの木のようです。階段を上がります。広場にでました。ここには神社の跡がありました。横須賀の街がよく見えました。デッキのテーブルにこんな注意書きがありました。この日は仲間16名が参加していました。番号順に回ったのは私だけでした。他のメンバーは逆回りに [続きを読む]
  • 猿島(その9)
  • ここは番号6番です。コンテナ船・・・満載でした。観音埼灯台がよくみえます。階段を登って行きます。白い建物がみえてきました。広場にでました。この展望台はロープが張ってあって登ることができませんでした。仮面ライダーのショッカー基地として撮影に使われたそうです。ここは7番です。お馴染みになったランドマークタワーです。住友重機ドッグ・・・米海軍基地・・・軍艦・みかさです。船が港に向かっています。軍艦・みか [続きを読む]
  • 猿島(その8)
  • 遊歩道を歩きます。ここにも砲台跡がありました。両側に自然がいっぱい残っています。ガクアジサイの名残です。ハマウドが咲いていました。この先に展望台があるようです。タンカーの右に橋がみえます。アクアラインの地上部で、右が千葉方面です。第一海堡がよくみえます。こちらは第二海堡です。引いてみるとこんな感じです。右が第一海堡、左が第二海堡です。ツアー会社がここの見学を計画しているようです。高い建物があるとこ [続きを読む]
  • 猿島(その7)
  • 案内板がありました。階段を降りてみます。海がすぐ近くにみえます。長い下りです。ツワブキの蕾です。クコの花が咲いていました。だいぶ降りてきました。説明文がありました。日蓮上人が上陸して過ごしたという洞窟です。こんな洞窟でした。注意書きがありました。猛毒のタコだそうです。荒々しい岩礁です。釣り糸を垂らせば何か釣れそうな感じでした。きた道を引き返します。ヤマトシジミがいました。カタバミの花の蜜を吸ってい [続きを読む]
  • 猿島(その6)
  • トンネルの入り口で女の子がポーズを取ってくれました。ここは4番です。この番号があると現在地がわかりやすいです。レンガの積み方です。当時としては珍しい積み方だったようです。これからトンネルの中に入って行きます。内部には照明が設置されていました。全長90m、幅4m、高さ4.3mです。総レンガ造りで道路用としては日本で一番古いものです。トンネルの西側には兵舎や弾薬庫が二階建ての構造で造られています。説明 [続きを読む]
  • 猿島(その5)
  • 緩やかな坂を上ります。ここは「切り通し」になっているようです。地層がきれいでした。壁に幾つもの穴がありました。機関銃の弾の跡だそうです。(ガイドさんが話していました。)よく整備された遊歩道です。壁面の石積みもきれいでした。トイレ跡です。弾薬庫です。ガイドを頼めば内部もみせてくれるようです。まっすぐ進みます。竹林もありました。歩きやすい遊歩道です。ここにも弾薬庫がありました。女性が何かみています。こ [続きを読む]
  • 猿島(その4)
  • 右端にスカイツリーが見えています。大きな船が停泊しています。車両を輸出する車両運搬船です。米海軍横須賀基地です。普段は入れませんが、1年に何度か開放して入れる日があります。上陸しました。三笠桟橋から約10分の乗船でした。乗ってきた船です。これから三笠桟橋に引き返します。富士山の頭だけ見えました。少し引いてみるとこんな感じです。出港して行きました。大きな建物はマンションのようです。案内板がありました [続きを読む]
  • 猿島(その3)
  • 三笠桟橋のすぐ近くに「軍艦・みかさ」があります。東郷平八郎元帥にも表敬訪問しました。有名な「言葉」です。「みかさ」の裏側です。塗装がかなり剥がれていました。旭日旗が風に揺れていました。タグボートが出港して行きました。馬力がある船で大型船を押したり引いたりして入港を助けます。赤い灯台の奥に千葉の工場が見えます。猿島の全景です。※日蓮上人が布教のため房総から三浦へ渡ろうとしたら、途中で嵐に遭い、危機的 [続きを読む]
  • 猿島(その2)
  • 港に向かって歩きます。「横須賀が大好き・・・」こんな文字に惹かれます。フェニックスが南国ムードです。案内板がありました。島に入るには入園料が必要です。昔は無料でした。時刻表です。10:30の船に乗船します。乗船料は往復の料金です。ここがゲートです。これから乗船する船です。猿島まで約10分で運んでくれます。 [続きを読む]
  • 猿島(その1)
  • ※10月12日、猿島を訪ねてきました。京浜急行・横須賀中央駅です。久しぶりに降りてみました。こんなモニュメントが出迎えてくれました。大通りです。すっかりきれいになっていました。空を見上げているモニュメントです。3つ目のモニュメントです。反対側の大通りです。飲み屋街の案内です。「山小屋」もありました。どんなお店か訪ねてみたかったです。 [続きを読む]
  • 所沢まつり(最終回)
  • 駅前にきたら、山車が巡行していました。見送りました。歩道橋から観覧しています。所沢駅です。よさこいパレードもやっていました。若者達の元気いっぱいの踊りです。こちらでは和太鼓の演奏でした。西武ライオンズが10年振りにパ・リーグ優勝です。お祝いの垂れ幕が下がっていました。帰りに見えた秩父の名峰・武甲山です。ビルの谷間から微かに望めました。よさこいパレードの動画です。2018 10 7 所沢まつり(15) [続きを読む]
  • 所沢まつり(その5)
  • ここで「居囃子」をやっていました。「居囃子」とはその場の舞台で踊ることです。最初は「力持ち」という踊りです。踊っているのは女の子です。続いて「おかめ」がでてきました。舞台では小さな女の子が踊っています。横から男の子もでてきました。重松流(じゅうまりゅう)という囃子です。小さな女の子がかわいいです。獅子頭を持った女性の一人踊りです。お化粧の仕草をしていました。動画でご覧ください。2018 10 7 所沢まつり [続きを読む]